デジカメ散歩日記

自然は四季折々我々を楽しましてくれる。とりわけ散歩道の野草花や野鳥たちの姿を観ていると時間の経つのもわすれてしまう。

ソクシンラン

2013年05月31日 | デジカメ散歩

Sokushinran130531   朝早くは晴れ間も見え「梅雨の中休み」かなとおもったが,お昼頃には「梅雨空」にもどってしまった。

  そんななか今日の散歩は「兄弟山」(おとどいやま)周辺の山林道へ。相変わらずここは静か。聞こえてくるのは谷川の流れと野鳥たちの鳴き声だけ。ニガナやハナニガナ,ガクウツギなどがまだまだ健在であるほか,数は少ないものの,ここでもウツギが花をつけはじめているのを見かけた。奥へ奥へと歩をすすめていると,あちこちでソクシンランが茎をいっぱい伸ばし小さな花をいっぱいつけているのを見かけた。今日の一枚は過日に続きソクシンラン(束心蘭)とする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ユキノシタとホタルブクロ

2013年05月30日 | デジカメ散歩

Yukinoshita130530   昨日と同様かっきりしない天候である。空はまさに「梅雨空」なんとか雨も落ちてこず持ちこたえているようだ。そんななか,所要を済ませ「木戸公園」近辺を散策した。

  この時期,ユキノシタが花をつけているはずだと,谷川に降りてみると岩場のまわりに生えているユキノシタが花をつけているのを見かけた。これを今日の一枚とする。そして今日のもう一枚は,咲きはじめた土手に生えているホタルブクロとする。Hotarubukuro130530

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

木の花

2013年05月29日 | デジカメ散歩

Hainoki130529   ここのところ不安定な天候が続いている。過日,平年より随分早く「梅雨入りした」と報じている。一昨日から降りだした雨も今朝は上がったが空は厚い雲に覆われている。

  そんななか,通称「八丁峠」方面へjeepで出かける。山の斜面のあちこちで白い花をいっぱいつけてたウツギを見かけた。また,その側ではガクウツギも競うように咲いている。

  峠近くではヤマツツジやガマズミが健在であったほか,真っ白い小さな小さな花をいっぱいつけたハイノキを見かけた。遠くからはまるで雪をつけているかのように見えた。今日の一枚はそんなハイノキの花とする。そしてもう一枚は,山の斜面のあちこちで見かけたウツギとする。Utugi13529

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ギンリョウソウに出会う

2013年05月23日 | デジカメ散歩

Ginryousou130523s   今日も好天気で連続の「夏日」。そんななか朝の散歩に出かける。川土手を川下側におよそ1キロ余下った地点から田園地帯を経て,山地の集落(熊坂:くまさか)周辺を散策,我が家までのおよそ3キロ余コース。

  川土手では,マツヨイグサ,コバンソウの群生,スイカズラ,ウツボグサなどを見かけ,田園地帯では,アカバナユウゲショウ,プタナの群生などを見かけカメラに収めた。

Utubogusa130523s   山地の集落周辺では,ガクウツギ,ハナニガナ,ミズタビラコ,シソバタツナミ,トウバナの群生などを見かけ,カメラに収めた。そうしているうちに偶然ギンリョウソウ(腐生植物)を見つけた。その形は初秋にススキの根元などに生える「ナンバンギセル」に似ている。

  今日の一枚はそんなギンリョウソウとする。硝子細工のようだ。そしてもう一枚は川土手で見かけたウツボグサとし,さらにもう一枚は,山田の縁で見かけたトウバナの群生とする。Toubanagunsei130523s

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

タツナミソウやソクシンラン

2013年05月22日 | 山野草

Tatunamisou130522   ここのところ連日好天気で。しかも「夏日」の連続である。そんななか,所要を兼ねて朝の散歩に出かける。今日のコースは田園地帯を経て山地の集落(大山路:おおやまじ)周辺。

  今日も散歩道は賑やかで数多くの野草たをカメラに収めて帰った。ナワシロイチゴの可憐な花をはじめ,スイカズラ,テイカカズラ,ニガナ,ハナニガナ,ニワゼキショウ,アカバナユウゲショウ,クサフジ,ノイバラなどなど・・・。

Sokushinran130522   山地の集落にさしかかったところで,タツナミソウが十数株,青紫色の花をいっぱいつけているのを見かけた。今日の一枚はそんなタツナミソウ(シソ科) とする。日の当たる方向に顔を向けているその姿が可愛い。

  そのすぐ側では,ソクシンラン(ユリ科)が米粒ほどの小さな小さな白い花をいっぱいつけているのを見かけた。これを今日のもう一枚とする。加えてもう一枚は,またもやお気に入りのスイカズラとする。大きな口をあけ笑ったり,おしゃべりをしているように見えたりもする。Suikazura130522_2 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャケツイバラ

2013年05月21日 | デジカメ散歩

Jaketuibara130521   今日も好天気。しかも昨日同様,日中の最高気温が30度近くにもなると報じている。

  そんななか,朝の散歩は山地の集落(岩杖:いわつえ)周辺へ。ここは適度に日陰があり暑さがしのげていい。

  谷川の岸でジャケツイバラが゜咲いているのを見かけた。とても美しい花である。毎年ここでしか見かけない貴重な存在。今日の一枚はそんなジャケツイバラとする。

Kusaichigo130521   奥へ奥へと歩をすすめ,ナワシロイチゴの花,ニガナ,ハナニガナ,オオジシバリ,ガクウツギ,コガクウツギ,タツナミソウ,ハルジオンの群生,クサイチゴの実などをカメラに収めた。

  今日のもう一枚は,いまあちこちで見かけたクサイチゴの実とする。撮ったあとつまんで食ってみた。甘くて美味しく懐かしい味がした。そしてもう一枚は草地で見かけた「ハルジオンの花畑」とする。

Harujion1305231_2

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒナギキョウに・・・

2013年05月20日 | 山野草

Hinagikyou130520   昨日は一日中ぐずついた天候だったが,今日は一転,朝から晴れ渡っている。そんななか,所要を済ませ糸米・白石地区平地コースを歩いた。

   草地でニワゼキショウを撮っていると,そのすぐ近くでヒナギキョウが咲いているのを見かけた。

  カメラを構えると,そこへ小さな小さな虫が飛んできて花蜜を吸いはじめた。今日の一枚はそんなヒナギキョウとする。林にさしかかったところで早くもテイカカズラやスイカズラが花をつけはじめているのを見かけた。今日のもう一枚はスイカズラとする。

Suikazura130520

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

山ツツジ&ガクウツギ

2013年05月17日 | 山野草

Yamatutuji130517   所要を済ませ今日の散歩は午後となった。今日も好天気かつ「夏日」である。

   ヤマツツジやキンランとの出会いを求めジープで通称「八丁峠」方面へ。道中,真っ白い花をいっぱいつけたノイバラや黄色い可憐な花をいつぱいつけたニガナやハナニガナ,コウゾリナ,オオジシバリ,そして,白い小さな小さな花をつけたハタザオなどをカメラに収めた。

Gakuutugi130517   峠が近くなった地点で,朱色の花をいっぱいつけて山ツツジを見かけた。お見事である。まだ蕾ばかりの個体もあり,もうしばらくは楽しめそうだ。今日の一枚はそんな山ツツジとする。

  そしてもう一枚は,その近くで見かけたこれまた見事に白い花をいっぱいつけたガクウツギとする。山の斜面のあちこちで競うように咲いている。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

キンランみいつけた

2013年05月15日 | 山野草

Kinran130515   ここのところ連日好天気であるうえ今日も「夏日」である。朝の散歩は,我が家からおよそ1キロ余地点の「スポーツの森」周辺を散策後,山越えをし山地の集落を経て我が家までのおよそ3キロ余コース。

  草地ではカタバミ,ニワゼキショウ,アメリカフウロ,キツネアザミ,ニガナ,ハナニガナなどをカメラに収めた。林にさしかかったところでコガクウツギをあちこちで見かけたほか,エゴノキが可憐な花をいっぱいつけといるのを見かけた。

  「山越え」をし,山地の集落にさしかかるところの林の縁でキンランを見かけた。草丈20センチくらいの先端に鮮やかな黄色い花をつけている。

  図鑑によると「本州~九州に分布,山地や丘陵の林下に生える」とのこと。

  今日の一枚は,そんなキンランとする。そしてもう一枚は,林のあちこちで見かけたエゴノキの花とする。

Egonoki130515

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ナルコユリ&クサフジの群生

2013年05月14日 | 山野草

Narukoyuri130514   今日も好天気。そして昨日同様に少し歩いただけで汗ばむほどだ。今日の散歩は所要を兼ねて山地の集落(大山路:おおやまじ)周辺を散策した。

  まず目に入ったのは早くも咲きはじめたノイバラ。場所によってはいっぱい花をつけている個体も見かけた。次いで,ニガナの群生,アカバナユウゲショウ,ニワゼキショウ,ミヤコグサ,オオジシバリ,淡いピンクの花をいっぱいつけたモチツツジなどなど・・・。

Kusafujigunsei130514  林の縁では,長さが2センチくらいの筒状の花をぶら下げたナルコユリ(ユリ科/アマドコロ属)を見かけた。今日の一枚はこれらのうちナルコユリとする。

  そしてもう一枚は,畑の縁で見かけたクサフジの群生とする。特定の場所でし見かけないクサフジがこんなところで群生しているとは驚きである。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加