デジカメ散歩日記

自然は四季折々我々を楽しましてくれる。とりわけ散歩道の野草花や野鳥たちの姿を観ていると時間の経つのもわすれてしまう。

サクラタデ

2008年10月31日 | 山野草

Sakuratade081031s好天気は昨日まで。今日の空は厚い雲におおわれいる。しかもなんとなく肌寒い感。朝の散歩は我が家周辺。先日から気になっていた植物のところへ。まだ咲いていた。径が6~7ミリくらいの淡紅色の美しい花をつけている。図鑑と照合してみたら水辺に生える多年草「サクラタデ」(タデ科/タデ属)と判明した。初めての出会い。分布は日本全土と記されているが,この場所でしか見かけない(見過ごしているのかもしれない)不思議な植物。今日の一枚はそんなサクラタデとする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤクシソウ

2008年10月30日 | 山野草

Yakusisou081030s_2 今日も好天気。朝の散歩は山地へ。遠くからみて黄色い花が咲いているなとおもったら,大抵の場合アキノキリンソウだ。この時期,ヤクシソウが花をいっぱいつけているはずと,昨年と同じ場所を訪れてみたものの,山の手入れに伴い刈り取られていた。残念・・・。別の場所でようやく見つけることができた。また,その近くでは花をいっぱいつけたノコンギクを見かけた。今日の一枚はヤクシソウとする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アキノキリンソウ

2008年10月28日 | 山野草

Akinokirinsou081028 時折お天道様が雲間に隠れるものの概ね晴れ。朝の散歩は我が家周辺から山地の集落までの往復コース。山地の集落にさしかかったところで,黄色い花をつけたアキノキリンソウを数株見かけた。朝の光をうけてとても心地良さそうだ。今日の一枚はアキノキリンソウとする。この草は沖縄を除く全国に分布しているとのことで,春に咲くキリンソウの花に良く似ていることからこの名がついたらしい。

Kakinoha081028 そしてもう一枚は,紅葉のはじまった柿の葉とする。朝の光をえけ,とても綺麗だ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ウド

2008年10月27日 | 山野草

Udo081027s ここのところ不安定な天候が続いている。今日の予報は「晴れ」とのことだが,時折お天道様が顔をだしてくれだけ。そんななかジープで糸米から吉敷へ越す細道をに向かい,ところどころで散策した。ヤクシソウやツワブキの黄色の花が目立つ。今日も白いゲンノショウコに出会えた。山の斜面でウドが花穂をつけているのを見かけた。今日の一枚はウドとする。「ウドの大木」という慣用句があるが,芽吹いた小さい頃は山菜として利用できるが,大きくなると食用にも木材にも適さないことから例えたとのこと。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

リンドウ

2008年10月21日 | 山野草

Rindou081021m  今日も快晴。久しぶりに山口市の北にそびえる標高734mの「東鳳翩山」(ひがしほうべんざん)に登ってきた。目的は,リンドウとの再会。登山道はいくつかあるが,通称「地蔵峠」まで車で行き同峠から登った。登山道では,アキノキリンソウ,アキチョウジ,ヤマハッカ,キッコウハグマ,ノコンギク,シラヤマギク,ツルリンドウ,センブリなどに出合った。およそ1時間で山頂に到着。早速山頂近辺で「リンドウ探し」。

Houben081021m  まだ,咲き始めたばかりで数株しか花をつけたものは見かけなかったが,蕾をつけた個体が数多くあり,これから等分の間,登山者の目を楽しませてくれることであろう。今日の一枚はそんなリンドウとする。そしてもう一枚は山頂で撮った一枚とする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉はじまる

2008年10月19日 | 山野草

Img_9713s 今日も「秋晴れ」。日中の最高気温が今日も25度を越す「夏日」になると報じている。朝の散歩は息子の店(糸米2丁目)周辺のから亀山公付近へ。ツワブキの黄色い花をいろんなところで見かけるようになった。散歩道の落葉樹も色づきはじめた。もうすぐ紅葉シーズンがやってくる。今日の一枚は色づきはじめた散歩道の落葉樹とする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

白いゲンノショウコ

2008年10月18日 | 山野草

Gennoshouko081018s 今日も好天気。日中の最高気温は25度を越し,まさに「真夏日」といったところ。こうした暖かい日がしばらくは続くとの予報。今日の散歩は我が家近辺の平地コース。田圃周辺では,ミゾカクシやタカサブロウが未だ健在。久々トウバナも見かけた。そんななか,白色のゲンノショウコが咲いているのを見かけた。紅紫の個体は良く見かけるが,白は珍しい。図鑑によると,白色は東日本,紅紫は西日本に多いと記されている。今日の一枚は白色のゲンノショウコとする。

  ゲンノショウコは,昔から下痢止めの薬草として利用されてきたとか。よって,名前の由来は「食べるとたちどころに効く」ことで「現の証拠」であるという。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

コシロノセンダングサ

2008年10月17日 | 山野草

Shironosendangusa081017m ここのところ連日好天気「秋晴れ」である。今日は朝のうちは雲が多かったもののすぐに回復し秋空となった。孫をベビーカーに乗せて散歩したいたら,川岸でコシロノセンダングサが可憐な白い花をいっぱいつけているのを見かけた。あいにくカメラを持っていなかったのでいったん帰宅しカメラ持参でその場へ。今日の一枚はシロノセンダングサとする。北米原産の「帰化植物」で本州西部に広く帰化しているとのこと。種子が衣服につくとなかなかとれない「ひっつき虫」でもある。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤクシソウ

2008年10月15日 | 山野草

Yakusisou081015 くもひとつない「秋晴れ」。朝の散歩は「兄弟山」(おどどいやま)近辺から吉敷へ越す山林道の峠までの往復コース。適度な坂道となっていて非常に良い運動になる。ときおり冷たい風が通り抜けていき汗をぬぐってくれる。ヤクシソウが咲き始めた。蕾がいっぱいついていて,これから当分の間楽しめそうだ。今日の一枚はヤクシソウとする。

Akinonogesi081015 そしてもう一枚は,青空に映えるアキノノゲシとする。

9月初旬頃に咲き始め,いまだに楽しませてくれている。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

チャノキ

2008年10月12日 | 山野草

Chanoki081012s 今朝はこの秋一番の冷え込み。最低気温は10度を切ったとのこと。でも昼間は20度を越すらしく寒暖の差が10度にも・・・。朝の散歩は「木戸公園」周辺へ。小川の岸に生えている数株の「茶の木」が白い花をいっぱいつけていた。今日の一枚はチャノキとする。チャノキ(ツバキ科/ツバキ属)は中国原産で古き時代に渡来し緑茶用に栽培されている。秋から冬にかけてこのように白い花を下向きに咲かせる。オシベがたくさんあり,ツバキ属と納得できる。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加