キャットてぃるのサックス遊戯+ベース

42歳から始めたジャズプレイヤーへの道のり

「ロックベース入門」という教則本

2017年12月17日 16時58分20秒 | 教則本
今日は、久しぶりにブックオフでベースの教則本をゲットしてきました。



今回、買ったのは、「聞いて見て弾ける!ロック・ベース入門」というDVDとCDがセットになっているものと、そして、もう一冊は、「ロック・ベース超入門」というDVD付のはずなんだけど中古なので無しの教則本の2冊。どちらも価格は100円。
、、って、DVDが付いていても、DVDが付いていなくても同じ価格って、、。
以前にも同じようなベース入門書(向かって右側の本)を買ったことがあったけど、その時もDVD付きで100円だった。
やっぱベースの教則本ってあまり売れないのかな?

と、ベースに関しては、もうレッスンに通い始めて2年が経過していた。
なら、特別入門書はいらないのでは?、、と、思うかもしれないけど、実は自分が入門書が「もともと好き!」というのもあり、さらに「入門書こそ!基礎の大切さを知る良い機会」という想いもあったり~。
と、理由はともかく価格が安いのもありゲットした次第~。

で、どちらも教則本も発売されてから6年くらい経っており、中に収録されているレパートリーの課題曲も当時のヒット曲なので新しくはないけど、はっきりいって曲の趣味がガラパゴス化している自分にとっては超新鮮!、、、というか、、、まったく知らない曲ばかり。
曲どころかアーティストの名前も知らないという。(おぃ!)
そんな感じなのでまったく知らない曲というのも新鮮ではあるけど、これもなにかの縁だと思いやってみることにした。

で、よくよく考えると自分の好きなアーティストって、今から30年以上前の人達ばかりで、ジャズに至っては50年以上前の曲ばかり。一応、今でもテレビの歌番組もたまに観たりするけど、単に聞き流しているせいか、まったく耳に残っていない。
そんな感じで、いつの時代も楽器の入門書には、その当時の流行歌(←って死語?笑)が掲載されているので、きっと流行った曲に違いない!と、聴いてみたりしたけど、どこかで聴いた風のメロディであっても知らない曲に変わりはなかった。

ちなみに教則本の内容的には、しっかり基礎的なことが書いてあって、基礎練習の確認に良いみたい。なにしろ基礎練習は、一旦、できたら終わりではなくて、何度も繰り返し練習して、常に正確に演奏できて、さらに次の基礎の土台になるように精度を高めるのが目的なので、忘れないようにしなくてはいけないもの。おまけに教則本に書いてある基礎練習の譜例もいろいろなバリエーションでやってみることで、さらにテクニック向上にも繋がる。
今までは自分の好きな曲やバンドで必要な曲を練習してきたけど、これからはもっといろんな曲のコピーをして、ベースの技術向上を目指してみたい。

そんな思いを思い起こさせる素敵な教則本だった。


にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電池交換

2017年12月16日 09時52分22秒 | momose bass
またまた電池の話題で恐縮です。


、、って、昨日は、モモセのエレキベースの電池交換をしましたー。



で、ベースの中に入っていたのは、今年の夏に買った直後、すぐに交換した電池。
すでに5ヶ月が経過していて、先月、レッスン中に一度、音が出なくなったりして、、、その後、かなり疑心暗鬼になっていた。
それなので、一応、電池チェッカーで残量を調べてみたらまだ6割くらい残っていた。
で、でも~、来週の土曜日はバンドのライブがあるので交換に踏み切った次第~。

このベースはアクティブなんだけど、入っているプリアンプのパワーの関係か9V電池が2個もいる!習っている先生にいわせると電池は1個でも作動するらしいけど、用心のためにちゃんと2個設置。で、でも正直いって違いが分かるかどうかは不明なので、ある意味、おまじないみたいなもの?(笑)って、少なくとも同じアクティヴでもアップライトベースの方が電池が食うのは確かだけど、。

ちなみにエレキベースの方の練習は、毎日1~2時間、スケール練習と曲のリフやコピーが中心で、今、嵌っているのが、なぜかレインボーの「アイサレンダー」というアルバムの曲をい幾つか、、。
今から3、40年も前、アルバム発売、当初、かなり聴きまくったのだけど、まさか今頃になってベースラインを弾いてみたいと思うようになるなんて、、。

やっぱ好きな曲って、何年経っても変わらないー。
それを思い知らされた気がした。





にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アップライトベースの電池切れ!

2017年12月15日 08時53分05秒 | EUB奮闘記


昨日、アップライトベースを練習していたら、だんだんと音が小さくなって、、、ついに音が出なくなってしまったー。

つ、遂に!?

というわけで、また電池が切れましたー。

そして、電池を出してみたら~。



おっ、2017.6.16.の文字が!

た、たしか、前回、電池切れした時は電池の寿命が4ヶ月だったので、それよりも2ヶ月多く持った計算。

それで意味するものは?

はい。その分、練習時間がここ6ヶ月の間に減ったことを意味します。

たぶん、電池の総寿命時間は変わらないと思うので。

もちろんアップライトベースの練習時間が減っているという自覚はあって、夏ごろはひたすら新しく買ったモモセのベースを弾いていたという事実も。
だからといって11月にはベースの発表会でアップライトべースを弾くために集中練習もしていたので、思っているほど練習時間は減っていないのかな?
よくわからないけど、今回は電池が6ヶ月持ったので「よし!」としたい。

それにしてもアクティブは電池切れると本当に音が出なくなるという実感。
また予備を買っておかないと。



にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モモセ・エレキベースのレッスン!

2017年12月14日 11時11分03秒 | momose bass

話がちょっと前後しますが、先月の30日、エレキベースでのレッスンでした。



今年に入ってからのベースレッスンは、月に3回と、前年までの月に2回より数を増やした結果、エレキベースとアップライトベースでのレッスン両方をやる余裕ができてよかった感も。
とはいっても、月によってはエレキベースが続いたりアップライトベースが続いた月もあった。

ここ数ヶ月はエレキベースとアップライトベースのレッスンが半々くらいなんだけど、アップライトベースでは主にジャズのベースラインのレクチャーとアドバイス。エレキベースでは主にスラップ奏法の基礎練習とか、教えてもらっている。

それでエレキベースはやっぱり夏に買ったモモセのベースなんだけど、まだ新しいせいかネックの状態が変わりやすく、もう2、3週間ごとに反ったりして手がやけるー。で、その都度、レッスンで先生にみてもらったり。

で、エレキベースでのレッスン。
スラップ奏法を覚えたいと未だに七転八倒中ー!?
ここ数ヶ月で課題曲も増え、一年以上やっている「POW!」と、新たに加わったザ・スクエアの「El Mirage」と「It's Magic」。
それから前回からやっている「Fightman」なんだけど、、。
って、何が難しいかというと、オクターブよりも左手のミュートだったり~。

と、とにかく左手が自由に動かないー。

さらにミュートしようとしても叩き過ぎて音が出ちゃったり~。

もちろんオクターブ弾くときも押さえていない指でミュート。

ハンマリングするときも弾いていない指でミュート。

ただでさえ手が小さいのに手が思うように動かなくて七転八倒なんだよー!!!(←だれに言ってる?笑)

と、アップライトベースを弾いているときは冷静なのに、エレキベースでスラップ奏法の練習を始めるとひたすらストレスがたまる状態に。
で、でも「スラップは嫌いじゃない!」、、、って、むしろ好きな奏法なので、どんなにストレスを感じても練習は続けているー。

それで先生曰く、「スラップの奏法に決まりはないけど、左手のミュートに関しては、歴1年や2年でできると思うな。」(えっ?!)

という、有難いお言葉を頂いたので、、。

ここは納豆よりも粘り強く、しつこく、しつこく、練習を繰り返すことに。


ちなみにスラップ奏法のひとつ。
サムのダウンアップに関しては、意外と弾けることが判明ー!
とはいってもまだゆっくりでしか弾けない。
先生曰く、「右手の親指が痛くなるからあまりやらないほうがいい。」というアドバイスもあるけど、自分的にはあまり痛くならないので練習も苦にならない。(←って、痛くならないって問題あり?汗)
もしかして間違えた奏法だったら嫌だな、。

ともかく年内、あとわずか。

残念ながらスラップ奏法習得には至らなかったけど、上達の手掛かりだけは掴めた感もあるので、これに懲りずにこちらも練習を頑張りたい。


にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アップライトベースのレッスン

2017年12月14日 10時32分08秒 | EUB奮闘記
今月の6日はアップライトベースのレッスンでした。



最初の半年は先生もアップライトベース持参だったけど、最近はアップライトベースのレッスンでも、先生はエレキベース持参で、、。
で、レッスンでは一緒に弾いてくれるんだけど、フレットレスのベースと違いフレットがある分、ピッチの正確度が違うので、少しのピッチの違いがばれてしまうので辛い状態に。

、、、って、もう習い始めて11ヶ月目~。
左手のフォームに関してはもう大丈夫みたいなので、レクチャーは無しで、先生としてもピッチの正確さを重視したらしい。

それでレッスンでは数日後に控えたバンドのライヴの演奏曲、「カラーに口紅」というオールディーズのベースラインの基本リズムを教えてもらい、、。
それからずっと後回しになっていた、「Cマイナーブルース」のベースラインの作ってきたベースラインの添削。
後半はジャズのスタンダード曲「ハッシャバイ」のベースラインの添削。

実はどちらの曲も今から半年前くらいに作ったベースラインなんだけど、作った後はなんとなくバンドで弾いてしまい、それなりに大丈夫だったので良いような気がしていた。
、、、けど、ライヴでちゃんとやるにはちょっと頼りないベースラインに感じた、というより、意外と弾きずらいベースラインだと気付いたのが今月に入ってから。ならば、一度、レッスンで先生にもっと楽に弾けるラインは無いのか?、、、相談してみることに。

で、その2曲を先生に相談した結果、少し弾き易いシンプルなベースラインを教えてくれて、ちょっと弾き易いベースラインになったかも。
、、とはいっても実際に弾いてみるとライン的にちょっと素朴になり過ぎて、、。(おぃ!)
でも弾けないと意味がないので、、、文句はいえない。

そして、最後にジャズのスタンダード曲「ツーヤング」のコード進行をみて弾くというのもやってみたけど、4ビートのベースラインを組み立てるポイントとして、「2-5進行」かどうか、「4度進行」かどうか、即座に考えること。それによってベースラインの弾くパターンが変わってくるので、それを単に覚えたての手癖で弾くとヤバいことになりかねないらしい。

具体的には、4ビートの経過音で4つ目(4拍目)の音は必ず次のルート音であってはならない。そんな簡単なこと、分かっているはずでも、実際に弾くのが忙しいと間違えてしまう。
それを厳しく指摘、肝に銘じておくようにというアドバイス。

そんな感じで、相変わらず基本のベースラインを作るレッスンだったけど、。

今後の目標としては、ベースラインはなるべく書かないで頭の中で作りたい。
そのための準備段階として、まだまだやることは多いので、これからも練習は頑張りたい。



にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加