猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

切腹

2011-12-26 03:13:49 | 映画
先日「一命」という映画を見たが、そのオリジナルの「切腹」がBSで放送されてたので、
見てみた。
ストーリーは大体同じ。ちょこちょこ変わってる所はあったけど。
「切腹」は1962年の映画で、カンヌ国際映画祭の審査員特別賞?か何かを受賞している。
「一命」もすごく迫力があったけど、「切腹」も相当だった。
どっちがいいかと言われれば、どっちかなあ…レビューでは断然「切腹がいい」という
評価が多い。まあ大体洋画でも邦画でも、リメイクはオリジナルにはかなわない、と
思うけど。でもこの映画に限っては、どっちも良かったと思う。
「切腹」は主演の仲代達矢さんの演技が怖いくらいすごい。私は仲代達矢、丹波哲郎、
三国連太郎の若い時を見たことがないのだが(あ、丹波さんはあるか)、この映画で初めて
見て、あ~こういう演技をする人たちなんだ~、と思った。
やっぱり昔の俳優さんたちの方が演技がうまいんじゃないだろうか。
もちろん現代でもうまい人はいるけれど。
驚いたのは、この時仲代達矢が30歳だったということ。とても30歳には見えなかった。
設定は45~50歳くらいだと思うんだけど、そのくらいに見えた。
逆に岩下志麻さんは、この時21歳?くらいのはずだが、そんなに若く見えなかった…
(岩下志麻さんすみません)
「一命」の満島ひかりさんは25歳くらいなのかな?でも岩下さんよりずっと若く見えた。
でも、海老ちゃんは頑張ってたと思う。仲代さんの迫力には負けるが、相当良かった。
殺陣の時の身のこなし、さすがだと思った。

仲代さんと言えば、今年亡くなった田中実さんを思い出す。仲代さんも大変なショックを
受けたらしい。田中さん、どうして自殺しちゃったのかなあ。生きてて欲しかったなあ。
自殺じゃないけど、今年はピーター・フォークが亡くなったのも、とても残念だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もうすぐ2011年も終わりか~

2011-12-20 03:14:21 | 映画
金正日が死去したというニュースが飛び込んできて、びっくりした~。
これで北朝鮮が少しでも変わればいいなあと思うけど、変わらないんだろうなあ…。
拉致被害者の人たちを、もうみんな帰してくれないかな(´・ω・`)


今年映画館で観た映画で、面白かった順

1)悪魔を見た
2)アンチクライスト
3)一命
4)1911
5)デビル
6)アンダルシア 女神の報復

でした。もっと観にいきたかったんだけど、なかなか外出できなくて…
「カティンの森」と「アジョシ」を見逃してしまったのはとても残念。
来年はもっと頑張って映画館に行こう


「ハンター×ハンター」、早くアルカの話終わってくれないかなー。
アルカきらいなんだよね。冨樫先生、早く進めてください。

「黄昏流星群」も見逃せない。今回の話は重たいなー。

「るろうに剣心」を読んだことないので、読みたい。集めたい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1911

2011-12-06 02:18:32 | 映画
「1911」を観にいった。ジャッキー・チェン主演の、アクション物ではない
映画である。ジャッキー100作目とのこと。すごいな、そんなに映画に出てるんだ~
辛亥革命の話で、ジャッキーは孫文の仲間だった黄興という人を演じている。
おもしろかったんだけど、ストーリー上孫文の出番やセリフが多く、孫文が主人公?
と思ってしまう。ジャッキーの役は地味だったな。
孫文役の俳優の、英語のうまさに驚いた。ほとんどネイティブじゃないか、って感じ。
当然英語がしゃべれるから孫文の役に選ばれたんだろうけど。

私が知ってる俳優はジャッキーとジョアン・チェンしかいなかった。
昔から思ってるんだけど、ジョアン・チェンって美人じゃないと思う
でも大スターだよね。まいっか。

革命軍の若い男の人たちが、次々に殺されていくシーンはかわいそうだった。
いつの世も革命で犠牲になるのは若者なんだなあ。
でも疑問に思うんだけど、中国って、辛亥革命が起き、天安門事件も起きたのに、どうして
一向に民主化されないんだろう。
映画の終わりの方で、孫文が「これからは格差もなくなり、国民は自由で平和な暮らしが
できるだろう」みたいなことを言ってる場面があったけど、結局変わってないよね。


私は時代物の映画が大好きである。「ラストエンペラー」も「レッドクリフ」もおもしろかったし、
あっ「墨攻」もアンディ・ラウがメチャメチャかっこよかったし、「西太后」なんて何度見たか
わからない。テレビの深夜映画とかで放送される度につい見てしまう。
実話ではないけど「SPIRIT」もジェット・リーが神がかり的にかっこいい。
ヨーロッパの映画も好き。
「エリザベス」「エリザベス・ゴールデン・エイジ」「1000日のアン」なんか大好き。
「1000日のアン」は主演のジュヌビエーブ・ビジョルドが、伝えられているアン・ブーリンと
容姿や雰囲気がよく似ていて、良かったなあ。大好きな映画のひとつ。
「トロイ」もブラッド・ピットのアキレスが死ぬ程かっこよかった。
古いけど「偉大な生涯の物語」や「十戒」なんかも。
あー映画の話してたらキリがない!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加