よっちんのフォト日記

旅先や日常で感じたことを
写真と文章で綴ってみたい。
そう思ってブログを始めてみました。

マカオ美味いもの三昧-マカオ

2012年01月03日 | 海外旅行-マカオ
さてさて、しばらく続いたマカオ旅行記も今日が最終回となりました
ブログを読んでいただいた皆さんの中には「こいつは旅行に行くといつも食い物の写真があるのになぁ」とお思いの方もいるのではないでしょうか。
お待たせいたしました 今日はマカオの美味いものをご紹介しましょう


まずはまずは、マカオに美味いもの数多くありますが、ワタクシも家人も「こりゃたまらん」と脱帽したのがポルトガル料理でした。
ポルトガル料理では「バカリャウ」という「たらの干した物」をよく料理に使います。(もちろん水に戻して塩抜きします)
これは「バカリャウのコロッケ」でありまして、程よい塩加減も相まってワインが進む進む。
(これは絶対に日本人の口に合います)


これは「アフリカンチキン」です。といってもアフリカ料理ではありません。
アフリカ経由でアジアへやって来たポルトガル人が、アフリカや東南アジアで入手したスパイスをふんだんに使った鶏の煮込み料理です。
見た目はカレーっぽくて辛く見えますが、辛さはさほどではありません。でも、とってもスパイシーで美味しいのです。

ワタクシ達がいったお店は『カルロス』と言いまして、あまりの美味さに最終日の夜にも再訪しました
マカオに行ってポルトガル料理、マカオ料理を食べようと思う人にはお勧めです


さてさて、マカオの住民の大半は漢民族ですから、当然中国料理も美味しいのでありまして…
これは言うまでもなく「小龍包」ですな。ちょっと高級感あふれるホテルの中国料理のお店でいただきました。


マカオで毎朝のように食べたのがお粥でした。これは「魚片粥」という白身魚のお粥なのですが
セナド広場のすぐ横にある『黄枝記』というお店が、お粥や麺を軽く食べるには最高でした。早朝から開いているのでお勧めです。

ところでところで、ワタクシが甘いものが苦手なのはブログにも何度か書いておりまして、
「どうせ食べ物と言ってもスイーツなんかは出てこないだろうなぁ」と思っているお嬢さん、お姉さん、お待たせいたしました


これは『ポウサダ・デ・サンチアゴ』というかつての要塞を改築した豪華ホテルでいただいた「アフタヌーンティ」でございます。
ワタクシだって、たまには優雅な午後を過ごすこともあるのでございまーす。
(家人のいない一人旅なら絶対に行きませんが…)


そしてそして、これがマカオ名物の「エッグタルト」です。
コロアン島にある『ロード・ストーズ・ベーカリー』がエッグタルトの発祥のお店だそうでして、日本にも支店があるとか。
甘みがさほど強くなので、ワタクシでもいただくことが出来ました。

欧風、中華風…両方の味を楽しめるマカオは、美食の街でありました。


前にも書きましたが、今のマカオの変貌は想像を絶するものがあります。
とりわけカジノを併設する巨大なホテルが次々と建設され、ホテルは24時間眠ることがありません。
(日本からもバカな御曹司がマカオのカジノに通い詰めていましたなぁ)


好景気に沸く中国人がもたらす莫大なチャイナマネー。
そのお金がこの街にかつてない繁栄をもたらしているのは事実ですが、中国の経済が不景気に転じたらこの街はどうなるのでしょう。

使用したカメラ:Canon EOS40D

3日まで大阪を離れますので、いただいたコメントに返事を書くことが出来ません。
また、皆さんのブログを訪ねることも出来ませんが、大阪に帰ってきたらまた訪ねさせていただきます。


今ではラスベガスを抜いて、世界一のギャンブル都市になったマカオ。
もしかしたらワタクシは、古き良きマカオの最後の姿を見たのかもしれません。
あるいはマカオの良さは何年たっても今と変わっていないかもしれません。
いつの日か、自分の目で確かめてみたいなと思っています。



人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しました。
            励みになるので、よかったら「ポチッ」と押してやってください



コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

美しいカルサーダスに彩られた街-ラザロ地区とその周辺

2012年01月02日 | 海外旅行-マカオ
さてさて、マカオに滞在しカメラ片手に街中を歩くワタクシですが
セナド広場から北東に30分ほど歩いたあたりにカルサーダス(石畳)の美しい街並みが広がっているのです。
ラザロ教会を中心としたこのエリアは「ラザロ地区」と呼ばれ、町並みが整備されて欧風建築に調和した高級感ある街になっています。


パステル調に統一された色彩が、南欧にいるかのような気持ちにさせてくれます


ここは観光地ではありません。建物は普通の住宅ですので、普通に人々が暮らしています。


なんだかテーマパークにでも迷い込んだような気になりますが、あくまでもここは生活の場なんですね。


道行く人もどこかオシャレで…でも、やっぱりここは南欧ではなくアジアですね


カルサーダスと町並みが調和して、本当に素敵な一画になっていました


ちょっと歩くと『聖ミッシェル教会』という教会がありました。ここのステンドグラスは見事でした。

ところで、皆さんは旅行に行くとお土産などをよく買われますでしょうか?
ワタクシは、一般の人に比べると買うお土産の数は極めて少なく(まぁ、写真がお土産だというような感覚があるからでしょう)
国内旅行だと何一つ買わないこともあるのですが、さすがに海外に行くと多少のお土産は買ってまいります


マカオはポルトガルの統治下にあったので、安い値段でポルトワインが手に入ります。


ポルトガルならではのタイルを使った置物も、気に入ったので買ってきました。
ま、これくらいならさほど荷物にはなりません。

使用したカメラ:Canon EOS40D

3日まで大阪を離れますので、いただいたコメントに返事を書くことが出来ません。
また、皆さんのブログを訪ねることも出来ませんが、大阪に帰ってきたらまた訪ねさせていただきます。


国内でも外国でも、旅行に行くと毎日のように場所を移動するよりも一カ所に何日か滞在する方が好きです。
今回もマカオで5泊したのですが「マカオなんかに5泊もしたって、行くところないですよ」と言う職場の人もいました。
でも、ゆっくり滞在したおかげで、マカオのいろんな場所をゆっくり歩くことが出来ました。
マカオで唯一ワタクシが体験しなかったのは…カジノです。ケチですね。



人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しました。
            励みになるので、よかったら「ポチッ」と押してやってください



コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

潮風に吹かれながら-マカオ:タイパ島とコロアン島

2012年01月01日 | 海外旅行-マカオ
さてさて、昨日のブログにも書きましたがマカオは大陸と繋がった小さな半島と、2つの島からなるエリアです。
ワタクシは2つの島…タイパ島とコロアン島にも足を伸ばしました。
ただ、島とは言いましてもタイパ島とマカオ半島は3本の橋で結ばれており、さらにタイパ島とコロアン島の間は埋め立てられたので
どちらの島にもバスやタクシーで向かうことが出来るのです
ではでは、まずはタイパ島にレッツラゴー


タイパ島に唯一ある教会の『カルモ教会』は淡い色彩が可愛い教会でした


年末年始のタイパ島はチューリップが満開で、霧雨に濡れたチューリップも見応えがありました。

タイパ島からタイパ島とコロアン島の間の埋め立て地にかけては、巨大なホテルの建設ラッシュでした。
未曾有の好景気である中国からの観光客が、カジノでどっさりとお金を使ってくれるのでしょうね。
そのおかげでマカオも空前の好景気で、ホテルや高層住宅が次々と建設されています。

そんなタイパ島で時間が止まったような一画がありました


『官也街』と呼ばれる一画は時間が止まったかのように、昔からの住宅が建ち並んだ路地裏でした。


狭い路地裏に淡いパステル調の家が建ち並び、なんとも魅力的な町並みを作り上げていました


もしマカオに行く機会があれば、ぜひ訪ねてほしいエリアです。

ではでは、次はコロアン島にレッツラゴー


対岸が見えると思いますが、もちろん向こう岸は中国本土です。
コロアン島は漁師さんが多く、魚介類を売っているお店がたくさんありました。


コロアン島のシンボルとも言うべき『聖フランシスコ・ザビエル教会』です。
「天主堂」の文字や赤い提灯が、中国文化と融合した教会の印象を与えてくれます。


『聖ザビエル教会』の礼拝堂。淡いブルーの色彩が印象的でした。

使用したカメラ:Canon EOS40D

しばらく大阪を離れますので、いただいたコメントに返事を書くことが出来ません。
また、皆さんのブログを訪ねることも出来ませんが、大阪に帰ってきたらまた訪ねさせていただきます。


今、マカオはすさまじい勢いで変貌しています。
大陸からやって来る中国人観光客が落としていくチャイナマネーはこの街にバブルのような好景気をもたらしています。
巨大ホテル、豪華カジノ、高層住宅などが次々と建設されている姿を見ると
今度マカオに行く機会があれば、自分の記憶とはまるで違う街になっているかもしれません。



人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しました。
            励みになるので、よかったら「ポチッ」と押してやってください




コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

“中国”を肌で感じて-マカオ:福隆新街とマカオ半島北部

2011年12月31日 | 海外旅行-マカオ
さてさて、かつてポルトガルの統治下になったマカオの“ポルトガルらしい”町並みを見ていただきましたが
当然ながらマカオは中国の一部(中華人民共和国澳門特別行政区)であり、住民の95%は漢民族です。
したがって中国らしい風景、町並みが実は大半を占めているのですね
中国らしい風景を楽しみたいワタクシは、セナド広場にほど近い福隆新街に足を運びました。


軒先を紅く染めた家屋が建ち並ぶ福隆新街。ここはかつて遊郭として賑わった通りだそうです
現在は飲食店や土産物屋が多く集まり、観光客もたくさん訪れる通りになっています。


しかししかし、早朝の福隆新街は訪れる観光客もほとんどおらず、ノスタルジックな光景を眺めることが出来ました


通りから一歩路地へ入れば、人口が密集したマカオらしい光景に出会います。


夜に訪れた福隆新街の路地裏は、香港マフィアでも出てきそうな佇まいでした
こんな場所にやってくる観光客はいるはずもなく、カメラを構えているワタクシを住民が不思議そうに見つめていました。

別の日、ワタクシは熱気あふれる庶民の暮らしを見てみたく、マカオ半島の北部に出かけました。
マカオは中国本部と繋がった半島と2つの島からなるのですが、中国との国境に近い半島北部は観光地でもなく庶民の街なのです。


あふれる熱気。飛び交う大声。入り交じった食べ物の匂い。間違いなくここは“アジア”です。


「紅街市」と呼ばれるマカオ最大の市場に行きました。ワタクシは旅に出ると市場を歩くのが大好きです。
肉魚野菜…あらゆる食材が市場の中にあふれています。


「観音堂」という立派なお寺がありました。元旦だからでしょうか。参拝客もすごく多かったです。


紅い炎を眺めながらの異国での初詣。これもワタクシらしいかな。

使用したカメラ:Canon EOS40D

しばらく大阪を離れますので、いただいたコメントに返事を書くことが出来ません。
また、皆さんのブログを訪ねることも出来ませんが、大阪に帰ってきたらまた訪ねさせていただきます。


アジアの国は台湾、マカオ、タイの3カ国しか行ったことはありませんが
市場の熱気、街の雑踏、声高に笑う人々の姿…そういったものが大好きです。
もしかしたら、大阪で生まれ育ったワタクシには、アジアの熱気に大阪との共通点を感じているのかもしれないですね。



人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しました。
            励みになるので、よかったら「ポチッ」と押してやってください




コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

南欧の香りあふれる教会めぐり-マカオ:聖オーガスティン広場周辺の教会群

2011年12月30日 | 海外旅行-マカオ
さてさて、かつてポルトガルに統治されたマカオには当然ながら数多くのカトリック教会がありまして
とりわけセナド広場から10分ほど南に歩いた聖オーガスティン広場の周辺は、世界有数の教会密集地帯になっています。
オーガスティン広場と周辺のカトリック教会の多くが世界遺産に登録されており、なかなか見応えがあるんですよ


聖ローレンス教会の前には、色鮮やかなポインセチアが咲いていました。
クリスマスにポインセチアは欠かせないですね


パステルカラーが美しい聖オーガスティン教会です。
このあたりは観光客も少なく、セナド広場の賑わいが嘘のようです。


聖ジョゼフ教会の礼拝堂は厳粛な空気に包まれていました。
写真の右側に明かりが灯っている縦長の箱のようなものがあると思いますが、あの中にはフランシスコ・ザビエルの右腕の骨が安置されています
日本にゆかりの深いザビエル。彼は自らの遺骨の一部が日本に安置されることを望んでいたそうですが、キリスト教への迫害が始まったのでその願いは叶いませんでした


夜の聖オーガスティン広場は歩く人もほとんどおらず、ワタクシは大晦日の夜を静けさの中で過ごすことが出来ました。


日本で紅白歌合戦が始まる頃、ワタクシはマカオの夜空を眺めていたのです


夜の教会はライトアップされ、昼間とはまた違う表情を見せてくれます。


聖ローレンス教会の礼拝堂は、ターコイズブルーの天井が印象的でした。

使用したカメラ:Canon EOS40D

しばらく大阪を離れますので、いただいたコメントに返事を書くことが出来ません。
また、皆さんのブログを訪ねることも出来ませんが、大阪に帰ってきたらまた訪ねさせていただきます。


ここ数年、年末年始は大阪で過ごしたことがありません。この時期が一番休暇が取りやすいので、ついつい旅行にでてしまいます。
この6年間、年越しはカンペチェ(メキシコ)、台南(台湾)、台中(台湾)、尾道、マカオ、バンコク(タイ)の順で迎えてきました。
今年は家人の実家である日田(大分県)で年越しを迎えます。新年がいい年でありますように。



人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しました。
            励みになるので、よかったら「ポチッ」と押してやってください



コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加