ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

2011年、フォーンと無人島に行くならこの10本(ネタバレ編)

2011-12-31 22:38:10 | 映画
----8年目を迎えた「フォーンとの映画おしゃべり」。
あれ、今年は“ネタバレ”だって…。
どういうこと?
「ツイッターを覗くと、
みんな、ベスト10をやっているじゃない。
それで改めて考えちゃったんだ。
自分の好きな、あるいはおススメの映画って、
どういう基準だろうって…」

----その答って出たの?
「実は、これはずっと変わらないことなんだけど、
観ている間、日常を忘れさせてくれること。
これがまず大前提。
で、その上で、さらにぼくが求めるのが、
その“持っていかれ感”が最後まで続くこと。
ということは、どういうことか…。
いわゆる
記憶に残るラストシーンを備えた映画。
これがぼくのベストムービーだね。
しかしそれを語ると、必然的にネタバレになっちゃう…
と、まあ
こういうことなんだ」

----でも、映画ってそれだけじゃニャいよネ?
「うん。
で、その次に来るのが、
あっ、これこそ映画、と思わせる瞬間があること。
ということで、今回はその二段構えで…。」

----じゃあ、まずその…記憶に残るラストシーンからだね。

「それでは…。

●1日目●『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』
■ラスト、イーサン・ハント(トム・クルーズ)の泳ぐ目線。そしてその先にあるのは…。
このスパイアクションから、あの甘酸っぱいエンディングは、とても想像つかない。
●2日目●『トゥルー・グリット』
■復讐を終え、平原を馬で駆け抜けていくコグバーグ(ジェフ・ブリッジス)とマティ。
そこで彼女が目にしたものとは? やがて空には無数の美しい星が…。
●3日目●『まほろ駅前多田便利軒』
■別れを覚悟で、自分の過去を語る多田(瑛太)。
その気持ちを組んで、いったんは彼の元を去った行天(松田龍平)だったが…。
友情は孤独をも埋める…? 夢のようなラストのワンカット。
●4日目●『マイ・バック・ページ』
■確かに沢田(妻夫木聡)は、きちんと泣けた。
倉田眞子(忽那汐里)が望むように…。
だが、ラストのあの涙の意味は? 100人いれば100人の答がありそう。
●5日目●『八日目の蝉』
■長い心の旅の末、恵理菜(井上真央)が到達したある境地。
とめどもなく湧き出てくる涙は、決して悲しみからではない。
観る者にも高揚感を与えずにはおかない、最高のアップ。
●6日目●『恋の罪』
■闇の引力とは、かくも強いものなのか? 
ゴミ収集車を追う彼女(水野美紀)の前に現れたのは…?
この映画は次作『ヒミズ』 と並べてみることで、さらに強度が増す。
●7日目●『ゴーストライター』
■風に舞う文字。そのラストは、高橋和巳の小説『憂鬱なる党派』を思い起こさせる。
人生の無為感、ここに極まれり。
●8日目●『ブラック・スワン』
■ブライアン・デ・パルマもかくやの、めくるめくトリッキーな映像。
ラスト、ヒロイン、ニナ(ナタリー・ポートマン)の口から出る言葉は…。
思わずブラボー!と、スタンディング・オベイションを送りたくなった。
●9日目●『猿の惑星・創世記<ジェネシス>』
■チンパンジーのシーザーが見下ろすものは…?
オリジナルの『猿の惑星』と対をなす見事なショット。
ウィル(ジェームズ・フランコ)との別れも泣けるが、
この映画史を繋ぐショットが、さらなる感動を誘う。
●10日目●『リアル・スティール』
■『ロッキー』嫌いの自分。
なのに、この映画には完全に心奪われた。
とりわけファイナル・ラウンドは。
父親(ヒュー・ジャックマン)を見る息子の目線がスクリーンを至福感で満たす。
映画は、やはり“目線”が重要だ。


※さて、もし10日で帰れなかったら…(あっ、これこそ映画、と思った瞬間

●11日目●『孫文の義士団』
■次々と襲いかかる刺客との技を駆使しての戦い。
アクションは、かくありたいもの。
●12日目●『ザ・タウン』
■絶体絶命の中から、脱出はありえるのか?
圧巻!キャメラににじり寄るジェレミー・レナーの最期!
●13日目●『ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2』
■CGに対する偏見を捨てさるに十分!
ホグワーツでの最終決戦!!
●14日目●『SUPER8 スーパーエイト』
■映画『ザ・ケース』のヒロイン=探偵の妻を演じるエル・ファニング。
突然、別の人になりきって悲しげな訴える目線にドキッ。
まるでヒッチコック映画におけるグレース・ケリーのようだ。
●15日目●『コクリコ坂から』
■これは、日活青春映画だ。生徒集会で一斉に歌い出すシーンだけでも十分に意味がある。

※他にも忘れられないラストシーンを。

●16日目●『婚前特急』
●17日目●『復讐捜査線』
●18日目●『サラの鍵』
●19日目●『風にそよぐ草』
●20日目●『探偵はBARにいる』

■おまけ
『アンチクライスト』


----こうやって振り返ると、
今年は、いろんな映画があったね。

「うん。例年以上に豊作だった。
ぼくにとってはだけどね。
来年もこの流れが続くといいなあ」



フォーンの一言「果報は寝て待てニャのニャ」
もう寝る


※2011年の五つ星だ度


blogram投票ボタン

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コトリ・ロゴお花屋さんもよろしく。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (36)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『リアル・スティール』 | トップ | 『ペントハウス』 »
最近の画像もっと見る

36 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ノラネコ)
2011-12-31 23:02:16
なるほど、えいさんは“unforgettable ending”という訳ですね。
今年は良い映画が多過ぎて、私は26日分も選らんでしまいました(笑
半分位はえいさんと被ってるかな。
まあ現実世界でも映画以上の激動があった年でしたが、一年を通してお付き合いありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします。
良いお年を! 
明けましておめでとうございます (ノルウェーまだ~む)
2012-01-01 11:58:51
えいさん、昨年はお世話になりました。
意外に王道なチョイスでちょっと安心しちゃいました。(笑)
邦画は前半ロンドンであまり観られていないので、是非参考にさせていただきますね。
今年もどうぞよろしくお願いします~
あけましておめでとうございます。 (rose_chocolat)
2012-01-01 20:34:16
えいさんに質問です!
『風にそよぐ草』のラストシーン、あれはどう解釈したらよいですか?
私さっぱりわかんなくてー。
ここに「忘れられないエンディング」としてお書きということはそれなりに何かがある訳ですよね。 それをお伺いしたい(笑)

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
☆彡謹賀新年☆彡 (ひろちゃん)
2012-01-01 23:01:31
↑、昨日と言うか今日?明けまして~言いましたが、もう1度(笑)

>観ている間、日常を忘れさせてくれること。

同感です^^もしかしたら、私が感じていることとは違うのかもですが、私も映画には、そういうことを求めてます(*^.^*)
邦画はあまり観ないので、ついていけませんが
(苦笑)、洋画は、私が好きなエンタメ作品も
結構入っていて嬉しいです♪

で、お話変わってすみません(^^ゞ
私も干し椎茸を戻して使いましたが、椎茸嫌いの息子たちには、筑前煮が椎茸臭いと大不評(T^T)椎茸が大好きな主人と私は美味しく頂けるのですが・・・
筑前煮には、干し椎茸は必須ですよね?
京芋って、サトイモの一種ですか?
どんな感じになのかしら?
長命菜やカキナもわかりません(T^T)
後で調べますね。アゴダシかあ~
えいさんの筑前煮に興味深深です(笑)
記事のお話より長くなってしまってすみません
(^_^;)
どうぞ今年もよろしくお願いします♪
(2度目ですが・笑)
あけおめです (たいむ)
2012-01-02 01:42:33
集計するにあたっての、私にとっての「好きあるいはおススメの映画」の基準は、やっぱ覚えていることかなーと。
もちろん覚えているということは、それだけの”何か”があるんですよね。爆笑かもしれないし、号泣かもしれないし、恐怖とか感心とか、何かとはそれぞれだけど。
タイトルをみて内容とかキャストを思い出せない時点でアウト。当然鑑賞時期が少なからず影響するけれど、1カ月前でも忘れるのは忘れるし。
でもやっぱり楽しいのが好きなこの頃です。

また来年もよろしくお願いします!
明けましておめでとうございます (dai)
2012-01-02 04:29:08
えいさんのこの企画毎年楽しみにしていました。

えいさんの選考基準は映画の醍醐味ですよね。そういう部分で考えると自分の選んだものも何かと当てはまるのかなと思ってしまいました。

本年も宜しくお願いします。
新年あけましておめでとうございます (PGM21)
2012-01-02 06:42:36
新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

昨年は色々な映画記事で大変お世話になりました。

今年も色々な映画記事でお世話になりますのでよろしくお願い致します。

そうですね。震災で興行収入は10年前の水準になったらしいですけれど、作品的には良い作品が多かった年でしたね。

今年も良い作品に出会えるようにしたいですね。
あけましておめでとうございます (とらねこ)
2012-01-02 12:59:44
昨年中はtwitterでお世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いします。
えいさんの「見ている間に忘れさせてくれるかどうか」という判断基準、いいですね!
見ている間にどんな文を書こうかとか、つい考えてしまうのは退屈している証拠だなあ、なんて思いますもの。
実際私も、結構面白かったのですが、そんな風に考えてしまった『サウダーヂ』は、ベストからは外しました。
私も『恋の罪』はとても気に入ったのですが、『冷たい熱帯魚』と『ヒミズ』を比べてみたい!と今から楽しみにしています。
■ノラネコさん (えい)
2012-01-02 22:00:53
改めまして、あけましておめでとうございます。

いやあ、2011年は見ごたえある映画が多い年でした。
“unforgettable ending”――。
まさに、そのとおりで
いま、なぜか思い出すのは、
『トゥルー・グリット』の興奮。
復讐を成し遂げ、
あるドラマが終わったあの“瞬間”に
映画の魅力が詰まっていたと思います。

今年も、こういう映画に数多く出会えることを祈りつつ
今年もよろしくお願いいたします。
■ノルウェーまだ~むさん (えい)
2012-01-02 22:03:28
あけましておめでとうございます。

ふうむ。“王道”ですか!?
そんなこと、思ったこともないのですが、
案外、当たっているのかも。
最初に映画を好きになった頃は、
それこそ「日曜洋画劇場」でしたし…。
でも、その後、人並みに突っ張って、
映画はゴダールとパゾリーニ(笑)。
若かったなあ。

まあ、このあたりの変遷は
話始めるときりがないので、
またこの次に。

今年もよろしくお願いいたします。



■rose_chocolatさん (えい)
2012-01-02 22:10:41
あけましておめでとうございます。

あのラストですか?
ぼくは、人を食ってオモシロいと、
まあ、解釈するような映画でもないし…。
と、そう思ってニヤニヤ。

でも、いちおう考えると、
たとえば、こういうことでしょうか?
「猫が猫の餌を食べるように
人間は恋をしちゃう。
これは、本能であり自然の摂理…」と。

なんちゃって。

今年もよろしくお願いいたします。

■ひろちゃんさん (えい)
2012-01-02 22:14:59
あけましておめでとうございます。

そうなんです。

ぼくが映画に最初に引かれたのは、
観ている間、ここではないどこかに連れて行ってくれたから…。
その後、映画研究会なんぞに属したり、
ATG映画の洗礼を受けたりして、
まあ、いろいろありましたが、
基本はココにあると思っています。
だって、それで映画を好きになったんだもの。

ところで、
食材やおせち、お雑煮の件、
先日、お返事を書かせていただきました。

その中から、訂正をここにも。
長命菜→長命草
カキナ→かつお菜

なんて、分かる人にしか分からないですね。

それでは今年も引き続きよろしくお願いいたします。

■たいむさん (えい)
2012-01-02 22:18:56
あけましておめでとうございます。

ほんと、最近は
あれっ、このえいがのらすとってどうだったっけ?って思うこと多いです。
たとえば
フランス映画の『太陽がいっぱい』、
アメリカ映画の『卒業』
日本映画の『八月の濡れた砂』と、
まだ、60年代から、そうですね
70年代にかけての映画は、
そのラストが鮮烈。
余韻がいつまでも残っていたものでした。

その代表格が『ラムの大通り』(なんちゃって)。

でも、こういう映画に昨年は数多く出会えた気がします。

ことしも多くの名ラストシーンに出会えることを祈りつつ、
今年もよろしくお願いいたします。
■daiさん (えい)
2012-01-02 22:20:35
あけましておめでとうございます。

そう、映画の醍醐味。
ダイナミズムを持った映画は好きです。
自分の心を大きく揺り動かしてくれるから…。
映画の中では騙されてみたい。
なんて言うと、
ロッセリーニやゴダールには怒られそうですが…。

今年もよろしくお願いいたします。
■PGM21さん (えい)
2012-01-02 22:23:14
あけましておめでとうございます。

昨年は、ツイッターで
映画以外、PGM21さんのアナザーサイドを拝見した年でした。
自分には、とても及ばない博識に
頭が下がる思いでした。

でも映画では頑張りますので
今年もよろしくお願いいたします。
■とらねこさん (えい)
2012-01-02 22:26:53
あけましておめでとうございます。

昨年、ツイッターでのとらねこさんのツイートに、
あっ、この人、
自分と考えている方向性、
感じ方が似ている!と、嬉しくなることがしばしば。
3.11は、ほんとうに大きかったです。

『ヒミズ』は、3.11以降の日本において
自分はどうあるべきか、
また、どういう方向へ進むべきかを
深く考察した映画だと思いました。

ご覧になった後、また語り合いたいです。

今年こそ、久しぶりにお会いしたいです。

よろしくお願いいたします。
明けましておめでとうございます (デイヴィッド・ギルモア)
2012-01-02 23:44:08
本年もよろしくお願い致します。
「トゥルー・グリット」ですが、ジェフと悪漢らとのガンファイトと、さらにジェフがマティを助けるため、馬で駆け抜けるという2つのクライマックスが設定されていたのは驚きでした。
Unknown (悠雅)
2012-01-03 00:35:00
あけましておめでとうございます。
年末年始をいつもとは全く違う過ごし方をしていて、
ごあいさつがすっかり遅れてしまいました。
来週以降になれば、映画を観て、あれこれお喋りができる日も来るかと思いますが、
それまで、簡単なご挨拶で失礼いたします。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
明けましておめでとう! (パピのママ)
2012-01-03 09:41:02
昨年中は、たくさんのTBをお返しいただき恐縮です。
こちら東北では大震災ということもあり、暫く映画館が再開せず、溜まっていたDVDを鑑賞し、その記事を年末に向かってアップしました。
それでも、映画館通いはストレスの発散になりますので、誰になって言われようとも鑑賞したいですよね(苦笑)
今年も相変わらずTBだけになりそうですが、宜しくお付き合い下さいませ。
■デイヴィッド・ギルモアさん (えい)
2012-01-03 10:39:50
あけましておめでとうございます。
「トゥルー・グリット」は、
あの馬上のシーンを撮りたいがために作ったのでは?
と思ったほど高揚感に満ちていました。
二段目のエンディングは「ロイ・ビーン」の方が
視線の映画になっていて好みでした。
今年もよろしくお願いします。
■悠雅さん (えい)
2012-01-03 10:43:53
あけましておめでとうございます。
いつもとは違うお正月ですか?
どのようにお過ごしなのでしょうか?
後ほど、お伺いさせていただきます。
今年もよろしくお願いします。
あけましておめでとうございます★ (maru♪)
2012-01-03 16:15:49
えいさん! あけましておめでとうございます★
昨年は連続TBでgooの規制にかかっていることに気づかず、
ご無沙汰しておりました・・・

『ブラック・スワン』の二ナの一言!
私も感動してしまって、号泣してしまいました。
芸術家として突き詰めるとああなるかなと・・・

今年もよろしくお願いしますヽ(・∀・)ノ
Unknown (mig)
2012-01-04 16:45:13
あけましておめでとうございます。

えいさん、恋の罪選ばれたとは意外!
いや私も楽しんだ作品なんですが
冷たい熱帯魚のほうではないんですねー

今年も宜しくです☆
■パピのママさん (えい)
2012-01-05 23:12:00
あけましておめでとうございます。

と、心から言えないこの一年でした。
早く、落ち着いて映画が鑑賞できるようになってほしいと切に思います。

『恋の罪』のレビューも拝見いたしました。
この映画は『ヒミズ』と併せて観ることで、
ひとりの作家の心の内奥に迫ることができ、
また、その変遷をうかがい知ることができる稀有な例です。
ぜひ、ごらんください。

今年もよろしくお願いいたします。

■maru♪さん (えい)
2012-01-05 23:14:21
あけましておめでとうございます。

maru♪さんとも長いおつきあいになりました。
ぼくには到底できない、
緻密なレビューにいつも感服しています。

『ブラック・スワン』で号泣とのこと。
同じ映画を好きになるって
本当にうれしいことですよね。
今年もよろしくお願いいたします。
■migさん (えい)
2012-01-05 23:17:02
あけましておめでとうございます。

そうですね。
グロよりエロが好きだから(笑)…
というのは、半分本気半分冗談ですが、
今回、ラストシーンにこだわった関係で
『恋の罪』を選んじゃいました。

『冷たい熱帯魚』のラストも、
ある意味、飛んじゃっているとは思うのですが…。

今年もよろしくお願いいたします。
遅ればせのおめでとうございます (にゃんこ)
2012-01-06 01:12:26
あけまして6日目おめでとうございます。
2011年はいろいろパタパタした年でクルクル変化して
しまいには静岡県に舞い戻る年になりました。
(あったかハイムのおうちです♪)
映画鑑賞もちょっとスローダウンしたりしてましたが
えいさんのランキング拝見して、忘れてたラストシーン思い出しました(笑)
(そこは寝てない(爆)
3日目、4日目、7日目観逃してるのでまたゆっくりチェックさせていただきます。
ラストシーンが印象に残るものって、たとえうたた寝中盤しちゃったとしても
結果的に評価がよかったりする傾向が^^;

本年もよろしくお願いします。
ブロガーのベスト10 (aq99)
2012-01-07 18:11:18
すみません。
去年の方にコメント残してしまいました。

今年のブロガーベスト10、完成しました。
一年に一度、この時期だけのお付き合いですが、今年もよろしくお願いします。
■にゃんこさん (えい)
2012-01-09 18:26:47
あけまして9日目おめでとうございます。
実はお伊勢参りで、静岡を通りました。

先日、あるインタビューでお聞きしたのですが、
「映画はケツで勝負できる」のだとか…。
テレビだと「CM、尺またぎ」もあるのでそうはいかないと…。
という意味では、途中はともかく
ラスト、バッチリ目が覚めているにゃんこさんの観方は
案外。的を射ているのかも。
■aq99さん (えい)
2012-01-09 18:34:59
あけましておめでとうございます。

ブロガーベスト10、
毎年、ご苦労様です。
本文の方に名前を入れていただくためにも
来年は、ランキングを付けてみようかな。

今後ともよろしくお願いいたします。
本年もよろしくお願いいたします (Kei)
2012-01-09 22:51:00
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

昨年は、拙文をtwitterで紹介いただくなど、大変お世話になりました。ありがとうございました。

>記憶に残るラストシーン…
私もそれは同感です。いい映画は、エンディングが見事に決まっているものが多いですね。
私の好きな作品で言うと「アジョシ」「大鹿村騒動記」のラストシーンが、とてもいい余韻を残してて気に入ってます。

今年も、いい映画に出会えますように。
本年もよろしくお願いいたします。
こんにちは! (ボー)
2012-01-15 12:06:42
「トゥルー・グリット」「ゴーストライター」…ブロガーのみなさんの映画ベスト記事を読むと、これ見ておきたいな~というのが、いっぱい出てきます。
今年もよろしくお願いします。
■Keiさん (えい)
2012-01-16 21:52:01
あけましておめでとうございます。

(旧暦だと16日まで大丈夫だそうです…)

Keiさんのブログは
自分にとってもためになりますし、
少しでも多くの方に
知っていただきたいと
ちょくちょく初y介させていただいております。

今後ともよろしくお願いいたします。
■ボーさん (えい)
2012-01-16 22:56:26
『ゴーストライター』は
今日発表の「キネ旬」ベストワンに輝きましたね。
『トゥルーグリット』もいいとkろいってました。
自分はやはり、あの雑誌で育った人間だと
改めて思いました。

こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
初めまして (kazoo)
2012-02-01 22:43:09
初めまして&TBありがとうございました。
ぺこりん。

トゥルー・グリット
あのビターな後味だからこそ
わたくしのランキングでは1位におした作品です。
ジェフブリッジスもタイプキャスト?と思いつつも、さすがに巧かったですねえ。

これからもどうぞよろしくお願い致します。


■kazooさん (えい)
2012-02-02 23:33:51
はじめまして。


ベストのほう、拝見させていただきました。
自分とかぶるモノ、かぶらないモノ、
やはり映画は観た人の数だけあると、
そういう思いを強くしました。

最近、更新が滞りがちですが、
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
2011 unforgettable movies (ノラネコの呑んで観るシネマ)
様々な意味で、激動の年となった2011年。 年明けから始まった中東の革命、東日本大震災と原発事故、欧州の金融危機、北の将軍サマの突然の死と、正に波乱万丈な一年だった。 変化を求める人々の願いは行動と...
2011年 年間ベスト (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
今年もいよいよ今日で最後。 やり残したことも色々あれど、締めくくりのベスト10はやはりしないとね・・・
2011年を振り返って<映画>  (はらやんの映画徒然草)
今年はほんとに色々ありました。 まずは3月の震災がやはり大きかったです。 日本人
2011年my映画ランキング (Nice One!! @goo)
今度こそ今年公開された映画の中から、my鑑賞映画ランキングします。 去年試写or映画祭で観て、今年一般公開されたものも含めます。 トラックバック、引用はこちらからお願いしますね。 今年は洋画邦画アジア映画分けていません。 対象の本数が少なすぎますので。。。 ...
2011年の映画を振り返る (メルブロ)
 いつも訪問していただいているみなさま、あけましておめでとうございます。昨年はお世話になりました、今年も宜しくお願いします。  毎年恒例8回目になるメルブロの映画ラン ...
[年越し! <ナカデミー賞 2012’> おませで、おしゃまで、ひたむきな! ^^v(前編)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・男(ひと)はなぜ、幼女が好きなのだろう・・・?    ・・・男(ひと)はなぜ、幼女を愛さずにはいられないのだろう・・・?    私には、幼女から、愛することを許諾してもらう資格があるのだろうか・・・。    ◇  「ロリコン許可証」を持つ男・・...
★2011年総決算!今年もお世話になりました★ (Cinema Collection 2)
2011年もあと2日となり何かと気忙しくなってきました 今年は、今まで味わったことのない恐怖の大地震が3月、結婚以来〇十年も同居していた、 実の母より長く一緒にいました義母の葬儀が4月、初めてブログを開設し、6周年、 7年目に入ろうかと言う時に、楽天が....
映画2011 総決算! (たいむのひとりごと)
2011年の映画鑑賞も一応終了。鑑賞作品総数(DVD含):89 本。内訳は外画:56本、邦画:33本(内アニメ:10本)。ちなみに複数回劇場に通っても1タイトルと1本としてカウント。昨年が87本(外:
2011年BEST MOVIE (Memoirs_of_dai)
2011年BEST MOVIE 今年も残すところ7時間程度(毎年中途半端)となりました。今年は震災や洪水など天災が経済を含めて世界に影響を与えた一年で、個人的に3・11の衝撃もそうなのですが、特にタイの洪水は少...
2011総括マイベスト映画レビュー (オールマイティにコメンテート)
2011年もいよいよ8日あまりとなってしまいました。 映画はあと1作品鑑賞予定があるので 2011年度全ての作品ではありませんが、 今年もいち早く総括に入りたいと ...
今年のベスト1・・・映画編 (あーうぃ だにぇっと)
今年の上半期に観た新作映画は99本だった。 そのうち18本はギンレイホールで観た昨年の作品だった。 今年の新作で上半期に観たのは81本。 東日本大震災の影響を受けて減少。 下半期は113本観たが2本が旧作で9本が来年公開の作品。 今年の鑑賞本数は212...
2011年シネマ・ベスト10 (シネマ・ワンダーランド)
2011年に公開されたシネマ・ベスト10は下記の通り。今年は昨年に比べると、全体的に低調だったように思う。巨匠オリバー・ストーンの「ウォールストリート」にしても、名匠ラッセ・ハルストレム監督の「「ザ・ホークス」、鬼才リドリー・スコットの「ロビン・フ...
とらねこのオレアカデミー賞 2011年 (レザボアCATs)
今年は本当に衝撃の一年でした。きっと何年経っても後から今年のことを思い出すだろうな、と。人間て、簡単にいろいろなことを忘れていくけれど、今年感じたことはあまり忘れないようにしようと思ってたり。 何かと激動の年だったので、映画ばかりを見ているわけにはいか...
とらねこのオレアカデミー賞 2011年 (レザボアCATs)
今年は本当に衝撃の一年でした。きっと何年経っても後から今年のことを思い出すだろうな、と。人間て、簡単にいろいろなことを忘れていくけれど、今年感じたことはあまり忘れないようにしようと思ってたり。 何かと激動の年だったので、映画ばかりを見ているわけにはいか...
2011年度・ベスト20 ワースト10発表 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
    本年もよろしくお願いいたします。   さて、私の昨年度ベスト20を発表いたします。例年通り、HPに掲載しているのと同じ要領で、邦・洋混成のベスト20です。 1位 八日目の蝉 昨年のベストワン「
2011年Nakajiの映画ランキング (C'est joli~ここちいい毎日を~)
今年もいよいよ終わりですね~掃除もひと段落したのでランキングにとりかかってみました。さてさて、Nakajiの2011年に劇場でみた映画は、アジョシが2回を入れてちょっ ...
悠雅的映画生活2011劇場公開編 (悠雅的生活)
今年の劇場公開作品から
新年のご挨拶と2011年映画ランキング、ベスト10 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
新年明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になり有難うございました。本年も何とぞ宜しくお願い申し上げます。2011年度劇場で鑑賞した作品、174本の中でベ ...
New Year!2012  (映画雑記・COLOR of CINEMA)
■2011年の20本/191本劇場鑑賞中(2012年1月1日、今の気分で)東京公園、台北の朝、僕は恋をする、永遠の僕たち、ラブ・アゲイン、50/50、ソーシャル・ネットワーク、ファンタスティックMr.
映画 今年の10本( 2011) (Days of Books, Films )
Movie, My Best 10 1  ブンミおじさんの森  2  悲しみのミ
maru's BEST MOVIE 2011 (・*・ etoile ・*・)
2011年に見た映画はDVD鑑賞、テレビ鑑賞も含めて97本。映画ブロガーの末席に加えていただいている身としては、あんまり鑑賞本数は多くない… 洋画と邦画に分けるほどの本数でもないので、一括して10本選出。DVD鑑賞も含め2011年公開作品限定。でも結局、試写会もしくは劇...
2011年 映画評 (まじめにふまじめ★)
つんつくつくつくつ~ん  つんつくつくつくつ~ん   ひあ~ ひぁ~ららら~ ひぁ~♪ 2012年 おめでとうございます。m(_ _)m 本年もゆるゆるまいりましょう☆ ************************** ガンヘッド♪の2011年アカデミー賞~...
2011☆ベスト&ワースト映画 /2011 BEST&WORST MOVIE☆ (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 今年で14年目となりました 独断と完全なる好みでmigが選ぶ、年末の映画ランキング 毎年言ってますが、個人の選出によるものなので映画の出来の良さではなく、面白かったもの、好きというのを重視  対象となる....
2011年度 年間ベスト&ワースト (Subterranean サブタレイニアン)
さてさて毎年恒例の年間ランキング。年明け早々に去年の事を振り返る、なんとも後ろ向きな感じもしないでもないですが、都合の悪いことは忘れたがる私の脳内活性には良いのかと。 で、昨年度の総記事数が326本。映画レビューが229本で、その内私が初めて観た作品ってのが1...
2011年ベスト10&ワースト10&more... (銀幕大帝α)
2011年銀幕大帝αベスト10 (1/1~12/31の間でリリースされた劇場公開新作DVDの中から選出) 1位:『キック・アス』(レンタル開始日:2011-03-04) 2位:『告白』(レンタル開始日:2011-01-14) 3位:『ビー・デビル』(レンタル開始日:2011-10-05) 4位...
2011年 私的映画ランキング (うろうろ日記)
2011年に公開した新作映画で、私が見た約90本の満足度ランキングです  1.宇
『東京公園』『インモータルズ -神々の戦い-』『friends もののけ島のナキ』『50/50 フィフテ ィ・フィフティ』 ベスト・オブ・ベ... (映画のブログ)
 ムービープラスとユナイテッド・シネマとau one 映画 が共同で実施しているベスト・オブ・ベスト アワード2011。  その4部門に投票したので、内容を紹介する。  投票に当たっては、例によって当ブログ...
2011年寝ましたか?好きですか?うたた寝大賞 (黒猫のうたた寝)
2011年の劇場鑑賞系は124本 洋画は73本(うたた寝37本) 日本映画は51本(うたた寝12本)まぁ、去年は入院したり、おうちを建てたりいろいろあったのでいつもよりペースダウン(これでも)毎度おなじみ好きですか?寝ましたか?うたた寝大賞発表で~~~す。 ...
2011年 総まとめ (心のままに映画の風景)
今年もおしせまってまいりましたが みなさま、素敵な映画に出会えましたでしょうか? わたしの劇場観賞は、83作品(邦画2本、韓2本)、リピートしたのは9作品、「午前10時の映画祭」で3本、レンタルやWOWOW...
2011年面白かった映画マイベスト10 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
今年も色々ありがとうございました(^○^)  また来年も宜しくお願いします!      2011年 面白かった映画ベスト10です
2011年のベスト 2 (笑う学生の生活)
さてさて 2012年となりましたが まだ 2011年のベストを書いてないので・・・ 今回は映画編です 独断と偏見で 自分の好みと評価とのバランスで 第1位 「ゴーストライター」      極上のサスペンスを堪能      ポランスキーの技が光り ユアン・マクレガーの....
2011年ブロガーが選んだ映画ベスト10 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
年に一度のブログの更新時期が来ました。 鑑賞本数が年々減っていき、失敗チョイスが多かった2011年、私自身のベスト10は、なんとなく幼稚なベスト10となってしまいました。 2011年は、どの映画が面白かったんやろか? 8回目(2010年、2009年、2008年、2007年、2006年...
2011年・映画館で観た映画・好きな順 (或る日の出来事)
昨年(2011年)の劇場観賞映画すべての、個人的に好きな順の順位発表!
2011年のまとめ・日本インターネット映画大賞 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
新年とっくに明けてますが、ようやく去年のまとめが完成。今年もゆる~く、お願いします (●- -)(●_ _)ペコリ2011年のベストソング、アルバム、ライブ、ドラマ、映画を選んでみた。 ...
2011年ベストシネマ15(洋画編) (京の昼寝~♪)
2011年ベストシネマ15(洋画編)    昨年同様、洋画は邦画に比べると鑑賞本数は少なかったです。 本当に観たいと思う洋画が少なくなりましたねぇ・・・   昨年のアカデミー賞の受賞うどおり、やはり『英国王のスピーチ』や『ブラック・スワン』はすばらし...
2011年ベストシネマ15(邦画編) (京の昼寝~♪)
2011年ベストシネマ15(邦画編)      昨年は年間97本(邦画56本、洋画41本)の映画を劇場で鑑賞しました~   残念ながら100本達成にあと3本でしたが(笑)   あちこち出掛けながらの100本はなかなか難しいものですが、   真夏や真冬の...
おかずとずーこの2011映画ベスト10 (LIFE ‘O’ THE PARTY)
「あのさ」「なによ」 「今日で1月も最終日じゃない?」「早い