小説家、精神科医、空手家、浅野浩二のブログ

小説家、精神科医、空手家の浅野浩二が小説、医療、病気、文学論、日常の雑感について書きます。

日本国民は敬虔なクリスチャンなのだろう

2017-04-30 02:58:29 | Weblog
日本国民は敬虔なクリスチャンなのだろう。

そうとしか、考えられない。

安部政権の暴政。

安保法制の数の力での、強行採決。

全く説明せず、国会にも出席しない。

翌日には、平気でゴルフ。

特定秘密保護法、に、共謀罪(テロ等準備罪)

白痴女の高市の、電波停止(言論の自由の否定)、に、マイナンバー制。に、カジノ法案。

自民党に都合の悪い、やっかいな、森友問題は、早々と幕引き。

財務省の、交渉経過を書き留めた書類を「破棄した」、という、誰が見ても、明らかなウソ。

金田バカ法相の、狂ったバカ説明。



こんなひどい、暴政、独裁政治なのに、安部内閣の支持率は、50%を超える高さ。

僕には、この理由がわからない。

考えた結果、ようやく一つの結論に達した。



それは、日本国民が敬虔なクリスチャンなのだ、ということだ。

日本には、戦国時代の始め、イエズス会の、フランシスコ・ザビエル、によって、キリスト教が、もちこまれた。

それは、おもに、農民を中心に、瞬く間に、日本中に広まった。

当時の日本人は、踏み絵を踏まず、悪魔のような、残忍な拷問、処刑、を、されようとも、決して屈せず、キリスト教の、教えを守った。

その、日本人の、強い、信仰心が、今の日本人の心にも、脈々と生きているのだ。

そうとしか、考えられない。



キリストの弟子のペテロはキリストに、罪について、聞いている。

「主よ。罪を犯した人を、何回赦すべきでしょうか。七回までですか?」

キリストは答えた。

「あなたに言っておく。七回どころか七の七十倍までも赦しなさい」

(マタイ伝十八章)

日本国民は、まさに、この教えを実行して、人間のクズであっても、安倍晋三の暴政を許しているのだ。

日本国民は、立派だ。崇高な理想の持ち主だ。

僕など、日本国民の靴の紐を解く価値すらない、つまらない人間だ。

反省しなくては。

この記事をはてなブックマークに追加

デモは本質的にテロと変わりない(石破茂の発言)

2017-04-29 23:05:39 | Weblog
「デモは本質的にテロと変わりない」 ←石破茂の本音の発言。

なら、一般民間人だって、共謀罪(テロ等準備罪)の対象になるじゃねーかよ。

共謀罪(テロ等準備罪)を、通したいなら、石破茂は議員辞職すべきだ。




僕は、松田優作が好きだが。松田優作が中村雅俊とコンビを組んだ、「俺たちの勲章」、という刑事もの、だけが、好きである。

あの、松田優作は最高にかっこよかった。

その第一話では。

中野刑事(松田優作)、が、ある集団によって、あるスケート場が、おそわれる、という、情報を入手する。

それで、そのスケート場に、隠れている。

そして、その集団が、スケート場をおそい始めた瞬間に、松田優作が、犯人逮捕に、踏み切って、飛び出す。

のである。

あれは、ドラマだが、あれが、当たり前、なのである。



今の日本を見てみなさい。

コンビニ、ビル、エスカレーター、駅、アパート、ゴミ置き場、等、ありとあらゆる所に、隠しカメラが設置されている。

もう日本は、監視社会になってしまっている。

日本での、犯罪は、極めて困難なのである。

日本は、治安がいい、と言われている。検挙率が高い。そのため、外国人は、日本を、安全な旅行先と思っているのである。もっとも冤罪も高いが。

だから、犯罪を計画して、犯罪の準備をしても、「やっぱり、警察に、つかまりそうだから、犯罪をやめよう」、と、思って、やめた、人や集団など、無数にいる。

共謀罪(テロ等準備罪)が成立してしまうと、結局は、最終的な決断で犯罪をふみとどまった人や集団が、犯罪者にされてしまう。

この記事をはてなブックマークに追加

本田宗一郎の考えに対する異論

2017-04-28 23:28:32 | Weblog
本田宗一郎の考えに対する異論。

僕が、本田宗一郎、の、「スピードに生きる」、という本を読んだのは、小学校5年の時である。

「スピードに生きる」、は、絶版になっているかと思ったら、別の出版社から、今でも出版されていた。

絶版にならず、出版されている、ということは、「売れる可能性」、があるからである。

ちなみに、石坂洋二郎の「青い山脈」、は、絶版である。

夏目漱石の、「坊ちゃん」、より、面白いと思うのだが、売れない本は、絶版になるのである。



「スピードに生きる」、を読んだ時は、本田宗一郎を、何て、面白い、感性の人なんだろう、と思った。

僕も、オートバイが好きだから、(乗るのも、作るのも)、本田宗一郎の、心は、わかるし、共感するのである。

(作るのも)、と言ったが、僕は、オートバイを作ったことは、ない。

ただ、オートバイの、機能的な構造には、興味があって、知っていた。

中学三年の時、大船駅の自転車、原付、置き場で、明らかに、ボロボロで、乗り捨ててあるのが、あったので、家にもって帰った。

スーパーカブである。

配線をいじっているうちに、エンジンがかかった。

この時は、嬉しかった。

ガソリンスタンドで、ガソリンを、買ってきて、夜中に、乗りまわした。

もちろん、中三だから、無免許運転である。

心地いい、ガソリンの匂い、風を切って走る、爽快感。

など、本田宗一郎の、感覚は、僕には、全て、わかるのである。

「スピードに生きる」、では、本田宗一郎は、何て、面白い、ユーモラスな考えをする人だろうと、面白すぎた。

その時は、本田宗一郎の、考えに、完全共感していた。



しかし、大人になって、You-Tubeを、見るようになって、本田宗一郎の、考えに、共感できなくなってきた。

本田宗一郎は、現行教育を完全否定している。

「人間は、何か、これだけは、誰にも負けない、という得意なものが、あれば、教育は、それでいい」

と言っている。

確かに、本田の言うことにも、正しい面はある。

作曲家とか、漫画家とか、要するに、芸術家には、数学の知識なんて、ゼロでも、いい。

英語、数学、理科、社会、国語、すべてを、全部、出来なければ、進学できない、というのは、間違っている、と、本田は言っている。

それは、確かに、そうだが。



本田宗一郎の、考えの間違い。

それは、本田宗一郎が、物を作る、アイデアの能力が、優れている、特殊な人間である、ということである。

世間の、ほとんどの、普通の子供、は、何か、一つ、突出した能力を、もっている子なんて、まず、いない。

みんな、勉強嫌いで、遊ぶのが、好きな子供が、99%、である。

子供の頃から、音楽の作曲だけは、得意、なんて、子供は、一万人に一人もいない。

しかし、一万人に、一人くらいは、いるだろう。

その程度である。

それは、何事でも、そうである。

だから、子供に、「一つでいいから、自分の得意なものを、示せ。そうすれば、他の勉強は、しなくてもいい」、という教育方針にしたら、どうなるだろう。

誰も、そんなことは、出来ない。

まあ、子供は、遊ぶのが、好きだから、自分の好きなスポーツを、「得意なことと」、として、そのスポーツだけ、やることになるだろう。

そうしたら、人間は、全員が、スポーツ選手になってしまう。

まあ、職業として、通用するほど、の、レベルになる子供も、まず、いない。

だから、教育は、英語、数学、理科、社会、国語、すべてを、学ばせる、というのは、悪くない、というか、仕方がない、というか、それ以外の方法がないのである。

それが、理由の一つ。



もう一つの理由は。

自分の、得意で、好きな、こと、だけ、出来ればいい、という、教育にしたら、どうなるだろう?

自分の好きなことは、やるが、自分の嫌いなことは、やらない、という、好き勝手な、忍耐力のない、人間を作ってしまう。

数学が社会に出ても、役に立たないから、といって、数学を、廃止したら、どうなるか?

嫌いなことでも、我慢してやる、というのは、子供に、嫌いなこと、自分の苦手なこと、でも、我慢してやる、という、精神を鍛えることになると思う。

それに、小学校から、高校までの、勉強というのは、決して、「学問」、なんて代物ではない。

「学問」、とは、無限の世界であり、高校までの、勉強は、無限の、学問、の、ほんの、さわり、にしか、過ぎない。

そんな、程度、の、お勉強、さえ、嫌いだから、イヤだ、やらなくてもいい、としたら、どうなるだろうか?

社会に出た時、困難なことにあったら、それで、もう、おしまい、の、忍耐力のない、ダメ人間になってしまう、だろう。



本田宗一郎だって、嫌いな勉強も我慢して、高校や大学に進学して、物理学、化学、工学、など、を学んでいたら、ピストンリングの開発だって、ずっと、要領よく、出来ただろう。

経営学にしたって、そうである。

たまたま、本田技研は、藤沢武夫、という、経営の優れた人間が、来てくれたから、本田技研は、潰れないで、すんだのであり、藤沢武夫がいなかったら、本田技研は、今、存在しないかも、しれない。

その可能性は、十分にある。



「好きなことだけやればよく、嫌いな事は、やらなくてもいい」

という、教育にしたら、どうなるか?

結果は明らかである。

日本の現実が示している。

トップアスリートだの、プロスポーツ選手だのは、たとえば、プロ野球選手から、プロ野球を、とったら、何も残らない。

新しいことに挑戦する、経験、訓練、をしていないから、トライアウトされたら、コンビニ店員である。

あとは、オリンピックの金メダリスト、という、肩書き、に、しがみついての、芸能界での、ゲタゲタ、お笑い人生である。



浅田真央にしても。

「十で神童、十五で才子、二十六過ぎれば只の人」

である。

浅田真央に限らず、スポーツ選手は、現役引退した時点で過去の人となる。のである。

そんな失礼な、と言う人は、己を欺いている。

人間は、絶えず、新しいもの、を、求めている。

今日、プロ野球の試合があれば、誰でも、その試合を観るのであって、現役引退した選手の、過去の名試合など、見ない。のである。

この記事をはてなブックマークに追加

今村雅弘

2017-04-27 18:23:18 | Weblog
「大震災が東北で良かった」、発言。

これは、心の中で、感じてしまうことは仕方ない。

(暑い日に、暑いと感じるな)、とか、(寒い日に寒いと感じるな)、(ブスを見ても美人だと思え)なんて、無茶なことだ。

確かに、政治や、出版、情報発信、企業、などの集中している、東京。

何事にも、都市と地方の格差の大きい日本である。

政治の司令塔の場所である、東京が、地震や、津波にあったら、政治が、停滞してしまう。

大震災の起こる場所の比較論としては、僕も、そう、感じてしまう。

東北の被災した人には、すまないが。

しかし、公人、しかも、復興大臣という立場で、そんなことを、平気で発言してしまう、感覚に、あきれる。

まあ。謝罪しているだけ、以前の、松本龍よりは、マシだと思うが。

今村雅弘も、東大出だが、東大出てても、バカは、やっぱり、バカなんだな。

この記事をはてなブックマークに追加

良心をもっているヤツ(自民党議員)は自民党を離党する

2017-04-27 17:37:19 | Weblog
あったりまえ、のことだけどね。

「良心をもっているヤツ(自民党議員)は自民党を離党する」

のである。

石原慎太郎は、良心をもっていたから、1995年(平成7年)、自民党をやめ、議員辞職した。

そして、「NOと言える日本」、を、当時の、ソニーの会長である盛田昭夫と、共同出版した。

石原慎太郎は、「NOと言える日本」、で、日米安全保障条約をやめ、日本の自主独立を訴えている。



今の自民党議員に良心をもっているヤツなど、一人も、おらず、自分の、社会的地位を失いたくないから、辞めないのである。

僕は、右だの左だのの、イデオロギーなどに、こだわらない。

石原慎太郎氏を、極右などと、言う人もいるけど、僕は違う。

「ウソをつかない」、「悪いことを、悪いと言う」、など、人間として、当たり前の道徳観をもって、実行する人間だけを、立派だと思う。だけである。



仙石由人が、「自衛隊は暴力組織」と、言って、(てめえの、見せかけの、正義感をアピールするために)、仙石由人を厳しく批判した、クズ女、丸川珠代よ。

てめえに聞きたい。

「安保法制は憲法違反じやねえのかよ」

「自民党こそ、とんでもない暴力装置じゃねえか」

自民党推薦の、弁護士の数人でさえ、「安保法制は憲法違反」、と言ったじゃねーか。

全く説明せず、国会にも出席せず、自民党に都合の悪い、やっかいな、森友問題は、早々と幕引き。

数の力での、強行採決。

翌日には、平気でゴルフ。

特定秘密保護法、に、共謀罪(テロ等準備罪)

白痴女の高市の、電波停止(言論の自由の否定)、に、マイナンバー制。に、カジノ法案。

こんな政治を、良いと本気で思ってるのかよ。

自民党議員は、全員、偽善者、いがいの何物でもない。

人間のクズである。




悪を仕方ないと受け入れる人は、悪の一部となる。悪に抵抗しない人は、実は悪に協力しているのだ。

最大の悲劇は、悪人の圧制や残酷さではなく、善人の沈黙である。

問題になっていることに沈黙するようになったとき、我々の命は終わりに向かい始める。

人は「発言する」ことにのみならず、「発言しない」ということにも責任を持たなければならない。

ほとんどいつも、創造的でひたむきな少数派が世界をより良いものにしてきた。

人間はだれでも、創造的な利他主義という光の道を歩むのか、それとも破壊的な利己主義という闇の道を歩むのか決断しなければならない。

「目には目を」という古い法を守っていたら、世の中の人々はみんな目が見えなくなってしまう。

おそらく人生で最も罪深いことは、正しいことだと知りつつそうしないことだ。

悪を仕方ないと受け入れる人は、悪の一部となる。悪に抵抗しない人は、実は悪に協力しているのだ。

黙って服従することは、しばしば安易な道ではあるが、決して道徳的な道ではないのだ。それは臆病者の道なのだ。

(マーチン・ルーサー・キング)

この記事をはてなブックマークに追加

僕は地の塩なのだろう

2017-04-26 02:00:48 | Weblog
こう言うと僭越だが。

僕は地の塩なのだろう。

「地の塩」、と言っても、世間の人には、何のことだか、わからないだろう。

「地の塩」、とは、聖書の中の、言葉である。

You are the salt of the earth, but if the salt has lost its flavor, with what will it be salted?

(汝らは地の塩なり、塩もし効力を失わば、何をもてか之に塩すべき)

「マタイ伝、第五章十三節」

僕は、クリスチャンでは、さらさらない。

キリスト教徒になる気も、さらさらない。

完全な無神論者である。

しかし、大学時代、一回だけ、マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ、の四つの福音書を読んで、一回、読んだだけで、全てを覚えてしまった。

あたかも、乾いた砂が水を吸収するように。

そして、それは、一生、忘れることはない。

この記事をはてなブックマークに追加

谷垣禎一

2017-04-25 23:25:23 | Weblog
安倍首相も、安部内閣の大臣も、ロクなヤツがいない。

大臣の選任が悪い。

大臣は、安部首相、自身が行っている、というより、人事のことは、幹事長に一任して、幹事長が行っているのだろう。

幹事長が、ロクでもない人事をしている。のだろう。

もちろん、僕は、自民党議員は、嫌いだが、谷垣禎一氏、は、嫌いではなかった。

谷垣氏は、失言が一回もなかった。

石破は、論理的と、詭弁がまざっている。

「デモは本質的にテロと変わりない」、などと、ポロリと本音をもらしてしまう、こともある。

谷垣氏が、ロードバイクで、頸髄損傷し、(おそらく)、政界復帰できなくなったことは、自民党にとっても、日本の政治にとっても、大変、大きな、損失である。



安部晋三だの、菅、だの、麻生だの、高村だの、石破だの、石原伸晃だの、丸川珠代だの、その他大勢の、ザコ議員ども、には、良心のカケラも感じないが、谷垣禎一氏には、辺野古の埋め立て、に、対しては、(沖縄の皆さん、すまない、が、日本の防衛上、どうしても仕方ないのです)、という、心痛を、感じる心があるように、見受けられるからだ。

人間なんて、少し、その人の、話しぶり、態度、表情、などから、90%、くらいは、その人の、性格は、わかるものである。

大学入試の面接は、数分で、その人の、性格を知れる、から、しているのである。

この記事をはてなブックマークに追加

藤本那菜

2017-04-24 23:05:11 | Weblog
アイスホッケーのゴールキーパーの、藤本那菜さん。

かわいい。美しい。

世界一の美女と言えよう。

全ての、トップアスリートが持っている、スポーツの、バカげた、精神主義、事大主義、を、持っていない所に魅力がある。

「応援よろしく」、と、言わないのが、さらに良い。

僕は、「応援よろしく」、と言っている、トップアスリートや、プロスポーツ選手には、全く興味が無い。

この記事をはてなブックマークに追加

天皇や愛国心などは、お神輿を担ぐ心地よさに過ぎない

2017-04-24 10:30:35 | Weblog
天皇や愛国心などは、お神輿を担ぐ心地よさに過ぎない。

あの、ほんわかした、雰囲気。

日本国民の、ほとんどは、自分を欺いている、ことにすら、気づいていない。



天皇制に関しては、与党議員、野党議員、内閣、や、チャンネル桜、の方が、真剣に考えている。

まあ、仕事だから当然だが。

この記事をはてなブックマークに追加

一般民間人と暴力団やテロ集団の区別など出来ない(共謀罪)

2017-04-22 20:38:24 | Weblog
一般民間人と暴力団やテロ集団の区別など出来ない。

安倍内閣は、「共謀罪(テロ等準備罪)」、は、暴力団やテロ集団にのみ、あてはまるが、民間人には、あてはまらない、などと言っているが、これは、完全に狂っている。

一般民間人と暴力団やテロ集団の区別など出来ない。のである。

一般民間人が、テロ集団になることもあれば、テロ集団が、一般民間人になることもあるのである。

誰が一般民間人で、誰は、テロ集団員、などのような、きれいな区別、線引き、など、ないし、出来ないのである。

あるのなら、それを、ちゃんと示せ。

ヤクザだって、足を洗う人もいる。

また。テロ集団員の、妻、親、兄弟、従兄弟、友人、子供、が、テロ行為に協力することだってありうる。

暴走族、右翼団体、総会屋、芸能界、などでは、暴力団まがいの、ことを、必要な時に、したと思ったら、次の日には、一般民間人になったりと、区別など出来ない人間がいるのである。

文学で言うならば。

芥川龍之介の、「羅生門」、や、「偸盗」、を、読んでみなさい。

安倍晋三は無学すぎる。

人間は、「慣れ」、によって、どんな凶悪犯罪でも、出来るようになってしまう、可能性を、誰でも、もっているのである。

(立派な検察官になることを目指して、司法試験に通った、善良な人間も、検察官になると、恫喝的取り調べをするようになるのである)

人間の心には、「善」、と、「悪」、の両方があって、TPOによって、誰でも、善人にも成り得るし、悪人にも成り得る、のである。

人間の皮の、ランプシェードを作ったのは、ナチスの、特に、先天的な性悪な人間ではないのである。

人間は、誰でも、人間の皮のランプシェードを作る可能性をもっているのである。

韓国国民など、(法律が許せば)、パク・クネ大統領の、ランプシェードを、平気で作るだろう。

サリンを製造したり、撒いたりした、オウム真理教の、幹部たちは、みな、人のいい善良な一般市民だったのである。

この記事をはてなブックマークに追加

保守派は思想的にカラッポの人間である

2017-04-22 14:18:37 | Weblog
保守は思想的にカラッポの人間である。

彼らは、思想、理想、哲学、信念、宗教、など、精神的なものが、全く無い人間である。

なので、そういう書物は、当然、読まない。

ただただ、物理的、物質的に、日本の安全が、保証されればいい、と思っている、人間ばかりである。

この記事をはてなブックマークに追加

男は絶対、密室で女と二人きりになってはいけません

2017-04-22 13:33:04 | Weblog
「男は絶対、密室で女と二人きりになってはいけません」

これは、日本では、当たり前のことである。

女に、痴漢された、と言われたら、男の人生は、もう、それで、おしまい、だからである。

職業も、友人も、住居も、収入も、全てなくなり、人生、おしまいになる。からである。

だって。

女に、「痴漢された」、と言われたら、警察は、女の発言を全面的に信じるからである。

警察には、立証責任などなく、被疑者である男が、法外な金を弁護士に払い、気の遠くなるような長い時間をかけて、自分の、無実を、「立証」、しなくてはならないのだから。

だから。

「男は絶対、密室で女と二人きりになってはいけません」

ということは、小学校の、「道徳」、で、しっかりと教えなくてはならない。

文部省は、ちゃんと、このことを、実行する責任がある。

この記事をはてなブックマークに追加

「などと・・・言っている」という言い方はおかしい

2017-04-22 12:37:29 | Weblog
テレビや、記事のニュースで、いい事、悪いこと、関係なく、全ての人の、全ての発言(天皇も含む)、で、「などと・・・言っている」、という、言い方をしているが、僕は、これに違和感を感じる。

陛下の発言の場合には、「「などと・・・仰っておられる」、ではあるが。

「などと・・・言っている」、という言い方は、ニュアンス的に、僕には、悪い人、や、容疑者の発言の場合に使うべき言葉と、僕には感じる。

単に、「と・・・言っている」、か、あるいは、「等々・・・と言っている」、と言った方が、ニュアンス的に、ふさわしいように、僕には感じられる。

他にも、良い、言い方はあるだろうが。

この記事をはてなブックマークに追加

共謀罪のキチガイさ

2017-04-21 22:21:56 | Weblog
共謀罪のキチガイさ。

天才柔道家の、木村政彦は、すごい負けず嫌いで、著書、「わが柔道」、の中で書いているのだが、試合に負けて、口惜しくて、出刃包丁をもって、負けた相手の家の前まで、夜中、走って行って、相手を殺そうとまで、思ったことが、ある、が、やはり、人道に反すること、犯罪は、してはならない、と、自分に言い聞かせ、ぐっと、我慢して、家に帰った、ことが、ある、と、書いている。

結果、人を殺していないのだから、木村政彦は、犯罪者にならずにすんだ。

↑それが、当たり前である。

しかし。「共謀罪(テロ等準備罪)」、が、成立してしまうと、出刃包丁をもって、相手の家に向かう途中に、警察官に職務質問されたら、犯罪者に100%、されてしまう。

現在の、日本の警察に、どんな言い訳をしても、通用しない。

それが、「共謀罪(テロ等準備罪)」、というものである。



もちろん、安部晋三も自民党議員も、全員、気が狂っている。

犯罪を犯さない可能性のある人間を、犯罪者にしようと計画している、安部晋三や自民党議員全員こそが、「共謀罪(テロ等準備罪)」、で逮捕されるべきなのは当然である。



木村政彦が、柔道の試合で、相手の卑怯な攻撃に、腹を立てて、出刃包丁をもって、相手の家に行ったのは、怒り、が、我慢できなかった、ため、欲求不満の解消のための行為、だっただろう。

柔道の試合で負けたからからといって、相手を本気で殺そうと思っていた、とは、とても、思えない。

しかし、そんなこと警察に言っても、証拠がないから、信じてもらえない。

この記事をはてなブックマークに追加

おおたわ史絵

2017-04-19 20:20:14 | Weblog
おおたわ史絵、という女医、の書いた、「女医の花道」、という本を読む。

この記事をはてなブックマークに追加