小説家、精神科医、空手家、浅野浩二のブログ

小説家、精神科医、空手家の浅野浩二が小説、医療、病気、文学論、日常の雑感について書きます。

大晦日

2011-12-31 18:33:50 | Weblog
今年、書いた小説は。

卍(まんじ)    (3月13日)原稿用紙277枚
三島由紀夫     (6月17日)原稿用紙82枚
大磯ロングビーチ物語(10月11日)原稿用紙147枚
王女と道化師    (10月25日)原稿用紙79枚
少年と或る女    (11月22日)原稿用紙234枚
催眠術       (12月24日)原稿用紙129枚

の6作である。
合計277+82+147+79++234+129=948枚。である。
月平均にすると、948/12=79枚である。
といっても、スランプや不眠で、三週間くらい、全く書けない時もあるし、途中まで書いて、その先のストーリーをどうするか考えて、書けない日が一週間つづいたりすることも、しょっちゅう、あるわりには、結構、書いている。と言うべきだろう。
あと、ロクでもない雑文のブログは、枚数は数えてないけど、小説と違ってブログは、肩の力を全く入れずに書いているので、かなりの枚数、書いているだろう。大体、小説より多いだろうから、ブログは、原稿用紙で、1000枚以上から2000枚くらい書いているだろう。ブログには、ふざけているのもあるが、私なりに真面目に考察して書いている考察文も結構、多い。

本は何冊読んだか、数えてないが、100冊以上は読んでいるだろう。
今年は春から夏にかけて体調が悪く、健康に危機感を感じて、ダイエットして運動した。そのおかげで生活習慣が良くなって健康になった。バッティングセンターで、一日、最低一回は打つのが習慣になって、打てるようになった。これも健康のためである。そして、野球に関心を持てるようになった。そのくらいである。来年も、もちろん頑張るつもりである。私は人生を長期的には考えていない。一年、一年が勝負である。小説を書いていれば嬉しいし、小説が書けなくなると、うつ病になってくる。ので小説は死ぬまで書き続けることになるだろう。もはや学生時代に書いていたようなショートショートの掌編は書けなくなってしまった。最低、100枚は書かないと、小説は書けなくなってしまった。

この記事をはてなブックマークに追加

医療ドラマ

2011-12-31 01:54:39 | Weblog
とうとう今年も大晦日になってしまった。

昨日の「頭脳王」のつづき。

さて知識があれば、面白い小説やドラマが書けるか、というとこれは別問題である。むしろ、かえって専門家は自分の専門のお話は作りにくいのである。たとえば面白い推理小説を書ける刑事がいるであろうか。医療ドラマはたくさんあるが、私は医療ドラマをたまに見ると、「現実は、こんなんじゃない。こんなんじゃない」という違和感を感じて仕方がない。それは私が現実の手術や医療を見てきているからである。そもそも、若い人は病気になりにくいから、入院してくるほとんどの患者は、おじいさん、おばあさんである。ドラマのように美人でもハンサムでもない。手術にしたって、ドラマでは、酸素マスクをして手術しているが、大きな手術なら、全身麻酔だから、気管に挿管しての呼吸管理である。尿の管理もしなくてはならないから、カテーテルを尿道に挿入しなければ出来ない。手術なんて決して格好いいものではない。癌とかで放射線治療すると、その副作用で、髪の毛が抜けて丸坊主になってしまう。膠原病ではステロイドを多量に投与するから(しないと腎不全で死んでしまう)美しい顔の女性が、ムーンフェイスというステロイド特有の丸顔になってしまう。決して美しい悲劇のヒロインのドラマチックな美しい悲しい死などない。医者や手術している姿だって、決して格好いいものではない。現実を知るとかえって、書きにくくなってしまうのである。医療ドラマを書いている脚本家は、医療の専門家ではない。専門家だとかえって書きにくくなってしまう。脚本家は、面白いお話を作る才能のある人でなくては書けないのである。現実を知ると、夢がなくなってしまうのである。ただ面白いストーリーを思いつける脚本家は、医療に関しては素人である。だから、心電図とか、病気と、その治療とか、医療の専門的な細かいことは、わからない。だから専門家である医者の役割は、監修者である。
そもそも漫画や小説やドラマというのは、デタラメであるべきなのである。現実家になるほど、面白いお話は作れなくなる。手塚治虫は、医者でありながら、ブラックジャックという面白い医療漫画を描いた。よくもまあ、かりにも医学部を卒業しながら、しかも医学博士でありながら、医学的には、あんなデタラメな作品を堂々と書けたものだと感心する。氏は根っからの漫画家であるから、医学的にデタラメなことを書くのに、ほとんど抵抗を感じないのだろう。私だって、医療小説を書こうと思えば、書く自信はある。いかに現実にとらわれないか、ということは、常に意識していることである。小説やドラマは、読者や視聴者が、見て抵抗がなければ、それでいいのである。読んだり見たりする人は、医療の専門家ではないのだから。ただ専門家に見られると、ケチをつけられそうなのが怖い、というのはある。もっとも私は、手前味噌が嫌なので、医療小説は生理的に書く気がしないのである。

この記事をはてなブックマークに追加

頭脳王

2011-12-30 22:32:40 | Weblog
テレビで、日本で最高の天才、秀才たちの頭脳王、というような、難問の知識や頭脳を競う番組をやっていた。東大医学部の学生や京大医学部の学生や、東大法学部主席卒業の弁護士や偏差値80以上の高校生とか、が出ていた。以前、高校生の秀才達の同じようなクイズ王を見たことがある。見ている芸能人は、「すごい」「すごい」と賛辞してばかりいた。

私の感想。「別にすごいとは思わない」である。ただ、そう言うお前は、あの難しいクイズが解けるのか、と言われたら、答えられない方が圧倒的に多い。というより、ほとんど答えられない。だが、なかには、答えられる問題もあったが。彼らのモチベーションは何か、といったら、まさかクイズで優勝するためでもあるまい。高校生のクイズの時は、クイズに答えるために、知識を詰め込んできたという人が多かったように思うが。私がみうける所、彼らは、記憶力がいい。記憶をつかさどる海馬、側頭葉が先天的に発達しているのであろう。それと、物事に対する好奇心である。何事にも理論、理屈がある。それがわかると面白い。だから何事に対しても興味を持つのである。私が医学部の時には、そういう人はいなかった。というか、見受けなかった。奈良県立医科大学は、大阪大学医学部を落ちて、第二志望で入ってきた人もいるから、私は秀才は数多く見ている。自由学園の時の同級生で二人、この手の人(何事に対しても好奇心旺盛な人)が二人いた。しかし二人とも、ぱっとしない仕事をしている。知識は、何事かをなすための手段、道具である。物事に対する好奇心の欲求にまかせて、ハマッてしまうと、宝の持ち腐れとなってしまう。秀才や天才といえども、社会人になれば、医学なら医学、数学なら数学と、自分の専門を一つの分野の絞らなくてはならない。何でも知ってる屋、なんて職業は無い。まあ、知識が多ければ多いほどいいにこしたことはないが。知識が多くて、それが、そのまま仕事に役立つ仕事は、といえば、それは小説家、や作家だろう。

私も、大学の時、文芸部の友達で、秀才がいたが、(いまだに年賀状をやりとりしているのは、彼一人である)彼は、大変な読書家で、「もうこの世に読む本なくなったー」とわめいていたが。彼は、知識量が多く、また教養も洗練されたものばかりだが。しかし彼は、頭脳王の人達と違って、芸能界とか俗っぽいことには、興味を持っていない。私も、俗っぽいことには興味がない。ので、あまり知らない。

ずっと以前、シナリオ教室に10回出たことがあるが、ある生徒が、「刑事ドラマを書きたいけれど、刑事や警察の捜査の仕方を知るには、どうすればいいんですか?」と先生に質問した。先生は、「それは、自分で調べるしかないですよ」と言った。ただその後に一言、「調べるのが面白くなって、それにハマッてしまってシナリオが書けなくならないように」と皮肉っぽく言っていた。

小説を書くためには、そのための勉強として、小説を読むのは有効なことである。しかし注意が必要である。読む面白さにハマッてしまうと、小説家ではなく文芸評論家になってしまう。そうやって小説家を志したのに、結局は読書家で終わってしまった人は数多くいるだろう。芥川龍之介は、厖大に知的好奇心から読んだが、小説家になった。しかし正宗白鳥は教養人として文芸評論家になった。

もう一つ。ゲーテが言っているように、「人間は知らないことだけが役に立つのであって、知ってしまったことは、何の役にも立たない」という面がある。だから、あえて知ろうとしない、という変な事も必要な場合もあるのである。「魅力は不可知にあり」である。宗教の信者は、宗教にわからない所があるから、そこに魅力を感じて、信じているのである。私のように宗教の原理を全て理解できる人間にとっては、宗教は何の魅力も無い単なるしらけた事実になってしまうだけである。

私は、医学部を卒業して、何を専門にするか、という時点で、産婦人科は絶対、やらないと決めていた。なぜって、私は小説で女を描きたいから、産婦人科医になんかなったら、女を描けなくなってしまうと思っていたからだ。渡辺淳一も自伝「白夜」で、そういう心境を書いている。

この記事をはてなブックマークに追加

点と線

2011-12-30 10:20:55 | Weblog
点と線、といっても松本清張の小説のことではない。バッティングのことである。青木宣親選手は、バッティングは、面で打つ、といっている。つまり、ボールのラインに合わせてスイングすると言っている。こうすれば、打点が少し前後しても、バットにボールが当たってくれる。(ちなみに私はバッティングセンターで、面で打っている)一方、内川聖一選手は、そうではない。彼は、バッティング理論の基本である、ダウンスイングで打っている。そして打てる。どちらかというと、青木宣親選手の面で打つ、という方法の方が、新しいような感じがする。内川選手は、この違いについて、左バッターは面で打った方がいいが、右バッターは点で打った方がいい、と言っている。が、これには疑問を感じる。バッティングには右も左も、関係ないはずだ。ちょっと内川選手は、単純というか、いい加減な所が見受けられるように感じるのだが、もっともそれが、神経質にならない、いい性格でもあると思うのだが。その説明はちょっと雑だと思う。

私はこう思う。つまり内川選手は、ヒットメーカーであり、打率が高い。内川選手は、どんなコースの、どんな変化球でも、打てるし、打っている。面で打つのは、ストレートに対して効果的だと思うのである。バッティングセンターのボールはストレートしかこない。しかし変化球に対しては、面で打とうとすると、かえって打てないだろう。変化球に対しては、当たる瞬間の点をとらえられるか、どうかが勝負だろう。だから、内川選手のように、どんな球でも打つタイプのバッターは、点で打った方が打てるのだろう。青木選手の、面で打つというのは、ストレートに対しては、有効だが、変化球に対しては、どうなのだろうか。変化球も面で打つ、ということが出来るのだろうか。

この記事をはてなブックマークに追加

痒い

2011-12-29 22:15:33 | Weblog
皮膚が乾燥して痒い。これは、子供の頃からのアレルギー、アトピーで、子供の頃は、膝の裏が痒くて痒くて、いつも掻いていた。今年は、特に痒い。アレルギーとは、やっかいな病気である。

この記事をはてなブックマークに追加

居合い。剣道

2011-12-27 09:43:15 | Weblog
一週間前に、たまたま体育館で居合い、をやっていたので、教えてもらった。居合いにさほど興味はなかったが、やってみると面白い。空手の型のような、いや空手の型より、もっと研ぎ澄まされた精神状態になる。またやってみたくなった。剣道や、刀の振り方にも、技術があるのは当然である。しかし、その技術の巧拙を見抜くのは難しい。達人の振り方も初心者の振り方も(少なくとも私には)見分くことは出来ない。テニスやバッティングなら、巧拙の度合いを見抜くことは簡単である。テニスなら、下手ならラリーが続かないし、速い球が打てないし、フォームだけを見ても、かなりわかる。それはバッティングでも同じである。南郷継正氏は、剣道は武器があるから簡単、というようなことを言っている。しかし、それは違う。わかりやすい例がある。それは、素振りだけを見ていると、技の巧拙は見抜きにくい。しかし、You-Tubeで見たのだが、真剣で試し切りをしているのがある。リンゴやスイカなど、色々な物をスパッと見事に切っている。切られた物は、落っこちず、切れ目だけが入れられている。すごい。はたして初心者に、ああいうことが出来るだろうか。おそらく出来まい。正確に果物の真ん中を切るコントロールも難しいだろうし、スピードが遅かったり、刀が真っ直ぐに入らなかったら、果物を落とさずに、切れ目だけを入れるということは、出来ないだろう。さらに、斬る時に、達人は、刀を振る動作が、どっしりとしているから、体がぐらつくこともないだろう。そもそも私は木刀を使ったが、真剣なら、かなり重いだろう。二時間、木刀を振っただけで、脚と腕がすごく疲れてしまった。だから剣道や、居合い、は決して簡単な技ではない。長い期間の訓練が必要だろう。見た目だけから見ると、技の巧拙がわかりにくい運動というものもある。それだけを見て、「技の巧拙などたいして無い」とみなすべきではない。確かにテレビの時代劇のチャンバラのシーンを見ると、素人の俳優が格好良く刀を振り回している。しかし、あの刀は、極めて軽いだろう。だから簡単に振り回すことが出来るのである。しかし実際の刀は、そうとう重い。素人が刀を三十分、振り回したら、腰がガクガクになって、ヘトヘトに疲れてしまうだろう。剣道の達人は、長い時間、刀を振り回しても、体勢が崩れることもないし、振り方が乱れることもないだろう。もしかすると、一回だけの刀の一振りだけなら、素人も達人も、あまり違いは無いのかもしれない。(しかし、それも、やはりバッティングと同じで、達人の振り方は腰の力を使った合理的な振り方たとも思うが)これはヌンチャクで言えることである。ヌンチャクを振り回せるようになるのは、そう難しくはない。素人でも少し、練習すれば、上手く振り回せるようになる。だからといって、ヌンチャクが簡単とはいえない。ブルース・リーの影響によって、ヌンチャクは攻撃の道具と思われるようになってしまったが、確かに、攻撃に使うこともあるが、空手のヌンチャクは、敵が棒で攻撃してきた時、それを防ぐ、防御の道具として使うことが多い。防御して反撃する。これを実戦で自在に使えるようになるには、かなりの期間の訓練が必要である。

この記事をはてなブックマークに追加

催眠術

2011-12-25 22:11:38 | Weblog
「催眠術」

という小説を書きました。

ホームページにアップしましたので、よろしかったらご覧ください。

(原稿用紙換算126枚)

この記事をはてなブックマークに追加

今日はクリスマス・イブ

2011-12-24 19:33:32 | Weblog
今日はクリスマス・イブ。

この記事をはてなブックマークに追加

今日は天皇誕生日

2011-12-23 10:32:52 | Weblog
今日は天皇陛下の誕生日である。国民は、日本の天皇制に、くすぐったさを楽しんでいる。真剣に考えれば、天皇の存在は非常に大きい。ポツダム宣言を受諾して太平洋戦争を終わらせたのも天皇の存在ゆえである。それは戦後も、そして現在でも続いていて、日本に戦争や内発的革命が起きないのは、天皇の存在が大きい。

しかし国歌である、君が代、を強制して歌わせることに反対している人も多いのも事実である。作家の住井すゑさんは、天皇制をなくすことを激しく主張し、天皇は悪人と、きっぱりと言いきっている。

軍事費を福祉にまわせ、とバカの一つ覚えを吠えている日本共産党も、天皇制を無条件に認めていることは、矛盾していると思うのだが。つまりは、天皇制を否定したら、国民に嫌われるから、しないだけである。共産党に限らず、日本の全ての政党、政治家にイデオロギーなんてものは無い。

この記事をはてなブックマークに追加

白痴テニスクラブ

2011-12-23 09:02:46 | Weblog
なんやら知らないけど、通っているテニスクラブの、女コーチが、バカなことをし出した。練習の時、わざと、捕りにくい遠い所へばかり打つのである。それで、捕れ、捕れ、と叱るのである。もちろん私に対してだけである。私はこれを、「いじめ」と「バカ」のどちらかだと思っている。おそらく両方だろう。たぶん「いじめ」の方が%として多いだろう。「いじめ」に理屈なんてない。単に、「あいつ。気に食わない」がいじめの理由である。

もう一つは、「バカ」である。上手くなった人をより、上達させる方法がコーチにはわからないから、「厳しくしごけば上手くなるだろう」との認識しかないからである。速い球を打ってくるのはいい。しかし、左右へ遠くへ打って、揺さぶって、走らせるのは、たんに疲労させるだけで、技術の上達にはならないのである。コートから出た球でも、「捕れ」と叱る。私はここのテニスクラブのコーチ全員の指導能力を0点と採点している。むしろ、マイナス点の人の方が多い。

そもそもスポーツマンなんてバカばかりだから仕方がないが。まあ、売られてたケンカは買いますよ。これからは殺伐としたケンカテニスとなる。

スポーツコーチも、立派な権力者である。彼らは、殿様でないと気がすまないのである。そもそもテニスコーチなんて、学生時代からテニスを始め、気がついたら上手くなっていた、というパターンの人ばかりだから、運動の上達過程がわからないのである。だから、テニスは出来ても、テニスしか出来ないし、それをとったら何も残らない。運動の上達理論がわからないから、他のスポーツは出来ないし、やっても上手くはなれない。もちろん人を指導する能力などない。自分が上手く出来るだけである。そもそも自分らは、どういう練習をしてきたか。それくらいは覚えているだろう。気の合った友達と練習する時、わざと打ちにくい所へ打つラリーの練習など絶対していないはずである。ある程度、上達したら球出しのボールを打つなんてこともしていないはずである。球出しは、テニスを始めたばかりの初心者にだけ、有効な練習である。自分が無駄だと感じて、していないことを、生徒にはさせる。極めて矛盾している。

コーチは人を上手くさせようなどと傲慢なことを考えない方がいい。思考能力がないのだから。コーチの注意やアドバイスは、無意味であり、かえって逆効果である。

テニススクールでコーチと生徒の関係を見ていると、何と意志の疎通が全く行われていないことか。スポーツの指導は勉強の指導より難しい。机上の勉強なら、頭での理解だから、比較的簡単である。適当に教えても生徒は、その場で理解できる場合も多い。しかしスポーツでは、体が理解してくれなくてはならない。そして体の理解とは、勉強の場合と違い、教えてすぐ、出来るようにはならず、出来るようになるまでには長い期間が必要なのである。

この記事をはてなブックマークに追加

Do not judge

2011-12-21 03:09:28 | Weblog
一般の人間がする会話の50%は他人のジャッジである。%というより、一般の人間は、他人の、採点、陰口が好きなのである。せずにはいられないのである。そういう会話に加わりたくないから、内向的人間は、人との付き合いをしたがらないのである。これは一般の人間は、哲学などわからないから、一元論ということが全く、わからず、単純な二元論でしか、世の中、物事、人間を見れないからである。では、そういう手前はどうなのか、といわれたら、そもそも私は、人付き合いがないから、他人の陰口を言う相手がいないから、していないし、しようがないし、したくもないのである。

この記事をはてなブックマークに追加

民主党のマニフェスト

2011-12-20 22:47:19 | Weblog
民主党のマニフェストに、無駄な公共事業をなくすため、八ッ場ダムの中止が書かれてある。それで、野党も批判し、民主党内でも、もめている。

私からみればバカバカしい限りである。そもそも、政治家や政党というものは、選挙公約など守らない、というのが大人の常識である。べきである。そもそも私は政治家なんて全く信じていない。与党も野党も、似たようなものである。彼らにイデオロギーがあるなんて全く思っていない。ただ自民党に政権がもどれば、また地元利益誘導、官僚との癒着の族議員の政治になるだけである。だから、自民党にだけは政権をもどしたくない。せっかく民主党に政権が移ったんだから、出来るだけ長くつづけて欲しい。民主党は選挙公約であるマニフェストにこだわる必要なんか全くない。と思う。し、こだわらないで欲しい。現状が変われば、現状に合うように柔軟に対処すべきだし、そもそも、今年は東日本大震災という予測不能な未曾有の大事態が起こった。むしろ、政権公約など白紙にして、現状に一番いいような政策をして欲しいものである。

この記事をはてなブックマークに追加

ダルビッシュ有

2011-12-20 22:27:16 | Weblog
ダルビッシュ有が40奥円でテキサス・レンジャーズに落札された。別にすごいとは思わない。野球なんて、日本では、国民的スポーツである。父親や友達とキャッチボールを一度もした事のない子供の方が少ないだろう。小学生から野球は、学校のクラブでも、遊びでも、やっている。また子供もやりたがっている。単に子供の時の野球好きが、つづけてるうちに、いつのまにか技術が上手くなってくだけである。そこには研究も、たいした努力も何もない。体格があって、幼い時から野球をしていれば、大抵の人は、プロ野球選手くらいにはなれる。

かく言う私は、子供の頃、体力がなくて、集団スポーツには参加できなかったから、野球は、少ししか出来なかった。ので、今でも上手く投げれない。

この記事をはてなブックマークに追加

居合

2011-12-20 21:32:07 | Weblog
筋トレのため、体育館に行ったら、居合をやっていたので、二時間、体験させてもらった。ここはケチではなく、教えてくれた。居合で知ったこと。

居合は、左利きというのがない。右利きしかない。私は左利きなので、違和感があったが、たいしたことではない。侍は、刀を左の腰にさす。刀を右にさすサウスポーの侍というのは、いないらしい。前に進む時は、前足(右足)から出し、後ろにさがる時は、後ろ足(左足)からさがる。刀を振り下ろす時は、刀が水平になるまで振り下ろす。かなり手首が鍛えられる。

この記事をはてなブックマークに追加

橋下大阪市長

2011-12-19 23:27:52 | Weblog
橋下徹氏が大阪市長に当選した。が、私は全くかっていない。吠えてるだけである。大阪から日本が変わるとも全く思っていない。いかに役所の改革が困難かは、横浜市長だった中田市長がしめすところである。彼に中田氏ほどの度胸があるとは、さらさら思えない。

この記事をはてなブックマークに追加