ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『ブラック・スワン』(アカデミー特集第三夜)

2011-02-26 22:38:32 | 新作映画
(英題:Black Swan)



----これは大興奮で帰ってきた映画だよね。
「うん。クライマックスなんて、もうただただ唖然。
ぼくなんて、こういう瞬間を味わいたいがために
映画を観ているようなものだから、
立ちあがってブラボーなんて
ガラにもないことをやりたかったくらい」

----あらあら。
まだ興奮冷めやらぬって感じだけど、
ほかの映画と、どこがどう違うの?
「簡単に言えば、
<画>と<音>で語ってくれているってこと。
物語自体は、そうたいしたものじゃないんだ。
――それは、チャイコフスキーの『白鳥の湖』のプリマをめぐってのお話。
ナタリー・ポートマン扮する主人公ニナ。
彼女は、元ダンサーの母親の寵愛の元、
人生のすべてをバレエに捧げていた。
彼女は、白鳥にふさわしい可憐なバレリーナ。
しかし、プリマの座を射止めるには、
魔性に染まった“黒鳥”にもなりきらねばならない。
芸術監督ルロイ(ヴァンサン・カッセル)から、
『君には、黒鳥を演じる激しい感情を表現できていない』との
手厳しい言葉を浴びせられ、落ち込むニナ。
そんな彼女の前に、エキゾチックな色気を発散するリリー()が現れる。
自分にはない官能的な魅力を備えたリリーに
嫉妬にも似た複雑な思いを抱くニナ。
やがて、彼女の前には不可解な出来事が次々と襲いかかる」

----不可解な出来事って?
「うん。それがこの映画の最大のポイント。
途中から、目の前で起こっていることが
現実なのか、はたまた彼女の妄想なのか、
すべて混濁して分からなくなってくる」

----そういう映画って、過去にも多いよ。
「いや。
この映画では、
そのニナの脳内混乱を観客にも同化させ、
眩暈にも似た高揚感を与えるんだ。
まるで強い劇薬でも注射されたかのように、
自分の感覚がおかしくなり、
いま見ているものに対して自信が持てなくなってしまう。
たとえば、ニナの母親。
彼女のあまりの娘への溺愛に、
観客は、それが事実かどうか疑いを抱いてしまう。
もっと言えば、その母親が存在しているのかどうかさえ分からなくなる。
彼女自体も妄想ではないかと…。
一例を出してみよう。
途中、ニナの家をリリーが訪ねるシーンがあるんだけど、
ここで、キャメラは、
もしかしてリリーの目には母親が見えていないのではないかというような
絶妙のアングルを選び取るんだ。
これは、すぐに解消はされるけどね。
この映画には、いわゆる、
こういったスリリングな、
というよりも危険な瞬間が
至るところに散りばめられている。
かくして、映画は虚実の間を浮遊しながら
驚愕のクライマックスへと突き進んでいく。
このなだれ込み方は、
監督ダーレン・アロノフスキーの傑作、
映画史上、(おそらく)もっとも観客を落ち込んだ気分にさせるた、
あの『レクイエム・フォー・ドリーム』を思い起こさせる」

----あれって、ドラッグ中毒にお散った人たちの悲惨な結末を、
これ以上、救いがない描き方をしていたよね。
「うん。ドラッグの体験がない自分でも、
うわあ、これはたまらないと…。
あれをアッパーと呼ぶのか、ダウナーと呼ぶのか知らないけど、
現実から、遠く離れたところへと連れて行かれた。
この映画は
いわば、メジャー版、エンターテイメント版の『レクイエム・フォー・ドリーム』
もし、彼の映画を『レスラー』でしか観ていなかったとしたら、
かなり戸惑うことは間違いないだろうね。
描写もリアル。目を開けられないほど痛覚を刺激するシーンもあるし」

----ツイッターでは、
『ファントム・オブ・パラダイス』
『オーケストラ!』を引き合いに出していたよね。
その二本って、まったく違う感じだけど…。
「確かに。
でも、共通点がないでもないんだ。
両作品とも、クライマックスは劇場。
さらには、チャイコフスキーの音楽とともに、
ドラマが最高潮に達してゆく。
ただ、本作がそれら二作と違うのは、
その重要なクライマックスを、
ナタリー・ポートマンひとりの演技に負わせているところ。
そのシーンを観た観客だれしも思うこと、
それは『パーフェクト』の一言。
そして、それを見透かしたかのように
この映画は、“あること”を用意するんだ。
そのとき、ぼくら観客は、
ダーレン・アロノフスキーという魔術師の手の上で
自分たちも踊らされていたことに気づく。
いやあ、まさしくこれぞ映画。
ゾクゾクする瞬間がエンディングには待ち構えているよ」




                    (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「アカデミー賞一押しなのニャ」身を乗り出す


※『ファントム・オブ・パラダイス』にもスワンが出てきた度

コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はオフィシャル(壁紙ダウンロードサイト)より。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (27)   トラックバック (69)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『トゥルー・グリット』(アカデ... | トップ | 『ガリバー旅行記』 »
最近の画像もっと見る

27 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (dai)
2011-02-27 21:14:09
ダーレン・アロノフスキーに完全に踊らされました。本当に興奮が覚めない映画です。

個人的にはこの映画は一押しですね☆
■daiさん (えい)
2011-02-27 22:31:53
ですよね。
これは、近年の大収穫。
僕もこれほどの映画とは思いませんでした。
観た中では、ぼくもアカデミー作品賞一押しなのですが、
ちょっと過激すぎるだろうな。
受賞したらニュースです!
興奮もします (ノルウェーまだ〜む)
2011-03-01 00:32:36
えいさん、こんにちは☆
オスカー出ましたね。
ナタリーが主演女優賞は当然ですが、わたしは作品賞もあげたいくらいだったので、ちょっとがっかりです。
本当に興奮さめやらずの作品でした。
■ノルウェーまだ〜むさん (えい)
2011-03-01 09:20:47
こんにちは。

この映画は、大好きですが、
まあ、アカデミー賞は無理と思っていました。
もし、取っちゃうならそれこそ大事件。
アカデミーなんて…と、
そっぽを向いていた人たちの目を
そちらに持ってくることもできたのですが…。
オスカー (minori)
2011-03-05 18:36:17
こんにちは。
えいさん、絶賛ですねぇ!
私も最後のシーンには鳥肌が立ちました〜。

私は主演女優よりも作品賞で欲しかったような気がしました。確かにナタリーは素晴らしかったけど他の人もみんなよかったですし。King's Speechはある意味「妥当」な作品でしたもんね。

心理をテーマにした映画って難しいと思うんですけど、とってもよく出来ていたと思います。あの黒鳥のシーンを一観客として見れたら幸せですねぇ。

それではまた!
■minoriさん (えい)
2011-03-05 22:13:34
こんばんは。
はい。大絶賛です。
こういう、観る方の心を惑わす映画って好きなんです。

ただ、ぼくはこの映画の作品賞受賞はないと睨んでいました。
もし受賞したらそれこそ事件。
そこまでアカデミー賞は
作家の映画に対して寛容ではないという気がします。

そう、『英国王のスピーチ』が
いわゆるアカデミー賞の良識ではないでしょうか?



Unknown (mig)
2011-04-30 13:23:08
こんにちはー、
面白かったですね!
この何とも言えない雰囲気好きなんです。
アロノフスキー監督の作品は映像も見所のひとつで、
見直したばかりのレクイエム〜も好きだけど
どちらもそれぞれ良かったです。
次回作も楽しみだなぁ、
■migさん (えい)
2011-05-03 12:55:05
こんにちは。

『レクイエム・フォー・ドリーム』はスゴいけど、
落ち込み癸院
一方、この映画は、感情をどんどん高揚させていく。
一つの映画の裏表のような気がしました。
Unknown (悠雅)
2011-05-11 16:17:03
予告で予想していた内容と違ってたんですが、嬉しい予想外の作品でした。
とにかくナタリーの演技が圧巻。ほぼ出ずっぱりで、これを迫真の演技というのだなぁと思いました。

女優賞を受賞しても作品賞を受賞する作品とは思わないけれど、
満足度の高さは文句なしの作品だったと思います。
■悠雅さん (えい)
2011-05-11 23:12:39
やはり、想像とは違いましたか…。
おそらく、多くの方が戸惑ったのでは?
けっこう、痛覚を刺激するし、
エロチックだしで、
カップルには向かない映画。
作品賞は、端から無理だと思いますが、
でも、ナタリー・ポートマンの演技は
うむを言わせないモノ。
映画史に残る名演だと思います。
こんばんは。 (uerei)
2011-05-11 23:41:18
TBさせていただきました。いい意味で、予想と期待を裏切られる映画ですよね。
えいさーん! (maru♪)
2011-05-12 01:27:05
凄い映画・・・ そして凄い演技でしたね・・・

ラスト20分! 自分が息してたか覚えてません(笑)
ニナのつぶやきを聴いた瞬間号泣・・・
ほとんど嗚咽でした(笑)
体中がガクガク震えてしまって、立ち上がれないくら感動してしまいました。

圧倒的でしたね・・・
少し早いですけど、今年No.1だと思います。

TB&URLリンクしたいのですが、gooの方に反映しないんです(涙)
コメントのみで失礼します。
こんばんわ (にゃむばなな)
2011-05-14 22:05:17
あっ!分かります!
私も見終わった後に立ち上がって「ブラボー」ってやりたかったですもん。
この映画にはそれだけの魅力が存分にありますよね。
ブラボー!
はじめまして (ももっち)
2011-05-15 13:31:52
「BLACK SWAN」にハマってしまいました。
初日は興奮して、私も立ち上がって
「ブラボー」とやりそうになりました。
もう一回冷静に観ようと思い、
昨日2回目を観に行きました。
でもやっぱり感動して泣いていました。

私も猫が大好きです。
こんばんは♪ (ひろちゃん)
2011-05-16 01:36:42
またまたいろいろありまして(^^;
ちょっとご無沙汰致しましたσ(^◇^;)
そして、最近gooに引っ越しました^^
えいさん、gooだったんだと気がつきました(苦笑)これからも、よろしくお願い致します♪

さて、この作品ですが、最近は予告編が良いと
本編観たら、予告編にいいところがいっぱいでそれだけだったみたいな作品が多いのですが
この作品には、いい意味で裏切られました(*_*)
怖さも予想以上でしたし、予告編で、ラストの
黒鳥観せていいのか?と思いましたが、それ以上に驚く結末があって・・・

未だに現実なのか妄想なのかと言うシーンが
たくさんありますしσ(^◇^;)

いやあ〜、とにかく凄い作品でした!
■uereiさん (えい)
2011-05-17 21:53:51
こんばんは。

この監督だから、普通じゃないだろうとは思っていたので、
ぼくは、それほど予想とは違わなかったです。
でも、これがアカデミーにノミネートされた…
これが最も予想とは違いました。
■maru♪さん (えい)
2011-05-17 21:57:32
こんばんは。

あのラスト20分は、
ほんとうに稀有な体験。
ここまで自分を持っていかれたのは久しぶりでした。
ラストのつぶやきは、
この映画に対するものでもありますよね。
■にゃむばななさん (えい)
2011-05-17 22:25:27
嬉しいです。
ほんとうに「ブラボー!」でした。
で、そのことを
ブログなどで呟いて
興奮しすぎかなと、
少し反省していたのですが、
思った以上に好評で、
ほんと、ほっとしています。
■ももっちさん (えい)
2011-05-17 22:30:01
おお。ここにも「ブラボー!」の同調者が…。
ラストで涙が出たのも、
猫が好きなのも同じ。
これからもよろしくお願いいたします。
■ひろちゃんさん (えい)
2011-05-17 22:48:44
こんばんは。
gooへようこそ。

この映画、監督の過去の作品を観ていたからでしょうか、
予想とはそれほど変わらなかったです。
それでも、クライマックスの20分は、
もう、恍惚と陶酔が興奮と一緒に訪れた感じ。
こういう体験、もうしばらくはないだろうなあ。
こんばんは (ノラネコ)
2011-05-18 21:27:04
仰るとおり、ラストの20分は圧巻。
それまで押さえつけられていた感情が大爆発を起こして崩壊した感じですね。
でもそれは同時に解放でもある。
上手いなあと思いました。
何となく、70年代のロックオペラに通じるイメージもあった様に思います。
えいさん、こんばんは♪ (ももっち)
2011-05-22 00:21:17
えいさん、先日はコメント&TBありがとうございました!

またこの土曜日にブラックスワン観に行った方多いようで、
興奮冷めやらぬままに感想を連絡してくる友人が増えました。

あれから、何度かおじゃましております♪
えいさんとフォーンくんの対話にハマっちゃいました!
ニクキューのブログパーツすごく可愛いので、
とうとう私もブログに貼り付けてみましたところ、
すごぶる人気でみんなでニャアニャアやっております♪

これからも、よろしくおねがいいたします。
■ノラネコさん (えい)
2011-06-02 20:00:07
そうそう。
感情の爆発→解放。
70年代ロックオペラと言えば、
『ジーザス・クライスト・スーパースター』『ゴッドスペル』『ロッキー・ホラー・ショー』などでしょうか?
個人的には
『ファントム・オブ・パラダイス』を連想しました。
■ももっちさん (えい)
2011-06-02 20:02:36
こんばんは。

ときおりお越しいただいているとのこと、
ありがとうございます。
このニクキューかわいいですよね。
gooには対応していないのですが、
マウスを動かすと
黒猫が顔を動かして、
やはりいろんな鳴き方をするブログパーツもあって…。
やはり“猫が一番”。
Unknown (ふぅみん)
2012-03-24 14:53:44
実はこの映画見たのつい最近なんです。
こんなに怖いのに、最後泣いたのは初めてでしたね。

彼女の中には既に双子の黒鳥がいたんですね。母親の過保護と英才教育の為に自分の中の「魔性」をずっと抑えてきた。完璧なパフォーマンスの為に、激しい葛藤をしながら「双子の黒鳥」を開放していく中、彼女の精神は壊れていく(麻薬の使用も関係ありか?)。

そんな彼女は最初で最後の主役舞台で自分が黒鳥に乗っ取られる瞬間、白鳥が戻ってくる瞬間に『白鳥の湖』を、体と心で感じたんですね。完璧でした。(涙。)
■ふぅみんさん (えい)
2012-03-24 22:52:01
こんばんは。
怖いのに泣く…これが映画ならではの醍醐味。
自分の中の、これまで隠れていた感情や感覚を
呼び起こしてくれる。
やはり、この映画はスゴイや。
改めて、そう思いました。
ナタリーの主演女優 受賞作 (zebra)
2014-02-03 12:08:49
DVDで見ましたが
2011年のアカデミー賞で 主演女優を受賞しましたね。

実際 白鳥と黒鳥を演じるのは至難でしょう。
指導係から 「白鳥だけならキミを採用するが 黒鳥は演じれてない」

姿は似てても 中身は違う役を 観客にアピールするのは・・・

最後の カ ン ペ キ は怖かったな・・・ ホラーだ(汗)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

69 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ブラック・スワン (Memoirs_of_dai)
人間の白と黒 【Story】 NYシティバレエ団に所属するバレリーナのニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、花形のベス(ウ...
「ブラック・スワン」私の中の黒鳥 (ノルウェー暮らし・イン・London)
これはすごい! 圧倒的な演技力と見事なバレエ。 純粋で気品のある白鳥の奥深くに秘められていた、傲慢で凶暴で猥雑なダークサイドが羽を広げる瞬間を、見事に演じたナタリー・ポートマンに絶大な拍手を!
ブラック・スワン (シネマDVD・映画情報館)
ブラック・スワン ニナはニューヨーク・シティ・バレエ団のバレリーナで、彼女の生活の全ては踊ることに捧げられていた。彼女はすでに引退した元バレリーナの母親エリカと一緒に住んでおり、母親は娘のプロとしての野心を熱狂的にサポートしていた......
『Black Swan』ブラック・スワン (キマグレなヒトリゴト)
Black Swan ラストシーン、ブラックスワン! 細かいことは語れない映画なので控えめにいきますが、 ラストのシーンは映画館で見るべきシーン。 バレエの映画は割りとあるし、プロがやっていたような映画のほうが 確かに迫力があってよかったんだけど、 ポイントはそ...
■映画『ブラック・スワン』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
ナタリー・ポートマンがアカデミー賞主演女優賞を獲るであろうともっぱらの評判の映画『ブラック・スワン』。 この映画、確かにすごい完成度…。 ダーレン・アロノフスキー監督の作品があまり得意ではない私ですが、この作品はかなり楽しめました。 白対黒、善対...
ブラック・スワン / Black swan  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね←please click まさに、このバレリーナ、ナタリー・ポートマンが演じるためにあるような、 他の女優じゃちょっと考えられないくらい見事にハマり役アカデミー賞主演女優賞受賞も納得。 昨日書いた「レクイエム・フォー・ドリーム」...
ブラック・スワン (うろうろ日記)
試写会で見ました。すっごく期待してしまいました。バレエの新プリマとして初舞台を踏
「ブラック・スワン」誰も見たことのない、ナタリー。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ブラック・スワン] ブログ村キーワード  ナタリー・ポートマンが、“第83回アカデミー賞・主演女優賞”に輝いた話題作、「ブラック・スワン」(20世紀フォックス映画)。世界的に有名なバレエ「白鳥の湖」の中に登場する“黒鳥”を巡る心理スリラー物です。鬼気迫るナタ...
劇場鑑賞「ブラック・スワン」 (日々“是”精進! ver.A)
ナタリー・ポートマンの演技に、圧倒された 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105110002/ ブラック・スワン オリジナル・サウンドトラック posted with amazlet at 11.05.05 サントラ SMJ (2011-...
ブラック・スワン (悠雅的生活)
抑圧と解放。清純と邪悪。白と黒。
ブラック・スワン(BLACK SWAN)/その爪先は、狂気の縁に立っていました。 (映画感想 * FRAGILE)
ブラック・スワンBLACK SWAN/2010年/アメリカ/ダーレン・アロノフスキーその爪先は、狂気の縁に立っていました。 あらすじ:「白鳥の湖」のプリマドンナに抜擢され、スワンクイーンとしてオデット(白鳥)とオディール(黒鳥)を演じることになったナタリー・ポー...
明日、観に行く映画2『ブラック・スワン』 (Healing )
ブラック・スワン 5/11(水)よりTOHOシネマズ日劇ほか、全国TOHOシネマズにてロードショー ★★★★★ 優等生からの脱皮。黒鳥も演じきるナタリー・ポートマン 引き込まれ度、衝撃度、非現実度は『告白』か『母なる証明』に匹敵、 いやいや、それ以上でした。 引き込まれ...
背中が全てを物語る。『ブラック・スワン』 (水曜日のシネマ日記)
念願だった主役の座を手にした臆病なバレリーナの物語です。
ブラック・スワン (新・映画鑑賞★日記・・・)
【BLACK SWAN】 2011/05/11公開 アメリカ R15+ 108分監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー 純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる… ニューヨーク・....
ブラック・スワン (心のままに映画の風景)
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ・セイヤーズ(ナタリー・ポートマン)は、日々、厳しいレッスンに励んでいた。 監督のトーマス・ルロイ(ヴァンサン・カッセル)は、花形プリマのベス(ウ...
ダーレン・アロノフスキー監督 『ブラック・スワン』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。「π」「レクイエム・フォー・ドリーム」「レスラー」のダーレン・アロノフスキー監督による心理スリラー『ブラック・スワン』(Black Swan)。主演は本作でアカデミー賞主演女優
映画「ブラック・スワン」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ブラック・スワン』(公式)を、初日のレイトショーで鑑賞。平日で、しかも終演23時過ぎの割りに観客は約20名は多いと思う。。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点。 ざっくりストーリー ニナ(ナタリー・ポートマン)...
ブラック・スワン (風に吹かれて)
黒鳥を完璧に踊らなければ公式サイト http://movies2.foxjapan.com/blackswan監督:ダーレン・アロノフスキー  「レスラー」ニューヨークのバレエ団に所属するニナ(ナタリ
ブラック・スワン (Recommend Movies)
純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる… アカデミー賞・主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマン見たさに劇場へ♪ ナタリーの迫力の演技に主演女優賞の座も納得! 美しく、可憐なバレリーナ・ニ...
ブラック・スワン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
大役に抜擢されたバレリーナが、そのプレッシャーから少しずつ心のバランスを崩壊させていく様を描く「レスラー」のダーレン・アロノフスキー監督作。主演は本作で第83回アカデミ ...
ブラック・スワン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10) ワタシの持つ女優イメージのままのキャラだった!
『ブラック・スワン』 (pure breath★マリーの映画館)
       誰も観たことのない「白鳥の湖」と 禁断の魔性に染まりゆくバレリーナの物語 『ブラック・スワン』 監督・・・ダーレン・アロノフスキー 脚本・・・マーク・ヘイマン / アンドレス・ハインツ / ジョン・マクラフリン 出演・・・ナタリー・ポートマン....
ブラック・スワン (こわいものみたさ)
『ブラック・スワン』  Black Swan 【製作年度】2010年 【製作国】アメリカ 【監督】ダーレン・アロノフスキー 【出演】ナタリー・ポートマン/バンサン・カッセル/ミラ・クニス/バーバラ・...
ブラック・スワン / Black Swan (勝手に映画評)
2011年の第83回アカデミー賞でナタリー・ポートマンが主演女優賞を授賞。合わせてナタリー・ポートマンは、この作品で出会ったフランス人振付師との婚約・妊娠を発表しています。 繊細で、傷付き易い若きプリマ=ニナをナタリー・ポートマンが、非常に上手く演じています...
『ブラック・スワン』 (こねたみっくす)
白鳥と黒鳥。完璧なまでに計算された白と黒を意識させる世界。 第83回アカデミー賞は主演女優賞だけでなく、作品賞も監督賞もこの映画が取るべきだったのではないか!と思わせる、 ...
『ブラック・スワン』 バレエと映画が両立しない理由 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『白鳥の湖』の最大の魅力は、一人のバレリーナが無垢なオデット(白鳥)と悪魔の娘オディール(黒鳥)を踊り分けることだろう。  オデットの悲しく儚げな表情や、指先までたおやかで繊...
『ブラック・スワン』をTOHOシネマズ日劇1で観て熱狂しない男ふじき☆☆☆☆(ネタバレなので映画観てから) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆☆よく出来てるけど熱狂はしない】 ネット、ツイッター、初日興収1億突破、 なんて話題からハードルが上がってしまったのか、 ムチャクチャ打ちのめされ ...
ブラック・スワン (to Heart)
純白の野心は、 やがて漆黒の狂気に変わる… 原題 BLACK SWAN 製作年度 2010年 上映時間 108分 脚本 マーク・ヘイマン/アンドレス・ハインツ/ジョン・マクラフリン 監督 ダーレン・アロノフスキー 音楽 クリント・マンセル 出演 ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カ...
ブラック・スワン;レビュー? (ゆるっとヴァカンスな日々)
「BLACK SWAN」 ≪アロノフスキー監督に完敗!(乾杯!!)≫ 何てことをしてくれたんだ・・・・・..
「ブラック・スワン」 Black Swan (2010 FOXサーチライト) (事務職員へのこの1冊)
およそクラシックバレエほど縁遠い世界もない。あのチュチュがまずわからないし、つま
映画『ブラック・スワン』  (よくばりアンテナ)
心理描写がね、すごかったです〜〜 サスペンスですね、これは。 バレエ団の優等生ニナは、ベテランのベスが引退するのと交代で新しい振り付けの 『白鳥の湖』のプリマに抜擢される。 しかし、『...
『ブラック・スワン』 (2010) / アメリカ (Nice One!!)
原題: BLACK SWAN 監督: ダーレン・アロノフスキー 出演: ナタリー・ポートマン 、ヴァンサン・カッセル 、ミラ・クニス 、バーバラ・ハーシー 、ウィノナ・ライダー 公式サイトはこちら。 公開日に行きたかったんですけどねえ・・・。 風邪引いちゃいま...
ブラック・スワン (Art-Millー2)
オープニングはナタリー・ポートマンのダンスで始まる。 「ああ、ダメだ。これは踊りではない。こんなダンスをずっと見続けるの?」 のショックが襲う。 ところがだよ、そんなことを忘れさせるショッキングなことが起き始める。 舞台の役作りの困難さに押しつぶされ、...
★ブラック・スワン(2010)★ (Cinema Collection 2)
BLACK SWAN 純白の野心は、 やがて漆黒の狂気に変わる… 映時間 108分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2011/05/11 ジャンル サスペンス/ドラマ 映倫 R15+ 【解説】   「レクイエム・フォー・ドリーム」「レスラー」のダーレン・アロ...
「ブラック・スワン」 自己抑制と開放 (はらやんの映画徒然草)
ダーレン・アロノフスキー監督自身が言っているように、本作は「レスラー」と対をなす
ブラック・スワン (as soon as)
純白の野心は やがて漆黒の狂気にかわる・・・ 一番好きなシーンはエンディングからエンドロール 白く輝く舞台に喝采がふりそそぎ、 やがて白から黒く染まる グレー域で過ごすものにとっ...
ブラック・スワン・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「ブラック・スワン」は、いろいろな意味で、ダーレン・アロノフスキーの前作「レスラー」の対になる様な作品である。 あの映画では主演のミッキー・ロークの人生を、主人公であるレスラーに被らせる事で、物...
ブラック・スワン (だらだら無気力ブログ)
「レクイエム・フォー・ドリーム」「レスラー」のダーレン・アロノフスキー 監督が、野心と嫉妬渦巻くバレエの世界を舞台に描く異色の心理スリラー。 バレエに全てを捧げるヒロインが、新プリマの座を巡って自分とは対照的な 勝気な新人ダンサーと熾烈な競争を繰り広げ...
ブラック・スワン☆独り言 (黒猫のうたた寝)
チャップリンのバレエの次は古典バレエの白鳥の湖ナタリー・ポートマンが悩めるプリマのニナを演じます。典型的なよいこの優等生ニナ・・・純粋で、魔王におびえひっそりと生きる白鳥は、今のニナそのものなので見事に演じることができるけどセクシーで小悪魔的な黒鳥を表...
映画「ブラック・スワン」 (FREE TIME)
映画「ブラック・スワン」を鑑賞。
ブラック・スワン BLACK SWAN (まてぃの徒然映画+雑記)
ナタリー・ポートマンのアカデミー主演女優賞受賞作。 バレリーナのニナ(ナタリー・ポートマン)は、所属バレエ団の次期プリマに選ばれる。演目は「白鳥の湖」。だが、プリマは気品ある白鳥とともに官能的で邪悪な黒鳥も踊らなければならない。振付師のトニからは「君...
映画:ブラック・スワン Black Swan  今年有数の1作 (ただしホラー映画として) (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
ナタリー・ポートマンがオスカーを獲得した今作が、やっと日本登場。 まず、やはり彼女の素晴らしさを褒めないわけにはいかない。 主役に抜擢されたものの、精神的に追いつめられていくサマがキリキリ迫ってくる。 だいたい、バレエはやや自虐的な芸術だと認識している...
ブラック・スワン  BLACK SWAN (俺の明日はどっちだ)
圧巻の演技というのはこういうのを指すのであろうナタリー・ポートマンの演技を超えた渾身の演技にすっかり魅せられたサイコ・ホラーの衣をまとった成長物語。 そもそも映画の大きな背景となるバレエ作品「白鳥の湖」は、チャイコフスキーの音楽はもちろん、代表的な場....
追いつめられて・・・ (笑う学生の生活)
22日のことだが、映画「ブラック・スワン」を鑑賞しました。 大役である「白鳥の湖」のプリマに選ばれた ニナ しかし 白鳥は完璧でも黒鳥が上手く演じられなくて・・・ バレエ映画ではあるが それ以上に 心理スリラーとして要素が強くて コーチの要求、ライバルの存在 ...
ブラック・スワン (ダイターンクラッシュ!!)
2011年5月22日(日) 18:45〜 TOHOシネマズ日劇1 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り券を購入) パンフレット:未確認 『ブラック・スワン』公式サイト 予告編を見ていれば誤解することはないと思うが、単純なサクセスストーリーでない。狂気の映画だ。...
ブラック・スワン (映画的・絵画的・音楽的)
 『ブラック・スワン』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作品で披露される、ナタリー・ポートマンの渾身の演技を見るだけでも、映画館に行く価値があると思いました。  ただ、映し出される映像が随分と錯綜した印象を観客に与えるものの、始めてプリマドン...
ブラック・スワン (食はすべての源なり。)
ブラック・スワン ★★★★★(★満点!) 優等生バレリーナのに主人公が、官能的な黒鳥を演じるプレッシャーから追い込まれていく心理スリラー。 ひっさしぶりに疲れた映画でした。重かった〜。 【R15+】って、エグイのかと思ってたらエグイしエロいね・・・ 観てる...
ダーレン・アロノフスキー監督 「ブラック・スワン」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
どうしようかなぁ〜? 観たいとは思ってたけど… 公開から日にちが経っちゃうと、なんとなくDVDがレンタルするようになってからでも良いか?って でもやっぱ、いろいろ評判も良いし、当ブログへコメント下さった方々も「お薦め!」って言ってたので、やっと観てきま...
「ブラック・スワン」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・米/配給:フォックス・サーチライト・ピクチャーズ原題:Black Swan監督:ダーレン・アロノフスキー原案:アンドレス・ハインツ脚本:マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マク
ブラック・スワン (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
ブラック・スワン'10:米◆原題:BLACK SWAN◆監督:ダーレン・アロノフスキー「レスラー」「ファウンテン 永遠につづく愛」◆出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・ ...
「ブラック・スワン」感想  (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
ナタリー・ポートマン使用のトウシューズトウシューズで滑り止めの松脂を踏むバリバリ
[映画『ブラック・スワン』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆遅ればせながら観て来ました。  評価の高かった『レスラー』の監督の、これまた評判のいい最新作だ。  『レスラー』では、一人のプロレスラーのかつての栄光と、その後の悲哀を見事に描ききっていた。  今回は、クラシックバレエの世界を舞台に、「白鳥の湖」のプ...
『ブラック・スワン』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ブラック・スワン」□監督 ダーレン・アロノフスキー□脚本 マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マクローリン□キャスト ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ラ...
『ブラック・スワン』 (Cinema + Sweets = ∞)
ナタリー・ポートマンがアカデミー最優秀主演女優賞に輝いた、ダーレン・アロノフスキー監督作品『ブラック・スワン』を観ましたー。 やっとのことでの鑑賞です。 ******************** 『レクイエム・フォー・ドリーム』『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監...
「ブラック・スワン」 (或る日の出来事)
これは、すごいものを観た。
『127時間』、闘えますか? (Healing )
★★★★4.5 “生きる”こと、そして“いのち”というものに 正面から向き合った者だけが感じ得る境地 誰かが死ぬ映画は、もうたくさんだ!こりごりだ!という人へ。 誰にも頼らず、誰とも深い関係を持たず、 自分自身の楽しみだけを優先して生きてきた、アウトドア好き...
『ブラック・スワン』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ブラック・スワン 』 (2010)  監  督 :ダーレン・アロノフスキーキャスト :ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・キュニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー、ベンジャ...
映画『ブラック・スワン』〜アカデミー賞受賞作品を観て (kintyre's Diary 新館)
11-37.ブラック・スワン■原題:Black Swan■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:110分■鑑賞日:5月22日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円□監督:ダーレン・アロノフスキー□脚本:マーク・ヘイマン、アンドレ・ハインズ、ジ...
ブラック・スワン 怖かった〜妄想も女性も・・・ (労組書記長社労士のブログ)
 昨日はある労組の結成50周年の式典に出席、やはりフォーマルな席だからと、自分はスーツの上着も着てネクタイも着用で行った。 来賓の中ではノージャケットやノージャケット・ノーネクタイの人もちらほらと居たが、しかしクールビズのままで来てしまった人は若干肩身が....
映画「ブラック・スワン」 (itchy1976の日記)
ブラック・スワン - goo 映画 映画『ブラック・スワン』公式サイト ブラック・スワン - Wikipedia ブラック・スワン(映画.com) ブラック・スワン@ぴあ映画生活 ○スタッフ(goo映画) 監督 ダーレン・アロノフスキー 製作総指揮 ブラッドレイ・ジェイ・フィッシャー ...
映画 ブラックスワン (本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館])
 バレエをモチーフにしたホラー風味の強い話題の映画、「ブラックスワン」。2010年のアメリカ映画だ。主人公はニナという、ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属する ...
ブラック・スワン (いやいやえん)
ナタリー・ポートマンは凄かった。苛烈なバレエの世界で生き抜くニナの狂気や重圧、嫉妬、妄想や抑圧された心理を巧みに表現していたと思う。 念願のプリマの座を手にしたのはつかのま、「白鳥の湖」は白鳥と黒鳥という相反する二面性を表現しなければならず、黒鳥を...
ブラック・スワン (銀幕大帝α)
BLACK SWAN/10年/米/108分/サスペンス・ドラマ/R15+/劇場公開 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー <ストーリー> N.Y.のバレエカンパニーに所属する....
映画「ブラック・スワン」を見ました(サイコホラーと聞いていたが官能映画?) (翼のインサイト競馬予想)
映画「ブラック・スワン」のブルーレイを見たのでレビュー記事を書いてみたいと思いま
「ブラック・スワン」(BLACK SWAN) (シネマ・ワンダーランド)
「レオン」「コールドマウンテン」「ブーリン家の姉妹」などの出演作品で知られる米女優、ナタリー・ポートマン主演の異色心理スリラー「ブラック・スワン」(2010年、米、108分、FOX映画配給、R15指定)。この映画は、野心と嫉妬が渦巻くバレエの世界を舞台...
ブラック・スワン (Yuhiの読書日記+α)
内気なバレリーナが大役に抜てきされたプレッシャーから少しずつ心のバランスを崩していく様子を描いた作品。監督はダーレン・アロノフスキー、キャストはナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー他。 <あら...
2011年 DVD鑑賞日記 その23 (トリ猫家族)
11月11日(金)  「まほろ駅前多田便利軒」  (2011年 監督・大森立嗣) おもしろかった。 優しいようで冷たい男、多田啓介(瑛太)・・・ 冷たいようで優しい男、行天春彦( ...
ブラック・スワン (小部屋日記)
Black Swan(2010/アメリカ)【Blu-ray】 監督:ダーレン・アロノフスキー キャスト:ナタリー・ポートマン、バンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー 純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる・・・ あけましておめでとうございま...
映画評「ブラック・スワン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督ダーレン・アレノフスキー ネタバレあり