キャットてぃるのサックス遊戯+ベース

42歳から始めたジャズプレイヤーへの道のり

JAZZ CONCEPTION BASIC VOL.1

2016年01月12日 13時08分50秒 | 教則本
昨日は久しぶりにアルトを練習~。
ビッグバンドのリハの日も近いのでウォーミングアップも含めて。

それで、せっかくなので、新年、初心に帰って初心者の頃、レッスンでやっていた教則本をさらってみた。
がしかし、、、しばらく吹かないせいか忘れているー。

やったメソッドは、ジャズの定番(?!)
レニーニーハウスの「ジャズコンセプションベーシックVol.1」、、、って、あんまりこの本をやったって話は聞かないけど、でも、巷では有名な本らしい。(←ほんとかー。笑)

私は、この本を約10年前にレッスンでやって、一度、修了しているけど、その後も何度も家で練習してきた。最初、レッスンでこのメソッドを練習した時は、本は手元に無く、先生に譜面をコピーしてもらって練習した。で、レッスンで本を終了した後、楽器屋さんでCD付のモノを見つけて購入。以来、家ではCDを聴きながら練習してみたり。

それで肝心の内容だけど、一応、ジャズのアーティキュレーションというかタンギングを覚えるメソッドで、練習曲が12曲と応用曲が10曲。アルトサックス用になっているけど、なぜか応用曲だけ、Ebの他にBbとCの模範演奏付き。つまりこの本一冊で、どんな楽器でも譜面をそのまま見て練習できるようになっている優れもの。ちなみに私はこの本でアルトの他にソプラノとクラリネット、フルートやギターでも練習したこともあった。

でも、私がこの本の本当に好きな理由は、、、実は、各曲のメロディの美しさにある。シンプルなメロディに見え隠れするジャズのらしい音使いがなんとも粋で、ジャズがとても身近に感じる瞬間を演出してくれる。だからエチュードなのにメロディの雰囲気が最高に感じられて吹いていて楽しい。
で、今は練習というより、吹く楽しみを感じるために、この本を吹くことが多いかも。

ただ、難点といえば本がちょっと高いかな?
でもスルメみたいに味わえる教則本なので、自分としては買ってよかったと思ったり。

ということで、昨日は2時間くらい吹いて、とっても楽しかった。
後はチャーリーパーカーのテーマとか、、、吹けたらどんなにいいことか。(おぃ!笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年1月

2016年01月08日 15時53分24秒 | 楽器練習状況
もう年が明けてから一週間が過ぎ~。

もう今日は8日。(早っ!?)

遅ればせながら、

新年あけましておめでとうございます。

今年も地味に頑張ります。


今年は昨年に引き続き、音楽と絵画と手芸の3本立てで練習の予定ー。

まずは絵画。

絵画教室に通い始めてもう2年弱。
鉛筆デッサン→水彩色鉛筆→アクリル絵の具に至り、、、。
あいかわらず進歩のないまま続行中ー。(おぃ!)

で、先月、何気に本屋さんで見つけた新しいアートというかイラストの教則本を見つけて、今はちょっと変わったイラストの練習中。
さらに水彩毛筆という絵具も見つけて描いたイラストが写真のもの。
まだ始めたばっかりなので、今後はいろんなイラストを描いてみたい、、、かな?

それから手芸。
昨年はなんとかモードジュエリーメイキングの講師資格取得できたけど、今年はさらにマクラメジュエリーの資格を取るためにレッスンを開始。最初に全部の教材を購入しなくてはいけないので新年早々の出費が痛いー。(汗)

そして最後は音楽、、、というか楽器の練習。

とりあえずアルトサックスだけは所属している社会人ビッグバンドがあるので、せっせと練習したいところ。
あとレッスンに通っているベースだけど、うーん、ここにきて暗礁(?)に乗り上げているー。(おぃー。汗)
というのも、始めてから数ヶ月毎日必死に練習したにも関わらず、結局、まったく進歩なし。一向に練習しているフレーズも弾けるようにならないので、さすがにちょっと練習に飽きてしまって、、。それでも教則本とか見直して練習はしているものの。

で、他の楽器も少しは出して音だし練習をしているけど、なにか目標があるわけでもないので、とりあえず音を出すだけ。それでも楽器って音だけでも楽しい。(笑)

それでアルトサックス以外の楽器だけど、今、練習しているのが電子ピアノ、ソプラノサックス、クラリネット、フルート、尺八、電子ドラム、エレキギター、、、とベース。
せめて週に一度くらいは練習したい。(←と、希望的観測ー。笑)

やるたびに新しい発見があるとさらに楽しい。

なので、今年もできる限りがんばるのだ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加