よっちんのフォト日記

旅先や日常で感じたことを
写真と文章で綴ってみたい。
そう思ってブログを始めてみました。

居酒屋の王道-大阪市天王寺区:「半田屋」

2017年12月05日 | 大阪(大阪市内)
“Handaya”, Tennnouji Ward, Osaka City

さてさて、晩秋の京都で紅葉を満喫したワタクシ達ですが、京都を後にして大阪へと戻って来ました。
もちろん、そのまま真っ直ぐ帰宅するはずも無く、ワタクシ達のフランチャイズともいうべき
大阪市天王寺区の天王寺駅周辺で飲んで帰ろうということになりました

天王寺駅に着いたのは夕方の4時過ぎ。とはいえ、このあたりには昼間から飲める店がたくさんあるんです。
ワタクシ達はアベノ地下センターにある「半田屋」という居酒屋に向かいました


座席はカウンターだけでテーブル席はありません。カウンター越しにお店の方と会話を交わしながら、
昼間から酒を飲むにはもってこいのお店です。さすがに4時過ぎの店内は空いておりました


いあや、この雰囲気がいいですなぁ。「This Is 居酒屋」という佇まいです


どーですか。まずは「きずし」をいただきました。関西では「しめ鯖」を「きずし」と言うんですよ。
ワタクシはしめ鯖が大好きなんですよねぇ


どーですか。続いては「カキフライ」をいただきました。関西では牡蠣の産地として知られる
岡山県日生(ひなせ)産の牡蠣とのこと。大ぶりのカキフライが実に美味かったのです


どーですか。ここのお店は串カツも美味しいんです。ワタクシは「うずら、アスパラガス、アジの串カツ」をいただきました。
五十路と六十路のオジサン二人ですが、揚げ物も大好きなんですわ


どーですか。これは「イワシの生姜煮」ですね。これも生姜の味がよく効いているのと、
イワシが骨まで軟らかくなるまで煮込んであって、なかなか美味でありました


カウンターを挟んで、「This Is 大阪のオバチャン」という感じのお店の方との会話が弾みます。
10年ほど前まで、うちのオカンがまだ元気だった頃は、こんな感じやったなぁ


どーですか。定番の「出汁巻き卵」は外せませんな。どの居酒屋にっても食べている気がします


どーですか。これも大好物の「ちくわ磯辺揚げ」ですが、ここのは中にチーズが入っているんですよ。
最初は生ビールを飲んでいたのですが、この頃は焼酎をグイグイ飲んでいたワタクシです


どーですか。最後はよく味のしゅんだ「おでん」をいただきました。
「タマゴ、ジャガイモ、ごぼう天、厚揚げ、こんにゃく」ですな。
よく食べ、よく飲んだワタクシ達ですが、時間はまだ5時30分です。このまま帰るわけにはいきません

半田屋…大阪市天王寺区堀越町 アベノ地下街


歩いてすぐのところに、馴染みのBARである「BARピーコート」があるんです


天王寺に来る時には、このお店で美味しいお酒をいただいて帰るのがワタクシのルーティンです


まずはスモーキーな香りの「アイラモルト・ウイスキー」をいただきました。
鼻腔に燻した香りが抜けていきます。いやぁ、味わい深いですなぁ


この日は、「バランタインのいいのが入ったんですよ」とのこと。となれば飲まないわけにはいきません


バランタインは言うまでも無く「スコッチ・ウイスキー」の代表格ですね。
すごく飲みやすいというか、喉越しのいい味わいでありました。このグラスがまたいいんですよねぇ。
秋の京都を満喫した一日は、美味しいお酒で締めくくったのでありました

BARピーコート…大阪市天王寺区茶臼山町2-9茶臼山ビル1F

使用したカメラ:FUJIFILM X-Pro2


私は毎日お酒を飲んでいるように思われているかもしれませんが(実際に若い時はそうでしたが)、
最近は週に4~5日も休肝日を作り、肝臓をいたわるようにしています。
お酒を飲まない人、あるいは少ししかたしなまない人からしたらどうってことないかもしれませんが、
私にしてみると「よく頑張ってるなぁ」と自分で自分を褒めています



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真日記ランキング
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね

コメント (42)
この記事をはてなブックマークに追加

花に囲まれて-大阪市鶴見区:鶴見緑地公園

2017年05月06日 | 大阪(大阪市内)
Tsurumi Ryokuchi Park, Tsurumi Ward, Osaka City

さてさて、大阪市鶴見区にある鶴見緑地公園にやって来たワタクシ達は、
色とりどりの春の花に囲まれた中を散策しておりました


ああ、悲しいかな。ワタクシ、花の名前をあまり知らないんですよねぇ。
ワタクシのブログを訪ねてくれる方の中には、花に対して博学の方がたくさんおられます。
いつも感心するばかりですよ。ワタクシはなかなか花の名前を覚えられません


さすがにワタクシでも、この花がネモフィラだということくらいはわかります。
鮮やかな青色というのか、瑠璃色という言葉が相応しい気がしますが、素敵な色合いですね


紋クンは周囲の人から「可愛いねぇ」「お利口さんですねぇ」と声をかけられるのですが、
そこに必ず「舌がチロッと出てるねぇ」という言葉がつくんですよね。不憫でなりません


眼にも鮮やかなカエデの新緑がありました。「青もみじ」という言葉に相応しいですね。
ワタクシ、カエデの新緑が大好きなんです。もしかしたら紅葉よりも好きかもしれません


5月になると目にも鮮やかな新緑を見ることが出来ます。だからワタクシは一年の中で5月が一番好きです。
風薫る五月…なんと素敵な言葉なのでしょうね


ここ数年、5月の新緑の季節に紋を連れて必ず旅行に出かけています。
我が家にとって、それは一つの年中行事になりました。
紋クンは緑をバックにした時が一番可愛い…バカ親はそう思っているのです


マーガレット…フランス語ではマルグリット、イタリア語ではマルゲリータ、スペイン語ではマルガリータやな。
すぐにそういうことを考えてしまうワタクシです


ワタクシはボタンのような大きな花になると、どこにピントを合わせればいいのか迷うんですよ。
皆さんはそんなことはありませんか


もうすぐ(5月12日)、紋クンが我が家に来て7年になります。あっという間の7年間でした。
紋クン、我が家に来てくれて本当にありがとうね

使用したカメラ:FUJIFILM X-Pro2


1年で5月が一番です。新緑が好きなのはもちろんなのですが、日照時間が長いこと。
それと湿度が低いので、気温が高くなっても気持ちいいこと。晴天日が多いこと。
これらが重なりますので、5月が好きで好きでたまりません



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真(風景・自然)ランキングへ
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね

コメント (38)
この記事をはてなブックマークに追加

紋と過ごす休日-大阪市鶴見区:鶴見緑地公園

2017年05月05日 | 大阪(大阪市内)
Tsurumi Ryokuchi Park, Tsurumi Ward, Osaka City

さてさて、4月23日の日曜日、大阪は初夏を思わせるような快晴の一日でした。
この日、ワタクシは家人と紋と一緒に大阪市鶴見区にある鶴見緑地公園に行きました


鶴見緑地公園は緑地が少ない大阪市では貴重な緑地公園なのですが、
1990年に開催された国際花と緑の博覧会(花博)のメイン会場となりました。
ですので、公園の正式な名称は花博記念公園鶴見緑地というのですが、
ここでは鶴見緑地公園で紹介させていただきます


紋クンはここに来るのは初めてです。興味深げに周囲をキョロキョロしながら歩く紋クンです。
この公園はペットの入園がOKなので、ワタクシ達以外にもペットを連れた人がけっこういました


「チューリップはもう見頃を過ぎているかなぁ」と心配してきたのですが、何とか見頃でありました。
鮮やかなチューリップの色が、青空に映えますねぇ


「まるでオランダのような風景やなぁ」と、オランダに一度も行ったことが無いワタクシは呟くのでした。
オランダどころか、欧州はチェコしか行ったことがありません。ああ、悲しい


紋クンは初めての場所に落ち着かないようですが、外出は嬉しいようです。
この子は車酔いをしないし、車の中でもジッとしてくれるので外に連れて行くのには助かるんですよねぇ


ここ鶴見緑地公園で花博が1990年に開かれたのですが、ワタクシは二度花博に行きました。
でも、これという印象がほとんどありません。(つまらなかったという印象はあるのですが)
なにせワタクシの世代は1970年の万国博覧会の印象があまりにも強く、
これから先、日本でどのような博覧会が開催されようがあの万博のインパクトを超えることは無いでしょう


ワタクシは大阪万博の時は小学校4年生でした。万博には25回ほど行ったはずです。
そこで見る外国のパビリオンの展示物は、異国への興味関心を高めました。
ワタクシが地理を好きになったのは、間違いなく大阪万博がきっかけの一つだと思います


アメリカ館にアポロ11号が月から持ち帰って来た「月の石」が展示されていました。
ワタクシの前にいた大阪のオバハンが警備員のような人に向かって、
「なあニイチャン、この石な、値段にしたらナンボくらいになるん?」と訊いていたのを
子供ながら「オバハン、アホちゃうか」と思いながら見ていたのを覚えています


今、大阪では「大阪万博の夢よもう一度」とでも思っているのでしょうか。
府知事と市長が万博誘致に乗り出しています。大阪はもっと他にやらなあかんことがあるやろと、
ワタクシなどはあきれてしまうのですが、こんな知事や市長を選んだのは大阪府民、市民ですからねぇ

使用したカメラ:FUJIFILM X-Pro2


爽やかに晴れたこの日、紋クンと過ごす時間は実に楽しい時間でした。
仕事に追われ、気が滅入っている時でも、紋と一緒にいると疲れを忘れます。
5月の後半には紋を連れて、旅行に行く予定をしています。楽しい旅になればいいなぁ



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真(風景・自然)ランキングへ
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね

コメント (37)
この記事をはてなブックマークに追加

相変わらずよく食べます-大阪市阿倍野区:「よかちゃん」

2017年01月06日 | 大阪(大阪市内)
“Yokachan”, Abeno Ward, Osaka City

さてさて、大阪市阿倍野区に飲み会にやって来たワタクシですが、この日は仕事でお付き合いがある人たちと
おっさん4人組の飲み会となりました。全員、お酒大好きというメンバーです


この日は「よかちゃん」という博多串焼きと鉄鍋餃子のお店に予約をしておりました。
なにせみんなよく飲むので、飲み放題のコースにしたのでありました


まずは生ビール。そして後半は焼酎をロックでというのがワタクシの定番コースです。
この日は生ビールを6杯、焼酎を5杯いただきました


どーですか。まずは「韓国風チョレギサラダ」というのが出てまいりました。
ちょっとごま油の香りがして、なかなか美味しゅうございました


どーですか。続いて「馬刺し」の登場となりました。皆さん、馬刺しにテンションが上がります。
ただワタクシはちょっと前に下諏訪温泉で超肉厚な馬刺しを食べていたので、ちょっと感動が薄れてしまうのです


どーですか。次は「うずら豚巻き」です。うずらも豚も大好きなワタクシなのです


どーですか。これは「餅ベーコン巻」ですな。気心の知れたメンバーですので、会話も弾むしお酒も進みますな


どーですか。定番の「鶏のから揚げ」です。サクサクに揚がっているので、お腹にもたれません


どーですか。このお店の売りである「鉄鍋餃子」の登場です。オジサン達は30代、40代、50代、60代の四人組ですが、
全員よく食べ、よく飲むのです。最近は若い人ほどあまり飲まないですねぇ


どーですか。これは「山芋豚巻き」でありました。お腹はまだまだ満腹ではありません


どーですか。この焼き鳥ですがお店では「四つ身」という名前でした。大阪では四つ身という言葉を聞いたことがありません。
博多ではそういう言い方をするのでしょうか。ワタクシ、鶏の腿はタレよりも塩の方が好きなんですよねぇ


どーですか。最後は「しらすのペペロンチーノ」でありました。飲み放題のコースはこれで終了なのですが、
オジサン達はもう少し食べたいんですよねぇ。胃袋は若者に負けません


どーですか。これは「桜ユッケ」です。つまり馬肉のユッケですね。
馬肉は「桜」、猪肉は「ボタン」、鹿は「紅葉」、鶏肉は「柏」と植物の名前がつくのは、
肉食が禁止されていた時代の名残ですね


どーですか。定番の「つくね」は外せませんなぁ


どーですか。最後は「牛ハラミ」をいただきまして、このお店はお開きとなりました


次は近くの老舗バーに行きまして、ラム酒を飲んだり…


アイラモルトウイスキーを飲んだりして、この日は最後となりました。
朝の10時に家を出て大阪市内を散策し、夕方から阿倍野で飲んで帰宅したのは深夜12時を回っておりました。
さすがに翌日は少ししんどかったのです。ホドホドにしないとねぇ

よかちゃん あべの店…大阪府大阪市阿倍野区松崎町2-3-47

使用したカメラ:FUJIFILM X-Pro2


大阪散策シリーズは今日で最終回でして、明日からはベトナム旅行記をアップいたします。
年末年始のベトナムを紹介しますので、また見てくださいね。
相変わらずたくさんの写真を撮ってまいりました



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真(風景・自然)ランキングへ
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね

コメント (40)
この記事をはてなブックマークに追加

心落ち着く場所-大阪市阿倍野区:阿部野橋

2017年01月05日 | 大阪(大阪市内)
Abenobashi, Abeno Ward, Osaka City

さてさて、大阪市内の散策を続けてきたワタクシですが、この日は夕刻に仕事でお付き合いがある人たちと
大阪市阿倍野区の阿部野橋で飲み会の約束がありましたので、
地下鉄に乗って6時前に阿部野橋へとワタクシはやってまいりました


日本一の高層ビルであるあべのハルカスも、今ではすっかり阿倍野のランドマークになりました


夜の帳が訪れました。ピントをわざと外してみたのですが、ワタクシにはこういう写真のセンスが無いようです


大阪に住む人以外にはわかりにくいのですが、大阪屈指のターミナル駅であるJR天王寺駅と近鉄阿部野橋駅は
道路を挟んで南北に向かい合う形で位置しているんです。写真の道路が阿倍野区と天王寺区の境界線ですので、
北側はJR天王寺駅、南側は近鉄阿部野橋駅になるんですね。
「天王寺駅で待ち合わせでええか」「うん。じゃあ阿部野橋には9時につくから待ってて」というような会話が
大阪では成り立つわけですな。このあたりは地元民じゃないとわかりにくいですよね


この数年で阿部野橋駅界隈は再開発が進み、すっかり近代化というか、あか抜けた町並みになりました


ワタクシは子供の頃から、自転車でこのあたりにはよく遊びに来ていたのですが、変貌ぶりに驚きます


とはいえ、昔ながらの光景が完全に無くなったわけではありません


裏通りに行くと、昔ながらの阿部野橋の光景が見られます


ワタクシはこういう場所が落ち着きます。そろそろ待ち合わせの時間ですね

使用したカメラ:FUJIFILM X-Pro2


大阪の町もいたる場所で再開発が進み、町が近代化されています。
それはそれでいいことなんですが、どこの町を見ても同じような風景に見えるんですよね。
町の個性が失われていくことは、私にはとても寂しいのです



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真(風景・自然)ランキングへ
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね

コメント (40)
この記事をはてなブックマークに追加