猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

パッセンジャーズ

2017-02-27 06:04:26 | 映画
2008年のアメリカ映画「パッセンジャーズ」。
セラピストをしているドクター、クレア・サマーズ(アン・ハサウェイ)は、
ある飛行機事故で生存した5人のカウンセリングを受け持つことになった。
生存者の1人エリック(パトリック・ウイルソン)はグループカウンセリング
を拒否し、自宅での個人カウンセリングを希望する。ところが、グループ
カウンセリングの度に、患者が1人ずついなくなってしまう。クレアは徐々
に、航空会社が過失を組織ぐるみで隠蔽するために、生存者を口封じのた
め狙っているのではないかと疑い出し、解明のために奔走する。

ミステリーなのだが、意外な結末が待っている映画。大きな飛行機事故が
起き、5人しか助からなかった。セラピストのクレアは、5人の生存者たち
のPTSDの治療のため、グループカウンセリングを行うよう依頼される。カ
ウンセリングでクレアは、生存者たちが言う事故の状況と、航空会社の説
明に食い違いがあることに気づく。そしてカウンセリングの時に窓の外か
ら何者かが覗いていることにも気づく。更に生存者たちはカウンセリング
の度に1人ずつ姿を消す。
謎が多くおもしろい。クレアは航空会社が事故の原因を隠すために動いて
いるのではないかと推測し、航空会社へかけ合うが、相手にされない。生
存者が1人ずついなくなることに混乱するクレアと同じように、観ている
こちらも混乱していく。
アメリカでは自宅での個人カウンセリングなんてあるんだろうか。日本で
は聞かないなー。精神科を受診しようとしない人に、医師が自宅まで出向
くなんて考えられない。そんな人放っておくしかないだろう。エリックの
自宅でのカウンセリングを承諾したクレアは、やがてエリックと男女の仲
になってしまう。なるだろうな~。でもイカンでしょ。
終盤、物語は急展開を見せる。そして、ミステリーであるこの映画は、切
なく感動的なものになる。ある映画にちょっとテイストが似ているのだが、
その映画のタイトルを出すとネタバレになってしまうので、書かないでお
こう。




映画(全般) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

おでんで好きな具は…

2017-02-25 04:52:04 | 映画
お題「おでんで好きな具は?」に参加中!
初めてお題に参加してみました。
おでんで好きな具は、まず餅きんちゃく!(カロリー高いw)次にこんにゃく!次に
卵!次に大根!あとはウインナー巻きとかごぼう巻きとか。牛すじは苦手。
今年まだおでん作ってないなあ~🍲




映画(全般) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

さくら もう6年

2017-02-24 04:36:51 | 映画
昨日2月23日は、3女猫さくらの6回目の命日だった。もう6年…信じられない。
時の経つのは何と早いことか。2~3年前ならわかるけど、6年って…。本当に
ついこの間のことのような気がする。まだはっきりと覚えている。さくらが突
然動かなくなって、夜間救急病院に連れていって…。何が起きているのかわか
らなくて、私は混乱していた。結局助からず、10年の生涯を終えた。
ブログにもさくらのことを何度か書いたが、さくらは私が1番かわいがってい
た猫だった。もちろん4匹とも皆かわいいのだけれど、さくらは私にとって特
別だった。本当に天使だったのだ。白くて小柄で、雑種だけれど他の子たち
よりやや毛が長くて、青い目をしていたので、外国の猫の血が混じっている
のではないだろうか、と私たちは勝手に推測していた。拾ってきた子だったの
で、結局わからないのだが。そして少し毛が長いせいか、夏はとても暑そうで、
床にベターッと寝ていた。その姿が忘れられない。
私はずっとさくらの写真を飾ることさえできなかったが、最近やっと1枚だけ
写真立てに入れた。悲しみに暮れる頻度は確かに少なくなった。でも、さくら
のかわいかった姿を思い出しても泣くことはなくなったが、急に具合が悪く
なったこと、病院で息を引き取ったこと、火葬にしたこと、これらを思い出す
と涙が出る。今まで生きてきてあんなに泣いたことはない。あんなにふわふわ
してかわいいさくらを、どうして火葬にしなければならなかったのか。
でもだんだんわかってきた。火葬とはこの世とあの世を切り離す行為として、
大事なことなのだ。さくらはきっと天国で元気にやっているだろう。もう病気
もないし。他の猫たちと遊んでいるだろう。神様にかわいがられているだろう。
さくら、他の子は皆長生きしているよ。短かったさくらの人生の分まで生きて
くれているのだと思う。いずれ私たちもそっちに行くから、いつか会える日ま
で、待っていてね。


以前書いたさくらについての記事です。良かったら読んでください。
さくら
さくらがいない日常
さくらへ




全般ランキング

人気ブログランキング


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たかが世界の終わり

2017-02-21 02:39:34 | 映画
カナダ・フランス合作映画「たかが世界の終わり」を観にいった。
「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気作家のルイ
(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きだっ
た料理を用意し、兄に憧れる妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないおしゃれ
をして待っていた。浮足立つ2人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ
(ヴァンサン・カッセル)。彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイ
とは初対面だ。オードブルにメインと、まるでルイが何かを告白するのを恐れる
かのように、っひたすら続く意味のない会話。戸惑いながらも、デザートの頃に
は打ち明けようと決意するルイ。だが、過熱していくアントワーヌの毒舌に、そ
れぞれが隠していた感情があらわになる。

グザヴィエ・ドランの最新作。フランス映画の大物たちが顔を揃え、非常に見応
えのある作品になっている。自分がもうすぐ死ぬことを家族に伝えるために、12
年ぶりに帰郷したルイ。12年もの間絵はがきしかよこさなかったルイを、兄のア
ントワーヌは良く思っていない。母親と妹はとても喜んでいる。人と話すのが苦
手なアントワーヌの妻カトリーヌは緊張している。家族それぞれが思惑を抱えた
まま昼食は始まる。アントワーヌはとにかく毒舌で皮肉屋で、彼が何かを喋る度
に、カトリーヌやマルティーヌがなだめたり注意したり。ルイは皆のおしゃべり
の中で、いつ打ち明けようかとタイミングを見計らっている。けれどもアントワ
ーヌの毒舌が過熱し、シュザンヌと大喧嘩になってしまう。
主人公のルイはとてもセリフが少ないが、彼以外の家族はよく喋る。皆、12年
ぶりに帰ってきたルイを囲んで何を話せばいいのかわからず、とりとめのない
会話を続ける。肝心のルイが、何故帰ってきたのかを言わないのだ。私だったら
あんなに緊張で息詰まる食事の場にはいたくない。料理の味もしないだろう。
皆演技がうまいけれど、特にヴァンサン・カッセルはさすが。マリオン・コティ
ヤールもセリフの少ないギャスパー・ウリエルも、とても繊細な演技をしている。
怒ったり憎んだり、感情をぶつけ合い、傷つけ合うことでしか愛情を表現できな
い不器用な家族。ルイが帰郷したことでそれははっきりと表現される。ルイはそ
の役割のために帰ってきたのだろうな、と思う。痛々しくて愛情深い、家族の物
語である。




映画(全般) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ロード・トゥ・パーディション

2017-02-18 19:04:08 | 映画
2002年のアメリカ映画「ロード・トゥ・パーディション」。
1931年、イリノイ州ロックアイランドの町。良き夫であり2人の息子の良き父親
であるマイケル・サリヴァン(トム・ハンクス)には、アイルランド系マフィアの
幹部という裏の顔があった。マイケルはボスのジョン・ルーニー(ポール・ニュー
マン)から息子のように愛されていた。マイケルの2人の息子にも孫のように接す
るジョン。そんな父ジョンを実子コナー(ダニエル・クレイグ)は苦々しく思って
いた。ある日、組織の幹部会で父から激しく自分のミスを責められたコナーは、
父への恐れと、自分以上に父に愛されるサリヴァン一家への嫉妬と憎悪の念を抱
くようになり、マイケルの妻と次男を殺害。それを知ったマイケルは生き残った
長男と共にコナーへの復讐を決意する。

ハードボイルドながら、親子の愛を描いた物語でもあり、なかなかおもしろかっ
た。マフィアのボス・ジョンは出来の悪い息子コナーより、マイケルやその子供
たちを家族のようにかわいがっていた。しかしコナーがマイケルの妻と次男を殺
し、マイケルがコナーに復讐する立場になると、息子を選ぶ。この辺りやっぱり
父親なんだなあ、と思う。ダメ息子よりマイケルに目をかけていたのに。そして
ジョンはマイケルを抹殺すべく殺し屋(ジュード・ロウ)に依頼する。
悲しい物語だ。コナーがマイケルの妻子を殺しさえしなかったら、後に続く不幸
もなかったのに。マイケルは長男と車で逃げる。途中長男に車の運転を教えるの
だが、12歳の子供に運転させるなんてびっくりだ。そういう時代だったんだろう
なあ。息子はどうにか運転できるようになるから凄いが、あのアメリカのだだっ
広い1本道だったらできても不思議はないかもしれない。
マフィアの話だから人がたくさん死ぬのは仕方ない。黒いロングコートを着た男
たちの姿が決まっている。ポール・ニューマンはだいぶ年を取っているが、かっ
こいいなあ。ジュード・ロウのかっこよさとまた違う。年を取ってからの方がか
っこいい俳優って結構いる。アル・パチーノとかチャールトン・ヘストンとかダ
スティン・ホフマンとか。いやみんな若い時もかっこいいのだけれども。
ラストの海辺での長男の独白シーンが良かった。

アレルギー性皮膚炎が痒い~💦たまに出来るから辛い




映画(全般) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加