ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『八日目の蝉』

2011-04-01 23:19:38 | 新作映画
---- この映画、前に行ったとき
満員で入れなかったってヤツだよね。
「うん。とにかく人気が高い。
原作が角田光代の代表作にしてべストセラーだからかなと思ったけど、
これは見事に映画になっていたね」

----映画になっていた…どういうこと?
「簡単に言えば、
映画としての緊張感と高揚感があるんだ。
いつも言っていることをまたまた繰り返して言うけど、
こういう原作ものに対して、
その物語にケチをつけてもしようがない。
要は、監督がその中のどこに、
映画たりうる部分を見出し、
それをどうフィルムに定着したか…。
勝負はそこにかかってくる」

----それは分かるけど、
どんな内容かぐらいは知りたいニャ。
「これはね。
乳児の頃に誘拐された娘が
その後、犯人に育てられ、
4年後、ようやく実の母の元に戻る…というもの」

----え~っ。それは厳しいニャあ。
その子は、犯人を本当の母だと信じてきたわけでしょ。
「そういうことだね。
急に、『こちらの人が本当のお母さん』と言われても、
簡単に『はいそうですか』ですかとなるわけがない。
映画は、そこから始まる悲劇。
誘拐さえなければ、普通の家庭が営めたはず…という側面と、
過去の誘拐逃亡の間、ふたりはどんな暮らしをしたかが描かれる。
原作が、どのような章分けをしているのかは分からないけど、
映画は、ここは巧く料理されていた」

----そこが「映画になっていた」と言うこと?
「それもあるけど、
ビジュアルとしての細かい気配りだね。
たとえば、主人公の恵理菜(井上真央)に
過去の事件を聞きに来るルポライターの安藤千草(小池栄子)。
最初、彼女が登場したとき、
だれが演じているのか分からなかった。
猫背で足を少し引きずりながら歩く。
それと、ここからがが急展開で映画としてもオモシロくなっていく
カルト集団エンジェルホームのシーン。
主宰者のエンゼルに余貴美子
ただでさえ存在感がある彼女。
出そうと思えばいくらでもカリスマ性を出せるのに、
ここでは普通のおばさんが教祖になった、そういう感じ。
その俗物ぶりを出せるのもやはり彼女ならでは。
『映画はキャスティングで決まる』という言葉もあるけど、
これはその好例だね。
あと、嬉しかったのはその音楽。
映像に寄り添うように繊細。
ドラマチックなシーンでも決して出しゃばらない」

----う~ん。それ分かるニャあ。
最近の映画は、やたらとオーケストラでドラマチックに盛り上げるものね。
「でしょ。
誰かと思えば、これが贔屓の安川午朗
これらのことでも分かるように、
最近の日本映画が陥っているワンパターンから抜け出そうとしているのがこの映画。
その最たるシーンは、ラストショットに現れる。
ここは、ヒロインの口から
長い心の旅の末、彼女が到達したある境地が
心の底から湧き出てくる文字どおりのクライマックス。
カメラはそんな恵理菜の感情の高ぶりを
そのまま捉えようと、手持ちで軽く揺れる。
(手持ちは記憶違いかもだけど、そう感じさせる)
そして、観る者を共にその高揚に導きながら潔く終わるんだ。
ロングに引いた余韻のシーンなど付加しない。
ぼくは観ながら、『ここで終わってほしい。いや終わるべきだ』と、
そう思って観ていただけに、ほんとうに嬉しかった。
そう、この感動にクールダウンは必要ない」


                    (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「ラプンツェルも誘拐されたのニャ」もう寝る

※「映画を観た」という満足感に浸れる度

コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ザ・ホークス~ハワード・... | トップ | 『スコット・ピルグリム VS. ... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おっしゃるとおり! (ナドレック)
2011-05-01 04:24:56
こんにちは。
原作(未読です)も素晴らしいのでしょうけど、本当に映画として良かったです。
キャスティングも非の打ちどころがないですね。
女優さんはいくら褒めても褒めたりませんが、劇団ひとりさんの薄っぺらさや、田中哲司さんの影の薄さも最高でした。


■ナドレックさん (えい)
2011-05-03 13:01:37
こんにちは。
ぼくも原作は未読です。
原作を読まれた方の中には、
ラストの重要なエピソードが抜けていることへの指摘が…。
でも、映画として観た場合、
ぼくは、こういう
ブチっという終わり方もありだと。

おっしゃるとおり、
男性陣の影の薄さが、またよかったです。

私も同感 (Kei)
2011-05-08 01:19:28
私も、ラストはあれで正解と思います。
原作のラストのエピソードは、文章で読むにはいい余韻となりますが、映像で表現するとクドくなってしまいますし、そもそも40歳台半ばの希和子の姿なんて、はっきり言って見たくありませんし。
“写真を取りに来た”という田中泯さん(このキャスティングも秀逸)の一言で十分だと思います。

ところで、えいさんならピンと来るでしょうが、ラスト近くの船着場で恵理菜が何かを感じて歩き出した時、一瞬ヒッチコック「めまい」でお馴染みのトラックバック・ズームが使われていたように思うのですが。
■Keiさん (えい)
2011-05-08 14:17:31
こんにちは。

Keiさんからのコメント、
とても嬉しくなりました。
思わずじ~んと。
いや、ほんとです。
ぼくは、あの瞬間、
実は『JAWS・ジョーズ』を思い出しました。
ロイ・シャイダーが鮫を見た瞬間のあれです。
「海のそば」ということからの連想かなあ。
書き忘れていました。
ありがとうございました。
こんばんは (ノラネコ)
2011-05-09 21:57:03
ラストは本当に鮮やかでした。
原作とは違うのですけど、映画は写真館を上手く使いましたね。
時が止まったかのような写真館と田中泯の存在感は、絶対に文章では表現できない映画的な描写でした。
あそこからの流れで井上真央の最後の台詞を聞いた時には思わず涙が湧き出しました。
■ノラネコさん (えい)
2011-05-11 22:55:21
こんばんは。

そう、“鮮やか”という言葉がピッタリ。
あのセリフ、そして涙と笑顔が同居した
井上真央の表情に、
感情の高ぶりを抑えることができませんでした。
こんばんは (なな)
2011-10-30 23:49:17
私も原作を先に読んでいました。

いろいろと個人的に共感するところがあって
読むのが辛くもあり癒されもする思い入れの強い物語だったのですが
私も映画のラストの方が好きですね。
あの写真館の存在は原作にはないものですが
あれとあの味のある写真屋の主の絡んだラスト
それと井上真央さんに言わせたセリフも
この物語を見ていてずっと「言ってほしかった」セリフでしたから、
とても最後にすっきりしたというか,救われましたね。
■ななさん (えい)
2011-11-03 22:35:19
こんばんは。

映画力を感じた作品でした。

なかでもあのラスト。
脚本に込められたセリフ、
井上真央の演技、
そしてそれを捉えたカメラ。
すべてが映画ならではの高揚を感じさせてくれました。

ななさんのレビューを拝見し、
この映画は「女性」というものに真摯に向かい合った作品、
また「性」というものが持つ原罪にまで言及していることに改めて思いいたりました。
昨今の日本映画にはなかなか現れないタイプの作品だっただけに、
そのインパクトはかなり大きかったです。
こんばんわ (にゃむばなな)
2012-02-06 21:44:16
あの写真の希和子の表情が涙目の笑顔というのが永作さんの演技力の素晴らしさを感じましたよ。
ああいう微妙な心理を絶妙に表現できる女優さんは超一流だと思います。
■にゃむばななさん (えい)
2012-02-08 00:01:48
永作博美って巧くなりましたね。
『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』あたりから、
さらに一皮むけた気がします。
今後も楽しみな女優の一人です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
八日目の蝉(試写会) (まてぃの徒然映画+雑記)
角田光代のベストセラーの映画化、といっても原作は未読で、ドラマも未見だけど。 不倫相手の子供を堕ろした希和子(永作博美)は、不倫相手の夫婦の間に生まれた4ヶ月の赤ちゃん恵理菜を咄嗟に誘拐してしまう。妊娠した子供につける予定だった薫という名前を誘拐した赤...
八日目の蝉 (うろうろ日記)
試写会で見ました。原作を読んでから見たので、あーこの辺削ったかーと本と比べてしま
『八日目の蝉』 踏みとどまるために必要だったのは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  劇中、母と娘が「男とは何か、女とは何か」を語り合うくだりがある。  母曰く、「薫ちゃんは女なの。薫ちゃんが好きになって、結婚したいと思う人が男のひと。」  この映画に、結...
八日目の蝉 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/04/29公開 日本 147分監督:成島出出演:井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田満、渡邉このみ、劇団ひとり、余貴美子、田中泯、風吹ジュン 優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした。 子どもを身ごもるも、相手が結婚してい....
『八日目の蝉』 (2011) / 日本 (Nice One!!)
監督: 成島出 出演: 井上真央 、永作博美 、小池栄子 、森口瑤子 、田中哲司 公式サイトはこちら。 原作読了しています。 もともと読売新聞連載小説でしたが、途中でついていけなくなり、挫折。f^^; ですのでこれは一気に読みたかったし、そして映画化...
「八日目の蝉」 (俺の明日はどっちだ)
不倫相手の赤ちゃんを誘拐した女性が、警察に逮捕されるまでの4年間にわたりその子を我が娘として強く愛し続けた逃亡生活の顛末と、そんな誘拐犯に育てられた少女がやがて大学生へと成長したのち、果てしなく遠く感じていた自らの過去と向き合う姿を描いた直木賞作家...
八日目の蝉 ちょっと冗長すぎるが・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=24 -6-】 今日は連休の谷間で電車がらがらかと思いきや、けっこう仕事の人も多いのだなあという混み具合、仕事があることはいいことだ!  さてこの映画、角田光代の原作は友人が貸してくれたので読んだが、読後の評価はきっと分かれてしまうだろうと思っていた。 ....
「八日目の蝉」誘拐した育ての母の足跡を辿った先にみた4年間の愛情と同じ過ちを繰り返さないでほしい想い (オールマイティにコメンテート)
映画「八日目の蝉」は角田光代原作の「八日目の蝉」を映画化した作品で、生まれたばかりの頃から4歳まで誘拐犯に育てられた娘が大学生となり、その事件と向き合いながら自身も誘 ...
映画:八日目の蝉 永作博美が突出して良いところが、長所でもあり欠点?! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
愛人の娘を誘拐して逃亡する女性と、その成長した娘のストーリーが平行して物語を進む。 井上真央演ずる、0才~4才まで誘拐され、その時に刷り込まれた「母」のイメージのトラウマを持ったまま、大学生になった恵理菜。 ちょっとしたきっかけで自分のルーツを探る旅に。 ...
[映画]八日目の蝉 (タニプロダクション)
私は、脚本家奥寺佐渡子氏が好きです。 彼女が昨年脚本を手掛けた「パーマネント野ばら」は、その仕掛けに驚き劇場で続けて二度も観てしまいました。「パーマネント野ばら」は観た当時かなりガチな感想を書いてますので、興味あったら検索して御読みください。ネタバレし...
「八日目の蝉」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・日本/松竹=日活・配給:松竹監督:成島 出原作:角田 光代脚本:奥寺 佐渡子 直木賞作家・角田光代の同名ベストセラー小説を、「孤高のメス」の成島出監督により映画化。脚本は「時をかける少女」
映画『八日目の蝉』 (trivialities )
【4月29日特記】 映画『八日目の蝉』を観てきた。角田光代の原作のほうは、僕としては珍しいパタンなのだが、映画の宣伝が出始めてから文庫で読んだ。 だから、いつも原作についてはほとんど憶えていない僕が今
成島出監督 「八日目の蝉」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
原作を読み終わった時から、観たくて観たくて、しょうがなかった映画。 映画の日には映画館が満席で悔しい思いもしました。 そして今日、やっと公休 朝、早起きをして観てきました(^-^)v ふ、不覚! 原作も読んでて、冷静に観てるつもりだった筈なのに… な...
確かに愛はそこにあった。『八日目の蝉』 (水曜日のシネマ日記)
誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇とその後の少女の人生を描いた作品です。
映画「八日目の蝉」 (FREE TIME)
映画「八日目の蝉」を鑑賞。
八日の目の蝉(2011-027) (単館系)
角田光代の同名ベストセラー小説を映画化。 生まれてすぐに誘拐された少女が大学生になってからの姿と、 誘拐した犯人が逃亡を続ける4年間の両方を描いたヒューマンドラマ。 不倫相手の子供を生まれてす...
八日目の蝉 (to Heart)
優しかったお母さんは、 私を誘拐した人でした。 上映時間 147分 原作 角田光代 脚本 奥寺佐渡子 監督 成島出 出演 井上真央/永作博美/小池栄子/森口瑤子/田中哲司/市川実和子/平田満/渡邉このみ/劇団ひとり/風吹ジュン 誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇と、その...
■映画『八日目の蝉』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
どうしようもない男とのどうしようもない不倫に傷ついた女性が、不倫相手の男性と奥さんの間に生まれた赤ちゃんを誘拐したことから起こる悲しい物語を描いた映画『八日目の蝉』。 誘拐犯の女性・野々宮希和子を永作博美、彼女に誘拐されて数奇な人生を送ることとなった...
八日目の蝉・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
蝉は何年間も地中で成長し、やっと地上に出て成虫になると、僅か七日で死ぬという。 仲間が皆死に絶える中、もしも生き残った「八日目の蝉」がいたとしたら、それは蝉にとって幸せな事なのだろうか?不幸なの...
映画『八日目の蝉』  (よくばりアンテナ)
なんとなくあらすじを知っていて、見ないだろうと思ってた。 去年NHKのドラマでやってた時、知らなくて、 ちょうど『Mother』にはまっていた頃に、似たようなテーマのドラマを やってたんだなぁ・・...
『八日目の蝉』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「八日目の蝉」□監督 成島 出□脚本 奥寺佐渡子□原作 角田光代□キャスト 井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田 満、劇団ひとり、余貴美子、田中 泯、風吹ジュン■鑑賞日 5月1日(日)■劇場 チ...
「八日目の蝉」(日本 2011年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
お星さまのうた。 家族写真。 八日目の蝉が見るもの。
八日目の蝉 (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★★★ エンゼルたちのウォーズ 二人の女性の違いは、人と魂で向き合っているかどうかである。 エンゼルさんが希和子に語った言葉が真理だ。 実母は娘の心を理解しようとせず、自分を母親だと認...
「八日めの蝉」 (くまさんの再出発日記)
「おかあちゃん、働くよ。そして、これからはいっぱいキレイなところを見に行こう。美味しいものを食べよう!」 不実な男を愛し、子供を身ごもった女、野々宮希和子。母となることが叶わない絶望の中、同...
「八日目の蝉」 答えの出ないテーマが重い (ももたろうサブライ)
監督 成島出
八日目の蝉 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
角田光代原作の同名小説を映画化したヒューマン・サスペンス。誘拐された少女と犯人の女との逃亡劇、その後の運命を描く。監督は「孤高のメス」の成島出。出演は「太平洋の奇跡  ...
八日目の蝉 (にきログ)
さて、映画とドラマ両方見たので感想を書きたいと思います ちなみに映画を見てドラマ版が凄く気になっていたタイミングでNHKが2夜連続集中再放送をしてくれて凄く助かりました ちなみに原作は読んだことな...
八日目の蝉 (映画的・絵画的・音楽的)
 『八日目の蝉』を渋谷東急で見てきました。 (1)この映画は、TVなどで幾度となく予告編が流され、また書店では随分と以前から原作の文庫版が山積みとなっていましたから、制作側もかなり力を入れているのでしょう。  おそらく、『告白』とか『悪人』の線を狙っているの...
八日目の? (虎猫の気まぐれシネマ日記)
優しかったお母さんは私を誘拐した人でした。 先に原作を読んでいた…やりきれないほどに重く哀しく,それなのに心を惹き付けられてやまない物語。母性を持っている私たち女性にとってこの作品は,やはり心深く訴えられるものがあるのかもしれない。 不実な愛人の秋山との...
mini review 11545「八日目の蝉」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇と、その後の二人の運命を描いた、角田光代原作のベストセラー小説を映画化したヒューマン・サスペンス。監督は、『孤高のメス』など社会派エンターテインメント作品で定評のある成島出。誘拐された少女の大学生時代を井上真央が演じ...
『八日目の蝉』 (こねたみっくす)
恵理菜として生きる七日目で死ぬ蝉が見た世界。薫として生きた八日目の蝉が見た世界。そのどちらの世界に母親の愛があったのか。 直木賞作家・角田光代先生の小説を映画化したこ ...
八日目の蝉 (取手物語~取手より愛をこめて)
恵理菜は、過去の呪縛をとかなくては前にすすめない。
映画評「八日目の蝉」(地上波大幅カット版) (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
現状では採点不可・・・ 2011年日本映画 監督・成島出 ネタバレあり
「八日目の蝉」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                           「八日目の蝉」 角田光代さんの原作は未読での鑑賞となりました。 観終わって・・・な、永作博美が素晴らしい(I I) この年の色々な女優賞をもらったのも頷けます。 (日本アカデミー賞では彼女は「最優秀助演女...
映画 八日目の蝉 (VAIOちゃんのよもやまブログ)
地上波で放送されていた映画「八日目の蝉」。 角田光代の原作小説もNHKのTVドラマも全くその存在を知らなかったんですが、映画は聞きおぼえがあったのでX95で録画してPSPに転送して鑑 ...