小説家、精神科医、空手家、浅野浩二のブログ

小説家、精神科医、空手家の浅野浩二が小説、医療、病気、文学論、日常の雑感について書きます。

ボディービルはスポーツか?

2017-02-26 22:33:19 | Weblog
「ボディービルはスポーツか?」

という命題に対して、ほとんどの人は、「ボディービルなんてスポーツじゃない」、と言うだろう。

確かに、僕も、感覚的には、「ボディービルはスポーツではない」、と思ってしまう。

その理由は。

「スポーツとは、特殊な技術を身につけて、行う競技」

という、感覚があるからだ。

(マッスル北村、は、ボディービルをスポーツと見なしていた)



僕は、へそまがり、なので、こういう風に考えてしまう。

「では、スポーツは、技術を要する競技なのか?」と。

僕にとっては、この答えは、「NO」、である。

つまり。

「スポーツなんて、技術を要さない競技である」

と、僕は思っている。

「技術」、というのは、それを身につけるまでの期間は、非常に、困難だが。

いったん、技術を身につけてしまったら。

「技術」、は、もう、何の意識も、苦労も、いらない、日常の動作になるのである。

スポーツ選手が、スポーツをしている行為は、人が、鉛筆で字を書いている行為と、同じなのである。

「鉛筆で字を書く」、というのも、幼い子供が、長い期間をかけて、苦労して、身につけた、「技術」、なのである。

だから、僕は、ボディービルも、スポーツも、「技術を要さない運動」だと思っている。



僕が、興味があるのは。

「技術」を、身につけるまでの、苦しい、プロセスだけである。

それのみに、僕は、価値を感じている。

ちょうど、プラモデルの作製のように。

(僕は子供の頃、よく、プラモデルを作った)

プラモデルは。作り上げるまでの、プロセスだけが面白いのである。

そして。

プラモデルは、出来上がってしまったら、その完成品を見ていても、全然、面白くないのである。

出来上がった、プラモデルは、ぶっ壊し、次の、新しい、プラモデルを作るのが、楽しいのである。



僕も、筋トレをやっているが。

確かに、「技術」、というものは、要さないが。

「筋トレ」が、苦痛にならないほどになるには。

「コツ」が、必要なのである。

慣れてしまうと。

「筋トレ」、と、「スポーツ」、は、ほとんど、同じような感覚なのである。

この記事をはてなブックマークに追加

共産主義はなぜ悪いか2

2017-02-25 22:49:51 | Weblog
前に、「共産主義はなぜ悪いか」、というのを書いた。

その時、僕は、共産主義の思想統制が悪い、と、書いた。

もちろん、それも、あるが。

それ以上に、もっと、悪いことがある。

それは、労働と、所得の問題である。

これは、人間の本質的な問題である。

ソ連も、中国も、共産主義国家として、出来た当初は、経済は。

個人の私有財産を認めない、国家の計画経済だった。

不況に強く、所得の格差の無い、富が公平である点が、いい点である、と思われた。

自由主義経済は、その逆である。



さて。

僕自身を考えると。

人間とは、どうしても、怠ける動物である。

楽をしたい動物である。

それは、意志の強い、僕にも、当てはまる。

何も、仕事でなくても。何事でも。

たとえば。

僕は、健康のため、運動しなくては、生きていけない。

生きていけない、とまでは、言わないが、運動しないと、QOL(生活の質)、が、下がる。

ほとんど、何も出来なくなってしまう。

しかし、「今日は、体育館に行くの、おっくうだな」、と思って、行かない時もある。

そうすると、夜、眠れなかったり、便秘が悪化する。

しかし、それは、自業自得なのである。

だから、僕は、怠けた時は、それは、自分の意志の責任で、怠けた自分が悪いと思う。

人間は。

「努力する人間は、立派なのであって、努力しない人間は、立派でない、怠け者なのである」

この命題を否定する人は、いないと思う。

共産主義では、この感覚がないのである。

ただただ、「人間は平等であるべきだ」

という、考えなのだ。

「人間が平等であるべき」なのは、「人種や思想や血統などによる差別を、決してしていけない」、という点に於いてのみ、言えることである。

し、また、そうであるべきなのだ。

それ以外のことでは、人間は、不平等でいいのだ。

もっと積極的に言うと。

人間は不平等であるべきなのだ。

「努力して働いた人間は、収入を多く得て、働かずに怠けている人間は、貧乏となる」

というのは、当たり前の、倫理観であって、何ら間違いはない。

だから、格差が出来てしまうのは、何ら、悪いことではない。

(ただ、病人や障害者のように、働きたくても、働けない人に対しては、政府が、福祉として、生活できるよう、金を支給することは、悪いことではない。し、また、そうするべきなのだ)

また。

官僚の、天下り、や、政治家の、賄賂、など、卑劣な方法で、怠けて、高収入を得る、ことは、いうまでもなく、悪いことだ。

それによって出来る格差は、問題とするべきである。

しかし、そういうこと、以外のことでは。

「努力して働いた人間は、収入を多く得て、働かずに怠けている人間は、貧乏となる」

という物事の当然の道理から。

「人間は不平等であるべきなのだ」



慶応大学の創始者の、福沢諭吉は、「学問のすすめ」、で、「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」、と、人間の、平等性を言っている。しかし、その後、何と言っている。

この記事をはてなブックマークに追加

私は、右派でも左派でもない

2017-02-24 13:42:08 | Weblog
私は、右派でも左派でもない。

今は、右とか、左とか、という言葉は、あまり、使われなくなった。

なので。

私は、保守でも、リベラルでもない。

元東京都知事の石原慎太郎氏は、保守的(極右と海外では言われている)だが、私は好きである。

彼は、小説を書く作家でもある。

作家だから、氏には、権力欲を感じないからだ。

氏は、小説でも、行動でも、度胸がある。

小説は、作り話だが、小説には、作者の心が表れるからだ。

氏は、言動一致している。

豊洲移転の問題で、百条委員会でも、記者会見でも、氏は、堂々と、強気に、正直に、答えるだろう。

自己弁護など全くしないだろう。

大阪府知事だった、橋下徹氏は、作家ではないが、嫌いではない。むしろ、好きである。

彼にも、権力欲を感じないからだ。

私が嫌いなのは、権力欲志向で、選挙の前、デカイことを言っておきながら、当選したら、何もしないヤツとか、あるいは、政治家としての、自分の保身しか、考えないヤツである。

(党議拘束をいいわけに)、というか、正義感は非常に強くあらせられるが、涙を呑んで、小異を捨てて大同をとっておられる(←これ、イヤミ)、自分の、保身しか、考えていない、自民党議員など、全員、嫌いである。

この記事をはてなブックマークに追加

人間は他人を低く見積もる

2017-02-24 05:25:12 | Weblog
そもそも。

人間は他人を低く見積もる、傾向が、圧倒的に強い。

この記事をはてなブックマークに追加

2017-02-22 11:44:08 | Weblog
暖かくなって、体調が良くなりだした。

小説が、書けるのが、何より嬉しい。

私が、小説を書けないのは、体調が悪いのが、理由の全てである。

小説のネタは、いくらでもあるのである。

なので、今年も小説、書くぞー。

体調が、悪くなりませんように。




小説の書き方、の、人による違い。

もう、17年以上も前のことだが、一度、シナリオ教室に出てみたことがある。

ちょうど、「女生徒、カチカチ山と十六の短編」、を出版した、頃である。

その時。

講師の先生が、小説(あるいは、シナリオ)の書き方の、人による違いを言っていた。

非常に対照的な二人をあげた。

倉本聰氏、と、内館牧子さん、である。

倉本聰氏は、オーソドックスな、話の作り方で、ストーリーを、最初から、ラストまで、徹底的に、考えて、話を作る。

しかし。一方。

内館牧子さんは、主人公や、登場人物の、顔、性格、仕事、趣味、など、を、徹底的に、構想する。

そうすると、登場人物達が、かってに動いてくれるので、あまり、ストーリーは、考えなくても、小説(や、シナリオ)は、書ける。

ということを聞いた。

そんなものか、と思った。

「コンビニ人間」、で芥川賞をとった村田沙耶香さんも、内館牧子さんのように、主人公や、登場人物の、設定を、細かく考えるタイプである、らしい。

テレビで本人が言っていた。

僕には、とても、そういう方法で、小説を書くことは、出来ない。

僕は、倉本聰氏のように、おおまかな、ストーリーを、考えて、いいストーリーが思いつかないと、小説は書けない。

この記事をはてなブックマークに追加

日米同盟

2017-02-14 01:15:59 | Weblog
日米同盟について、私なりに考えた。

安倍首相は、日米同盟というか、対米従属というか、アメリカの奴隷、に、なることに、必死である。

その姿は、涙ぐましくもあり、情けなくもある。

アメリカという、世界最強の軍事国家と同盟を結んでいれば、確かに、日本の安全は守られる。

私も、個別的自衛権での、日米同盟は、仕方がないと、思っている。

しかし。

集団的自衛権を認めてしまった今では。

アメリカは、ならず者国家であり、アメリカ人の、恨みの、戦争に、日本も参加して、日本にとって、何の恨みもない、中東、の、イスラム教の、無辜の人々を殺すことが、はたして、いいことなのか?

また中国にしても、北朝鮮にしても、旧ソ連のように、崩壊する、可能性がある。

確かに、国連は、中国と、ロシア(プーチン)が入っているから、無力だ。

私は、日本は、核兵器を持つべきではないと、思っている。

戦争放棄の憲法9条は、世界に誇れる、世界で、唯一の、世界のお手本とも言える、崇高な理想の憲法なのだ。

では、自主防衛は、どうするか?

核兵器は持つべきではない。

なので。

ハリボテの、核兵器をたくさん、作って、日本は、核を持っている、と、世界に、アピールすればいい。

特定秘密保護法なんて、そんなことに、使うべきだ。

(まあ、これは、現実的には、無理で、冗談だが)

なので、軍事同盟は、アメリカではなく、あまり、戦争をしない国と結ぶべきだ。

その国は、日本に近い方がいい。

韓国はどうか?

近いが、過去の植民地、問題や、従軍慰安婦問題など、やっかいな問題があり、近すぎると、国家間の領海の問題も出てくる。

昔から、ドイツとフランスの、境界には、石炭と鉄鋼があり、それで、もめていた。

しかし、ドイツとフランスは、陸続きであり、これは、領海と違って、何とかするしか、なかった。

そこで、一番、ややこしい問題を、逆に、石炭鉄鋼共同体として、和解した。

韓国との軍事同盟は無理である。

では、日本に近くて、歴史的な植民地の問題や、領海の問題のない、あまり戦争をしない国は。

と、考えると。フィリピンは、政情不安定で、あてに出来ない。

中国に、くっつくこともあり得る。

東、東南アジアの国々も、中国と陸続きで、しかも、力が無く、中国と経済的な結びつきがあるし、経済的な結びつきが出来ると、領海問題に対して強気に出れない。

では。どこがいいか?

オーストラリアは、どうか。

オーストラリアなら、植民地問題も無いし、領海の問題もない。

石炭、石油、鉄鉱石など、貿易での関係も大きい。

ロシアは、ダメだし。

では、カナダはどうか?

やはり、無理そう。

ともかく、共謀罪(テロ等準備罪)は、アメリカとの強固な軍事同盟と、安保法制の成立の結果、日本に、イスラム国の脅威が及ぶことから、出来てしまうのである。

私は、マハトマ・ガンジーや、マーチン・ルーサー・キング牧師を尊敬している。

私は、罪も恨みもない民間人の、他人を殺して、自分が生きるより、(戦争とは、そういうものである)他人を殺さず、自分が死ぬ方を選ぶ。

それは、国家にも言えると思う。

他人を殺してまで、自分達が生きる国家など、滅びてしまえばいい。





「正義は成就されよ。たとえ世界が滅びるとも」

(インマヌエル・カント)

この記事をはてなブックマークに追加

地球温暖化

2017-02-14 00:38:20 | Weblog
地球温暖化。

You-Tube で、「地球温暖化」で検索すると、真っ先に出てくるのは、2014年の、一月に、ビートたけし、阿川佐和子が司会をしている、石原伸晃氏が、環境大臣で、丸山茂徳教授が、出ているのだが。

石原伸晃氏が、自分が、不利なのに、出演している、理由は、二つあって。
一つは、地球温暖化の原因が、CO2だと、主張しているのは、丸山茂徳教授ただ一人、という、ことを、テレビを通じて、国民に訴えるのが、目的の一つである。

もう一つの、目的は、「トンチンカンなことを、言っている人はいるんです」と、名指しは、しないが、テレビ出演や、著書が多くなり、国民の多くが、知るようになってしまった、武田邦彦先生を、おとしめる、のが、目的である。

さらに、三つ目として、偽善者のおもねった口調で、「エコが売れないんですって」と、エコ製品を、国民が、エコ製品を買うように、仕向けるのが、目的である。

しかし、科学の専門家ではない、一般人が、一般人の常識的感覚で、科学の専門家の発言を、「トンチンカンなこと」、と言うのは、まさに、「地球が太陽の周りを回っている」と言った、ガリレオ・ガリレイ、の発言を、「トンチンカンな発言」として、宗教裁判にかけた、ローマ教皇そのものである。全く、おかしい。

この記事をはてなブックマークに追加

いじめ150万円

2017-02-13 20:47:54 | Weblog
「原発避難先いじめ。150万円の金銭授受は「いじめ」 横浜市側、一転認める」

「東京電力福島第1原発事故で福島県から横浜市に自主避難した同市立中学1年の男子生徒(13)のいじめ問題で、市教育委員会の岡田優子教育長は13日、記者会見し、これまでの見解を一転させ、男子生徒と同級生との間の金銭授受に関してもいじめの一部と認め、生徒に謝罪した。市教委の第三者委員会が昨年11月にまとめた報告書では、男子生徒が、同級生から「(原発事故の)賠償金をもらっているだろう」と言われ、ゲームセンターでの遊興費などを負担。生徒側によると、総額は約150万円に上ったとしているが、金銭授受はいじめから逃れるための「おごり、おごられ行為」だったとし、いじめとは認定していなかった。岡田教育長は会見で、弁護士などに相談した結果、法律が定めるいじめの定義に当てはまることなどを踏まえ、市教委として金銭授受の行為を「いじめの一部と認識する」と説明し、謝罪した。男子生徒の代理人弁護士は同日、林文子市長との面談を申し入れるとともに、生徒の思いをまとめた手紙を市長あてに提出。これを受けて、岡田教育長が会見を開いた。」

(産経新聞 2/13(月) 20:44配信)


教育委員会も、横浜市長も、学校も、担任の先生も、ことなかれ主義、で、キタナイ。

こんなの、「いじめ」に、決まってるじゃねーか。

いつまで、シラを切り続けるのか、と思っていた。

そして、いじめた、ヤツラは、これを機会に、心を入れ替えるか、というと。

絶対、入れ替えたりしない。

クズは死ぬまでクズなのだ。

この記事をはてなブックマークに追加

於血(おけつ)冷え症

2017-02-09 04:38:49 | Weblog
自分の体調不良は、冷え症、於血(おけつ)、に、ほとんど、完全に当てはまる。

ある、冷え症、のサイトを読んでいて、今まで、わからなかった理屈がほとんど、すべて、わかった。

そのサイトは、http://www.hakuraidou.com/info/hie.htm

である。

於血(おけつ)、という言葉を、最初に聞いたのは、大学四年の冬に、休学する前に、池見酉次郎先生に、一度、電話した時である。

僕も、池見酉次郎先生も、過敏性腸症候群の便秘型、だが、先生は、於血(おけつ)、ということを、強調していた。

その時は、於血(おけつ)、という言葉から、尻、と連想してしまい、少し可笑しかったが、あとで調べると、まさに、ほとんど、全て、納得できる。

この記事をはてなブックマークに追加

母親の子供への愛情

2017-02-03 15:29:24 | Weblog
母親が子供に、かけがえのない愛情を注ぐことは、決して、子供を、甘ったれた人間にはしない。

愛情を受け続けて育った子供(人間)は、むしろ、独立心の強い、何事にも、くじけない強い人間になる。

生まれてから、乳児、幼児、さらに、義務教育、終了まで、母親が子供に愛情を注ぐことは、必ず、すべきであることは、小児科学では、当然のことである。

しかし、実は、母親の愛、というのは、子供が社会人になっても、さらに、子供が生きている限り、一生、注ぐべきものなのである。

それによって、その人間が、独立心の無い、甘ったれた人間になることなど、絶対、ないのである。

むしろ、人間は、母親からの愛が無いと、「いびつ」、な、人間になってしまうのである。

北風と太陽の喩え通りなのである。

子供は、母親から、本当の愛を受けると、(受けていると)、「こんな優しい母親に、いつまでも甘えていては、いけない。自立しなければ」、と、考えるものなのである。

これは、きれいごと、なんかではなく、100%の、人間にあてはまる法則なのである。

この記事をはてなブックマークに追加

耐性

2017-02-01 06:46:16 | Weblog
耐性

最近、というか、かなり前から、何事も、ネットで調べるようになった。

しかし、僕は、ネットで書かれていることを、鵜呑みには、全く信じない。

たとえば。

有酸素運動で、一番、有効な、運動は、「水泳」、で、泳ぎ方では、クロールが一番、消費カロリーが大きく、一時間、泳ぐと、1300kcal のエネルギー消費になる、と、どこのサイトを見ても、それと同じことしか、書いてない。

僕は、温水プールに行くと、大体、3時間は、泳いでしまう。
なら、1300kcal×3=3900kcal 消費していることになる。
なら、泳いだ日には、3900kcal 食べてもいい、ということになる。

しかし、そんな、バカなことはない。

テニスの錦織圭も、グランドスラムとか、の試合では、4時間も、試合している。
テニスも、有酸素運動、無酸素運動、両方の要素を持っているが、トッププロの試合では、自分の体力の限界のダッシュの連続と、最大限のパワーを出すから、一試合で、相当な、消費カロリーとなるはずだ。

あるサイトでは、錦織圭は、1日、8回、食事している、と、書いてあった。
そんな、バカなはずがない。

テニススクールの、テニスコーチにしたって、1日中、テニスをしているのだから、相当な、消費カロリーになるはずだ。
しかし、彼らが、それに見合うだけの、カロリーの食事をしているわけがない。
むしろ、太っていて、ダイエットしているコーチもいるし、腹が出ているコーチもいる。

つまり。

人間の体は、摂取カロリーと、消費カロリーの、+、-、の、自動車というか、ロボットなんかでは、ない、ということだ。

摂取カロリーと、消費カロリーの理論だけを信じて、運動して、食べても、確実に、太っていくだろう。

長時間、運動を続けていると、人間の体は、それに順応するように、消費カロリーも減っていくのだろう。

そのへんのことは、ネットの情報、程度では、わからない。

ネットで、信用できそうな、サイトで書かれていることは、理論として、一応、(仮に)信じておくべきだと、思うが。

本当の事は、やはり、本を買うなり、図書館で、本を借りて読むしかない。

しかし、本に書かれていることも、頭から信じるべきではない。

かといって、何が何でも、正確な原理を知り尽るために、ムキになっても、仕方ないし、時間がもったいない。

あくまで、自分が、やってみて、自分の感覚、を、大切にするべきだ。

日頃、運動していない人と、日頃、運動している人の、消費カロリーは、違うはずだ。

ネットで、書かれている、「一時間、泳ぐと、1300kcal のエネルギー消費になる」というのは、日頃、運動していない人の、消費カロリーの目安だろう。

日頃、運動している人は、運動に対する、「耐性」、が出来てしまっていて、消費カロリーは、もっと、低くなっているだろう。

この記事をはてなブックマークに追加

トランプ大統領は潔癖症

2017-02-01 05:31:34 | Weblog
トランプ大統領は潔癖症。

何か、アメリカのトランプ大統領の行動を見ていると、彼の性格が、潔癖症のように、僕には、思われる。

本当に、メキシコとの国境に、壁を作ったり、イスラム教徒の入国を禁止するような、大統領令を出したりと。

まあ、選挙の時だけ、デカいことを言っておきながら、当選したら、何もしない、政治家に比べると、有言実行で、誠実な性格に思われるが。その点は、立派だと思う。

トランプ氏を支持して投票した、アメリカ国民も、嬉しいだろう。

ヒラリー・クリントンが、大統領になっていたら、オバマ路線を引き継ぐだけの、いても、いなくても、どうでもいい、つまらない大統領にしかならなかったように、思う。

アメリカの分断というと、聞こえは悪いが、大胆な改革を実行しようとしている点、トランプ氏が大統領になって、よかった、と、思う、というか、面白い大統領だ。

ヒットラーも潔癖症である。

独裁者には、潔癖症が多い。

この記事をはてなブックマークに追加