猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

クリムゾン・リバー

2015-06-30 03:47:01 | 映画
2000年のフランス映画「クリムゾン・リバー」。
フランスのアルプス山脈の大自然の中。目がくり抜かれ手首が切断され、胎児の
ように縛られている若い男性の変死体が発見された。パリから派遣されたベテラン
刑事ニエマンス(ジャン・レノ)は捜査を開始し、アルプス山脈の麓にあるゲルノン
大学の閉鎖的な雰囲気に、秘密の匂いを嗅ぎ取る。一方同じ頃、墓の盗掘事件と
小学校での強盗事件を調査中の若手刑事マックス(ヴァンサン・カッセル)がいた。
やがて、何の関係もないと思われたこれら2つの事件を結びつける驚愕の事実が
明らかになる。

猟奇殺人事件を扱ったミステリー映画である。冒頭からショッキングである。目が
くり抜かれ両手首が切断された、若い男性の死体が凍った山で発見される。まぶ
たの氷が溶けて、水がスーッと涙のように流れるシーンは印象的である。
また一方で、子供の墓が暴かれ、小学校の事務室が荒らされるという奇妙な事件
が起きる。それぞれの事件を捜査していた刑事のニエマンスとマックスは、やがて
出会うことになる。何の関係もないように見えた2つの事件は、つながっていたのだ。
これはとてもおもしろい映画である。アルプスの大自然の中で起きた、動機のわか
らない殺人事件。墓荒らし。小学校での盗難。犯人の目的は何なのか。
映像がとてもスケールが大きくて、見応えがある。しかしこの映画、ジャン・クリスト
フ・グランジェという人の原作があり、小説の方が数倍おもしろい。長い小説なので、
これを2時間位の映画にまとめるに当たって、設定の変更や省略がかなりある。映
画だとわかりにくい所もあるが、原作を読めば納得できるし、謎が謎を呼ぶという
感じで、本当におもしろい。ラストも、映画では明るく描かれているが、原作はそう
ではないし、物語全体に暗く陰惨な空気が漂っている。映画もいいが、是非小説
を読んで頂きたい。



人気ブログランキングへ

映画(全般) ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天使の涙

2015-06-22 03:42:25 | 映画
1995年の香港映画「天使の涙」。
そろそろ足を洗いたいと思っている殺し屋(レオン・ライ)とそのパートナーである
エージェントの女(ミシェル・リー)。仕事に私情を持ち込まないのが彼らの流儀で、
2人は滅多に会うことはない。しかし、その関係が揺らぎつつあるのを2人は知って
いる。エージェントが根城とする重慶の安宿の管理人の息子モウ(金城武)は口が
きけない。定職に就けない彼は、夜な夜な閉店後の他人の店に潜り込んで勝手に
”営業”する。ある日彼は失恋したての女の子(チャーリー・ヤン)に出会って恋を
する。しかし彼女は失った恋人のことで頭がいっぱいで、彼のことなど上の空だっ
た。一方、殺し屋はおかしな金髪の女(カレン・モク)と出会い、互いの温もりを求
める。

香港の夜、ネオンの灯りの下で繰り広げられる、5人の男女の群像劇である。ユー
モラスでかっこよく、切ない映画だった。キャストもスター揃い。
殺し屋とモウはほとんどセリフがなく(モウは口がきけないので全くないが)、心の
中でのセリフが多い。まずレオン・ライの殺し屋が凄くかっこいい。ハンサムでスマ
ートで無口で、そんな人が両手に拳銃を持って撃ちまくるシーンは本当に素敵だ。
1番おもしろいのはモウだろう。とにかくモウの行動は意味不明、摩訶不思議で笑
える。閉店後の他人の店で勝手に営業するなんて、とんでもない話だ。無理矢理
物やサービスを客に押し付け、客が激しく困っているシーンは爆笑である。
殺し屋、エージェント、モウ、失恋した女の子、金髪の女、皆心に淋しさを抱えて
いるが、それでも、必死に生活している。ウォン・カーウァイ監督の独特のカメラ
ワークやセリフのおもしろさは、彼らのキラキラした人生を繊細に映し出している。
本当にこの監督は俳優を魅力的に撮るなあ、と思う。
ラスト近くでモウの父親が急死し、モウがホームビデオを観ている時の表情が何
ともいえず切なく、ホロリとする。父親の笑顔に涙が出そうになった。とても好き
なシーンである。この映画、何回も観たくなる。



人気ブログランキングへ

映画(全般) ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オリヴィエ オリヴィエ

2015-06-19 03:10:21 | 映画
1992年のフランス映画「オリヴィエ オリヴィエ」。
フランスの田舎町。獣医の夫・デュヴァル(フランソワ・クリュゼ)と専業主婦の妻・エリ
ザベトの間には、娘のナディーヌとその弟で8歳になるオリヴィエという2人の子供が
いた。エリザベトは異常なまでにオリヴィエを溺愛していた。ある日オリヴィエが行方
不明になり、警察も彼を見つけられなかった。エリザベトは半狂乱になり、家庭は崩壊
していき、この事件は担当刑事の心にも強く残った。事件から6年経ったある日突然、
パリに転勤していた刑事から、オリヴィエ(グレゴワール・コラン)らしき少年が見つかっ
たという電話が、エリザベトの元にかかってくる。

ミステリーであり、人間ドラマでもある、とても見応えのある映画だった。8歳の子供が
失踪し、家庭は壊れていく。息子を溺愛していた母親は精神的にひどく参っててしまい、
衰弱していく。夫や娘の言葉にも耳を貸さなくなり、いたたまれなくなった夫は家を出て
いく。そして母親と娘の2人の暮らしが始まる。
子供が行方不明になれば、どこの親でも嘆き悲しむだろう。だがこの母親は元々息子
を異常な程溺愛していたので、その悲しみようも尋常ではない。その様子は観ていて
少しいらついた。もし失踪したのが娘であれば、ここまで衰弱しただろうか。そしてその
娘は、母親が弟を溺愛していたのを知っていたので、弟がいなくなった悲しみもあるが、
これでやっと母親を独占できる、という期待も持っている。
それから6年経って、オリヴィエらしき少年がパリで見つかったという突然の知らせ。母
親はすぐにパリへ行き、少年と対面する。しかし6年の間に顔も変わり、自分より背が
高くなった少年を、本当に息子なのか自信が持てない。それでも母親は少年を自宅に
連れて帰る。父親も戻ってきて、夫婦は少年をオリヴィエだと確信し、大喜びする。け
れども姉のナディーヌだけは信じず、少年に冷たく当たる。
この映画は、母親と子供、父親と子供、夫婦、姉弟、といった家族関係のあり方に焦
点を当てており、考えさせられる。まず母親が何故あんなに息子を溺愛していたのか
がよくわからない。その母親の態度ゆえに父親と娘は不満を感じていて、既に家庭
崩壊が始まっていたという気もする。
俳優は皆良かったが、特にオリヴィエを演じたグレゴワール・コランが素晴らしい。こ
の人の映画は何本か観たが、本当に凄い演技力。物語のラスト近くで、少年が本物
のオリヴィエかどうかは判明するのだが、ラストは驚きに値する。



人気ブログランキングへ
映画(全般) ブログランキングへ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

復讐者に憐れみを

2015-06-16 04:01:25 | 映画
2002年の韓国映画「復讐者に憐れみを」。
ろうあの青年リュ(シン・ハギュン)は姉の腎臓病の治療のため、工場の退職金をつぎ
込んで闇組織で移植用の腎臓を求めようとするが、金は取られ、逆に自分の腎臓を
摘出されてしまう。その直後姉のドナーが見つかったという連絡を受けるが、既に金は
なかった。仕方なくリュはろうあ学校の同級生だったヨンミ(ぺ・ドゥナ)と共に身代金
誘拐を企てる。ターゲットは会社社長パク・ドンジン(ソン・ガンホ)の幼い娘だった。

悲惨で、全く救いのない物語である。主要登場人物の中でリュとパク社長は善良な
人間だが、ヨンミの説得で、リュは誘拐事件を起こしてしまう。ヨンミは過激派の組織の
メンバーで、耳は聞こえるのにろうあ学校へ行き、バレて退学になったというおかしな
女である。誘拐は成功し、2人は身代金を要求する。別段危害を加えようとしない2人
に、幼い娘もそれなりに懐き、全てはうまくいくかに見えたが、目を離した隙に少女は
川で溺れてしまう。助けを求める少女の声はろうあであるリュの耳に届くことはなく、
少女は溺死してしまう。そして、娘を奪われた父親の復讐が始まる。
何が悪かったのだろうか。リュはとても姉思いで、初めは自分の腎臓を提供しようと
するが、血液型が合わないと言われてしまう。それではと臓器密売組織の元へ行くと、
金も自分の腎臓も取られてしまう。そこで恋人のヨンミが思いついたのが身代金誘拐
である。ヨンミが「悪い誘拐と良い誘拐がある」とリュに話す内容は、妙に説得力が
あるのが不思議だ。少女を誘拐してからも、リュの耳が聞こえさえすれば、少女は死
なずにすんだのだ。善良だったリュは殺人者になってしまった。
パク社長のリュとヨンミに対する、そしてリュの臓器密売組織に対する、凄惨な復讐
が始まる。韓国の映画は残酷シーンがきついが、この映画も例外ではない。川に流
れる真っ赤な血が、人間の憎しみの深さを物語っている。パク社長とリュはそれぞれ
加害者であり被害者でもある。それがとても悲しいのだ。人間対人間の憎しみには、
少しの救いもない。何が悪かったのか、誰が悪かったのか、私にはわからない。

ドラキュラ伯爵役で有名だったクリストファー・リーが亡くなった。子供の頃、この人の
怪奇映画をいくつも観たが、怖かったなあ。90歳を過ぎても現役だったというのが凄
い。でも素顔は知的なイギリス紳士という雰囲気だった。ご冥福をお祈りします。



人気ブログランキングへ

映画(全般) ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホワイト・オン・ライス

2015-06-08 04:55:38 | 映画
2009年のアメリカ映画「ホワイト・オン・ライス」。
日系アメリカ人のハジメ(別名ジミー/渡辺広)は、仕事もうまくいかず、愛する妻にも
去られ、妹のアイコ(裕木奈江)一家の所に居候し、次こそ理想の妻を見つけようと
奮闘する。

日系アメリカ人たちの生活を描いた、ゆる~いコメディ映画である。とてもおもしろか
った。日系に限らず、アメリカで暮らす人はこんな暮らしをしているんだなあ、と興味
深く、ほのぼのとした物語だった。セリフは英語が1/3、日本語が2/3くらいだろうか。
冒頭で英語の時代劇を家族(ハジメ、アイコ、アイコの夫タク、息子ボブ)で観ている
シーンがあるのだが、切腹と介錯の場面になったら、ハジメがボブに「ここは子供に
は向かないシーンだから」と言ってボブを部屋から出ていかせる。アメリカはそういう
ところ厳しいんだなあ、と思った。私なら何も思わないが。
タクは40歳にもなるハジメを同居させることを内心嫌がっている。このハジメはとても
のん気で、ドジで、子供っぽい。元妻もおそらくそれで愛想を尽かしたのだろう。ハジ
メ役の渡辺広はお世辞にもハンサムとは言えないが、この人を主役に起用したのが
監督のセンスだろう。ハジメはイケメンではいけないのだ。妹役の裕木奈江は相変わ
らず可愛くて魅力的。ハジメとアイコとタクはバイリンガルだが、小学生の息子ボブは
日本語はわかるが絶対話さない。タクがボブに日本語で話しかけて、ボブが英語で
答えるシーンは笑えた。それにボブは落ち着いていてクールで、タクが過失でナイフ
が腹に刺さってしまった時も、母親の携帯電話に「ママ、学校から帰ったらパパが
お腹にナイフを刺してたよ。じゃあね」と伝言を残すところは爆笑である。
とにかく登場人物の演技もいいがセリフがおもしろい。ハジメがもの凄く背が高い女
性をアイコに紹介されてにびっくりして、「タンパク質とかよく食べるんですか」と聞い
たのも爆笑した。ハジメのキャラクターが本当におもしろい。
監督は若く、日本語がペラペラな人だそうだ。日本に留学でもしてたのかな?名作
とは言えないかもしれないが、傑作なのは間違いないと思う。



人気ブログランキングへ

映画(全般) ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加