デジカメ散歩日記

自然は四季折々我々を楽しましてくれる。とりわけ散歩道の野草花や野鳥たちの姿を観ていると時間の経つのもわすれてしまう。

野菊

2011年09月29日 | 山歩き

Shiroyomena110929   「秋晴れ」は昨日までで,今日は晴れ間も見えるが時折小雨が落ちてきたりの不安定な天候。

  今日は久々,通称「八丁峠」(はっちょうとうげ)近辺を散策することに。ここには,至るところでシラヤマギクが競うように咲いている。そして,とこどころで,ヨメナやシロヨメナも見かけた。また,これもところどころで花をいっぱいつけた野菊の集団も見かけた。おそらくヤマジノギク(別名 アレチノギク)であろう。

Shrayamagiku110929  今日の画像は「野菊」二枚(一枚目:シロヨメナ? 二枚目:ヤマジノギク?)とする。

  これから,野山で幾種類かの菊たちに出会う機会が多いが,「変種」といわれるものもあったりで,その見分けは難しく,悩みの種である。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

クコの花

2011年09月28日 | デジカメ散歩

Kuko110928   ここのところ好天気が続いている。朝の散歩は糸米・白石地区の平地コース。林にさしかかったところで,クコの花を見かけた。秋が深まると赤い実をつける。この実が健康に良いとかで,かつては栽培されていたという。

  今日の一枚はこうしたクコの花とする。これも,かつては栽培されていたみのかもしれない。この林の周辺では,ミズヒキやキンミズヒキ,ミゾソバ,実をつけたクサギ,ヌマダイコンなどに出会った。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

赤い実

2011年09月27日 | 山歩き

Gonzui110927    今日も好天気。まさに「天高く・・・」だ。今日は久々「一の坂ダム」奥地の山地を歩くこととした。陽射しは強いが時折通り抜ける風はひ~んやりしていて心地よい。

   山の斜面で赤い実をつけた小木を見かけた。初めての出会いだ。ネットで調べたらミツバウツギ科の「ゴンズイ」という落葉小高木の実であると判明。5月頃,径3~4ミリくらいの黄緑色の花を多数つけるとのこと。今日の一枚はそんなゴンズイの実とする。鳥たちが食ったのであろう残り僅かだ。

Fukei110927_2   そしてもう一枚は山道からの眺望とする。山道では,ヤマハギやマルバハギなどのハギ類をはじめ,オトコエシ,ヒヨドリバナ,ヤマハッカ,ヤマトウバナ,ヤブタバコ,シュウブンソウ,ツルリンドウなどなど幾種類かの野草たちに出会った。また,早くもナナカマドが色づきはじめているのを見かけた。山々がカラフルになってくるのも間近のようだ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ツリフネソウ&ツクシハギ

2011年09月26日 | 山歩き

Turifunesou110926   ここのところ好天気が続いている。今日の散歩は山地の集落(通称 天花畑:てんげはた)へ。

  まずは,もう花をつけているはずだと,昨年はじめて出会ったツリフネソウが生えているえているところへ行ってみた。おもしろい形をした紅紫の花をいっぱいつけていた。昨年よりか株数が増えている感。

Tukushihagi110926 今日の一枚はそんなツリフネソウとする。図鑑によるとツリフネソウは「北海道から九州に分布し,谷沿いなど半日陰の湿った場所に生育する。」となっている。同条件で他の場所でも見かけるはずなのに何故だかこの集落周辺でしか見かけない。

  そしてもう一枚はこの時期あちこちで見かけるツクシハギとする。これらのほか,ヨシノアザミ,ヌマダイコン,ミゾソバ,ゲンノショウコ(紅・白),ヨメナなどをカメラに収めてかえった。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

イボクサとヤブマメ

2011年09月22日 | デジカメ散歩

Ibokusa110922   ここのところ大型台風の影響(15号台風)で不安定な天候が続いた。その台風も遠ざかり今日は好天気。そんななか朝の散歩に出かける。田園地帯を経て山地の集落一周のおよそ4キロコース。

  田圃周辺では,イボクサやタカサブロウなどの田圃の雑草をはじめ,ノアウズキ,ツルボ,イヌタデ,マルバルコウソウ,シロノセンダングサなどに出会いカメラに゜収めた。山地の集落周辺では,イヌトウバナやヨメナをはじめ,ヤブマメ,白色のゲンノシヨゥコ,ヤブラン,ノササゲ,シラヤマギク,サイヨウシャジンなどをカメラに収めた。

Yabumame110922   今日の一枚はこれらのうち,田圃周辺のあちこちで見かけたイボクサ(ツユクサ科)  とする。田圃の雑草で草丈10センチくらいの先端にトキワツユクサに似た小さな花をつけている。

  そしてもう一枚は山地の集落周辺のあちこちで見かけたヤブマメとする。茎は細く長くのび,節々に淡紫色の蝶型で長さが15ミリくらいの花をつけている。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ツルリンドウに出会う

2011年09月15日 | 山野草

Tururindou110915   今日も好天気だ朝からつよい陽射し。そんななか朝の散歩は山地の集落(称:天花畑)周辺へ。ここは朝のうちは日陰が多く,今日みたいに朝から「ギラギラ太陽」が出ているときは好都合。

  ここには小さな小さな唇形の花をいっぱつけたヤマトウバナがとても多い。これをカメラに収めようとしていると,そのすぐ近くでツルリンドウが咲いているのを見つけた。この付近には必ず生えているはずだと探していたところだった。

Yamatoubana110915  今日の一枚はそんなツルリンドウとする。そしてもう一枚は,前出の小さな唇形の花をいっぱいつけたヤマトウバナ(シソ科)とする。

  これらのほか,ヤブマメをはじめ,ゲンノショウコ,ミゾソバ,ヨシノアザミ,ヤマハギなどをカメラに収めた。また,この集落のあちこちで,ヒガンバナが花をつけだしているのを見かけた。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒメキンミズヒキ

2011年09月14日 | 山野草

Himekinmizuhiki110914  久々に山口市街北側の小高い山鴻ノ峰(標高338mの山)へ。この山は山口県百名山の一つとされ市民の手軽なハイキングコースである。ここにはかつて城が築かれたとかで山頂付近には石垣や井戸も残存している。

  昨日同様,今日も好天である。朝から陽射しは強く,少し歩いただけで汗が流れる。山頂に至る道は日は日陰も多く,この時期歩くには好都合である。

Koumine110914   山の斜面や道の端のあちこちで,ヒメキンミズヒキ(姫金水引)を見かけた。今日の一枚はヒメキンミズヒキとする。キンミズヒキに比較し,全体が小さくて,花の数も少ないことから「姫」という字がついているのであろう。

  そしてもう一枚は,山頂近くからの眺望である。遠くの山々の姿がとてもよく見えている。ここからの眺めは何だか高山へでも登ってきたかのような雰囲気を味わうことのできる不思議な場所である。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

サワギキョウ&シラヤマギク

2011年09月13日 | 山歩き

Sawagikyou11091301  今日は秋晴れ。朝から陽射しが強く,日中の最高気温は32度にもなると報じといる。

  そんななか,今日は旧徳地町の山地に赴き散策することに。ねらいは,昨年はじめて見つけたサワギキョウとの再会である。とにかくその場へまっしぐら。山林道を奥へ奥へと入り今年も出会うことができた。実に美しい花である。しばらく見入っていた。今日の一枚はそんなサワギキョウとする。

Shirayamagiku110913   そしてもう一枚は,サワギキョウが咲いていたその近くで見かけたシラヤマギクとする。これから先,山に行けば必ず出会うことができるこの野菊,当分の間楽しむことができるであろう。これらのほか,サワヒヨドリをはじめ,ネコハギ,ヤマハギ,ヤマハッカ,オトコエシ,サワヒヨドリ,ヒメジソなどに出会ったほか,名前の分からない黄色い小さな花をつけたシソ科の植物を見かけた。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

はやくもヒガンバナ

2011年09月12日 | 山野草

Higanbana110912s 陽射しが強いが時折通り抜ける風はひ~やりとしていて心地よい。そんななか朝の散歩は我が家からおよそ4キロ奥地にある山地の集落(杖坂地区)へ。

  まず目についたのは,早くも咲き始めたヒガンバナである。我が家近辺では茎を伸ばしはじめたばかりなのに,ここではあっちでもこっちでも集団で゜咲いている。今日の一枚はそんなヒガンバナとする。

Aretinusubitohagi110912   そしてもう一枚は,ヌスビトハギを大型にしたような花をつけたアレチヌスビトハギ(マメ科/ヌスビトハギ属)とする。数年前,青海島の山地で見かけたことがあるが,山口市内で見かけたのははじめてだ。これらのほか,キンミズヒキ,ヒメキンミズヒキ,ハッカ,サイヨウシャジン,ヨメナ,アカソ,イヌトウバナなどに出会いカメラに収めてかえった。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤブラン

2011年09月09日 | デジカメ散歩

Yaburan110909   今日から天候下降気味のようだ。朝の散歩は糸米・白石地区平地コース。

  この時期,林の縁などで藤色の穂状の花をつけたヤブラン(ユリ科)をよく見かける。花が欄に似ていて,藪の中にあるので「藪欄」だとのこと。今日はこのヤブランを近くで観察してみた。小粒の蕾がいっぱいついていて花穂を構成しているが,その一部が開いているではないか。しばらく見入っていた。今日の一枚はそんなヤブランとする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加