よっちんのフォト日記

旅先や日常で感じたことを
写真と文章で綴ってみたい。
そう思ってブログを始めてみました。

下山は慎重に-三重県いなべ市:竜ヶ岳

2017年07月03日 | 三重
Mt.Ryuugatake, Inabe City, Mie Pref.

さてさて、三重県いなべ市の竜ヶ岳に登り、山頂でゆっくりと時間を過ごしたワタクシ達は
気持のいい青空が広がる中を、下山していきました


ワタクシ達が下山していく頃、山頂を目指して登って来る登山者がたくさんいました。
ワタクシ達は常に行動が早いので、みんなが来るころに帰っていくという行動パターンが多いです


この登山道の気持ち良さは写真でも伝わるのではないでしょうか。展望が良く、山頂近くは傾斜もさほどきつくありません。
下山するのがもったいないくらいの気持ちでした。でも、早く下山して温泉に行きたい気持ちも強いんですね


見えている木々はシロヤシオの木です。今年はハズレ年だったのですが、当たり年だと木が真っ白になるくらい
シロヤシオの花が咲くんですよね。来年、もう一度この山に来たいものです


目の前の尾根が遠足尾根です。この尾根をワタクシ達は下って行くことにしました


数少なかったシロヤシオ。来年はこの花で覆われた竜ヶ岳を見てみたいです


遠足尾根には満開のレンゲツツジがけっこうありました。この鮮やかな色合いが魅力ですねぇ


振り返ると山頂が見えていました。この後は樹林帯に入るので、山頂はここで見納めとなりました。
竜ヶ岳は山頂近くは緩やかな傾斜なのですが、麓に行くと傾斜が急になるんですよ。
ですのでこの後は展望がきかない樹林帯の中を、急斜面を下って行くことになるんですね

最近は登りはいつも調子がいいのですが、下りになると膝が笑ったり大腿部が痛くなったりします。
筋力の衰えというのは否めないですねぇ。ワタクシは慎重に下山していきました


無事に下山したよっちん氏です。この後は「今では晴れ男さん」と日帰り温泉に行って汗を流し、
大阪に帰ってたっぷり食べて飲みました。いい一日でした

PS.この日、ワタクシ達が歩いたルートはここで見ることが出来るので、参考にしてください。
https://yamap.co.jp/activity/895881

使用したカメラ:FUJIFILM X-Pro2


鈴鹿の山というのは、本当に展望がよくっていい山が多いなぁと思います。
ただ、今の季節になると鈴鹿の山には気をつけないといけないことがあるんです。
それは「ヒル」なんですよ。梅雨から夏にかけてはヒルがすごく多いんですよねぇ。
ですので、次に鈴鹿の山に行くのは秋になってからかなぁ



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真(風景・自然)ランキングへ
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね

コメント (40)
この記事をはてなブックマークに追加

山頂でゆったり過ごす時間-三重県いなべ市:竜ヶ岳

2017年07月02日 | 三重
Mt.Ryuugatake, Inabe City, Mie Pref.

さてさて、相棒の「今では晴れ男さん」と三重県いなべ市の竜ヶ岳登山を楽しむワタクシですが、
登山開始から休憩を入れて約3時間弱で山頂に到着いたしました


山頂は1099.6m。それだったら1100mでいいではないかと思うのですが、そうはいかないのでしょうな


山頂から登ってきた尾根道を眺めてみました。いい登山ルートだと思います


鈴鹿山脈の北の方を遠望しました。中央左側に見えている平らな山頂を持つ山が御池岳です。
御池岳は昨年登った時のことを、このブログでも紹介させていただきました。


こちらは山頂から北東の方向を眺めた様子です。写真では霞んでしまってよく見えないのですが、
遠く名古屋の臨海工業地帯が見えておりました


こちらは鈴鹿山脈の南の方をみたところです。中央の奥に見えているのが御在所岳です。
御在所岳はロープウエーがあるので、訪れる人も多い山なんですよ


お昼ご飯はコンビニで買ってきたパンとコーヒーなのですが、このまま食べるのはあまりにも味気がありません


ガスストーブでパンを温めるだけで美味しさが格段に増すんですよ。
まあ、山の頂上で食べると何でも美味しく感じるんですけどね。
ワタクシ達は写真を撮ったり、昼食を食べたりして、山頂で一時間ほどゆっくりと過ごしました


「さあ下山しよう」と尾根道を下り始めると、一気に雲が流れて行って青空が広がり始めました。
やっぱり山は快晴の下で歩くのがいいですねぇ

PS.この日、ワタクシ達が歩いたルートはここで見ることが出来るので、参考にしてください。
https://yamap.co.jp/activity/895881

使用したカメラ:FUJIFILM X-Pro2


山頂でのんびりするのが好きです。時には横になって居眠りすることもあります。
以前、五竜岳(2814m)の山頂で2時間ほど昼寝をした後、山小屋に行くと山小屋の人に
「さっき小屋に来た人が五竜岳の山頂で倒れている人がいると言ってたんですが、
五竜岳の山頂でそんな人がいませんでしたか?いたんだったら救出に行こうと思っています」と言われ、
「それ、昼寝してた僕ですわ」と大爆笑になったことがあるんですよ



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真(風景・自然)ランキングへ
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね

コメント (44)
この記事をはてなブックマークに追加

頂はすぐそこに-三重県いなべ市:竜ヶ岳

2017年07月01日 | 三重
Mt.Ryuugatake, Inabe City, Mie Pref.

さてさて、三重県いなべ市の竜ヶ岳へやって来て、日帰り登山を楽しむワタクシ達ですが、
標高を徐々に稼いでいき、樹林帯を抜けて展望が広がる場所まで登ってまいりました


写真に写っているのが下山時に下る予定の遠足尾根です。
その向こうには伊勢平野北部が見えておりまして、木曾川、長良川、揖斐川が流れ込む低地がよくわかります


ワタクシ達が登ってきた金山尾根と遠足尾根の合流地点に到着しました。
ここまで来れば山頂までもう1時間ほどでしょうか


山頂までの穏やかな稜線が見えてきました。ここから先は稜線漫歩の楽しい行程です


山頂にいる登山者の姿が豆粒のように見えますね。まだ山頂はわずかの人しかいないようです。
ただ、この日はけっこう風が強く、思いの外滋賀県側から風に乗って雲が流れてくるんですよ


五十路も半ばとなったよっちん氏の後姿でありますが、なかなか足取りはしっかりしております。
ただ悲しいかな、最近のよっちん氏は登りはいいのですが、下山する時に大腿部の筋肉痛に襲われたり、
膝が笑ったりするんですよねぇ。若い時は人一倍の速さで下山をしていたのに、寄る年波には勝てませんな


楽しみにしていたシロヤシオですが、ポツリポツリと見ることが出来ました


当たり年には山の斜面に点在しているシロヤシオの木々が白い花で彩られるために、
ふわふわの毛でおおわれた羊の群れが山に放牧されているように見えるそうなんです


さあ、山頂まであとひと踏ん張りですね。それにしても気持ちのいい尾根道です。
山はやっぱり展望のいい山がいいですねぇ

PS.この日、ワタクシ達が歩いたルートはここで見ることが出来るので、参考にしてください。
https://yamap.co.jp/activity/895881

使用したカメラ:FUJIFILM X-Pro2


大阪に住む私は鈴鹿の山々というのは、あまり登る機会がありませんでした。
この日も駐車場に泊まっている車は三重県、愛知県、岐阜県などのナンバープレートが大半でした。
でも、鈴鹿山脈というのは実にいい山が多いなぁと最近は思っています。
登山口まで我が家から2時間前後で行けますので、これからは鈴鹿の山に登る機会が増えそうです



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真(風景・自然)ランキングへ
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね

コメント (36)
この記事をはてなブックマークに追加

鈴鹿のシロヤシオ咲く山へ-三重県いなべ市:竜ヶ岳

2017年06月30日 | 三重
Mt.Ryuugatake, Inabe City, Mie Pref.

さてさて、約一か月前の5月27日、ワタクシは日帰り登山に行ってきました。
この日の目的地は三重県いなべ市の竜ヶ岳でありまして、相棒はいつもの「今では晴れ男」さんです。
ワタクシ達は朝5時過ぎに大阪を出発し、竜ヶ岳の登山口へと向かいました


鈴鹿山脈に聳える竜ヶ岳ですが、三重県いなべ市と滋賀県東近江市の境に聳える標高1099mの山なんです。
ワタクシ達は三重県側から登るので、駐車場がある宇賀渓のキャンプ場に到着しました


「昔から晴れ男」のワタクシと「今では晴れ男」の相棒さんが登山に行きましたので、当然晴天です。
かつては「恐怖の雨男」と呼ばれた相棒さんも、還暦を越えてからは雨パワーが衰えたようですな


竜ヶ岳の山頂を目指すにはいくつかのルートがあるのですが、ワタクシ達は登りを金山尾根を登り、
下山は遠足尾根を下ることにいたしました。登山道に入るといきなり樹林帯の中の急登が続きます


最初は鬱蒼たる樹林帯の中を歩き、標高が上がるにつれて徐々に木々の間から見える空の面積が大きくなります


そして、樹林帯を抜けて展望のいい場所に出ました。真正面に山頂が見えています。
竜ヶ岳は登り始めは急斜面なのですが、とちゅうからは斜面が緩やかになるんですよ。
山頂が見えていますが、穏やかな姿をしていますよね


振り返ると伊勢平野が広がっています。写真ではわからないのですが四日市の町並み、そして伊勢湾が見えていました


今回の登山の目的であったシロヤシオの花が咲いていました。この竜ヶ岳は5月中旬になると、
山の中腹から山頂近くまでシロヤシオの花が満開になるんです。
ただ、シロヤシオの花は毎年同じように咲くのではなく、当たり年とハズレ年があるようでして、
今年はハズレ年のようなんですよ。ですので、シロヤシオの花が咲いている木は少しだけでした


それでもこの後、目が覚めるような展望を楽しむことが出来たので、シロヤシオが外れだったとしても
十分に満足いく山行となったんですよ。ではでは、山頂を目指していくとしましょうか

PS.この日、ワタクシ達が歩いたルートはここで見ることが出来るので、参考にしてください。
https://yamap.co.jp/activity/895881

使用したカメラ:FUJIFILM X-Pro2


いつまで山を登れるのかな…五十路も半ばになると、そんなことを思います。
なにせ普段は仕事が忙しく、身体を動かしたり鍛えたりすることがなかなか出来ません。
定年退職したら足腰だけは鍛えて、山には少しでも長く登りたいですねぇ



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真(風景・自然)ランキングへ
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね

コメント (38)
この記事をはてなブックマークに追加

案山子-三重県津市:上多気

2016年08月05日 | 三重
Kami Tage, Tsu City, Mie Pref.

さてさて、伊勢本街道の宿場であった三重県津市の上多気を訪ねたのですが、
そろそろ帰宅しようかなぁと思う時間になりました


初めて訪れた三重県津市の山間部でしたが、奥津にしても上多気にしても
なかなか素敵な土地でありました。ワタクシ、けっこう気に入ったんですよね


ワタクシにとって仕事が休みの日になると、写真撮影を兼ねていろんな場所を
歩き回ることがいいストレス解消というか、気分転換になっているようです


夏場に歩くと汗をすごくかきますが、ワタクシは汗まみれになるのも嫌いじゃないんですよ。
汗が噴き出てくると、身体の中の老廃物が汗と一緒に体外に出ていくような気がするんです


上多気の周囲には水田が広がり、稲もずいぶん大きく育っておりました


すると、面白い案山子が立ち並んでいたので、ちょっと見に行くことにいたしました


これはラグビーの五郎丸選手でしょうね。ジャパンのユニフォームではなく、
早稲田大学のユニフォームを着ております。五郎丸選手が早大出身ということを知っているのですから
この案山子を作った人は、けっこうラグビー好きの人かもしれませんね


ワタクシは「仮面ライダー世代」です。仮面ライダーの放映が始まったのが、
小学校の4年生か5年生くらいだったんですよ。休み時間になれば仮面ライダーの真似をして、
「変身!」「ライダーキック!」などとやっていたのを思い出しました


ワタクシはジブリの映画ってあまりよく知らないのですが、これって「千と千尋の神隠し」に
登場してきたキャラクターですよね。間違っていたらごめんなさい


やっぱり案山子といえばこれでしょう。ワタクシ、なんだかホッといたしました

使用したカメラ:FUJIFILM X-Pro2


案山子は英語で「scarecrow」と言います。
(「スケアクロウ」というジーン・ハックマン、アル・パチーノ主演の素敵な映画がありましたね)
scarecrowはそのまま訳すと「カラスを怖がらせる」という意味になります。
案山子の目的からすればその通りの言葉なのですが、あまりにも直截的ですよね



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真(風景・自然)ランキングへ
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね

コメント (37)
この記事をはてなブックマークに追加