キャットてぃるのサックス遊戯+BASS

42歳から始めたジャズプレイヤーへの道のり

5弦ベースでスラップがやりずらい理由

2017年07月14日 08時29分27秒 | ベース
2年前、ベースのレッスンを受け始めた頃から使っているアクティブの5弦ベース。

もともとスラップをやりたくて買ったのだけど、なぜかとても弾きずらい部分があった。

でもそれは単に自分が未熟なせい。

そう思っていたけど、それだけではないみたい。

まず、5弦ベースは弦が一本多いので、当然、弦と弦の間隔が狭くなっている。
そうなるとスラップで指を潜り込ませるのが、やや難しくなってくる。
でも自分は手が小さく指も細いので大丈夫だと思っていた。
ところがコンパクトベースの方がレギュラーの弦の間隔だったので、比べてみると、やっぱ弦の間隔が狭い方がやりずらかった。

それと一番の問題はフレットの数。いわゆるロングスケールでの24フレット。
今までフレットの数がスラップの奏法に影響するなんて考えてもみなかったけど、この前のレッスンで先生が、「24フレットのベースだと、スラップをやる際の右腕の抱え込みの位置が取りずらくなる。」というお話をいていたので、それがどういう意味なのか、しばらく考えてしまった。

でも実際にスラップ(ラリーグラハム系)の右手のポジションを取った時、右手の位置がやや右寄り。うん、たしかにやりずらいかも。、、、というか、小柄で腕の短い自分にとっては、右手もさることながら、左手の位置が遠くなり、かなり弾きずらい。
よって、全体の構えと両手のバランスを考えると、24フレットで5弦のベースはスラップがやりずらいという結果に。

かといって、コンパクトベースだと、今度は小さすぎて、やりずらい。(おぃ!)

そんな感じで、やっぱ!普通の4弦のベースが欲しいな。
できればスラップ奏法用、、、。

なにしろ、今、家には4本ベースがあるけど、普通のが無い!

まず、今の5弦ベース、そしてコンパクトベース。
さらにアップライトベース(EUB)、
そしてウッドベース。

いろんなベースを練習することで得るものが大きいと感じている昨今、、。
だったら、もっといろんなベースを弾きたけど、
まず、一般的な普通の4弦のベースを弾いてもいいんじゃない?!

と、妄想はつづく。


にほんブログ村
『楽器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レッスンでのアドバイス | トップ | 右手のフォーム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。