猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

泥の河

2012-05-16 02:53:37 | 映画
しばらく体調が悪かったので、パソコンを開けなかった。パソコンは趣味の1つ
なので、淋しかった
「捜査官X」おもしろかったなあ。もう1度観たい

BSで「泥の河」という映画を観た。世界的に高い評価を受けた作品ということで、
前から観たかったのだ。
昭和31年の大阪を舞台にした、モノクロの映画だった。主演は田村高広さん。
私は田村高広さんが昔から好きである。
田村さん演じる主人公はうどん屋を経営しており、妻と9歳の息子がいる。
経済状態はまあまあといったところ。
ある日息子の信雄が、喜一(きっちゃん)という同い年の少年と知り合う。
きっちゃんは、母と姉と舟に住んでいるという。
信雄が遊びにいくと、姉の銀子ちゃん(11歳)はとても優しくしてくれたが、母親は
姿を現さなかった。
信雄の両親は、その舟が廓舟だということを知る。が、子供たちにはそんなことは
関係のないことだった。両親は信雄がきっちゃんと銀子を連れてくると、優しく
もてなした。姉弟はよく信雄の家に遊びに来るようになる。
ある日信雄が、姉弟がいない時に舟を訪ね、初めて母親に会う。きれいな人だった。
母親は、「お父ちゃんが死んでから、何度も岸に上がろうと思ったけど、なかなか
上がれんのよ…」と話した。
そして信雄ときっちゃんがお祭りに行った夜、帰りに舟に寄って、信雄は母親の
仕事を知ってしまう。

短い間の、子供たちの触れ合い。それがとても悲しかった。
親子の住む舟は河を移動し始めた。信雄の「きっちゃーん、きっちゃーん」と呼ぶ声は、
去っていくきっちゃんに届いたのだろうか。

印象に残るシーンがいくつかあった。主人公の友人が冒頭で登場するのだが、荷車を
ひいていて、馬が暴れて、荷車の下敷きになって死んでしまう。
あまりにあっけない友人の死に、主人公は「戦争で死んだ方がマシだったかもなあ」と言う。
それと、きっちゃんが軍歌を主人公に歌って聞かせるところ。軍歌を全部覚えている
きっちゃん。その父親も、戦争の生き残りだったのだと知る。自分と同じように。
あと、映画の中で出てきた新聞に、「経済、もう戦後ではない」と書いてあったのだが、
登場人物たちの暮らしを見ているととてもそうは思えなかった。
そして、きっちゃんが信雄に「ぼく、普通の家に住みたいなあ」とつぶやいた場面。
あの親子はいつまであの生活を続けるのだろう、と思った。
静かで重たい映画だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

捜査官X

2012-05-06 04:06:09 | 映画
ずっと前から楽しみにしていた「捜査官X」を観にいってきた。
(私は金城武の激烈ファンである)
まず、あの邦題なんなの。洋画の邦題って変なのが多いけど、これもまた。
原題は「武侠」である。元々金城武が武侠という映画に出演して撮影中、と知って
いたので、よけい「武侠でいいのに」と思ってしまう。

おもしろかった~ストーリーはミステリー&アクションといったところ。
1917年の中国の小さな山村が舞台。両替商のところに2人組の強盗が侵入するが、
その場に居合わせた紙職人のリウ(ドニー・イェン)が戦い、強盗たちは死んでしまう。
リウは村の英雄になり、村は大騒ぎになる。
そこへ捜査官シュウ(金城武)がやってきて、検死をするのだが、この正当防衛の事件に
疑問を持つ。
強盗の1人は武術の達人なのに、妻と2人の息子と慎ましく暮らしている紙職人の
リウが、どうして丸腰で強盗を倒せたのだろうか、ということである。
リウは平凡な男だと、本人も村人たちも言う。だがシュウは2人の強盗の死に方を見て、
リウが武術の達人ではないかと疑う。というかほとんど確信する。
その後のシュウの行動(捜査)はユーモラスでもある。頭脳明晰で人体構造に詳しい
シュウはリウがしっぽを出さないかと付け回す。
この辺の表現は、香港映画だなあ(正確には香港・中国合作)、とクスリとしてしまう。
そしてシュウが同僚にリウの過去を調べさせた結果、大変なことが判明する。

映画は前半がシュウ中心、後半がリウ中心といった感じである。前半はミステリー、
後半はアクション。
ドニー・イェンのアクションがすごい。私はスポーツ全般に興味がないが、何故か
カンフーだけは好きで、もうドニーがかっこよくて仕方なかった。
両手をかまえた姿の神々しいこと。カンフーってなんてかっこいいんだろう。
カンフー・スターの中ではジェット・リーが1番好き。あのストイックな表情が
たまらない。
金城武は、丸メガネに麦わら帽子の個性的なスタイル。この役、けっこうはまり役では
ないだろうか。レッドクリフの孔明も良かったが、こっちの方がとても楽しそうに
演じている気がした。

そしてこの映画、往年のカンフー・スター、ジミー・ウォングが20年ぶりに映画に出演
しているのも話題になっているのだ。私は最初、誰がジミー・ウォングなのかわからな
かった。ジミー・ウォングってこんなに太ったんだ!とびっくりした。
でもアクションシーンはさすが。ドニーとの戦いのシーンはほんとに迫力があった。
それと、リウの妻役のタン・ウェイがとても可愛かった。この人の顔、好きだなあ。
もう30歳を越えているが、22~23歳に見える。
とにかく見どころ満載、おすすめです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加