自由と正義のための選択肢

今後の日本の進むべき道を考える政治ブログ

相手にする価値も無い

2017-05-20 13:11:09 | Anti-K 日記

言い訳の多い選手は伸びない(元阪急ブレーブス西本監督)
なぜ?謙虚さが足りないからだ。学び成長する前提が謙虚さ。
どんな職業であれ、偉大な人は生涯に亘り常に謙虚である。
あのアインシュタインも未知の世界への畏敬の念を持ち続けた。

自称世界一優秀な民族に未来は無い。断言できる。
失敗しても「日本のせい」「財閥のせい」「政治家のせい」etc
たまに「自分達のせい」と言うがけして"心からの反省"ではない。
その証拠に同じ失敗を何度でも繰り返す。法治ならぬ放置国家

思考能力がゼロ(痴呆)ではないようだ。狡賢さは世界一。
ただ思考領域が極端に狭い。これは遺伝領域の問題だと思う。
視野の広狭、思慮の深浅は幼少期から極めて顕著に出る。
いきなり「視野を広く」「思慮深くあれ」と言われても困る。

ヒトと一緒に育てばサルでもスプーン位使えるようになる。
それを見た人間は「偉い」「頭が良い」とほめそやす。
しかし見様見真似には限界がある。遺伝的限界だ。
反省猿のCMが流行ったことがあるが、あれは反省のポーズだけ。

反省の無い民族が"心からの反省"を他国に迫る。滑稽の極みだ。
あの国の公式サイトから"創造経済"という言葉が消えたそうだ。
猿真似の限界を悟ったか、はたまた少しは羞恥に目覚めたか。
ひょっとしたら「マルクス経済をパクります」という宣言かも。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人権原理主義か? | トップ | 他人は自分と同じではない »
最近の画像もっと見る

あわせて読む