おやじのあーるしーぶろぐ

北海道で電動ラジコンカーを楽しんでいます!!

平成25年4月のレース(ストッククラス決勝)

2013年04月27日 21時20分57秒 | らじこん

ストッククラス決勝。

予選では2回ともリタイアでしたが、決勝ではとりあえず完走することが目標。

路面グリップも上がっており、タイヤはソレックス24RとプロスペックLSインナーのいつもの組み合わせ。

Dscf0101 最後尾が自分

スタートして3周目ぐらいまでは前の車についていけたのですが、徐々に離されていきます。

それでも8周目に自己ベストの9秒69をマーク。

11周目、前の車がミスしたところで3番手に浮上。

しばらく3番手をキープしていましたが、22周目に逆転され4番手に。

それでもすぐ後ろにつけて再逆転を狙います。

残り30秒、前のマシンがミス、3番手に。

そのまま3番手でゴール。

31周5分6秒、トップはBD-7の32周5分7秒、ベストラップ9秒42、2番手はT4の32周5分14秒、ベストラップ9秒54、3番手は自分、4番手はBD-7、30周5分2秒、ベストラップ9秒55。

</object>
YouTube: DRCC-stock決勝2013年4月21日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成25年4月のレース(ストッククラス予選2回目)

2013年04月26日 21時45分30秒 | らじこん

予選2回目の前に1回目のトラブルの原因探しです。

まずは、ブラシレスモーターとアンプを繋ぐセンサーケーブルを交換してみます。

ダメでした。

次にモーターをバラしてセンサーユニットを確認、結構オイルとホコリが付着していたので清掃。

これもダメでした。

今度はモーター交換。

またまたダメでした。

モーターが原因ではないようなのでアンプの確認。

予選前にアンプの設定(ブースト)を変更しましたが、この時他のボタンを押したようでアンプの初期設定がクリアになっていた様です。

設定しなおしたら問題なく動きました。

気を取り直して予選2回目。

1回目は全然走っていないので慎重に走行させます。

良い感じで周回を重ねますが、3分過ぎにスローダウン。

モーターを固定するネジの閉め忘れ。

3分もよく走っていたという感じですね。

2回目もトップはT4の31周5分6秒、ベストラップ9秒35、2番手はBD-7の30周5分5秒、ベストラップ9秒45、3番手もBD-7の30周5分10秒、ベストラップ9秒51、4番手は自分で18周でリタイア、ベストラップは9秒78。

決勝では完走したいですね。

</object>
YouTube: DRCC-stock決勝2013年4月21日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成25年4月のレース(ストッククラス予選1回目)

2013年04月25日 22時22分46秒 | らじこん

ストッククラス予選1回目。

朝の練習でコーナーの立ち上がりが不足している感じがしたので、アンプの設定を変更。

予選に挑みます。

Dscf0078_2 一番奥が自分

今回は4台のエントリー、手前からXRayT4、BD-7、BD-7、BD-5。

スタート直後、スロットルがおかしい。

ギクシャクして走れません。

1周目でリタイア。

原因を探します。

1回目トップは、T4の31周5分24秒、ベストラップ9秒68、2番手はBD-7、29周、5分2秒、ベストラップ9秒60、3番手は25周5分33秒、ベストラップ9秒46。

トップ2台はゴールと言われるまで走りましょう。

</object>
YouTube: DRCC-stock予選1回目2013年4月21日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成25年4月のレース(F-1クラス決勝)

2013年04月24日 21時23分57秒 | らじこん

F-1クラス決勝。

スタート直前、ポールポジションのヌマに今回は荒れるねと宣言。

Dscf0081 スターティンググリッド

やはり荒れました。

今回は6台走行。

追い越しも、抜かされるほうも難しいこのコース。

スタート直後、ポールのメルセデスとレッドブルが接触、早速メルセデスが最下位に。

3位スタートの自分は2位に。

6周目、単独でクラッシュ、4位に。

7周目、止まっているマシンを避けようとしてまたまたクラッシュ。

11周目、1コーナーでクラッシュ転倒、フロントウイングが曲がってピットストップ。

14周目、最終コーナー付近で多重衝突。

自分以外も大荒れ。

コースマーシャルが来なくて自分で助けに行くことも。

結局4番手でゴール。

反省する点が多いレースでした。

優勝は最後まで分からない展開でした。

トップゴールは、スタート直後最下位、途中で自分のマシンを助けに行き、残り1分で周回遅れ(自分)とクラッシュして2番手に下がるも、驚異の追い上げを見せたメルセデス、55周、10分00秒、2番手は惜しくも優勝を逃したレッドブル、55周、10分6秒、3番手は久々に復帰のフェラーリ、51周、10分13秒、4番手は自分、ウィリアムズ、49周、10分10秒。

詳しくはYouTubuで。

</object>
YouTube: DRCC-F1決勝2013年4月21日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成25年4月のレース(F-1クラス予選2回目)

2013年04月23日 22時15分20秒 | らじこん

F-1クラス予選2回目。

調整するところは無かったので、グリップ剤だけ塗りなおし予選2回目へ。

路面グリップも少し上がってきたため、マシンの動きも良い感じに。

1回目の予選で15周も走り、かなりパワーをつかってしまったのであまりタイムアップは望めませんでしたが、10秒31と若干タイムアップ。

トップは9秒89、2番手は10秒11。

まだ9秒台には入りませんね。

予選は総合3番手で決勝レースに進みます。

</object>
YouTube: DRCC-F1予選②2013年4月21日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加