デジカメ散歩日記

自然は四季折々我々を楽しましてくれる。とりわけ散歩道の野草花や野鳥たちの姿を観ていると時間の経つのもわすれてしまう。

リンドウに出会う

2010年10月27日 | 山歩き

Rindou10102702m   ここのところ不安定な天候が続いていたが今日は久々朝から青空が出ている。よって今日は「山登り」をすることに。山口市の北にそびえる標高734mの「東鳳翩山」(ひがしほうべんざん)へ。

  ねらいは,この時期には咲いているであろうリンドウとの出会いである。東鳳翩山への登山道はいくつかあるが,いちばん手軽なコース,通称「地蔵峠」までジープで行き,そこから登ることに。

Houben10102702   登山道ではアキノキリンソウやヤマハッカ,シラヤマギクやノコンギクなどに出会う。およそ1時間で山頂に到着。周辺を散策し,目的のリンドウに出会うことができた。今日の一枚は,いまでは貴重種になりつつあるリンドウとする。そしてもう一枚は山頂からの眺望とする。遠くに瀬戸内海が見える。なお,山頂周辺では小さな可憐な花をつけたセンブリにも出合った。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アケボノソウ(リンドウ科/センブリ属)とツワブキ

2010年10月20日 | 山野草

Akebonosou101020   今日の散歩は我が家からおよそ4キロ奥地の「杖坂」(つえさか)という山地の集落「往復コース」。帰宅し「万歩計」をみたらおよそ1万3千歩となっていた。毎日これくらい歩いたらいいのだが,なかなか難しい。

  川沿いの道を奥へ奥へと進み山地の集落へおよそ1時間で到着。その周辺を散策。ここでもヨメナやノコンギクをはじめ,それらの変種とおもわれるノギクがとても多い。ヤクシソウやヤマハッカ,ミゾソバ,早くも咲きはじめたツワブキなどのほか,センブリを少し大きくしたような美しい花をつけた草丈80センチくらいの野草を見かけた。

Tuwabuki101020_2

  はじめての出会いである。帰宅し図鑑で調べたら「アケボノソウ」(リンドウ科/センブリ属)と判明。全国に分布していて,山野の湿り気のあるところに生えるとのこと。花冠の斑点を「夜明けの星空」に見立て,この名があるらしい。今日の一枚は,そんな「アケボノソウ」とする。そしてもう一枚は,はやくも咲きはじめたツワブキとする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ハキダメギクとナワシログミの花

2010年10月19日 | 山野草

Hakidamegiku101018   今日の散歩は,我が家から田園地帯を経て山地の集落(大山路:おおやまじ)一周およそ3キロコース。

  山地の集落周辺では,ヨメナやクコンギク,それらの変種とみられるノギクをあちこちで見かけたほか,ヤマハッカ,ナワシログミの花,ハキダメギク,アメリカセンダングサやコシロノセンダングサなどに出合った。

Nawashirogumi101019   それらのうち今日の一枚はハキダメギクとする。「ハキダメギク」とはかわいそうな名前だが,径が5ミリくらいのとても愛らしい花である。

  そしてもう一枚は山すそのあちこちで見かけたナワシログミの花とする。花期はこの時期だが,やがて実をつけ,5月(苗代をつくる頃)頃iに赤く熟し食べられる。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

色づきはじめたイチョウ

2010年10月18日 | デジカメ散歩

Ityou101018s   朝の散歩は我が家からおよそ1キロ地点にある「スポーツの森」(周辺が森で球場や多目的広場などがある)から山越えをし龍花(りゅうげ)という集落を経て我が家までのおよそ4キロコース。

  森に植栽されているイチョウが,ようやく色づきはじめ本格的な秋の到来を感じさせてくれている。今日の一枚はそんな風景とする。この森周辺では,ヨメナやノコンギクをはじめ,ツクシハギ,ヤクシソウ,チャノキ,ナワシログミ,ミゾソバなどをカメラに収めて帰った。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日もヨメナ

2010年10月16日 | 山野草

Yomena101016s   朝の散歩は「河川敷公園」(平川地区)へ。草地のあちこちでイヌホオヅキがちぃさな花をいっぱいつけいるのを見かけた。何故かこの時期イヌホオヅキがやたらと多い。

  そんななか,淡紫色の立派な花をつけたヨメナもあちこちで見かけた。今日の一枚はヨメナとする。朝露に濡れかつ朝日をあび,とても心地よさそう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

シロヨメナ

2010年10月15日 | 山野草

Shiroyomena101015s   朝の散歩は「一の坂川ダム」周辺の山地へ。この時期,白い花をいっぱいつけた「野菊」をいたるところで見かける。ノコンギクなのか,ヨメナなのか,それともこれらの変種なのか同定が難しい。葉がざらざらしていたらノコンギク,すべすべしていたらヨメナだとの「助言」などから自分勝手に判断しているが自信はない。

  そして今日,花径1.5センチくらいの花をいっぱいつけた野菊を撮って帰ったところだが,ネットでいろいろ調べてみたら「シロヨメナ」のようだ。これを今日の一枚とする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

赤い実(コバノガマズミ)

2010年10月14日 | 山野草

Kobanogamazumi101014   朝の散歩は我が家から田園地帯を経て山地の集落一周コース。つい先日までは真っ赤なヒガンバナが田圃の畦を賑わしていたが,それも終り,イボクサやタカサブロウ,ヒメミソハギなど「田圃の雑草」が目立つ。

  山地の集落周辺では,ピンクの花をいっぱいつけたツクシハギをあちこちで見かけたほか,アキノノゲシ,ヒヨドリバナ,ノコンギク,ヨメナやその変種,サイヨウシャジン,ミゾソバ,コバノガマズミの赤い実,イヌトウバナ,白色のゲンノショウコなどなどに出合った。今日の一枚はこれらのうちコバノガマズミの赤い実とする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ようやくツルリンドウ

2010年10月13日 | 山野草

Tururindou101013m   今日の散歩は山地(21世紀の森周辺)へ。1ヶ月前くらいから探し続けていたツルリンドウにようやく出会うことができた。昨年は9月上旬頃から見かけているのに,今年は1ヶ月余遅れの出会いである。しかも,毎年いくつもの個体が生える場所とは随分離れた場所だ。この夏の猛暑に起因しているのであろうか。

  今日の一枚は,そんなツルリンドウとする。久々にお気に入りの野草に出会うことができ大満足。しばらく見入っていた。その周辺では,花をいっぱいつけたノコンギクをいくつか見かけた。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アキノノゲシ

2010年10月11日 | 山野草

Akinonogeshi101011   昨日に続き今日も好天気。朝の散歩は木戸公園経由で糸米川沿いを「兄弟山」(おとどいやま)方面へ。青紫色の小さな筒状の花をつけたアキチョウジを草むらのあちこちで見かけたほか,ヌマダイコン,ヨシノアザミ,イヌホオズキ,アキノノゲシなどをカメラに収めて帰った。

  これらのうち,今日の一枚は,この時期,花をいっぱいつけてアピールしているアキノノゲシとする。平地から山地まで,いたるところで見かけるアキノノゲシ,ここしばらくは楽しませてくれるであろう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日もヒガンバナ

2010年10月07日 | デジカメ散歩

Higanbana10100702m   今日も好天気。朝の散歩は兄弟山(おとどいやま)周辺から山地の集落「吉敷畑」(よしきはた)へ。

  山道では,ノコンギクやヨメナ,イヌトウバナ,ノササゲなどをカメラに収めた。山地の集落では,道端や田圃の畦道,畑の縁などいたるところでヒガンバナが競うように咲いていた。今日の一枚は昨日に続き今真っ盛りのヒガンバナとする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加