猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

九月に降る風

2012-06-30 01:50:36 | 映画
BSでずっと前に録画しておいた「九月に降る風」という台湾映画を見た。
すっごく良かった。7人の男子高校生と2人の女子高生の青春映画である。
その中でもイェン、タン、イェンの恋人のユンが中心になっている。
7人の少年たちは少し素行が悪く、度々学校にいる教官から呼び出しをくらっている。
「またいつものメンバーね」と言われる。
でもそんなに悪い子たちではなく、見ているとなんだか日本の高校生を連想する。
誰かの家に夜遅くまでいておしゃべりをしたり、ゲームをしたり、ビールを飲んだり、
バイクで出かけたり(台湾の高校生ってバイクに乗ってる人が多いんだなあ)、ナンパしたり、
デートをしたり、プロ野球の試合を見にいったり、勉強したり。
学校の雰囲気(校舎のデザインとか制服とか)も日本によく似ている。ついでに顔も
ほとんど日本人と同じなので、とても親近感が湧く。
浮気症のイェンにやきもきするユンだが、本当はイェンはユンを愛している。
そしてタンもユンにほのかな想いを抱いている。
ずっと続くかに思えた彼らの日常に、ある出来事が起き、彼らの心のバランスが崩れていく。

この映画は2008年の作品なのだが、1996年が舞台になっている。その年、台湾で
プロ野球の八百長疑惑事件が起き、国民の大きな関心となったらしい。
何度かそのニュースの場面があるのだが、本当のニュース映像だと思う。
イェンたちも、好きな選手や球団に裏切られた思いで、野球から離れていく。
それが物語の中で大きな軸になっていると思った。

ラストシーンがまた良かった。最後に野球選手が出て来るのだが、その人は本当の選手で、
ゲスト出演をしている。その人に「ピッチャーできる?」と聞かれたタンが、喜んで
ボールを投げるシーンで終わるのだが、それがすごく良かった。
映画の好きなラストシーンの上位に入るな、私の中で。
あ~この映画、映画館で観たかったなあ すごく残念。
私は華流マニアなので香港や台湾の映画をよく観るのだが、その中でもかなりいい映画だった。
切なくて、悲しくて、それでいてキラキラして瑞々しい、そんな映画だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

彼が二度愛したS

2012-06-17 04:32:37 | 映画
「彼が二度愛したS」という映画を見た。サスペンス映画だったけど、まあまあ。
主演のヒュー・ジャックマンとユアン・マクレガーを、名前は知っていたが
顔を知らなかったので、顔を覚えられたことで、それなりに楽しめたって感じ。
真面目で孤独な会計士(ユアン)が、遊び人の弁護士(ヒュー)と知り合ったことから、
人生が変わっていく。
親しくなったある時ヒューが携帯電話を間違えてしまい(わざとだが)、そのまま
出張に行ってしまったので、ユアンはヒューの携帯を使うことになる。
その電話のために、ユアンは会員制の秘密クラブの存在を知ることになる。
名前も職業も明かさず、一夜限りの情事を楽しむクラブ。ユアンはそれにはまってしまう。
ある時やってきた女性を見てユアンは驚く。以前地下鉄の駅で見かけて、一目惚れ
していたイニシャルがSの女だった。
だがユアンは何者かに殴られ気を失ってしまい、目がさめた時には女はいなくなっており、
ベッドに血痕がついていた。ユアンはすぐに警察を呼ぶも、相手の名前も何も知らない
ことから、逆に容疑者扱いされてしまう。
これは、ヒューが仕組んだ罠だったのだ。

ユアンはSを人質にとられて、ヒューに脅迫される。会社の隠し金を自分の口座に
送金しろ、と。
この辺りだが、私はコンピューター犯罪が出てくるとさっぱりわからない。偽名で口座
なんて開設出来るの?その前に偽造パスポートって簡単に作れるものなの?
勝手にコンピューターで送金とかで出来るもんなの?
これはもう出来るものだと思って見るしかない。「ダイ・ハード4」もコンピューター犯罪の
話だったのでよくわからなかった。
そしてヒューはまんまと2000万ドルを手に入れる。…はずだったのだが。
意外なラストで、割とおもしろかった。ただ、偽造パスポートのことといい、突っ込みどころは
いくつかあった。いくら好きな女とはいえ、名前も素性も知らない女のために、
ああまで必死になれるだろうか。
ラストは自分を失い他人になってしまって、これからどうやって生きていくつもりなのか。
(どうしてパスポートを元に戻さなかったのだろう?)
そして最後の最後のシーン、あれはいらないんじゃないの、と思った。
あとユアンと間違われて殺されてしまった管理人さんがあまりに気の毒。あの刑事が事件を
解決するのかなあ、と思ったけどそれもないし。
ちょっと不満な終わり方である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ル・アーヴルの靴みがき

2012-06-05 02:56:32 | 映画
「ル・アーヴルの靴みがき」という映画を観にいった。先月だが。
私の1番好きな監督、アキ・カウリスマキの5年ぶりの新作である。
「街のあかり」からもう5年も経っていたのか。「街のあかり」もいい映画だった。
フランスのル・アーヴルという所を舞台にしたこの映画(全編フランス語)、
いつも通りのカウリスマキ・ワールド全開である。
ベトナム人の弟子と、ル・アーヴルの街角で靴みがきをして生計を立てている主人公。
その暮らしぶりは実に慎ましいものである。でも、彼には愛する妻と愛犬との
暮らしが幸せなのである。
そんな、「特に何もない日常」を送っていた主人公に、ちょっとした事件が起きる。
ガボンからの不法入国者たちが警察に捕まるのだが、1人の少年が脱走し、偶然にも
主人公と出会う。彼は少年を母親のいるロンドンに送ってやりたいと思い、資金集めに
奔走する。
同じ頃、妻が体の不調を訴えて救急搬送され、そのまま入院することになる。
主人公は妻のいない家に、少年をかくまう。
主人公と少年の絆は強くなっていくが、妻はもう長くないと診断されてしまう。
妻はそのことを夫には言わないで、と医者に頼むのだが…

アキ・カウリスマキはずっと、社会の片隅で慎ましく生きる人たちを描き続けている。
今回はフランスが舞台であったものの、雰囲気はいつものフィンランド映画。
この人の映画を観る度に、フィンランドの人ってこんなに貧しいの?と思ってしまう。
貧しいというのは違うかもしれない。とにかく質素なのだ。食べ物も、生活ぶりも。
ダイヤル式の電話や、レコード。本当にまだそんなものを使っているのだろうか。
それともカウリスマキの趣味で小道具に使っているのか。どっちなのかわからない。
「街のあかり」でも、主人公の男性が自宅に女性を招待するのに、用意したのはパンと
お酒だけだった。
でも、この雰囲気が私はものすごく好きなのだ。裕福でない人々を、カウリスマキは
暖かい目で見て、描き出している。
この人の映画は、見る人によっては退屈だろうと思う。とにかくセリフが少なく、
登場人物たちの表情も薄い。これが大きな特徴なのだ。私は元々フランス映画とか、
静かな映画が好きなので、私には合っているのだが、テンポのいいアメリカ映画が
好きな人は、退屈で寝てしまうんじゃないだろうかと思う。

私が初めて観たカウリスマキ作品は「マッチ工場の少女」で、大きな衝撃を受けた。
感動というのではない。救いようのない物語だったから。なんと言えばいいのだろう、
「こんな映画作る人いるんだ!」という衝撃、だろうか。
映画の冒頭で、主人公の少女がベルトコンベアで運ばれてくるマッチの点検をしている。
無言で、無表情で。私はそのシーンにいっぺんで惹き込まれた。
…が、一緒にビデオを観ていた元夫は、すぐに寝てしまった(笑)
後にNHKのBSで放送されたので録画して、何回観たことか。それ以来カウリスマキに
はまった。残念なことにまだ全部の作品は観ていないのだが、絶対いつかDVDを
揃えようと思っている。
ちなみに特に好きな作品は「マッチ工場の少女」「浮き雲」「街のあかり」「過去のない男」
である。マッチ工場の少女がダントツだけど。貧しく、家庭にも恋愛にも恵まれない
少女が、幸せを夢見るけれど、結局幸せになれないまま終わる物語である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加