デジカメ散歩日記

自然は四季折々我々を楽しましてくれる。とりわけ散歩道の野草花や野鳥たちの姿を観ていると時間の経つのもわすれてしまう。

ヤブミョウガ

2012年07月31日 | 山野草

Yabumyouga120731 連日の「猛暑」でいささかうんざり。今日も朝から真夏の太陽がぎらぎらと照りつけている。

  そんななか、所要を済ませ「兄弟山」(おとどいやま)近くの山中へ。木陰を選るように歩く。林にさしかかったところで藪の中から数株、白い花をつけた野草が顔を出していた。ヤブミョウガ(ツユクサ科)である。藪や林の中などに多く、葉の感じがミョウガに似ていることからこの名があるとか。今日の一枚はそんなヤブミョウガ(藪茗荷)とする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

キツネノカミソリ

2012年07月28日 | 山野草

Kitunenokamisori120728  今日も「猛暑日」と報じている。朝の散歩は、木戸公園経由で糸米川沿いを奥へ奥へと。朝のうちは適度に日陰もあり快適。

  藪からキツネノカミソリが顔を出しているのを見かけた。昨年見かけた場所より少し離れたところで数株咲いていた。もちろん昨年見かけた場所にも行ってみた。ここでも咲いていたものの株数が年々減っている感。

  今日の一枚そんなキツネノカミソリ(ヒガンバナ科)とする。葉の形がカミソリに似ていて、花の色がキツネの体色をイメージさせることからこの名があるらしい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

キキョウ

2012年07月27日 | 山野草

Kikyou120727  ここのところ連日「猛暑日」。今日も朝から真夏の太陽がぎらぎらと照りつけている。そんななか、山地の集落(捻畑:うつぎはた)へ向かい、その周辺を散策した。

  山道をしばらく歩いていると、キキョウが数輪咲いているのを見かけた。青海島や秋吉台では出会ったことがあるが、他で見たことがない。今日の一枚はそんなキキョウとする。ネットで調べたところ「全土に分布し、日当たりのよい山地の草原に生える。」となっているが「野生のものはめっきり少なくなっている。」とか「絶滅危惧種」との記述もある。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

コオニユリとウバユリ

2012年07月25日 | 山歩き

Kooniyuri120725  今日は快晴。真夏の太陽が朝から照りつけている。日中の最高気温は35度にもなると報じている。

  そんななか涼しさを求め、東鳳翩山(ひがしほうべんざん:標高734m)への西側登山口のある,通称「地蔵峠」近辺を散策することとした。散策道は林の中から冷えた風が通り抜けとても心地よい。

  散策道でまず目についたのはコオニユリである。蕾だけの個体も数多くあり、も少しするとここはにぎやかになるであろう。

Ubayuri120725  今日の一枚はそんなコオニユリとする。そしてもう一枚は、林の縁で咲いていたウバユリとする。

  これらのほか、オトギリソウやサワオトギリ、ヤマジノホトトギス、ヒヨドリバナ、カワラナデシコ、ウツボグサ、そして、はやくもキンミズヒキやマルバハギ、ヌスビトハギが花をつけだしているのを見かけた。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

オトギリソウ

2012年07月23日 | デジカメ散歩

Otogirisou120723   雲は多いが晴れ間も見え夏の太陽が照りつける。そんななか朝の散歩は山地の集落(岩杖:いわつえ)へ。日陰を選るようにして歩く。林の中でウバユリが顔を出しているのを見かけた。またその近くではオトギリソウが咲いているのを見かけた。

  今日の一枚はオトギリソウとする。50センチくらいの茎の先端に黄色い花をつけている。これから秋にかけて楽しませてくれる。湿地ではこのオトギリソウの花を小型にしたようなにサワオトギリも見かけた。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ソクシンラン(束心蘭)

2012年07月21日 | デジカメ散歩

Sokushinran120721m 今日も「梅雨空」であるが、晴れ間も見え陽射しは強い。そんななか、「兄弟山」(おとどいやま)近くの山林道を歩いた。適度に日陰があり、暑い時期に歩くにはいいコースである。山の斜面でノギランが生えているのを見かけた。また、その近くではソクシンランが小さな小さな白い花をつけているのを見かけた。

  今日の一枚はそんなソクシンラン(ユリ科)とする。長い茎の中ほどから先端にかけて極細の花をつけている。ズームアップしてみたらこんな形をしていた。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

オニユリ開花

2012年07月19日 | デジカメ散歩

Oniyuri120719   今日も昨日同様「梅雨空」ではあるが時折夏の太陽が顔を出す。なんだかとても蒸し暑い。そんななか,所要を兼ねて山地の集落(大山路:おおやまじ)を散策。

  畑の縁でオニユリが一輪咲いているのを見かけた。10センチほどの大輪の立派な花だ。ヤブカンゾウがほぼ終わったことから,それに代わって散歩道を賑わしてくれる。今日の一枚は,そんなオニユリとする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ダイコンソウ

2012年07月18日 | デジカメ散歩

Daikonsou120718  梅雨空だが、時折夏の太陽がギラギラと照りつける。台風7号の影響だろうか、時折強風が通り抜ける。

  そんななか、朝の散歩は山地の集落、通称「天花畑」(てんげはた)周辺へ。林の縁のあちこちで、ウバユリが蕾をつけているのを見かけた、数日後には開花するであろう。また、ヒヨドリバナやクサギも開花準備をしている。そしてこの時期、林の縁などでダイコンソウが黄色い花をいっぱいつけているのをよく見かける。今日の一枚はそんなダイコンソウ(バラ科)とする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマジノホトトギス

2012年07月12日 | 山野草

Majinohototogisu12012   「梅雨空」だが、時折薄日も射す。そんななか朝の散歩は「兄弟山」(おとどいやま)近くの山道へ。ぼつぼつヤマジノホトトギスが花をつけはじめる頃なので、探していたところ、数個体見つけた。

  今日の一枚は咲きはじめたヤマジノホトトギス(ユリ科)とする。図鑑によると「北海道~九州の山地の林内や林縁に生える。」となっており、どこでも、ご普通にみられるようだ。これから秋口にかけて楽しむことができる。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ノギラン

2012年07月11日 | 山野草

Nogiran120711_2   またもや「梅雨空」がもどってきた。それなりの「雨対策」をして散歩に出かける。田園地帯を経て、山地の集落(大山路:おおやまじ)一周のおよそ3キロコース。

  今日もあちこちでウツボグサに出会ったのをはじめ、ワルナスビ、咲きはじめたばかりのヘクソカズラやアカメガシワ、ダイコンソウ、ネジバナ、ヒルガオなどなど。

  山裾でノギラン(ユリ科)が咲いているのを見かけたので今日の一枚とする。淡いクリーム色の花を放射状につけている。あまり目立たない存在で、特定の場所でしか見かけない。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加