ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『コクリコ坂から』

2011-07-05 23:00:28 | 新作映画

----これって、宮崎吾朗監督の新作だよね。
「うん。
実を言うと、この監督の前作
『ゲド戦記』のとき、
ぼくはけっこうほめちぎって、
周りの信用(?)を失ったことが…(汗)。
そのせいもあって、
今回は、少し引いて観てみたんだけど…。
いやあ、これは一言で言えば珍作(いい意味で)。
ぼくは、まだついていくことができたけど
いまの若い人にはどうなんだろう?
この世界観がすんなり受け入れられるのかな?」

----えっ、そうニャの?
ここ数年、昭和、特に30年代がブームだし、
それは心配いらないんじゃニャいの?
「いや。
ぼくが言っているのは背景となっている時代じゃなくて、
その時代に作られた映画、
とりわけ日活青春・学園映画のノリだということ。
ここにはあの時代の映画のノリがそのまま。
浜田光男、吉永小百合。
高橋英樹、芦川いづみ、田代みどり
といった
懐かしの青春映画の顔が、
アニメの中にダブって見えてくるんだ」

----ふうん。でも、顔は全然違うけど…。
「なんと言ったらいいのかな。
その会話とか仕草だね。
そうそう、画の色遣いもそう。
港の夜空の色が深く濃い緑だったりとかね…。
さて、ここで簡単なあらすじを…。
舞台は1963年。
主人公は、港の見える丘にあるコクリコ荘という
下宿屋を切り盛りする
16歳の少女・海(長澤まさみ)。
彼女の父は、朝鮮戦争のあおりを食らって海で亡くなっている。
そんな父を待つかのように、毎朝、海に向かって彼女は信号旗を揚げる。
そしてタグボートで通学していた17歳の少年。俊(岡田准一)は、
海の上からその旗をいつも見ていた。
物語は、このふたりの初恋を縦軸に、
歴史と思い出の詰まった古い文化部部室の建物、
通称カルチェラタンの保存をめぐる学生たちの戦いを横軸に、
展開していく」

----えっ、学生運動が絡むの?
「いや、それはちょっと違う。
原作にはそれが滲んでいるようだけどね。
さて、少し話を戻すと、
学生たちの間でこの建物を壊すべきか保存すべきかの
それこそつかみあいにまで発展するような大討論が
学生集会で交わされる。
と、突然、生徒会長が歌を歌い始め、
みんながそれに合わせて合唱を始める」

----ぷっ。ニャにそれ?
「実は、先生が見回りに来るんだね。
で、仲良くやっているように見せるため、
彼らは争いを止め、歌で物事を治めちゃう。
その発想といい、
昭和唱歌か歌声喫茶かといった感じのその歌といい、
これは、まさに60年代の日活青春映画」

----ニャるほど。そういうことか…。
でも、そんなに古くっちゃ、
確かに今の映画ファンには付いていけないかも…。
「そこなんだよ。
ぼくが逆に強調したいのは、
この映画の中でもっともドキッとさせられたセリフ。
それは『古いものを壊すということは過去を捨てるということと同じじゃないのか』
『人が生きて死んでいった過去の記憶を捨てることと同じじゃないのか!?』
という俊のセリフ。
後で、プレスを読んでビックリしたんだけど、
これは宮崎吾朗監督自身が脚本につけ加えたセリフらしい。
つまり彼は『過去の中から、未来が生まれる』と言おうとしているわけだ。
だからこそ、宮崎吾朗は映画そのものも
このようなスタイルを取った。
日活の青春・学園映画という、
今では一部の映画マニアにしか目にしなくなった文化を
こういう形で語り継ごうとしたわけだ。
この物語そのものには、
“ふたりの出生の秘密が邪魔する恋の行方”など、
手垢のついた感がないでもない部分も多いけど、
このスタイルひとつとっても、これは画期的な映画。
そしてそれをやれるのはジブリしかない…ぼくは、そう思うよ」



                    (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「あれっ。音楽は久石譲じゃニャいんだニャ」ぱっちり
※ナイショ。タイトルは原題の方がいいなあ。
そうそう。武部聡志、これがまたテンポがいい。
ベンチャーズを彷彿させる曲もある度

コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『モールス』 | トップ | 『復讐捜査線』 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (千代唄)
2011-07-12 14:08:32
毒吐かさせて頂きます。
高橋千鶴さんの「コクリコ坂」は駿氏の自慰の為に汚されました。彼がオリジナルに惹かれたのは若かりし頃に没頭していただろう運動と原作前半をダブらせたのと、また原作では70年代の話が'63年に変えられたのは「歪んだ青春」というドキュメント番組の放送年だった事に他なりません。
気分を害されると思いますが、申し訳ありません。

■千代唄さん (えい)
2011-07-13 17:23:51
こんにちは。

そんなに“毒”とは感じなかったです。
気分は概していませんので大丈夫です。
ただひとつ分からなかったのが
63年に変えられたのは「歪んだ青春〜」のくだり。
もし、また来られることがありましたら、
ご説明していただけると幸いです。

こんばんわ (にゃむばなな)
2011-07-17 22:15:57
久石大先生を起用していないあたり、鈴木Pがまた何か策略を練っていると考えるのが妥当かも知れませんね。
私もこういう世界観が大好きだったのですが、相変わらず吾朗監督作品は世間ウケがよろしくないようで。
なぜなんでしょうね?
■にゃむばななさん (えい)
2011-07-19 19:04:45
にゃむばななさんのレビュー拝見しました。
結局、吾朗監督に対する大方の思いというのは、
父が父だけにハードルが高くなってしまうのかもしれないなと…。
前作は、父・駿氏の描くファンタジー世界と
近かっただけに余計に厳しかったとも言えるでしょう。
今回は、かなりその呪縛から自由になった気がします。
こんばんは (ノラネコ)
2011-07-20 21:17:06
素晴らしい日本映画でした。
正直原作漫画は今となってはそれほど面白い者ではないのですが、物語のコアを残しつつキッチリとテーマ性を付与されて、力強い物語に生まれ変わりました。
正直「ゲド戦記」にはかなりがっかりしたので、今回の宮崎吾郎の見事な手腕は嬉しいサプライズでした。
私の記事中にリンクさせていただきました。
日活青春映画 (悠雅)
2011-07-21 20:54:55
なるほど。ほとんど観たことがないんですが、日活の青春映画って、こんな感じだったのですね。
わたしは昭和40年代の青春ドラマをよく観ていたものだから、つい、そちらを連想してしまいました。
で、頭の中では布施明の♪これが青春だ〜、がヘビーローテーションとなった、という。。。

こういう作品は、時代がどうあれ、自分の青春時代を思い出したら最後、
どんなお話でも、自分と重ねて観てしまうことになって、
それなりに書いた感想も、ちっとも映画の感想じゃなくなってしまいます(^^ゞ
■ノラネコさん (えい)
2011-07-24 12:23:07
こんにちは。
文中リンクありがとうございました。
なるほど、原作を読まれているんですね。
映画ができる前、
御大・宮崎駿氏が原作について
どちらかというと
あまりよく書かれていなかったので、
じゃあ、なぜ映画化?と思ったのですが、
映画を観て得心した気がします。
■悠雅さん (えい)
2011-07-24 12:30:09
こんにちは。
「これが青春だ」(竜雷太)の前に、
「青春とはなんだ」(夏木陽介)というのがあったのをごぞんじでしょうか?
一年違いですが、
ぼくはそっちが強烈だな。
ただ、テレビだけあって、
いずれももっと自分に身近だった気がします。
日活青春映画は、
時代がさらに古かったこともあるのでしょうが、
ある意味、自分にとってリアルじゃない、
「銀幕の中の世界」という感じがしていました。
この映画には、その“香り”があったという気がしました。

Unknown (cochi)
2011-07-25 09:04:51
全く同感です。ああ、これは日活青春映画アニメ版と思いました。雰囲気はほぼ同じです。《節度ある奥ゆかしい恋心》も当事のまんま。背景画の細やかな情感には感心しました。でも、もう少し突き抜けた爽快感、高揚感が出てこないと、アニメというスタイルを使う必然性が出てこないよ。と言いながらも、ノスタルジーにホロリとさせられ、 白い花の咲く頃 (合唱)のシーンで、タイムスリップしました。
■cochiさん (えい)
2011-07-31 14:36:48
こんにちは。

この映画、アニメらしさが出ていないと、
一部では評判がよくないようです。
ぼくは、「アニメならでは」というのが
あまり理解している方ではないこともあってか、
その意見には首肯できないのですが、
このアプローチ(日活青春映画へのオマージュと、その伝統の継承)をいまできるのは
ある意味、ジブリだけじゃないかと
そう、思っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
コクリコ坂から (うろうろ日記)
試写会で見ました。子供が多かったですね。お話は、高校のカルチェラタンという建物の
映画:コクリコ坂から 1枚の写真に込められた想い。映像のみずみずしさが魅力。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
ジブリの最新作。 1963年頃の横浜を舞台に、繰り広げられる高校生たちの青春。 この時代の風景が、ただただ美しい。 そしてみずみずしい。 これを眺めているだけで、心が満たされていく。 一方で、ノスタルジーっぽい気分だけに終始させないところが腕の見せ所か。 (そ....
コクリコ坂から (試写会) (風に吹かれて)
説明が足りない公式サイト http://kokurikozaka.jp同名少女マンガを時代設定を変えて映画化監督: 宮崎吾朗東京オリンピックの前年、1963年の横浜。港の見える丘にある下宿屋を切り盛り
劇場鑑賞「コクリコ坂から」 (日々“是”精進! ver.A)
“あの時代”を生きてみたくなる作品でした 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201107160004/ コクリコ坂から サウンドトラック posted with amazlet at 11.07.12 武部聡志 徳間ジャパンコミュニケー...
少女よ君は旗をあげる なぜ。『コクリコ坂から』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。「なかよし」に連載(1980年1〜8月号)された高橋千鶴・佐山哲郎の同名コミック『コクリコ坂から』を原作に宮崎駿が企画・脚本(脚本・丹羽圭子)「ゲド戦記」に続いての第2作
[映画『コクリコ坂から』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆嗚呼! 非の打ちどころのない傑作でした。  しっとりと感動しました。  『もののけ』『千と千尋』の頃から、『ハウル』『ポニョ』と、面白いけど物語が破綻しまくっていた宮崎駿が、この作品では見事な伏線と収束に至る脚本を練り上げていた。  『ゲド戦記』でケ...
『コクリコ坂から』 (こねたみっくす)
スタジオジブリが目指す新しい世界観。それが故・近藤善文監督が描いた等身大の淡い恋心。 ついに鈴木敏夫プロデューサーが宮崎駿、高畑勲に続くスタジオジブリ第3の監督に宮崎 ...
映画「コクリコ坂から」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「コクリコ坂から」観に行ってきました。 1963年の横浜の港町を舞台に繰り広げられる青春ドラマ系のスタジオジプリ作品。 この映画、当初観に行く予定はなかったのですが、映画公開がちょうど1ヶ月映画フリーパスポート有効期間中だったことから、急遽映画観賞...
なんでアニメなんだよ。(わわわわわ)〜「コクリコ坂から」〜 (ペパーミントの魔術師)
これはあくまでも 私が感じるジブリ作品の特徴なんだけども。 そこまで顔にでますか〜というくらい 表情が豊かで、喜怒哀楽が激しく、 ケンカするんだけど、 それがやたらほほえましく大人げないものだったり、 やたらオンナが強かったり(笑) ものすごく身近に...
コクリコ坂から・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
上を向いて歩くのは、希望の未来を見据え、哀しみの涙を零さないため。 「コクリコ坂から」は、東京オリンピックを翌年に控えた1963年の横浜を舞台にした、スタジオジブリによる青春アニメーション映画。 高...
コクリコ坂から☆独り言 (黒猫のうたた寝)
今年のジブリ作品は宮崎吾朗監督作品。原作は高橋千鶴がなかよしに掲載した作品・・・あら、高橋千鶴の漫画だったんだ・・・覚えてないし『GoodMorningメグ』とかは読んでいたけどなぁそっかそっか・・・懐かしいな〜〜っと思いました。舞台は1963年の横浜の高校下宿屋を...
コクリコ坂から (悠雅的生活)
そうとも、これが青春だ
映画『コクリコ坂から』  (よくばりアンテナ)
昨年『アリエッティ』でガッカリしてしまったので、 ジブリだからといって絶対面白いかどうかはわからないし、 映画館に足を運ぶことさえかなり迷っていました。 なので、あんまり事前にいろんな情報を見る...
『コクリコ坂から』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「コクリコ坂から」 □監督 宮崎吾朗□脚本 宮崎 駿□原作 高橋千鶴□キャスト(声) 長澤まさみ(メル:松崎 海)、岡田准一(風間 俊)、竹下景子(松崎 花)、石田ゆり子(北斗美樹)、風吹ジュン(松崎良子)、内藤剛志(小野寺善...
コクリコ坂から (食はすべての源なり。)
コクリコ坂から ★★★★☆(★4つ) う〜ん。良いか悪いかで言ったら良かったんだけどね。 「なぜ、今、ジブリからこの作品なんだろう」って思ってしまったのが正直なところでした。 1960年代の横浜を舞台に、高校生男女の交流を描く。 戦争で船乗りの父を亡くした...
「コクリコ坂から」運命的な出会いをした先にみた両親から受け継がれたそれぞれの想い (オールマイティにコメンテート)
「コクリコ坂から」は「なかよし」にて1980年1月号から同年8月号まで連載された作品で、舞台は1963年の横浜を舞台にある少女が毎朝、海に向かって、信号旗を上げている。その信 ...
「コクリコ坂から」 淡々と物語がすすんでいく (はらやんの映画徒然草)
「ゲド戦記」の宮崎吾郎監督の久しぶりの作品。 前作品から5年ほど経っていることに
【映画評】コクリコ坂から (未完の映画評)
戦後の混乱期を経て高度成長期へ駆け上がる時代の横浜の街を舞台に、少女の恋心を描いた青春映画の佳作。
コクリコ坂から (KATHURA WEST)
1960年代の雰囲気がびしびしやってくる。 気持よく、物語の展開について行きながら、 《あれつ?、この雰囲気は懐かしいなー。》 中学の頃の想い出がじわりじわり重なる。 《これはー・・・、ジブリが日活青春映画をパクった?》 《吉永小百合がアニメにな...
純愛を振りかざす確信犯。『コクリコ坂から』 (水曜日のシネマ日記)
スタジオジブリの最新アニメ映画です。
少女よ君は旗を挙げる〜『コクリコ坂から』 (真紅のthinkingdays)
 1963年、港横浜。坂の上に建つ「コクリコ荘」を切り盛りする高校生、松崎海 は、毎朝信号旗を掲げる。「安全な航行を祈る」。海と同じ高校に通う風間俊は、 その旗をタグボートから見つめていた。  ...
スタジオジブリ 最新作【コクリコ坂から】を観て・・・(笑)。 (MY ALL)
当ブログにご訪問の皆様、こんばんは!!今日は、曇り空が広がり、湿度が高く蒸し暑かったですね。時間が経つにつれ、太陽が顔をだし、私を干し柿にするような強い日差しのジリジ ...
スタジオジブリ 最新作【コクリコ坂から】を観て・・・(笑)。 (MY ALL)
当ブログにご訪問の皆様、こんばんは!!今日は、曇り空が広がり、湿度が高く蒸し暑かったですね。時間が経つにつれ、太陽が顔をだし、私を干し柿にするような強い日差しのジリジ ...
「コクリコ坂から」 (大吉!)
<木曜日> (2011年7月27日・TOHOシネマズ・15時50分〜・95分) 1963年の横浜。東京オリンピックの開催を目前に控え、古いものはすべて壊し、新しいものを作ることだけが素晴らしいと信じていた時代、世界は希望に満ちてキラキラと輝いていた──。...
映画「コクリコ坂から」 (FREE TIME)
話題の映画「コクリコ坂から」を鑑賞しました。
コクリコ坂から(2011-050) (単館系)
ゲド戦記の監督である宮崎吾朗氏がなかよしに連載された同名漫画を 映画化。 原作は読んでいない様な気がしますが映画館での予告で「兄妹」だ とネタばれした時点で気になってしょうがなかった作品。 ...
コクリコ坂から (映画的・絵画的・音楽的)
 『コクリコ坂から』を、新装なったTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)この映画は、1963年の横浜を舞台に、男女の高校生の清々しい恋愛を描いた作品と言えるでしょう。ですが、下記の前田有一氏が述べるように、「話にも、絵にも、演出にも目を見張るものがない。こ....
コクリコ坂から (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
高橋千鶴・佐山哲郎の同名コミックを原作に、「崖の上のポニョ」の宮崎駿が企画・脚本、「ゲド戦記」の宮崎吾朗が監督を担当するスタジオジブリ作品。1963年の横浜を舞台に、16歳の ...
記憶とリンクするディティールこそ大人向けジブリの真骨頂 ─ コクリコ坂から ─ (Prototypeシネマレビュー)
─ 記憶とリンクするディティールこそ大人向けジブリの真骨頂 ─ 今年のジブリは『ゲド戦記』以来2回目、宮崎駿の息子さん、宮崎吾朗の監督作品ということで個人的にかなり気にな ...
コクリコ坂から (銀幕大帝α)
11年/日本/91分/青春ロマンス/劇場公開(2011/07/16) −監督− 宮崎吾朗 過去監督作:『ゲド戦記』 −プロデューサー− 鈴木敏夫 −企画− 宮崎駿 −脚本− 宮崎駿 −主題歌− 手嶌葵『さよならの夏〜コクリコ坂から〜』 −制作− スタジオジブリ −挿入歌− 坂...
コクリコ坂から (いやいやえん)
ヒロインの海、ヒーローの俊の甘酸っぱくも爽やかな青春の物語に、胸がキュン。恋のような感情はとても淡いですがはっきりとしてる。でもそこがたまらん感じなんですよね。告白シーンよりも兄妹ではと疑惑を打ち明け
「コクリコ坂から」 今回の評価は? (ジョニー・タピア Cinemas 〜たぴあの映画レビューと子育て)
ジブリファン必見の作品っすよ〜[E:smile] '11年の邦画No.1ヒットを
映画評「コクリコ坂から」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2011年日本映画 監督・宮崎吾朗 ネタバレあり