映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ワイルド・スピード MEGA MAX

2011年10月27日 | 洋画(11年)
 『ワイルド・スピ−ド MEGA MAX』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)荒唐無稽なものも見てみたくなったのと、映画の舞台がブラジルと聞いたので、事前の情報をほとんど持たずに映画館に入ってみました。

 映画がシリーズ物の最新作だ、ということも知らなかったくらいですが(注1)、娯楽映画としてまずまず楽しめました。

 主人公のトレットヴィン・ディーゼル)は、アメリカで懲役25年の判決を受けるも、彼の妹ミアジョーダナ・ブリュースター)と恋仲になっている元刑事のブライアンポール・ウォーカー)の手助けで護送車から逃亡。3人は暫くしてリオで落ち合いますが、列車に積まれている車を強奪する仕事を依頼されます。ただ、仕事自体は何とかやり遂げるものの、何者かに襲撃されてしまいます。



 元々目的の車は麻薬取締局が押収したもので、それに付いているPCに挿入されていたマイクリチップに、リオの裏社会を牛耳るギャング団のボス・レイエスヨアキム・デ・アルメイダ)の金銭の出入りが克明に記録されていたのです。レイエスは、そのチップが官憲の手に渡らないように、まずトレットらに仕事をさせた上で、最後は自分のものにしようと襲撃した、というわけです。
 レイエスは、今やトレット達の手に渡ったチップを奪い取るべく、手下を彼らのもとに送り込みます。更に、トレットらを逮捕すべく、部下とともにブラジルに乗り込んできたFBI特別捜査官ホブス(ドウェイン・ジョンソン)も迫ります(注2)。



 これに対して、トレットらは単に逃げ回るだけではありません。行がけの駄賃として、レイエスが保有する1億ドルを奪い取ってしまおうと考え、そのために腕のたつドライバーを世界中から集めます。
 さあ、どんな強者が参集するのでしょうか?
 そして、レイエスは1億ドルもの大金を奪取されてしまうのでしょうか?

 本作では、なにしろ、200台くらいの車がド派手に、そして無意味に次々と破壊されまくりますから、息つく暇がありません(カーチェイス物は、これを見たら卒業できるのではないでしょうか?)。
 予告編には観客の度肝を抜くシーン(鉄橋から車と人間が落下します!)が使われているところ、それは話の初めの出来事に過ぎないのですから、驚いてしまいます。

 とはいえ、オカシナ感じがするところはいくつもあります。
 例えば、トレットらは、リオのファベイラ(貧民窟)の中に逃げ込むところ、そのファベイラはギャング団のボスのレイエスが君臨しているのです(注3)。ですから、彼らはレイエスによって保護されていると言ってもいいでしょう。にもかかわらず、逆に、レイエスのやり方が許せないとして、トレットらは、彼が貯め込んでいる1億ドルを強奪してしまおうとするのですから、わけが分かりません(それくらいの資金があれば、今後犯罪に手を染めないでも済む、といった尤もらしくみえるものの自分勝手すぎる理屈に立って!)。

 さらに、レイエスは、自分の財産(それを現金で保有しているのもよく分かりませんが)が狙われていると分かると、それをこともあろうに警察本部の地下金庫に移し替えて、普段から手なずけている警察の手で守ってもらおうとします。
 アイデアとしては意表を突いていて面白いものの、地下駐車場の壁を破ると簡単に金庫の扉の前に到達でき、あろうことか車2台でその金庫を引き摺り出せてしまう、というのは余りに馬鹿馬鹿しい感じがしてしまいます(マア、銀行ならいざ知らず、元々警察にそんなに頑丈な金庫が設けてあるはずもありませんが)。
 オマケに、その10tもの重量の金庫を引き摺る2台の車を、パトカーが何台も後ろから追いかけるというのですから、常識を越えるものがあります。

 ラストでレイエスは、全財産をふんだくられた上に、ホブスによって簡単に射殺されてしまいます。レイエスは、それまでにもたくさんの殺人を犯しているでしょうから(注4)、当然の報いなのかもしれないものの、本作を見た限りでは、何もそこまでせずともという気にもなります(確かに、ホブスの部下は、レイエスの手下によって何人も殺されていますが、レイエスの手下だって殺されていますし、元々ホブスが他所の国にまで押し掛けて警察権を行使すること自体、甚だ疑問です)。

 ですが、そんな他愛もないチャチャを入れずに(元々荒唐無稽を承知で見に行ったわけですから)、ボケーッと2時間10分(とはいえ、長尺過ぎます!)を過ごすべきでしょう。チキンと細部まで整ったストーリーを観客に提供することよりも、なにしろ目を瞠る凄い車の素晴らしい走りっぷりを観客に見せることに狙いを絞っているのでしょうから!

 そういうことからすると、映画の主要な登場人物であるトレットを演じるヴィン・ディーセルも、FBI特別捜査官ホブスに扮するドウェイン・ジョンソンも、鍛えぬいた筋肉で構成されている見事な肉体を披露していて、車と並びまた見所といえるでしょう。



(2)本作は、クマネズミにとって至極懐かしいブラジルが舞台だと聞いて期待したところ、実際に見てみると、別にブラジル、それもリオを舞台にせずともいいのでは、という疑問が湧いてきます。
 映画でリオを使う理由としてすぐに考えられるのは、その風光明媚な景色などを物語の中に取り込むことでしょう。
 でも、この映画では、コルコバードのキリスト像や奇岩ポン・ジ・アスカールなどといったおなじみの光景が何回か映し出されるものの、いつも遠景だけで、そうした名所をストーリーの上で積極的に利用しているわけではありません。
 例えば、カーニバルの大賑わいの中にトレット達を紛れ込ませることもあるのかな、とも期待したのですが、見事外れました!

 映画で専ら描き出されるのは、リオの裏山に広がるファベイラ(貧民窟)の有様です。
 ただ、確かに遠景としてみればリオのファベイラながら、ひとたびその中に入ってしまうと、何処にでも見かける貧民街ですから、リオだと特定できるわけでもありません(トレット達が、レイエスの部下やホブス達に追われて逃げ回るシーンは、実際にはプエルト・リコで撮影されたようです)。

 舞台はリオとされていますが、カーチェイスといった重要な場面でもどれだけ現地ロケされているのか、疑問に思えたところです。

(3)福本次郎氏は、「冒頭から繰り広げられるスリルとスピードたっぷりの映像には圧倒される。その後も、“よくこんなアホなアイデアを考えつくな”と思えるような荒唐無稽なシチュエーションを映像化、そこでもディテールを描き込んでリアリティを持たせることに大成功。この旺盛なサービス精神に、何度も椅子からずり落ちそうになながらも完全に時間を忘れ、130分があっという間だった」として70点を付けています。
 また、渡まち子氏は、「シリーズの魅力であるカーアクションは、冒頭から常識はずれの派手なものばかり。登場するのは、暴走する列車からの車強奪、装甲車で公道をぶっ飛ばすかと 思えば、大型金庫を引きずりながらのカーチェイスまで。“ありえない”の連続なのだが、荒唐無稽さとド派手な演出が、このシリーズのいいところだ」として65点を付けています。



(注1)邦題に小さく「Fast Five」とあるのは(実は、これが原題なのですが)、速さを競う5人の男ではないかと思ったところ、シリーズ第5作目という意味のようです。

(注2)1989年に米国海兵隊が、アメリカで裁判を受けさせるべくノリエガ将軍を拉致しようとパナマに侵攻した事件などを思い出させます。

(注3)映画の中でレイエスは、“ポルトガルは、スペインと違って力づくで植民地を支配しようとしなかった。それと同じように、自分も、ファベイラに住む人々にいい生活を味わわせた上で牛耳っているのだ”、などといった考え方を披露します。
 なお、驚いたことに、演じる俳優のヨアキムについては、劇場用パンフレットにはその名前しか記載がありません(ネットで調べると、ヨアキムは、ポルトガルのリスボン出身で1957年生まれとのこと)!

(注4)現金の管理をしている隠れ家をトレットらは襲撃しますが、レイエスは、そこを担当している手下を、怒りに任せて殴り殺してしまいます。



★★★☆☆




象のロケット:ワイルド・スピード MEGA MAX
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペーパーバード | トップ | ブリッツ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
土地の必然性 (ふじき78)
2011-10-27 21:35:24
ブラジルでなくてもというなら、過去日本が舞台になったシリーズ前作も同じようにあまり日本でなくてもでした。

次回の舞台が南極であっても、きっとこのシリーズにはそんなに関係がない事なんじゃないかと思います。
南極を舞台にすると (クマネズミ)
2011-10-28 06:51:14
お早うございます。
TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、舞台設定は、単に目先を変えるという意味しかなく、ブラジルであっても、日本であっても、はたまた南極であっても、どこでもいいと言うわけでしょう(南極ならば、雪上車が数百台、ペンギンと共に破壊されることになるのでしょう!)!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

43 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ワイルド・スピード MEGA MAX」 (日々“是”精進! ver.A)
1億ドル以上が入った金庫を、奪え・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109230005/ ブライアン・タイラー/オリジナル・サウンドトラック 『ワイルド・スピード MEGA MAX』 posted with amazlet a...
[映画『ワイルド・スピード MEGA MAX』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆前作はいまいちだったんだけど、今回は凄く面白かった^^  ただ、あまり書くことがないんだよなぁ。  うひょ、面白ぇ! 面白ぇ!  と、長尺をダレることなく見ている間に、きっちりとまとまって終わってしまった。  脚本も、アクションもかなり練られていた。 ...
ワイルド・スピード MEGA MAX (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
ブラジルのリオ・デ・ジャネイロを舞台に、自分達が利用されたことを知って反撃する物語になっている。リオのマフィアが相手に出てきて、警察署まるごと賄賂の当局と自分達を追うFBIも加わって大乱戦になる。カー・アクションもあるけど、屋根伝いに逃げたり警察署に侵入...
『ワイルド・スピード MEGA MAX』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 『ワイルド・スピード MEGA MAX』□監督 ジャスティン・リン□キャスト ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ジョーダナ・ブリュースター、ドウェイン・ジョンソン■鑑賞日 9月23日(金)■劇場 TOHOシネマズ川崎■...
ワイルド・スピード MEGA MAX (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ワイルド・スピード MEGA MAX オリジナル・サウンドトラック荒唐無稽なアイデアと桁違いの迫力のカーアクションはシリーズ中最高の興奮度。ドウェイン・ジョンソンの参戦で重量感が増 ...
ワイルド・スピード MEGA MAX (生まれてから今まで観てきた映画全部)
今日も映画を観てまいりました。ワイルド・スピードシリーズ5作目にして最新作「ワイルド・スピード MEGA MAX」でございます。そこまで観る気はなかったんですが、朝劇場にいたらちょうど時間が合っ...
ワイルド・スピード MEGA MAX IMAX 字幕版/ヴィン・ディーゼル (カノンな日々)
このシリーズも最初はB級系の印象だったんですけど、あれよあれよという感じで超メジャーな大作シリーズへと成長しちゃいましたね。でもやっぱりヴィン・ディーゼルとポール・ウォ ...
ワイルド・スピードMEGA MAX(Fast Five) (KATHURA WEST)
マンガみたいなスピードアクションムービーである。 こういう作品は、 そっちがそれなら、 こっちもラップのリズムでノリノリ楽しもう。 頭を空っぽにしてひたすら楽しもう。 心地よく面白いぞ。 《こいつらー、そんなアホなー、ありねぇー》というくらいの単純...
ワイルド・スピード MEGA MAX (風に吹かれて)
シリーズメンバー集合公式サイト http://mega-max.jp監督: ジャステイン・リン 「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」「ワイルド・スピード MAX」前科者のドミニク(ヴィン
ワイルド・スピード MEGA MAX (Akira's VOICE)
こんなカーチェイス見たこと無い!  
映画:「ワイルド・スピード MEGA MAX」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年10月7日(金)。 映画:「ワイルド・スピード MEGA MAX」。 【監   督】ジャスティン・リン 【製作総指揮】ジャスティン・リン、アマンダ・ルイス、サマンサ・ヴィンセント 【脚   本】クリス・モーガン 【撮   影】スティーヴン・...
『ワイルド・スピードMEGA MAX』 (ラムの大通り)
(原題:Rise of The Planet of the Apes) ----へぇ〜っ。 まさか、再開第一弾がこの映画とは? あまり好きそうに見えないけど…。 カ―アクションが売りの映画でしょ? 「いや。 実はもう、来週から先行上映らしいので、 早く喋らなくてはと…。 この映画、確かにカ―...
「ワイルド・スピード MEGA MAX」 (ここはここ)
映画「ワイルド・スピード MEGA MAX」 FAST FIVE を観ました          ジャスティン・リン監督 2011年 アメリカ   シリーズ第5弾の今作品。 評判良さそう?と、前シリーズは一作も見てないのに観てきました〜。 結果は面白かったです♪ (何気にネタバレ) ...
ワイルドスピード MEGA MAX (★the tip of the iceberg★氷山の一角)
シリーズ五作目だそうですが、私には初めてでした。
ワイルド・スピード MEGA MAX (新・映画鑑賞★日記・・・)
【FAST FIVE】 2011/10/01公開(9/23・24・25先行) アメリカ 130分監督:ジャスティン・リン出演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ジョーダナ・ブリュースター、ドウェイン・ジョンソン、タイリース・ギブソン、クリス・“リュダクリス”....
映画「ワイルド・スピードMEGA MAX」@TOHOシネマズ川崎 (新・辛口映画館)
 公開初日のファーストデイ。先行上映があった為か客入りは6割くらい、作品柄か男性観客が多い。   ワイルド・スピード MEGA MAX (ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー出演) [DVD]Amazonアソシエイト by
ワイルド・スピード MEGA MAX (先行上映) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
前作「ワイルド・スピード MAX」の後日談を描くシリーズ第5作。お尋ね者の二人の男が裏社会を牛耳る黒幕から大金を奪う計画を実行する。監督は「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」の ...
映画「ワイルドスピード メガマックス」、カーアクションの極致! (ひろの映画日誌)
実はこの映画、ずっと前に見たんだけど、今から思うと すごくおもしろかったんだけど、もう印象薄い。 やっぱ、アクションでのはそんなものかな? で、スキンヘッドのいかついおじさんが大暴れなので、 役者的には、物足りないが、カーアクションときたら。 多分、カ...
ワイルド・スピード MEGA MAX (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10) 三つ巴の大団円にもうお腹いっぱい!(笑)
『ワイルド・スピード MEGA MAX』 ('11初鑑賞129・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 9月23日(金・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:20の回を鑑賞。
『ワイルド・スピード MEGA MAX』を池袋ヒューマックスシネマズ4で観て、ドッカンバリバリわははははふじき☆☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆☆こんなんはこんなんでいいだろ】 過去4作、全く何の記憶もなし。 でも何の問題もなし。 こんなん語っても意味ないから、くだらない事を箇条書きで書 ...
ワイルド・スピード MEGA MAX・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
2001年にスタートした、過激な公道爆走映画「ワイルド・スピード」の第5作。 シリーズ中唯一、ポール・ウォーカーが登場せず、スピンオフ的な作品だった「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」から登板したジ...
ワイルド・スピード MEGA MAX 2011年米 (映画に浸れ。)
2011/10/7  Movie heart beat vol.1183 ++++++++++++++++++++++++++++  ジャスティン・リン監督。ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ドウェイン ...
映画:ワイルド・スピード MEGA MAX 雪ダルマ式にチューンアップを重ね、遂に面白さも大メジャー級に(笑) (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
シリーズ最終章。 最初は2流マイナーアクションだったものが、作品ごとにチューンアップ(車だから!)し、ラスト5作目で遂に「大メジャー」に。 しっかし!この まるでハンバーガーのようなタイトルが素晴らしすぎる(笑) 久々の「日本語タイトル」のヒット!だな。...
ワイルド・スピード MEGA MAX (だらだら無気力ブログ!)
ちょいと見ない間にザ・ロックが、スティーブ・オースチンみたいな姿になっててビックリ。
ワイルド・スピード MEGA MAX (そーれりぽーと)
とりあえず4作目まで観てるので、義務感で『ワイルド・スピード MEGA MAX』を観てきました。 ★★★★ どうした事か、2作目以降の出来を考えると期待なんてするだけ無駄だった車バカ脳筋映画シリーズが、5作目になって驚くほど面白く化けました。 シリーズもマンネリ...
No.257 ワイルド・スピード MEGA MAX (気ままな映画生活)
とにかく眠気が飛ぶほど…いや、本シリーズは冒頭から アクション全開なのですが、とにかく鳥肌が立ちました(笑)
ワイルド・スピード MEGAMAX (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  とにかく破天荒なアクション映画である。まずのっけの脱獄シーンからして、車で大型バスを横転させるというモーレツアクションに驚かされるのだが、こんなのは序の口であった。  お次は走る列車にトラックが並走しながら、高熱バーナーで列車の車体を焼き切っ...
ワイルド・スピード MEGA MAX (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ワイルド・スピード MEGA MAX」監督:ジャスティン・リン(『ワイルド・スピード MAX』)出演:ヴィン・ディーゼル(『ワイルド・スピード MAX』『バビロン A.D.』)ポール・ウォーカー ...
「ワイルド・スピード MEGA MAX」 カーアクション少なすぎ (はらやんの映画徒然草)
「ワイルド・スピード」シリーズの5作品目です。 このシリーズは好きなのですが、シ
ワイルド・スピード MEGA MAX (とりあえず、コメントです)
大ヒットシリーズのアクション『ワイルド・スピード』シリーズの第5弾です。 金庫を引きずって疾走する予告編がとても面白そうだったので、先行上映でチャレンジしてきました。 予想通りのワクワクする展開にスカッと爽やかな作品でした。
ワイルド・スピード MEGA MAX (Memoirs_of_dai)
オーシャンズ・ワイルド・スピード 【Story】 前科者のドミニク(ヴィン・ディーゼル)と共にお尋ね者として追われる身となってしまった元FBI捜査官のブライアン(ポール・ウォーカー)。ドミニクと彼...
『ワイルド・スピード MEGA MAX』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ワイルド・スピード MEGA MAX 』 (2011)  監  督 :ジャスティン・リンキャスト :ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ジョーダナ・ブリュースター、ドウェイン・ジョンソン、タイリース・...
ワイルド・スピード MEGA MAX Fast Five (映画!That' s Entertainment)
●「ワイルド・スピード MEGA MAX Fast Five」 2011 アメリカ Universal Pictures,Original Films,130min. 監督:ジャスティン・リン 出演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ジョーダナ・ブリュースター他 <評価:★★★★★☆☆☆☆☆> <感想> ...
ワイルド・スピード MEGA MAX(2D字幕) (りらの感想日記♪)
【ワイルド・スピード MEGA MAX】 (2D字幕) ★★★★ 映画(51)ストーリー いまや前科者のドミニク(ヴィン・ディーゼル)と共に
ワイルド・スピード MEGA MAX☆独り言 (黒猫のうたた寝)
先行上映はこの3連休・・・でも、仕事だったのよね。最終日の仕事帰りにセンチュリーシネマでレイトショー鑑賞してきました。月曜日お休みだったから、心おきなく(笑)刑務所で25年の服役になっているドミニクの救出劇から始まるカーアクション。ブライアンとミアに助け...
ワイルド・スピード MEGA MAX (銀幕大帝α)
FAST FIVE/11年/米/130分/アクション/劇場公開 監督:ジャスティン・リン 過去監督作:『ワイルド・スピード MAX』 製作:ヴィン・ディーゼル 出演: ◆ヴィン・ディーゼル…ドミニク・トレット 過去出演作:『ワイルド・スピード MAX』 ◆ポール・ウォ...
ワイルド・スピード MEGA MAX (ダイターンクラッシュ!!)
2011年10月5日(水) 20:45〜 TOHOシネマズ日劇3 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『ワイルド・スピード MEGA MAX』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。18本目。 第1作は観ていないが、その後は、「TOKYO DRIFT」も含め、3本観ている...
ワイルド・スピード MEGA MAX (いやいやえん)
ポール・ウォーカーさんが出てたなあというくらいしか記憶のないこのシリーズ。いきなりここから観てしまいますよん♪細かい設定はわからないけど全然問題なしでした。どうやらシリーズ4作のメンツが揃ってるらしい
『ワイルド・スピード MEGA MAX』 中国化する世界 (映画のブログ)
 『戦火の馬』の記事で『ワイルド・スピード MEGA MAX』について触れたところ、コメントで面白いことを教えていただいた。この作品の監督は、中国系[*]の人物なのだ。  なるほど、ワイルド・スピードシリー...
ワイルド・スピード MEGA MAX (Fast Five) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジャスティン・リン 主演 ヴィン・ディーゼル 2011年 アメリカ映画 130分 アクション 採点★★★★ TVを観てると、「アレ?この子って、最近見なくなったあの子に似てるよなぁ」って思う事が多いですよねぇ。その子をTVで見かけなくなると、消えてたあの...
ワイルド・スピード MEGA MAX (RISING STEEL)
ワイルド・スピード MEGA MAX / FAST FIVE 2011年 アメリカ映画 ユニヴァーサル製作 監督:ジャスティン・リン 製作:ニール・H・モリッツ 製作総指揮:アマンダ・ルイス 脚本:クリ...
ワイルド・スピード MEGA MAX (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ジャスティン・リン 出演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ジョーダナ・ブリュースター、ドウェイン・ジョンソン、タイリース・ギブソン、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、ガル・ガドット、マット・シュルツ、サン・カン、テゴ・カルデロン、ドン...