キャットてぃるのサックス遊戯+ベース

42歳から始めたジャズプレイヤーへの道のり

ドラム再入門!

2017年03月05日 10時30分39秒 | ドラムス
今日は、ひさしぶりに家にあるエレドラを叩いてみた。

たしかエレドラを買ったのは数年前ー。
引っ越しを期に防音室にエレドラが入れられると分かり購入した。
とはいっても、一番小さいのを!



エレドラはローランドのTD-4でコンパクトに折り畳めるのウリだけど、今まで一度も折り畳んだことはない。でもコンパクトで場所も最小限で済むので、狭い防音室に置いてもそれほど幅を取らないで安心。
本当はこれで思い存分ドラムの基礎練習ができる!と思いたいところだったけど、現実には他の楽器の練習が忙しくてあまり使っていない。

そんなエレドラだけど、、、。

久しぶりに叩いてみて、やっぱり楽しかった。
それでさらに本棚から大昔にレッスンで使っていたルーディメントの教則本を引っ張り出してきてやってみたり~。



って、この「ルーディメント」という教則本。
なぜ2冊もあるのだ??

さらにどちらも使いこんでいるっぽい?

と、なぜ本が2冊あるかは不明だけど、、。
とりあえずその中のページ、特に最初の基礎のストローク練習とかやってみたけど、、。

おっ!?意外と忘れているー。
おまけに左手のストロークが怪しい~。

というか、左手はもともとレギュラーグリップで10年習っていて、その後、マッチドグリップも練習したけど、いざルーディメントを練習する時は、ほとんどレギュラーグリップ。マッチドグリップはメタルバンドで叩く時だけだったので、経験値が違うみたい。

そしてシングルストロークの基礎である4つのストロークをやってみると、左手は特にフルストロークの手つきが怪しい。だからダブルストロークをやったときに手がぶれてしまう。

と、そんなことを考えながら叩いていたら、なんとなく~また練習してみたくなったドラム。

もう真面目に練習しなくなって10年以上が経過しているけど。

考えてみればあと2年でドラムを始めて30年になる。
ろくに練習していない期間があるにせよ、たまにジャズのセッションで叩いたりして、叩くたびに楽しいとは思う。
でも家で定期的に練習していないから、やっぱり腕は衰えているかもー。
せっかく覚えたドラムなので、もう一度、練習し直してもいいかも。

ちなみにルーディメントは、ドラムを始めた当初、専門の先生について3年ほど習った。
「N.A.R.D」というアメリカの教則本を修了したのが、一番の想い出。
そしてこの教則本も本を執筆した先生の教室までわざわざ出向いて、専門の先生の教室に習いに行った想い出もある。
おかげでルーディメントは得意だったけど、残念ながらドラムセットへの応用だけは上手くいかなかった。
その辺が才能の有無を感じた部分だったけど。

とはいっても、もともと基礎練習が好きなので、、、またやりたい!
衰えた左手のストロークもなんとかしたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラムでセッション

2016年10月11日 13時52分51秒 | ドラムス
昨日は、超久しぶりに大宮にあるアコースティックハウスジャムというお店のジャズセッションに行ってきた。

なんとこのお店に行くのは2年ぶりー。

さらにドラマーとして行くのは初めて(これまではアルトかソプラノ、フルートとか。)なので、いきなり「ドラム叩きますー。」とかお店の方に言ったら、すっごく驚かれていました。
ということは、はい。お店のドラムを叩くのも初めてなので、いささか緊張気味~。

でも、いざ、セットに座ってみたら、すっかり昔を思い出して、、。うーん。懐かしい感じが。

今までも他のお店でサックスを吹く傍ら、ドラマー不在とか、気分で、少しだけドラムを叩くことはあったけど、こうやって「ドラマー」としてセッションでエントリーするのは10年ぶり。
先月辺りから、「セッションでドラムを叩く。」というを回帰させようと密かに思っていたので、「これがなんらかのきっかけになればいいな。」と、思ったり~。

残念ながらセッションはいる時間が少なくて、、。
それでも4曲ほど叩かせてもらった。

な、なんだけど、、、あっー!?問題が、、、いきなり最初の曲が「ブルーボッサ」っ!!(うっ、ボサノバのリズムが、。)
、、、つうか、ボサノバは、一応、叩けるけど、、、あまり練習してないので動きを忘れていて、、、案の定、叩いてみたけど動きがぎこちないー。
ずっと4ビートばかりセッションで叩いていたので、いきなりボサのリズムは辛かったー。
で、その後は歌伴で速めの4ビート。お気に入りのナイロンブラシで叩いて楽しかった。
その後は「ジャストフレンズ」とか、「ビューティルラブ」とか、ミディアムテンポの4ビート叩いて、ブラシとスティックと交互に使ったりして。
なんかまだリハビリっぽい演奏になってしまった感はぬぐいきれないけれど、、、。
ともかく超久しぶりのドラマーになりきったセッションは「楽しい。」のひとこと。

あとは、今後、どうするか?

じっくりと考えたいところだけど、ベースで2つ、アルトで一つ、バンドをやっていることを考えると、ドラマーにすぐに回帰するのは難しそう。
で、でも、家では練習をして、もう一度、忘れた叩き方を思い出したい。

ということで、楽しいドラムでセッションでしたー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワイヤーブラシ

2016年07月26日 16時14分16秒 | ドラムス
今日は久しぶりにドラムを叩いたー。

、、、といっても家にあるエレドラだけど。
最初はフツーに叩いていたけど、なんだかつまんない。
そんな感じなので、エレドラの隣に置いてあったスネアとハイハットを叩くことに。

それで最初はスティックで叩いていたけど、ちょっとうるさい。
ちょっと打面にミュートとかしたけど、、、いまいち。
そこで思い出したのがワイヤーブラシ。

実はドラムをやっていた頃はワイヤーブラシは大好きだった。
もちろんジャズのセッションでも出番は多いし、叩いていても楽しい。
ただロックじゃ使わないし、メタルバンドでも使わないし、、。
と、思ったけど、、。

昔のジャズのレコードを聴くと意外とたくさんワイヤーブラシの演奏のサウンドが聴ける。
かくいう自分もジャズスタンダード曲のワイヤーブラシを聴くのも大好きだった。
たぶん一番好きなのはエルビンジョーンズで、次は森山威男さん。

それなので久しぶりにワイヤーブラシでスネアを叩いていたら無性にジャズがやりたくなって、急いでジャズのCDをステレオで掛けて一緒に叩いてみたり~。うーん。楽しい。
ただ、自分の想いとは裏腹に手は思うように動かないー。やっぱ、ブランクありすぎ?!
それでもブラシワークに欠かせないハイハットワークも一緒に練習すると実践的でいいかなー?と思ったり~。

とりあえず一時間、大好きなジャズのCDを掛けてワイヤーブラシとハイハットで遊んでしまったー。、、、って、これからどうするか、まだ決めてない。

けど、また気が向いたら練習してみたい。

もうドラムやめて10年くらい経っているけど、なんとなく体は覚えているみたいだけど、もちろん忘れていることもたくさんある。なので、また練習し直すのもしいかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルーディメンツの教則本

2016年05月19日 17時42分29秒 | ドラムス

実は朝からどうしても見たい本があり、押し入れを捜索ー。
で、偶然にもずっと見当たらないと思っていた本まで見つかってしまいラッキー。
それがドラムの教則本だった。

若い頃から教則本や楽譜を集めるのが趣味だったので、古くは10代の頃に初めてやったクラシックギターの教則本やのちにやって挫折したエレキギターのギター譜やバンドスコア、そして20代に始めたドラムの教則本が多数~。もちろん40代で始めたジャズサックスの楽譜や教則本や現在進行形のスラップベースの教則本とか、、、多々あるけど。(爆)

その中でもドラムの教則本やジャズドラムのもの、ロックドラム系、そして一番多かったのがルーディメンツ系の教則本たち。
ドラムの基礎であるルーディメンツは、ドラムを始めて2年後くらいに嵌って、あのロールがしたいがために週に一度、ドラム教室とは別に専門の個人レッスンを受けていた。
その時に教室で使用していたのが下に書いてある教則本の一部。
実際には、打楽器教則本とAMERICA'S・N・A・R・D(DRUM SOLOS)を、2年掛けて全部レッスンでクリアした。
それ以外の本はレッスンを止めた後、独学でやろうと思ったけど、少しやって挫折!(おぃ。)
未だに課題のまま。



■打楽器教則本
■ルーティメント/リズム教育研究所
■AMERICA'S・N・A・R・D(DRUM SOLOS)(洋書)
■ALL AMERICAN DRUMMER 150Rudimental SOLOS(洋書)
■MODERN RUDIMENTAL SWING SOLOS(洋書)
■'14 MODERN CONTEST SOLOS' for Snere Drum(洋書)

最初、「ALL AMERICAN DRUMMER」という本を練習したかったのだけど、当時、先生が「これはちょっと難しいから「NARD」をぜんぶ練習したら、次にレッスンでやってもいい。と仰ったので、真に受けて気合入れて練習した。
がしかし、全部終わった頃、事情があり、そのレッスン自体を止めてしまい、次をやることもなく。(涙)


で、ちょっとだけ教則本を紹介します。


■打楽器教則本

これはフツーの打楽器の教則本で、学校とかでも使用されているもの。
ドラム初心者2年目だったので、「ルーディメンツをやる前にこれをやりなさい!」と課題として出された本で、レッスンではこの本とルーディメンツの本を兼用していた。
一応、ルーディメンツの基礎も詳しく書いてあり、それなりに楽しい教則本だった。


■ルーティメント/リズム教育研究所

ドラムを始めた頃、特に話題になっていた教則本で、ドラムセット教則本と姉妹品として関連のビデオもあり、とてもお世話になった。
監修、著者のリズム教育研究所という教室もこの本で知り、本を練習しているうちにどんどん興味が湧いて、結局、数年後に教室の門を叩いた。
で、そこでは2人の先生に付いて、約2年間ドラムを習うことになったのだけど、、。
ちなみに本はその教室でも使用されていた。(みたい。)
ルーディメンツの基礎が詳しく書いてあって、入門書としても練習用としても最適だと思う。


■AMERICA'S・N・A・R・D(DRUM SOLOS)(洋書)

で、これがいわゆる「ナード」と呼ばれているルーディメンツの教則本。
レッスンで最初にやれ!と言われて必死に練習したけど、凄く難しかった。
なにしろ全部まさかの手書き!(おぃ!)
綺麗に清書されているけど、、、見ずらいー。
さらに手順が書いていない。(うっ。)
ルーディメンツ初心者はその手順が問題で、、。
でも内容の曲としてクオリティは高くて、スネアだけ叩いてもなんとなくメロディを感じられて楽しかった。
全編、4/4拍子と6/8拍子しか出てこない。

■ALL AMERICAN DRUMMER 150Rudimental SOLOS(洋書)

この本は、どっかのドラム教室とか、セミナーとかで中の譜面を何度も見たことがあったので、正式にやってみたかったけど、、、願い叶わず。
こちらは手順もばっちり書いてあるし、譜面も印刷だし、見やすいんだけど、、、たしかに内容は手強いかも。

■MODERN RUDIMENTAL SWING SOLOS(洋書)

これはアドバンス向けのコンテスト用の教則本なので、参考用に購入。
一番のお目当ては、P44に掲載されている(マニアでは有名な?)「Three Camps」という曲の譜面が欲しかったから。
で、この曲は叩いてみると分かるけど、あのどっかの「337拍子ー。」と同じリズム。
当たり前だけど、ドラム系の教則本はリズム譜しか掲載されていないので、譜面もすべてリズム譜として捉える。(←これが、後にサックスを始めて、ト音記号を読む弊害になるとは思わなかったけど。)




■'14 MODERN CONTEST SOLOS' for Snere Drum(洋書)

これも含めた洋書4冊は、最初に紹介した「ルーディメント」の本の中で、「推薦するマーチング・エチュード集」のページに紹介されたもので、素直にそれを信じて全部集めてしまう自分って、一体。
なので、この本も参考程度で、中身はやっぱりちょっと難しいかもー。
説明では、あの「スティーブガットが愛用した教本」と明記されていた。

今でもルーディメンツは好き。
特に「ロール」が好きで、あとは「フラム・アクセント」という手順が好き。
一時期凝っていた頃は、毎日スネアで練習していたので、どっかの楽器フェアで適当に叩いていたら、「マーチングをやっていたのですか?」と何度も言われたことがある。
残念ながらマーチングの経験が無いのがちょっとさびしい。

おかげでジャズに必要なレギュラグリップのマスターとか、ロールとかマスターできたので良かったといえば良かったけど。
でも本当のドラムの難しさは単に練習で補えるものではなく。
練習で頑張ってテクニックの習得をしても、結局、ドラム本来の「リズムをキープする。」という役割は会得できなかった。

、、、とはいってもドラムを叩くのは楽しい。

たとえ上手く叩けなくても、ビート刻んでいると無心になれる。

それに音楽がどんどん耳に入ってきて心地よい。

やっぱりドラムって素敵かも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラム

2015年11月09日 19時09分19秒 | ドラムス


最後にバンドでドラムを叩いたのは一体いつだったか。

たぶん10年くらい前くらいだと思うけど、はっきりとは思い出せない。

それでもたまに家でスティック持ってみたり、ジャズのセッションでたま~に叩いてみたりしたけど、だんだん叩く頻度は減る一方。
最近はドラムを見ても叩きたい衝動にも駆られることもなく。(涙)

3年前に家を新築して防音室を設置したおかげで我が家でもドラムが叩けるようになった。とはいってもエレドラだけど。(笑)
でもたまーにしか叩かない。

そして今日、何気に再びドラムを叩いてみたー。

と、ところが得意だったダブルストロークが怪しい。
ロールも怪しい。
大好きなフラムアクセントも、、、リズムが怪しいー。(おぃー!)

おまけに基本的な8ビートと4ビートのリズムしか叩けなくなっていた。
アフロもラテンも忘れちゃったし、スラッシュビートも叩けない。
うーん。

もうほとんど「やめちゃった」って、人に言ったりしているからしょうがないにしても、、、やっぱドラムにはまだ未練があった。

そんなこんなで30分くらい好きに叩いていたら、妙に楽しくなってきて、、、なんか、、「また練習してもいいかもー。」って、思えてきた。

ということで、せっかく20年も練習したのにやめたらもったいない気がして、また密かに練習しようと心に決めた今日っ!!

どうなることやら~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初心に帰る

2009年05月11日 01時32分43秒 | ドラムス

最近、サックスの練習が何気に滞っている~。

というのも、やっぱりもう始めてから5年目。
そろそろ結果らしくものを出したいのにそれもできず、さらにサックスを始めた当初の練習目標もクリアできないまま、、、現在に至る!(汗)

いや~、そんなことじゃいかん!

そう思っていた矢先、昨日、何気に押入れを整理していて懐かしいテープを見つけた。
それは、、、。

なんと15年前のドラム教室のでのレッスンを録音したものと、12年前の自分たちのデモテープ。
懐かしい~。(笑)
、、、って、思わず聴いてしまった。

当時は今のようにネットは無く、当然、HPもブログも無かった。
だから作品を作っても紹介することもできず、単に本当に自分の趣味という感じだった。
でも久しぶりに音源を聴いてみると、すごく新鮮で面白かった。
、、、というのも、今から15年前。当時は、私はドラム歴が5年目。ちょうど、今、サックスを始めて5年目だから、気分的には同じようなもの。
つまり凄いやる気が満々だった。

それで、そのドラム教室も通い始めて5年目で、この年、ちょっと作曲とかやっていた。それもドラム2台だけのデュエット曲。
きっかけは、あるドラムデュエット曲があまりに好きで、似たような曲をやってみたかったから。でも、普通、ドラム2台だけのデュエット曲の譜面って売っていなかったので、自分で作ることにした。それで自分でドラムマシンの打ち込みで作曲、それを譜面に書いてレッスンに持っていって、先生と一緒に叩いた。

そんなことを思い出し、急いで譜面も探し、ついでに音源のテープをアナログ録音して、PCに入れてMP3ファイルにしてみた。そんな感じで唯一のオリジナルソングでもあったドラムデュエット曲なんだけど、珍しいので聴いて貰いたくて、いつもの場所にアップしてみた。(笑)
ただ当時、ドラム歴が5年というのと、レッスンでのリハーサルでもあるので、あんまり演奏の出来は良くない。でも曲の作り自体は、先生には、唯一、褒められた曲で、とても良い曲だと仰っられて、当時、嬉しかったのを覚えている。

ちなみにタイトルは、「WINTER SWING」で、単に冬に作曲したから。(爆)
この曲の他にも6、7曲あって、リズムパターンがジャズビート、16ビートの2種類あったりする。でも、なぜかレッスンでの他の録音はなくて、、、。
もしかしたら、当時は、曲を作ってもレッスンではやっていない可能性が大。
唯一、先生との演奏が残っていたのが、この曲だった。
それで、パートは1stと2ndがあり、私は1stを担当している。
で、当然、先生の方が抜群に上手い!
でもデュエットは、ふたりでひとつの曲を作り上げるものだから、そのアンサンブルの合いの方が重要だったり、、、。
それと、ドラム教室については、今までブログで取り上げたことが一度もないので、今回が初の試みになった。(笑)


それから、もうひとつ。

こちらもドラムがらみだけど、今から約12年前、うちの相方とデモテープを作った。それも私の大好きな70年代ブリティッシュジャズロックのような音楽をやりたくて、、。そんな折、少し時間があったので、4トラックのアナログMTRで2人で多重録音をした。それで好きな曲のコピーやオリジナルを作って録音をした。
で、そのテープも一緒に聴いて、懐かしかったので紹介したいと思います。

曲は、コロシアムのカバーで、「ELEGY」
、、、って、コロシアム、知らないかも?
このバンドは、イギリスのジャズロックのバンドで、60年代から現代まで活動している偉大なバンド。
途中で活動休止しているけど、そんなの問題じゃない!
で、カバーというかコピーしている曲は、そのバンドのアルバム「バレンタイン組曲」に入っているもの。

それで、原曲はこちら↓

「ELEGY 」

そして、それを当時、私と相方のふたりで耳コピして録音したもあり、ついでに紹介したいと思います。
ただ、はっきりいって似てません!(爆)
それに耳コピ度も大したことないし、演奏も、、。(汗)
で、でも、好きな曲なので雰囲気だけは~。(笑)

ちなみに楽器演奏の分担は、私は生ドラム(ブラシだけど。笑)と、キーボード、ベースを担当。、、、って、実は昔、2、3年間ベースもやっていたり~。(爆)
あと相方はギターと歌をお願いしています。

、、、ということで、聴いた感想、ご意見ご質問がある方は宜しくお願いします。
ただ過去のものなので、あるがままですが、、、。(笑)

音源は↓こちらになります。
「キャットてぃるのサックス遊戯」
http://cattail-sax.seesaa.net/

、、、ということで、あの頃は情熱あったな~!と思ったり~。(笑)
ここはやっぱり初心に帰り、もう一度、あの頃の情熱を思い出し、5年目の夏を乗り切りたい。
もちろん、これからもサックス頑張ります!!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラムを始めて20周年

2009年04月15日 17時27分51秒 | ドラムス
実は、サックスを始める前は、ドラマーでした。
知っている人も多いはず、、。

で、始めたのは平成元年の4月。
つまり今年でちょうど始めてから20年になるはず、、、。

と、言いたいけど、

残念ながら、昨年の5月のメタルバンドのライヴを最後にドラムは止めてしまった。(汗)
、、、なので、本当は今月で「ドラム歴20周年!」と、お祝いしたかったど、それができない。(涙)
もちろん、今でも少しは叩けるけど、叩く機会がまるでないので、ここままかな~と思ったり~。

で、思い出の動画でも!
数年前の私の姿↓です。
メンバーが勝手にアップしてしまったものですが、。
凄い下手ですが許して下さい。
とりあえず、私は元気さだけがとりえでした。(笑)





もう、こんな体力はありません。(爆)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

二人でスタジオ個人練習

2008年08月04日 00時18分34秒 | ドラムス
にゃ~、暑っー!!

どうも昨日は、今年一番の暑さで、よりによってわざわざ一番暑かった熊谷まで行かなくても、、。(爆)、、、というか、我が家のある鴻巣もかなり暑かったけど、。(汗)

、、、というわけで、熊谷の穴場スタジオに、こっそりとWISDOM二人組みは、最近、個人練習しに行っている~。(笑)

それで前回(先週は、)ひさしぶりのリハで、ギターとドラム、ふたりで勝手に音出してセッションした後は、お互いにネタを出して、曲作り~。(って、もともと二人とも、セッションしながら曲を作るのが、昔からのやり方だった。爆)で、なんとなく曲らしいのができた。にゃ~

、、、なので、その続きということで、昨日もギターとドラムでの曲作りセッションをしたのだけど、、、。

なぜか今回、それとは別に、私のやりたかったこともやってみた。
それは、ギターと管楽器のデュオ。
ずっと前にサックスとギターでやって上手くいかなかったので、今度はフルートにしてみた。それで、ジャズのセッションでやるようなスタンダードを吹いて、ギターで伴奏してもらって遊んだ。、、、と、こちらはまだ実験段階なので、実用化はずっと先。でも、ギターとフルートは相性が良いと思った。
とりあえず、こちらもセッションって感じかなー。 (笑)

ちなみに、そこのスタジオ、楽器屋さんも兼ねている。
なぜか店内は、サックス系の雑誌とか創刊号から全部あって笑えた。
さらに立ち読みする人がいないのか、本がやたらと綺麗で、店内は静か、、。
さらに言うと建物が新しく、スタジオもトイレも凄く綺麗、、。(笑)
で、一番の良さは、スタジオがいつでも空いている!(爆)
なにしろ日曜日の昼電話して、個人練習が希望の時間取れるのはここだけ。

、、、ということで、やっと二人して、スタジオ入りの予定が立ってきてよかった。これからは不定期に、気が向いたら練習できるので楽しそう~。(、、、って、もし一緒に練習したい人いたら、声掛けて下さい!場所は熊谷ですが、。爆)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラム音源とライヴ告知

2008年04月28日 13時39分43秒 | ドラムス

今日は、ひさしぶりにドラムの音源を紹介します。

これ↓です。
<音源は下げました。m(_ _)m>

これは私がドラムで参加しているメタルバンド「WISDOM」の音源です。
スタジオリハの音源なので、音は悪い(Voが聞えにくい、)ですが、演奏自体は聴こえると思います。ツーバスの入ったメタルの曲です。
実はこのバンド、今度のライヴで大幅なメンバーチェンジのため、
今やっている曲は、これが最後の演奏になります。
さらに今度のライヴは、自分のバンドの企画なので、この企画も最後になる予定です。

、、、ということで、最後なので企画参加のバンドも豪華絢爛っ!!
あのTV「ヘビめたさん」の初代エアーギターキングのVoトミーさんのバンドも出演します。その他にも都内で活動しているハードでかっこいいメタルバンドが多数出演します。ちなみに私のバンドは企画主なので、出番はトリです。
興味のある方はぜひいらして下さい。


BLOOD BURST RITUAL Vol.7
2008/05/04(SUN) 小岩eM SEVEN
http://www.em-seven.com/

<出演バンド>

WISDOM
APOLOGIST
身殺
BREED OF DARKNESS
THE LECHERY FROM MARS
BBB Project

OPEN 17:30/ START 18:00
TICKET adv:1,200/ door:1,500

★なお事前にご連絡があれば、チケットは予約の値段で取り置きができます。
ここにコメント入れるか、HPのBBS、mixiのメール等、お願いします。

ということで、告知でした。
たぶん、私もこの曲を演奏するのは最後なので、思いっ切り叩いてきます~。(笑)

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

昨日はライヴでした。

2008年01月07日 13時27分46秒 | ドラムス
昨日は私がドラムを叩いているメタルバンドのライヴでした。
渋谷のGIG-ANTICというライヴハウスだったんだけど、すごく懐かしい感じだった。

今回のライヴを通じて、自分なりに消化できなかった悩みとかはっきり分かって、前回のライヴでもどうしようか迷っていた事の結論が出た気がした。(勘の良い人はもう薄々感じているかもしれないけど、、。笑)
ともかくライヴ自体はとっても楽しかった。
企画に呼んでくれたバンドの演奏も、対バンした人達の演奏も最高だった。(もうほとんどマイミクさんのいるバンドばかり。笑)で、普段はあまり対バンの演奏って観ないのだけど、今回はもうほとんど観ていた。それくらい良いバンドだった。

私の方は体調は良くなったものの、、、やっぱり50分ステージは体力低にきつく最後は体がバテてしまい、手足の制御が利かず、だんだんスピードは速くなるばかり、、。
でも、そのうち速くも叩けなくなる時が来るのかなぁと、ふと思ったり、、。
、、、ということで、案の定、今日は全身筋肉痛で朝は寝てました。(涙)
あと15歳若かったら、他のバンドのメンバーみたいにライヴでもっと盛り上がって、打ち上げで大騒ぎして楽しみたいんだけど、、、その後の疲れを考えると、どうもテンションが上がらない。
ただもう歳の話はつまらない気もするので、今後はなるべく胸にしまって控えたいと思っている。もちろん私よりも歳が上で、もっと元気な人もたくさんいるので、あまり下ばかり見ないで上も見て、元気にやっていきたいと思っている。

あと、昨日のライヴを観て思ったのは、やっぱり自分のバンドっていいなと思った。今のメタルバンドも最初は自分のバンドだったけど、今は表向きはそうじゃない。ただ私自身、バンドでリーダーシップを取れる性格ないので、その辺が凄く悩むところだけど、やっぱり自分のやりたい音楽が反射されるバンドって憧れてしまう。

ともかく、ライヴおつかれさまでした!
事実上、今のバンドはあと一回(5月に)ライヴをやって終わりです。
私の今のスタイルの演奏も次回で見納めですが、でも誰も期待してないからこれでいいような気がする。もちろんドラムは続けるけど、もっとシンプルなハードロックやジャズの演奏をしたいと思っている。

今年の4月でドラムを始めてちょうど20年になる。
今でも初めてセットに座って、叩いた瞬間を思い出すと胸が熱くなる。
ただ10年、20年もやれば、自分が楽器に向いているかどうか、分かるような気がする。
でもこれからも、もちろん続けたい。

長くなったけど、今年も音楽活動はやり続けてみたいと思っている。
やっぱり音楽が好きで、楽器が好きだから。(笑)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加