オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

2016年通信簿 シーズン総括 野手

2016-10-19 00:59:02 | 千葉ロッテ

 

【2016年成績】 143試合 4810打数 583得点 1230安打 打率.256 216二塁打 30三塁打 80本塁打 559打点 77盗塁 533四死球 964三振

やはり今季も貧打でした。
打率はリーグ5位で本塁打はリーグ最少、これまたリーグ5位の盗塁に早打ちの結果である四球、三振の少なさ、数字だけを見ればファーストストライクをただ打っているだけです。
春先には細谷首位打者、鈴木本塁打王、井上打点王、角中盗塁王なんて時期もありましたが、終わってみれば角中の首位打者のみでした。
もちろん細谷らがタイトルを獲れるとは思っていませんでしたが、打線としての勢いが持続できなかったのが悲しく、投手を見殺しにする試合があまりに多くて嘆きの涙ボロボロです。
野手が投手を育てることはあってもその逆はない、が持論ですので、ドラフトで最低でも全体の半数は野手を獲ってくれることを願うしかありません。

ナバーロの不発で大砲不足を解消できず、繋ぎの打線に恐怖感はありませんでした。
デスパイネは.280、24本塁打、92打点と年俸に見合うかどうかは別にして四番としてのバッティングを見せてくれはしましたが、しかしCSでの二発があったので忘れかけていますが手首の故障があったにせよ公式戦では9月以降がノーアーチ、月間成績もかなりむらがあってコンスタントに打っている印象はありません。
後ろを打つ打者に迫力がないためマークが厳しくなったり、勝負を避けられたり、昨年までの課題はそのままです。
角中がダントツの首位打者で塁を埋めてもデスパイネとの相乗効果がもう一つで、そうなればパンチ力のある五番打者の獲得が急務でしょう。
一二番を固定できなかったのもそのままで、細谷が二番に座ったときに打線として機能をしていた感じはありましたが、しかし清田の不振がそのプラスを打ち消してしまったのが痛手で最後まで埋められず、荻野、伊志嶺が故障でぱっとしなかったのも拍車をかけました。
今江、クルーズの抜けた穴は細谷が1/3ぐらいをふさいでくれたものの中村は穴に落下、さすがに期待をしすぎの平沢は当然の結果に終わり、大嶺翔も我慢をしてもらえるほどの輝きを見せられず、それでもそれなりの顔ぶれではありますので来季の第二幕に期待をします。
ナバーロは内を怖がり外を手打ちのパターンから抜け出せないようではどうにもならず、もし残留であっても競わせる新外国人選手の獲得は必須でしょう。
捕手は吉田の大不振も手伝って田村がレギュラーをほぼ手中にしたのがプラス材料、4割を打っての月間MVPもありましたし、終わってみれば目を見張るような数字は残せませんでしたが右を意識したバッティングを磨けばどっしりとした扇の要になってくれそうです。
あとは多すぎる一塁手をどうするのか、今季の起用を見れば井口、福浦のスタメンは減っていくでしょうし、根元がそれに取って代わるとは思えません。
となれば井上なのか、外国人選手なのか、ルーキーなのか、あるいは来年の清宮待ちなのか、他のポジションでもレギュラーが安泰なのは角中と鈴木ぐらいでしょうから、肘井、香月一、脇本、大木、柿沼ら若い選手も出てきましたし、今後に加わる選手も含めた競い合いの環境構築が待たれます。

2008年通信簿 2013年通信簿
2009年通信簿 2014年通信簿
2010年通信簿 2015年通信簿
2011年通信簿
2012年通信簿


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
一日一クリック応援をお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊東鳴動して鴎一羽 | トップ | 疲れた、と言ってね »

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (うみうみ)
2016-10-19 02:14:22
何度もシーズン中コメントさせて貰えましたが、打者は力強さが無い、無いにも程がある位酷い、日本人野手二桁ホームランなし、本拠地がマリンであっても半分はよその球場ですから言い訳になりません、何せ30年シーズン30HRの国産が不在は12球団ロッテだけで、ロッテだけですよ。
ホームラン打てなくても、ノーアウトか1アウト3塁で、得点出来ないシーンを見飽きた、ヒット打たなくても犠牲フライ、バント、ダブルプーレやダブルプーレ崩れでも点は入りますが、ノーアウト満塁はチャンスでなくピンチ、三振を見飽きる位見ました、得点圏打率でなく自分勝手に絶体得点率と命名してますが、マリーズ各打者は相当数数が悪く感じます。
もうファースト根元は辞めて欲しい、明日が無い、DH、ファースト、レフトは長打力がありホームランを打てるか打点を稼げる打者以外不要です。国産の大砲は急務、ロッテは金と時間手間がかかる部分を長年避けてきた伊東監督もこの辺は追及してると思います。死ぬまでロッテで日本人のホームラン王を見てみたい。
Unknown (ムネ)
2016-10-19 02:58:51
1番と5番ですよね。
1番はやはり怖さがないと。
今のメンバーなら清田か荻野しかいません。
岡田と加藤は申し訳ないけれど、今のままなら怖くないです。
球数を投げさせることもなく、あっさり凡退する1番打者に5打席回すのはうまくない。
西岡が去った後、1番はずーっと課題。
5番がいつまでも井口、福浦では。
やはり一発のある外国人を探すべきでしょう。
つまりは角中、デスパ頼みの打線。
大地と田村は下位なら十分です。
1番と5番は西武の秋山、メヒアみたいに嫌な打者で固定できれば理想的。
ナバーロの選球眼は評価していますが、もうひとつ長打が少ないかなー。
つながらない (寿限無)
2016-10-19 05:59:34
今年も、パンチ力がない感じだし、残塁が多い感じがします。
おっしゃるように、5番がいない。デスパイネの後ろが怖くないから、勝負しなくても良いし、長打さえ気をつければ良いと言う状況ですからねぇ。清田が二割後半打ってくれていたら、5番においてクリーンアップが機能したのでしょうけど。
まあ、それでも1,2番が好調ならデスパを嫌って角中が得点源になる事が出来ます。今年は角中がランナーを帰すのではなく角中が出塁してと言う状況ですから。
打線は1,2番と5番でしょう。
足の速い野手がいるのに、盗塁が少ないし、四球が少ない。好球必打は良いのですが、粘ると言うのも必要ではと思います。粘れば投球数が増えるのですから。
うちで一番粘っている印象がある角中が打率が一番ですから、皮肉なもんです。
ドラフトは野手を取って欲しいですね。まあ、半分というのは難しいのではないかと思いますが、3人は欲しいですね。FAはしないのですから、7~8人取って3人は野手って言うのは必要ですね。
来季は清宮1位であって欲しいと思いますが。
今季の打線について (まめすけ)
2016-10-19 07:28:59
おはようございます。
今季も打線が打てませんね。
皆さんの仰る通り、1、5番が課題ですね。
1番は角中選手したらどうでしょうか?角中選手が得点源になってた感じがするんで。
新外国人の獲得は必要です。一塁と抑えですね。出来れば先発も。左腕だったら尚更です。
かつて他のチームでプレーしていた選手が一番いいかも知れないです。
マイナーやメジャーの外国人選手は当たり外れがありますし。
ナバーロ選手は解雇で。
また来季もだらしないプレーする可能性が。
サブローの本音 (ちえま)
2016-10-19 09:32:42
エントリーと直接関係なくてすいませんが、ラジオ番組にサブローが登場していました。radikoの新設タイムフリー機能により、放送日より1週間以内なら聴けます。

現役を退いたマリーンズ・サブローの本音をお届け!
登録名「サブロー」誕生秘話も。
ttp://radiko.jp/#!/ts/QRR/20161015175500
Unknown (柏マリン ロッテファン歴43年)
2016-10-19 09:53:54
清田とナバーロの誤算、まずはこれにつきますね。
あとは1.2番打者が日替わりでは話になりません。
飛躍した選手は田村と細谷。
井上加藤にも期待していましたが残念ながら殻を破ることはできませんでした。起用する首脳陣ももう少し我慢して使ってやらないと成長しません。伊東監督も中村以外へは我慢が足りません。
ドラフトでは野手の指名が必須とのご意見は仰せのとおりだと思います。荒削りでもパワーか超俊足といった特徴のある選手を望みます。今年は投手が豊作ですから中途半端な野手ならイキのいい投手優先でもいいと思います。
伊東監督と補強の約束をしたのですから、本指名8人プラス育成3人が合格ラインと考えます。明日を楽しみに待ちましょう。
Unknown (JF)
2016-10-19 10:50:59
見ていて点が入る気がしない試合は、単純にエンターテイメントとして面白くありません。
ましてや、スタメン発表を見ただけで萎えるような試合は勘弁です。下位に大嶺弟や中村と三木が並んだ試合など悶絶です。
長打は出ない、盗塁は少ない、四球も少ない、これでよく貯金を残してシーズンを終えられたと思います。投手陣さまさまです。
3位だったからOKと思われては困りますね。

補強が必要なのは言うまでもありませんが、現行戦力の底上げという意味では、自分の何が強みなのか、何によってチームに貢献するのかを、選手本人も考えねばならないし、コーチも親身に考えてあげなければダメでしょう。
ハムも大谷を除けば決して飛び抜けた選手がいるわけではありませんが、中田、西川、中島、岡、杉谷など、若い選手の名前を聞くと、この選手はこれが凄いというキャラクターが他球団ファンでも簡単に頭に浮かびます。
方や、ロッテの選手はどうでしょうか?中途半端な、すべてが平均点のような選手が多すぎないでしょうか?そういう指導をするのが正しいのでしょうか?
Unknown (まなびぃ)
2016-10-19 13:21:57
この記事トップ写真を見て一句。
「 立花よ 首かしげたいのは こっちだよ! 」(ちょい字余り)
チャンスに弱い打線を何とかしないとね。日本代表でシュートチャンスにパス出しちゃうサッカー選手みたいなもんかね。やっぱりメンタルなのかなあ。
 
役割の明確化。 (オブ)
2016-10-19 16:57:07
 トータルの数字を見れば、上位2チームとは離されていますが、際立って悪くはないんですよね。ただ印象が悪いですね。進塁打が打てない、犠牲フライが打てない、待球せず簡単にポップフライを打ち上げる、走塁ミスでチャンスを自らつぶす、チャンスのはずなのに逆に追い込まれている場面が多い気がします。これは今年のみでなく長年の持病ですね。勢い任せというかなぜか誰がコーチでも改善がなく点を取るのが下手です。
 本来であれば3番に清田選手、4番にデスパイネ選手、5番角中選手、6番ナバーロ選手が機能していればもう少し安定したのでしょうが、清田、ナバーロ選手は誤算で、打順が迷走して安定せず、その面でも得点力不足に拍車をかけましたね。1番から5番までは固定したいところです。
 今のメンバーのベースで考えれば、期待値込みで
1 ⑧加藤選手
2 ⑤細谷選手
3 ⑨清田選手
4 Dデスパイネ選手
5 ⑦角中選手
6 ③井上選手
7 ⑥平沢選手
8 ②田村選手
9 ④鈴木選手   ですかね。
 ただ中村選手が今年の我慢の起用の期待に応え、覚醒して3番にはまってくれれば面白いし、来年は平沢選手は1年通しての起用がみたい。1,3塁を守れる外国人選手を獲得してクリーンナップを任せられれば面白いなあと妄想しています。井口選手の獲得のように一点豪華主義でだれかFAで取らないかな?今までも機会は少ないが、井口選手、涌井選手と失敗は少ない気がします。もう一人旗艦になる選手が欲しいですね。
Unknown (ろびんそん)
2016-10-19 18:12:34
チーム打率は、3年連続Bクラスです。

ほとんど変化も何もない。

けん引役がいないからでしょうかね?

井口選手が規定打席に届かなくなり打席数が減っていることと、チーム打率の推移が同じような感じ。

井口選手にかわる主軸、リーダーの存在が欲しいところです。

それが角中選手なのか?
誰なのか?

1番、2番が、あまりにも流動的すぎ。

1位、2位のチームは、切り込み役的な1番、2番がいます。

ドラフトでは、投手中心のようですけど、1番、2番打者候補の野手をお願いしたいですね。
数字より印象 (宮崎オリオンズ)
2016-10-19 20:56:06
相手にとって、嫌な打線になって欲しいよ。
ロッテファンからしても、敵にしたくない打線にね。
全国区の有名な選手を集めて欲しいわけではないし、資本的に無理なのは承知。
試合の流れ、状況、役割に応じた打撃ができないと、いくら補強してもだめよ。
チームかね、監督かね、コーチの責任かね。
立花はどこか取ると思ったけど、鷹とは驚いたね。来年の鷹打線がどうなるかで、コーチの問題なのか分かるよね。

それも楽しみだが、明日が楽しみで今日は眠れません。昨日、近鉄にドラフト16位で指名された夢を見ましたがね。ドラフトはたまりませんなぁ。
Unknown (ティック)
2016-10-19 21:11:04
上で書いている方もいますが、3番清田選手、4番デスパイネ、5番角中選手、6番ナバーロというのがはまればすごく理想的であり、そのために不調で清田、ナバーロにこだわった1年だったかなと思います。

本来角中選手を5番に据えて、デスパイネ選手と嫌でも勝負する状況を作らなければいけないのですが、仕方なく3番に角中選手を据えなければいけなかったのが歯がゆかったですね。シーズン当初はあまり感じなかったのですが、実はそんなところに今江選手の穴の大きさがあったのかもしれません。
仮に4番デスパイネ、5番角中であればお互いさらに数字を伸ばしていたかな?

1軍で見たい選手も多くいますが、やはりFAか外国人は必須だと思います。できればデスパイネ残留の、イデホ獲得が希望です。

Unknown (mihimarines)
2016-10-19 22:14:05
デスパイネを除けば長打の怖さがないので、相手投手は攻めやすいでしょうね。角中も首位打者になりましたが、孤軍奮闘しても打線が「線」にならなければ得点にはなりにくいです。

日本人で長打を期待できるのは、清田くらいでしょうか。井上も長打力はありそうですが、あの速球とインコースをさばけないスイングを見る限りこれ以上の伸び代はないのかなと思います。中村も長打力ありそうなんですけどね、如何せん同じ配球にやられすぎてて…

また、チャンスで田村に回ってくると得点を期待できる何かがありましたが、他の選手も「ここ一番」で結果を残せるメンタルの強さを身に着けて欲しい。個人的には田村は5,6番あたりで起用すると面白いと思うのですがね~まぁ賛同してくれる人はきっといないでしょうが(笑)

ファーストで福浦もしくは井口を見たいですが、ここは長打力のある外国人の補強をお願いしたい。
あとは平沢を我慢強く起用して2,3年後のレギュラー選手として育てて欲しいです。
Unknown (ロッチ)
2016-10-19 22:21:32
首位打者角中、得点圏一位パイネさんいてこの数字ですもんねー。
一二番と五番の不出来がモロです。
清田の不調やナバーロの出遅れが痛かった。
なまじいい当たりもするんで補強って感じにもなりずらく後手後手。

P/PAという被投球数÷打席数の数字、要は1打席辺りの平均球数なんですが、トップはハム中島の4.54でチーム平均を見てもやはり上位とは雲泥の差であることを認識しました。
ウチの規定では角中がトップで4.06、パイネ、大地が3.8台。未満になるとナバーロが4.6台、田村、細谷、清田が4点台となるほどとゆー数字ですが、これでも少ない方。
中村筆頭にドングリ内野陣や加藤、岡田るはまぁ低い数字で…岡田に至っては1000球以上(300打席弱準レギュラークラス)の中では3.41とパ最下位です。
1試合一人3~4球ですが勝ってるチームがね、しっかり振ってこれだけやれてんだし要改善、打撃コーチとコーイチ頼むわ。HRバッターが高かったりランナーたまった状況もあるんで一概には言えないけどいかに手玉に取られてるか分かりました。 進塁打の下手さと一塁リード幅の少なさも気になります。
即戦力の投手を獲っても打たねば勝ちつかないからねぇ。日本人30発の育成と補強を夢見ます。
お返事 (オリオン)
2016-10-20 00:17:26
>うみうみさん
投打とも「強いボールを投げる」「強い打球を放つ」といったところでしょうか。
このあたりは個々の選手と言うよりはベンチの方針、編成部の方向性に依存するところが大きいので、一朝一夕には難しそうです。
少しずつでも変えていくしかないですね、まずはドラフトです。
前々監督のときの投手偏重ドラフトのツケはまだ一掃できていませんが、それでも若い選手が増えてきています。
継続は力なり、また即戦力オンリーなんてことにならないよう願うばかりです。

>ムネさん
加藤ですね、ある意味で象徴的です。
あの衝撃的なデビューではありましたが大砲タイプでないことは間違いなく、しかし二塁打や三塁打を量産できるぐらいのパンチ力はあったはず。
ルーキーイヤーのときから一番として育てるのか、三番を目指すのかをはっきりさせなければ、との指摘も少なくはなく、しかし中途半端なままに今に至ります。
すっかりと岡田に近しい短打モード、しかし足を活かせず迫力不足、かなりやばい状態です。
この路線でいくなら3割を期待できるようでないと、気がつけば浦和が住処になるでしょう。
本人の意識の問題ももちろんありますが、明確なルートを示さなかったベンチの責が小さくないと考えます。

>寿限無さん
ナバーロが2割そこそこですからね、田村より打てないようではどうにもなりません。
それで残留の可能性がまだあるのですから、球団のやる気の無さが・・・
もちろん日本人の大砲も育てなければ、井上を見れば我慢をしてでも、といったベンチの姿勢を感じられないのが問題でしょう。
西武ベンチが山川をどれだけ我慢をしたか、まだロッテキラーでしかないですが、それでも痛い目に遭った身からすれば羨ましい限りです。
やっぱ権限を持ったGMが必要ではないかと、小宮山、やりません?

>まめすけさん
角中が出塁しても、返す打者がいなくなります(涙)
清田がはまってくれるのが一番かなぁ、来季にダメならやばくなりますから必死さに賭けたいです。
現状の五番は新外国人選手しかないでしょう、四番にデスパイネが残るという前提ですが。

>ちえまさん
これはネットラジオかしら。
何だろう、本音って。
監督は井口さんで、自分はGMとか言ってましたよね。
そのあたりの話であれば興味あり。

>柏マリン ロッテファン歴43年さん
外国人選手は前評判があてにならないと分かってはいましたが、KBOであれだけの数字で、また練習試合だかでの特大二発からしてあそこまでヘタレとは想定外中の想定外でした。
打てなかったのもそうですが、盗塁ゼロ、企画すらなしってのはどうよ、舐めていたとしか思えません。
浦和での修行中もその姿勢に変化が見られなかったので、二年目の期待よりも入れ替えの方に心が向いています。

>JFさん
投手戦ももちろん見ていて手に汗握る面白さがあるのですが、野球はやはり点取りゲーム、打たないと・・・ですね。
下位打線とは言いながらも1割台の選手が並ぶのは、さすがに見ていられません。
長打が無いので足でかき回すわけでもなく、ヒットがなかなか出ないから走者を大切にしすぎのような。
特徴、もそうですね。
生き残るためにはアピールをしないと、それだけの資質はあるのにもったいない。
岡田の足もそう、井上なんかも右中間に伸びていく打球こそが持ち味なはずが長打を意識しすぎての引っ張りでドン詰まり、そこか?みたいな。
ロッテな選手が謳歌した時代がありましたが、平均的な選手、プレーを好む気質がチームにあるのかも。
まずそこを壊さなければ。

>まなびぃさん
いや、そういう意図は(笑)
そこでパスかよっ!てやつですね。
繋ぎの野球、が嫌いな理由がそれで、美しく聞こえますが実は責任回避の裏返しでしかありません。
お前が決めろよ、と。

>オブさん
加藤細谷の一二番ですか。
今季に細谷の二番は当たりましたがどんなものか、そもそも二番タイプがいませんね。
本来は荻野がしっかりとそこにはまってくれると助かるのですが、さすがに期待をするのに疲れてきました。
台湾に飛ぶ平沢の来季の飛躍があるかどうか、が鈴木のポジションに影響を及ぼすでしょうし、レベルは低くとも楽しみはある打線です。
仰せの顔ぶれであれば清田と角中をひっくり返しかなぁ。

>ろびんそんさん
角中はあまり引っ張っていく、という印象が無いんですよね。
そのオーラを出しているのが鈴木ですが、ここは思いがけず角中と同い年の細谷に期待をしたいです。
清田の二の舞の来季が怖くもありますが、チャンスに「おいしい」と言えるロッテでは少ないタイプですので。

>宮崎オリオンズさん
立花がソフトバンクですか。
まあ育てることは苦手でも力のある選手を使いこなすのには長けている、みたいな得手不得手もあるでしょうから、頑張ってね、ってとこかしら。
仰せのように個々の選手の力量はもちろんのこと、それをどう使いこなしてくかというベンチの差配が弱かったわけで、その責の一端が打撃コーチです。
ロッテには合いませんでしたね、山下コーチは合うのかなぁ。

>ティックさん
角中三番派(笑)
李大浩かぁ、今さら感があるかなぁ。
ホームランテラスの無い幕張マリンだと30発は無理でしょうし、出番を求めてとは言いながらもロッテの提示じゃ無理のような。
どうせソフトバンクが声をかけるでしょうし、それでデスパイネに手を出す余裕が無くなるほうが思う壺かも。

>mihimarinesさん
平沢は来季が勝負でしょう、我慢をして100試合以上をスタメンで使うぐらいの覚悟が必要だと思います。
となれば鈴木はセカンド、新外国人選手がファーストですか。
福浦にはさらに厳しいシーズンとなるでしょうが、こればっかりは仕方がありません。
今のままだと中村の覚醒は期待できないから、サードってのもありか。
3Aで20代後半、できれば左打者がいいです。

>ロッチさん
中島は特別としてもチーム一丸となっているイメージのある日本ハム、ばらばらのロッテ、の差でしょうか。
そのあたりはベンチのハンドリング、普段からの教育が大切なわけで、結果から見れば指導できていないのでしょう。
まあプロなのですからそのぐらい自分で考えろよ、ではありますが・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。