ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『トゥルー・グリット』(アカデミー賞特集第二夜)

2011-02-24 21:09:31 | 新作映画
※少し見どころにも触れてます。
ネタバレにもなりますので、先に映画をご覧になった方がいいかも。


(英題:True Grit)



----やっと、この映画のお話だね。
観たときは、気に入っていたようだけど、
喋るまで、ずいぶんとかかっていない?
『ウォール・ストリート』『ヒアアフター』のように、
もう、やんないままなのかと…。
「いや。アカデミー作品賞の有力候補。
さすがに、これをスルーするわけはいかない。
フォーンも知っていると思うけど、
これはジョン・ウェインがアカデミー主演男優賞を受賞した
『勇気ある追跡』のリメイク。
実は、観る前に、
まずここがぼくのもっとも引っ掛かったところ。
大御所ジョン・ウェインと
今回、彼が演じた役をやるジェフ・ブリッジスとじゃ、
あまりにもキャラが違いすぎる…。
片や、アメリカがそうありたいと強く願っている“強い西部男”。
一方、こちらは、カウンター・カルチャー、
アメリカン・ニュー・シネマあがり。
歳月を経てからも
『ビッグ・リボウスキ』だの『クレイジー・ハート』だの、
落ちぶれた男というか、アメリカの影というか、
一言で言えば、しゃきっとはしない役が多かった。
でも、さすがだね。
観ているうちに、そんなことはどこかに吹き飛んで、
彼ならのアプローチでこの役を演じ切っていた」

----そういえば、ヒロインの少女を演じた
ヘイリー・スタンフェルドも話題になっているよね。
「うん。そうだね。
でも、その前に物語から。
この映画は一言で言えば、
父親を雇い人のトム・チェイニー(ジョシュ・ブローリン)に殺された少女マティ・ロスの復讐譚。
彼女は、大酒飲みのアイパッチをした連邦保安官ルースター・コグバーグ(ジェフ・ブリッジス)に彼の追跡を依頼。
そこに、別の容疑でチェイニーを追っていた
若きテキサス・レンジャーのラビーフ(マット・デイモン)も加わること…
という、まあシンプルなお話だ。
3人それぞれの思惑が入り乱れながら、犯人を追っての旅。
言うまでもなく、映画は、ロードムービーの形を取る。
まだ年端もいかないマティ・ロス。
最初は、適当にやり過ごそうとするコグバーグが、
いかにして彼女に協力するようになるか?
その心の変容が映画を牽引していく」

----ニャるほど。
そこに西部劇ならではの見どころを入れているわけだね。
「そういうことだね。
たとえば、こんなシーンがある。
コグバーグとマティが小高いところから小屋を見張る。
と、そこに、ラビーフが現れる。
いったん小屋に入り、再び出てきたところに、
今度は敵の一味が!
この一部始終を、ふたりの視線だけで見せきる。
つまり、画としては大俯瞰。
迫力あるシーンなのに人間は豆粒のよう。
しかも、すべてワンショットの中に描かれ、
カメラの切り返しなどはまったくない。
でも、それがスリルを盛り上げるんだ。
ぼくらも、マティたちの視線になるからね。
そして、そして、ここが声を大にして言いたい、
最後の馬上の銃撃戦。
複数の敵を相手に、コグバーグが一人で立ち向かう」

----いくら彼が強くてもそれは無理なのでは?。
「いや。だからこれが西部劇。
ヒーロー伝説ってヤツだね。
ところが、この後、映画は急に現代的な視線を獲得するんだ。
すべてのカタがついた後、
コグバーグとマティが乗った馬が死体累々の平原を駆け抜けていく。
それを彼女の目線で見せるんだ。
こういう映像は、初めて見たね。
深くは明かせないけど、この後の廃馬を撃つシーンも含め、
マティは、復讐には代償がつきものだということを実感するわけだ。
ヘイリー・スタンフェルドの演技は、
ここの意味を十分に理解してのモノ。
そこが、役に深みをもたらしている。
ここで映画は
9.11以降のアメリカの傷にもしっかり触れているんだ。
そんな悲惨な地にもかかわらず、
空には無数の星がまたたいている。
美しい大自然の夜。
映画としての興奮も最高潮。
これぞリメイクのお手本」

----めちゃくちゃ誉めちぎってニャい。
「う~ん。ただね。
この後の、
後日談のシーンが惜しい。
成長したマティが登場するんだけど、
ここは、あの『殺し屋判事/ロイ・ビーン』のように、
ジャクリーン・ビセット並の大物女優を使って
伝説の人への憧憬のまなざしで締めくくってほしかったな」



                    (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「“トゥルー・グリット”とは“真の勇気”なのニャ」ぼくも観たい




※この映画をリメイクする意味は十分あった度

コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はオフィシャル(壁紙ダウンロードサイト)より。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ザ・ファイター』(アカデ... | トップ | 『ブラック・スワン』(アカ... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確かに! (minori)
2011-02-26 12:30:22
えいさん、こんにちは。
確かに、ラストの締めくくりはもうちょっと欲しかったですねぇ。
それにしてもヘイリーのすべてをしっかり理解した演技に驚きでした。
そもそも何故助演になるのか、未だに納得いきませーん。

恋愛の絡まない三角関係が非常によかったです。ラストの星空の下は本当に感動的だったし、マティが珍しく感情を見せるシーンでもありましたよね。

私はそもそもリメイクだなんてことも知らずに見に行っちゃったのですが、これはこれとして素晴らしく、機会があったら是非オリジナルも見てみたいです。

ところで、英語のみの鑑賞になるので私としてはあの英語がイマイチ馴染めず(何しろオーストラリアとは全然違うし)うーん、ってカンジだったんですが、特にマットですね、わざと「アディオス」じゃなくて「エイディオス」と言ってましたが、あれ、字幕ってどうなっていましたか???あのキャラもなかなか深いと思うんですよね。

長々と失礼いたしました。
またお邪魔します。
■minoriさん (えい)
2011-02-26 14:09:05
こんにちは。

ヘイリー・スタンフェルドは、恐ろしい役者になりそうですね。
あの役の深い部分を理解している。
ぼくも、助演ではなく、主演だと思います。

英語の発音、アクセントは…
ごめんなさい。
ぼくには分からないです。
期待してます (Kei)
2011-03-05 18:00:07
オリジナルのジョン・ウェイン主演「勇気ある追跡」が大好きな上、評判もいいようなので大いに期待しています。
前作でマティを演じたキム・ダービーも、あの作品でブレイクしましたね。「いちご白書」懐かしい。

ところで、主人公の役名、私の記憶ではコグバーグじゃなくて“コグバーン”だったように思うのですが。
■Keiさん (えい)
2011-03-05 22:08:07
こんばんは。

キム・ダービーのことは
ぼくも考えていました。
『傷だらけの挽歌』なんてのもありましたよね。

ほんとだ。コグバーンだ。
ありがとうございます。
修正しておきます。
Unknown (mig)
2011-03-10 16:43:01
こんにちは。さっきシリアスマンも観て来ましたけどこちらよりさらに私はダメでした~、というかつまらなかった
■migさん (えい)
2011-03-19 16:41:36
こんにちは。

migさん、この映画ダメでしたか?
ぼくは、コーエン兄弟って、
それほど好きではないのですが、
見たら、けっこう引き込まれていたってことが多いです。
この映画も、その一例です。
こんばんは (ノラネコ)
2011-03-20 16:03:49
いやー、本当に平原の決闘からの怒涛の流れは正に映画力、圧巻でした。
歴史的な流れでいっても、これには何かオスカーあげたかったなあ。
私的には作品賞でも良かった。
しかし確かに言われてみれば、ラストのマティを大女優が演じていれば、更に映画力が高まった気はしますね。
オリジナルでマティを演じたキム・ダービーとかは・・・さすがに歳をとりすぎているか。
こんばんわ (にゃむばなな)
2011-03-23 21:18:08
仇の名前がジョージ・W・チェイニーだったらもっと面白かったかも知れませんね。
でもまぁ正統派な面白さは十分ありましたので、結構楽しめました。
■ノラネコさん (えい)
2011-03-27 22:02:41
おっしゃるとおり、これぞ「映画力」。
こういう瞬間に出会うため、
映画を観ているような気がします。
予定調和だったら、自己完結。
何も映画である必要はない。

キム・ダービーがラストに出てきたら、
みんな感涙だったでしょうね。
あの『インテルビスタ』のアニタ・エクバーグのように。
■にゃむばななさん (えい)
2011-03-27 22:08:04
なるほど。
正統派ですか…。
そういえば、こういう興奮、
しばらく味わってないなあ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『True Grit』 (キマグレなヒトリゴト)
コーエン兄弟の作品、というだけで全くもって情報を仕入れずに見に行ったので 「リメイクだったのかー」と後で知りました。 原作があったのは書かれていたからわかりましたが。 これはネタバレがあるのでちょっとスペースあけます。
トゥルー・グリット/ TRUE GRIT (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリッ クしてね ←please click   ジョエル、イーサン・コーエン、製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグ   試写にて鑑賞。 アカデミー賞、作品賞ほか1...
劇場鑑賞「トゥルー・グリット」 (日々“是”精進!)
「トゥルー・グリット」を鑑賞してきました2日連続の映画鑑賞。これで当分話題作が公開されませんね・・・。1969年のジョン・ウェイン主演西部劇「勇気ある追跡」の原作ともな...
トゥルー・グリット・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
いや、これは驚いた! コーエン兄弟による「勇気ある追跡」のリメイク企画が進行中で、しかも主演がジェフ・ブリッジスと聞いた時には意外な感じがした。 1969年に作られたオリジナルは、オールドハリウッド...
トゥルー・グリット (花ごよみ)
監督はコーエン兄弟、 製作総指揮スティーヴン・スピルバーク。 ジョン・ウェイン主演の 西部劇「勇気ある追跡」をリメイクしたもの。 出演者はジェフ・ブリッジス、 ヘイリー・スタインフェルド、 マット・デイモン、ジョシュ・ブローリン… 父親を撃たれ亡き者とさ...
トゥルー・グリット (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(--) バリー・ペッパーって何処に出てた?
映画:トゥルー・グリット ジャンルで語りたくない「魅力」に溢れた一作。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
西部劇、というだけでこの作品に何かのレッテルを張っているっぽく感じてしまうほど。 というのは 例えば、この映画に登場する「風景」 脳裏に焼き付いた景色やシーンがたくさん。 それが再現されることを目的に、また劇場に行ってしまうかもな自分がいる。 あるいは、....
「トゥルー・グリット」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・米/配給:パラマウント原題:True Grit監督・脚本:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 製作:スコット・ルーディン、ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン製作総指揮:スティーブン
『トゥルー・グリット』 (こねたみっくす)
尊い犠牲を払う者だけが本物の勇者になれる。そして本物の勇者は決して見返りを求めない。 第83回アカデミー賞で最多10部門にノミネートされていながら無冠に終わったこの作品です ...
映画「トゥルー・グリット」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「トゥルー・グリット」観に行ってきました。 アメリカ西部開拓時代を舞台に、14歳の少女が2人の男と共に父親の仇を追う復讐劇を描いた、1969年公開の西部劇映画「勇気ある追跡」のリメイク作品です。 映画「ヒアアフター」と同じく、スティーブン・スピルバ...
トゥルー・グリット (風に吹かれて)
タフガール 公式サイト http://www.truegrit.jpジョン・ウェイン主演「勇気ある追跡」(1969)のリメイク原作: トゥルー・グリット (チャールズ・ポーティス著)監督: ジョエル&
【トゥルー・グリット】 (日々のつぶやき)
監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 出演:ジェフ・ブリッジス、マット・デイモン、ジョシュ・ブローリン、ヘイリー・スタインフェルド  天罰なんか待ってられない 「マティ・ロスは14歳、使用人に殺害された父の敵を討つため連邦保安官のルースター
ジョエル (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグ、ジョエルイーサン・コーエン監督によるチャールズ・ポーティス原作の映画化『トゥルー・グリット』 物語・父親を殺された14歳の少女マティ(ヘ
トゥルー・グリット (ダイターンクラッシュ!!)
2011年3月26日(土) 16:20~ シネ・リーブル池袋1 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:未確認 『トゥルー・グリット』公式サイト ジョン・ウェインがアカデミー男優賞を獲得した「勇気ある追跡」のリメイク。大昔テレビで観たが、まったく覚えていない...
■映画『トゥルー・グリット』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
でっぷりと膨らんだお腹をさらけ出し、いぎたなく眠りこけたりしてしまうジェフ・ブリッジスの演技がなんとも素晴らしい、ジョエル&イーサン・コーエン兄弟の最新作『トゥルー・グリット』。 ジェフ・ブリッジス演じる酔いどれ保安官、コグバーンだけじゃなく、頑なで...
トゥルー・グリット (心のままに映画の風景)
父親を殺された14歳の少女マティ(ヘイリー・スタインフェルド)は、真の勇気を持つといわれる保安官のコグバーン(ジェフ・ブリッジス)に犯人の追跡を依頼。 テキサス・レンジャーのラビーフ(マット・デ...
真の勇者~『トゥルー・グリット』 (真紅のthinkingdays)
 TRUE GRIT  19世紀後半、西部開拓時代のアメリカ。アーカンソーに住む14歳の少女マティ (ヘイリー・スタインフェルド)は、父を殺した犯人を追うため、「真の勇者(トゥルー・ グリット)」と...
トゥルー・グリット がらがらへ~びがやってきた~! (労組書記長社労士のブログ)
【=17 -3-】 木曜日、仕事の一貫で大阪府池田市内をママチャリ乗って一日中爆走、さっきマピオンキョリ測でポチポチと走行距離を大雑把に計ってみたら、なんと30?くらいを走っていた。 途中雨は降るし、ポータルナビゲーションのバッテリーは切れるし、せっかく登り切っ...
トゥルー・グリット (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   『トゥルー・グリット』  (2010) 父親を殺された14歳の少女マティ(ヘイリー・スタインフェルド)は、真の勇気を持つといわれる保安官のコグバーン(ジェフ・ブリッジス)に、犯人の追跡を依頼する。 テキサス・レンジャーのラビーフ(マット・デイ...
トゥルー・グリット (映画的・絵画的・音楽的)
 『トゥルー・グリット』をTOHOシネマズ六本木で見てきました。 (1)ことさらな西部劇ファンでもなく、またコーエン兄弟の作品に通じているわけでもないため、本作品についての事前の情報など何もなしに、ただ『ヒア アフター』のマット・デイモンが出演しているというの...
『トゥルー・グリット』 (京の昼寝~♪)
    □作品オフィシャルサイト 「トゥルー・グリット」□監督・脚本 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン □原作 チャールズ・ポーティス □キャスト ジェフ・ブリッジス、マット・デイモン、ジョシュ・ブローリン、ヘイリー・スタインフェル...
『トゥルー・グリット』 武装する権利 (Days of Books, Films )
True Grit(film review) 『トゥルー・グリット(原題:Tru
トゥルー・グリット (だらだら無気力ブログ)
69年のジョン・ウェイン主演西部劇「勇気ある追跡」の原作ともなった チャールズ・ポーティスの同名小説を、「ファーゴ」「ノーカントリー」の コーエン兄弟が「クレイジー・ハート」のジェフ・ブリッジスを主演に 迎えて再映画化。 父を殺した犯人への復讐を誓い、2人...
『トゥルー・グリット』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 トゥルー・グリット 』 (2010)  監  督 :ジョエル・コーエン、イーサン・コーエンキャスト :ジェフ・ブリッジズ、マット・デイモン、ジョシュ・ブローリン、ヘイリー・スタインフェルド、バリ...
「トゥルー・グリット」 見方を間違えた・・・ (はらやんの映画徒然草)
「バートン・フィンク」、「ノーカントリー」などの奇才コーエン兄弟の西部劇です。
監督ジョエル&イーサン・コーエン兄弟 「トゥルー・グリット」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
えぇ~~西部劇なんか観たのは何年ぶりだろうか? 確か学生時代にサム・ペキンパー監督の「ワイルド・バンチ」と「ビリー・ザ・キッド 21歳の生涯」の2本立てを文芸座で観て以来かも(^。^:) そんな私でもジョン・ウェインと言えば西部劇で有名な名優と言われてる...
トゥルー・グリット (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ジョン・ウェインがオスカーを受賞した「勇気ある追跡」のオリジナル原作を、「ノーカントリー」のジョエル&イーサン・コーエンが新たに映画化。父親を殺された少女が、二人の男 ...
[映画『トゥルー・グリット』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆すっかり、王道の物語を撮れるようになったコーエン兄弟監督作である。  かつての、ジョン・ウェイン主演西部劇のオリジナル原作を映画化したとのこと。  ・・・父親を殺された娘が、保安官を雇い、インディアン居留地に逃亡した犯人を追う。  犯人には多くの前科...
映画『トゥルー・グリット』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-27.トゥルー・グリット■原題:True Grit■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:110分■字幕:松崎広幸■鑑賞日:4月2日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名)□監督・脚色・製作:ジョエル・コーエン、...
映画『トゥルー・グリット』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-27.トゥルー・グリット■原題:True Grit■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:110分■字幕:松崎広幸■鑑賞日:4月2日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名)□監督・脚色・製作:ジョエル・コーエン、...
トゥルー・グリット (as soon as)
劇中にも何度か出てくる真の勇気 正しいと信じるものを貫き行動する 死の谷を歩こうともわたしは恐れない この少女、マティの鉄の意志 これは、掲げる正義が正しいかどうかということよりも 正し...
トゥルー・グリット (銀幕大帝α)
TRUE GRIT/10年/米/110分/ドラマ/PG12/劇場公開 監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 製作:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ 原作:チャールズ・ポーティス『トゥルー・グリット』 脚本:ジョエル・...
「トゥルー・グリット」(TRUE GRIT) (シネマ・ワンダーランド)
「ノー・カントリー」「バーン・アスター・リーディング」などの作品で知られる米監督ジョエル&イーサン・コ^エンがメガホンを執った西部劇「トゥルー・グリット」(原題=真の勇気、2010年、米、110分、パラマウント映画配給)。この映画は、ジョン・ウエイン及...
トゥルー・グリット (True Grit) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン 主演 ジェフ・ブリッジス 2010年 アメリカ映画 110分 西部劇 採点★★★ 批評家やマニアの受けはすこぶる良いコーエン兄弟。何かしらの映画祭で話題になりますよねぇ。「映画祭向けに作ってんじゃないのか?」って思...
映画評「トゥルー・グリット」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン ネタバレあり