デジカメ散歩日記

自然は四季折々我々を楽しましてくれる。とりわけ散歩道の野草花や野鳥たちの姿を観ていると時間の経つのもわすれてしまう。

ヤブマメ

2008年09月29日 | 山野草

Yabumame080929   つい先日までは「暑い・・暑い・・」と言っていたのに,ここ最近急速に朝夕は冷え込むようになり,今朝なんかストーブがほしくなるほどに冷え込んだ。朝の散歩は平地コースをひたすら歩くことに。林にさしかかったところで,細い蔓のところどころに花の先端が紫色の小さな花をつけた植物を見かけた。ヤブマメだ。

  毎年花は見かけるが豆果は見たことがない。場所をよくおぼえておき観察することとしよう。今日の一枚はヤブマメとする。

Okera080928s

そしてもう一枚は,昨日および一昨日と2日連続で息子の店(ダイビングショップ シーアゲイン)の手伝い(器材運搬)で青海島を訪れた際に撮ったオケラとする。キク科に属する名前も形もおもしろい花だ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ツユクサ

2008年09月26日 | 山野草

Tiyikusa080926 昨晩からの雷雨もおさまり,今朝は薄日がさしている。朝の散歩は河川敷公園(平川地区)へ。今月初旬から咲きだした花径2センチくらいのマメアサガオがここには異常に多い,色も薄いピンクと白の二種あってとても可愛い花だ。また,その周辺ではツユクサが群生している。何故か今日はツユクサがとても綺麗に見えた。雨上がりであったがためなのか。今日の一枚はツユクサとする。

Mameasagao080926 そしてもう一枚は,今月初旬ころから楽しませてくれているマメアサガオとする。白とピンクの二種咲いているがピンクの個体をUPする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

オトコエシ

2008年09月25日 | 山野草

Otokoeshi080925 いまにも小雨が落ちてきそうな空模様。朝の散歩は木戸公園周辺。草地ではシロヨメナやキンミズヒキ,ゲンノショウコ,イヌタデ,アキノノゲシなどを見かけた。そして,山の斜面ではヒヨドリバナやオトコエシを見かけた。そんななか,今日の一枚はオトコエシ(オミナエシ科/オミナエシ属)とする。5ミリくらいの小さな小さな白い花をいっぱいつけていた。オミナエシの花をそのまま白くしたようだ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

イヌトウバナ

2008年09月24日 | 山野草

Inutoubana080924   朝の散歩は兄弟山(おとどいやま)近くの林道へ。つい先日までは,各種セミの鳴き声でにぎやかだったが,今は非常に静かで秋の虫と,時折囀る野鳥の声しか聞こえない。

  林の縁で,キツネノマゴに混ざって,イヌトウバナが小さな小さな薄いピンクの花をつけているのを見かけた。今日の一枚はイヌトウバナとする。

Hamanigana080923s

  そしてもう一枚は,昨日,青海島を訪れた(息子の店店の手伝い)際,海岸で見かけたハマニガナとする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒガンバナ

2008年09月22日 | 山野草

Higanbana080922s ここのところ天候は「日替わり」で,一昨日は好天,昨日は時折雷雨の大荒れ,今日は一転して好天気。まさに「○△と秋の空」だ。朝の散歩は息子の店(糸米2丁目)周辺の平地コース。この頃となると,ヒガンバナがあっちでもこっちでも見かける。その名のとおり,彼岸のころ田の畦などにいっぱい茎を出しその先端に赤い輪状の花を咲かせる。ヒガンバナは曼珠沙華(マンジュシャゲ)とも呼ばれ,古き時代に中国から渡来し日本全土に拡がったものだといわれている。今日の一枚はそんなヒガンバナとする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ツルボ

2008年09月20日 | 山野草

Turubo080920s 昨日は13号台風の接近で影響をうけるであろうとおもっていたが,はるか南方を通過したとのことで何ら変化もなかった。今日は朝から日差しが強く,日中の最高気温は30度を超えると報じている。朝の散歩は我が家周辺。道端のガンバナも次々と開き,日ごと賑やかになってきている。川土手にさしかかったところでツルボが群生しているのを見かけた。近くで観察してみる。実に見事な美しい花だ。しばらく見入っていた。今日の一枚は,そんなツルボ(蔓穂)とする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ニラ

2008年09月17日 | 山野草

Nira080917s ここのところ天気は日替わり。今日の空は厚い雲に覆われ梅雨時をおもいおこす蒸し暑さ。朝の散歩は平地コース。この時期となればあちこちでヒガンバナが咲いているのを見かける。も少しすると田圃の畦を真っ赤に染めるであろう。道端でニラが小さな白い花(花径は78ミリくらい)をいっぱいつけているのを見かけた。今日の一枚はニラとする。

8月下旬頃から道端や荒地で,花をいっぱいつけたニラをよく見かけるが,野性なのか,栽培されていたものが野生化したものかよくわからない。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

イヌホオズキ

2008年09月16日 | 山野草

Inuhozuki080916m昨日は雨が降ったり止んだりの悪天候だったが,今日は一転,朝から強い日差しの「真夏日」となった。朝の散歩は糸米川沿いを「兄弟山」(おとどいやま)方面へのコース。オトギリソウ,アキノノゲシ,キンミズヒキ,ヒヨドリバナ,ヤブラン,ヤブタバコなどのほか,道端でイヌホオズキが可憐な花をつけているのを見かけた。古き時代に雑草として渡来した「帰化植物」だとのことだが,6~7ミリくらいの小さな花をいっぱいつける。花が終わると黒い球形の実をつける。今日の一枚はそんなイヌホオズキ(ナス科)とする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

シラヤマギク

2008年09月13日 | 山野草

Shirayamagiku080913s  曇り空だが時折日ざしもあり朝から蒸し暑い。朝の散歩は久しぶりに21世紀の森周辺の山地へ。目的は「ツルリンドウ」だったが出会うことができなかった。山の斜面で花をいっぱいつけたシラヤマギクを見かけた。ここ付近にはシラヤマギクが非常に多く,これから当分の間楽しませてくれる。

  このほか,ヨメナをはじめヒヨドリバナ,紅白のゲンノショウコ,ネコハギ,マルバハギ,フユイチゴの花などに出あった。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アレチハナガサ

2008年09月12日 | 山野草

Aretihanagasa080912s 朝の散歩は我が家周辺。も少しで生後4ヶ月になる孫をベビーカーに乗せ,孫をあやしながらのデジカメ散歩である。先日から気になっていた植物が生えているところへ。草丈1メートルくらいの茎から枝分かれし,その先端に2ミリくらいの小さな小さな淡紫色の花をいっぱいつけている。・・・ネットでいろいろと調べてみたところアレチハナガサ(クマツヅラ科クマツヅラ属 )という植物だと判明した。よって,今日の一枚はアレチハナガサ(アレチハナガサ)とする。

Aretihanagasa08091201s もう一枚は,花の部分の拡大画像である。上画像か花の部分をトリミングしたものだが,こうして拡大してみると実に美しい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加