デジカメ散歩日記

自然は四季折々我々を楽しましてくれる。とりわけ散歩道の野草花や野鳥たちの姿を観ていると時間の経つのもわすれてしまう。

トキワツユクサ

2008年06月30日 | 山野草

Tokiwatuyukusa080630s 梅雨の真っ只中にあって時折「中休み」がある。今日はその「中休み」にあたり時折お天道様の顔も見える。そんななか我が家周辺へデジカメ散歩に出かける。道端ではカタバミやムラサキカタバミ,ツユクサやニワゼキショウ,ヒメジョオンなどの定番に加え,林下の草地でトキワツユクサ(ツユクサ科/ムラサキツユクサ属)を見かけた。図鑑によると南アメリカ原産の「帰化植物」だとのこと。観賞用として持ち込まれたものが野生化したものであろうが,特定の場所でしか見かけない。今日の一枚は,そんなトキワツユクサとする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ネジバナ

2008年06月27日 | 山野草

Nejibana080627m 昨日から今日にかけて「梅雨の中休み」,久々に青空が見えお天道様が顔を出してくれている。朝の散歩は我が家周辺。空き地のアカバナユウゲショウはまだ健在。ピンクの花をいっぱいつけアピールしている。また,その近くの芝地ではネジバナが数株,可憐な姿を・・・。この頃どこかで花をつけているはずだと探していたところだったが,こんな近くで出会えるとは・・・。今日の一枚はそんなネジバナとする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマホトトギス

2008年06月24日 | 山野草

Yamahottogisu080624s お天道様の顔を随分長く見ていない。今日も空は梅雨模様で拝見できそうにない。そんななか朝の散歩に出かける。今日は糸米川沿いを奥へ奥へと兄弟山(おどどいやま)方面の往復コースで適度な坂道もありいい運動になる。山の斜面でヤマホトトギスを見かけた。花径2センチくらいで,白地に紅紫の模様がついていて,とてもおもしろい形をしている。図鑑によるとユリ科に属し,日当たりのよい少し湿地の原野に生えるとのこと。今日の一枚は,そんなヤマホトトギスとする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ウツボグサ

2008年06月23日 | 山野草

Utubogusa080623m 梅雨真っ只中。一昨日は大雨警報も出たが昨日くらいから少し落ち着いてきた。今日は朝のうちは時雨れていたが午後からは薄日がさすくらいまで回復した。そんななか,所要を済ませ久しぶりに我が家から山地の集落経由の一周コースを歩いた。空き地のヒメジオンが花をいっぱいつけていてお見事。ムラサキカタバミがあっちでもこっちでも。ツユクサも見かけるようになった。山地の集落にさしかかったところでイヌホオズキやヒルガオ,そして数は少ないがウツボグサを見かけた。日当たりの良い草地に生える多年草で北海道から九州まで広く分布しているとのこと。今日の一枚はそんなウツボグサとする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

コマツナギ

2008年06月17日 | 山野草

Komatunagi080617 昨晩から降りはじめた雨も朝には上がり,薄日がさすほどに天候は回復した。午前中に所要を済ませ,午後久しぶりに「兄弟山」(おとどいやま)周辺の山地を歩いた。ヤマボウシが真っ白な花をいっぱいつけているのをあちこちで見かけた。スイカズラやテイカカズラもいまが真っ盛り。そして,早くもコマツナギが花をつけているのを見かけた。茎は強健で折れ曲がらないので馬をつないでおいた,また馬がこの葉や花を好んで食べるため離れないないのでこの名ついたとのこと。今日の一枚はそんなコマツナギとする。

Okatoranoo080617 そしてもう一枚は,青海島近辺以外ではじめて見つけたオカトラノオとする。山口市内でもどこかにあるはずだと探し続けたところだが,ようやく出会え何より。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

タイトゴメ

2008年06月16日 | 山野草

Taitogime080616sここのところ,諸々と所要があったり雨が降ったりで「デジカメ散歩」もなかなかできずにいるが,今日は息子の店の手伝いで青海島までお客様を送迎した折,海岸周辺を散策した。

この時期,海岸の岩場で黄色いタイトゴメの花が咲いているのを見かける。肉厚の葉が蜜に重なって,モコモコッと湧き出すように生えているが,これに花がつくと美しい。山地の湿った岩場などに生える「ヒメレンゲ」に良く似ている。今日の一枚は,そんなタイトゴメとする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ノビル

2008年06月10日 | 山野草

Nobiru080610s ここのところ雨が降りそうで降らず蒸し暑い日が続いている。今日の散歩は我が家周辺。荒地にニラに似た白い花をつけている茎の長い植物を見かけた。ノビル(ユリ科/ネギ属)である。この時期,道端や土手などでよく見かける。今日の一枚はそんなノビルとする。そして,ハルジオンに変わってヒメジョオンがあっちでもこっちでも,そして場所によっては見事に群生している光景も見かけるようになった。

Okatoranoo080607s そしてもう一枚は,去る7日,息子の店の手伝いで青海島を訪れた際見かけたオカトラノオをUPする。図鑑によると野や山,丘陵など日当たりの良い草地に生えるとしるされており,我が家周辺でも生えているだろうと探すも見当たらない。毎年,青海島およびその近辺でしか見かけない。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホタルブクロ

2008年06月04日 | 山野草

Hotarubukuro080604s 今日も朝から「梅雨空」。朝の散歩は息子の店(糸米2丁目)周辺をひたすら歩く。ホタルブクロが今年もまた同じ場所(散歩道の土手)に咲いた。何故か蛍の出るこの時期に咲く。この花の中にホタルを入れて子供たちが遊んだからこの名がついたとの説がある。花の長さは5~6センチくらい。今日の一枚はそんなホタルブクロとする。

Hitujigusa080604s そしてもう一枚は,今年も沼池に咲いたスイレンとする。スイレンは園芸上の呼び名だそうで,和名はヒツジグサ(未草)とのこと。明るくなると開き,暗くなると閉じる。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

キキョウソウ

2008年06月03日 | 山野草

Kikyousou0806031m ここのところ,息子の店の手伝いで青海島へ行く機会が多く,今日は久々に我が家周辺を散歩した。昨日からの雨も朝には上がったものの空はまさに「梅雨空」といったところ。空き地でキキョウソウが数株紫の花をつけているのを見かけた。花径は1センチくらいでとても可愛い花だ。北アメリカ原産の「帰化植物」とのことだが,どういう経歴の持ち主なのだろうか。今日の一枚はそんなキキョウソウとする。

Mantema080603m そしてもう一枚は,一昨日,青海島で撮った「マンテマ」をUPする。海岸地帯でしか見ることのできないお気に入りのこの花(ナデシコ科に属す)もヨーロッパ原産の帰化植物だとのこと。場所によっては群生している。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加