バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

スマホ詰めパラ ブックマークその14

2015-03-29 19:17:19 | 将棋

ばたばたとして 更新を怠ってましたが週に1回か2回くらいのペースがちょうどいい感じですかね。 

電王戦3局は、コンピューター側の快勝で、次の村山さんの戦いが注目です。ポナンダは、なんといっても強敵ですので、村山さんが弱点を見つけているのかどうか。まあ是非勝ってほしいですね。 

王将戦も郷田さんが王将奪取。個人的には郷田将棋が好きなのでよかったと思っています。 名人戦の後の来期 佐藤天彦新8段の戦いが要注目です。

 

さてスマホ詰めパラ 個人的に気になるのをブックマークに入れてますが 瓶子吉伸さんの作品は、4つ出題されていますが4つともブックマークにいれています。前回 そのうちのひとつを取り上げましたが今回 残りの3つを取りあげます。

まずこの巧妙な作品

パッと見 第1感は、23桂なのですがこれは不正解。

狙いは、香車を桂馬に打ち換えることにありますがそこにこの手筋の23桂のタイミングがポイントとなる作品

23桂がなぜだめなのかというと23桂、同角、42香成のときに21王と逃げられて失敗。(次図)

これが 23桂が入っていないと42香成に21王は、(次図)

これは、31飛、12王、11金、23王、32飛成、13王、33竜の手順で詰む。

だから先に42香成なのです。以下 同王、54桂、31王、53角成、21王 (途中図)

こっから7手詰みです。これを詰ませればなぜ香車から桂馬に打ち換えたがよくわかります。

 

次の瓶子作品

手持ち駒がたくさんだが1種類ずつの小駒ばかりだとかえって多さは気にならないできれいな感じさえする。

なお15のとは、金でもよいと思うのだがそれは、好みの問題かな。

 

最後の5手詰みの簡単な問題

これこそ変化への対応という手筋がでます。

つまり上から13金、21王、22飛と打つと31王で逃げられるんでそれをさせないための手筋です。

私なんかは、第1感 32飛あたりから読むがそれは失敗する。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 振り飛車穴熊の最終進化 | トップ | スマホ詰めパラ ブックマー... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みつかづ)
2015-04-05 21:48:09

初めまして。みつかづと申します。

バビル3世さんご自身の発表作品No.4799、
No.4911、No.5052、No.5328、No.5465など
個人的にはとってもステキだと思いますが、
スマホ詰パラ上ではできない図解入りの解説を、
ファンとしては1度で良いから見たいなと思い、
コメント致しました。

瓶子吉伸さんの4作品、持駒のインパクトが強いのですが、
ご本人さんの解説を1度で良いから拝見したいですね。

最後に、私のお隣の県にお住まいでいらっしゃるとの事で、
奈良県に住んでいる私にはスマホ詰パラの作家として、
とても心強い存在だなと思っております。

バビル3世さんの新作、また解ける日を心待ちにしておのます。
RE みつかづさん (バビル3世)
2015-04-06 08:12:57
はじめまして 
奈良県の方ですか。吉野桜は、いいですよね。
ここのところすっかりブログ更新を怠ってますがスマホ詰めパラで気になる作品もどんどん紹介したいなあと思っています。

私は、詰将棋はまだかけだしですよ。
このブログで詰将棋を紹介していたのがきっかけなんですが EOGさんとか風太郎さんとか三輪さんというすごい人たちが現れて、創るようになりました。

まあ収束があかんのは体操の着地が乱れるのと同じであかんと三輪さんに教えられましたね(笑)
詰将棋を創る自分自身のコンセプトは、できるだけ 詰ましてみようかなという初形をめざしています。どこまで収束が決まるかというのもあります。

みつかづさんの作品は、最近のNo.5410 あれよくできてますね。取り上げようかとも思ったのですが解説がとても詳しくされているので入る余地がないかとも思いました(笑)

自作品は、まあまた機会があれば創作付近の変化や面白いところがあれば取り上げたいと思ってます。
みつかづさん 
こちらこそ よろしくお願いいたします。
Unknown (みつかづ)
2015-04-07 00:47:11
お返事ありがとうございます。

EOGさん、風太郎さん、三輪さん。
何であんなに見事な作品を作れるのか、ご指南いただきいたいですね。

収束キメるのはなかなか難しいですよね。
時に流れちゃったり、間延びしちゃったりして(^^;)

No.5410については、ありがとうございます。
元々1手詰の素材をリアレンジしてみまたした。
まさか、19手まで伸びるとは予想していませんでした。

最近、解説は女性キャラクターに任せる事で、
女性の解き手や作家様を増やしたいと言う意思もあります。
ただ、ちょっと喋らせ過ぎるのが何点ですが、
もし、使っていただけるのなら、ご自由に作っていただいて構いません。
(寧ろ嬉しいです)

バビル3世さんの「桂馬」は面白いですからね。
今から新作が楽しみです。

こちらこそ、今後ともよろしくお願い致します。
RE みつかづさん (バビル3世)
2015-04-07 07:40:24
こちらこそよろしく
みつかづさんの方がスマホデビュー早いし作品数もずいぶん多い。
それに創作歴もきっと長いはず。
私もスマホ詰めパラの作品の解説は書くようにしてるんですがまあ工夫してみたいとは思っています。
Unknown (みつかづ)
2015-04-11 23:38:19
夜分に失礼致します。

バビル3世さんの姉妹作、解かせて頂きました。
題名とも相まって、駒の愛らしさがカワイくて
たまりませんでした。

表現のコツ、知りたいです。

ちなみに、私は作家は1年生で、5月から2年生。
本誌は読んだ事がありません(^^)

RE (バビル3世)
2015-04-12 10:20:54
詰将棋は、1年くらい前に自分のブログで載せるようになりましたがスマホ詰めパラは、半年くらいですかね。
タブレット(kindle)買ってからです。

今回の姉妹作といってもタイトルだけですけどね。
初級用で手筋ものですから簡単だったのではないでしょうか?レベル10は、高すぎでまあ6~8くらいではないかと思っています。(管理人さんの考えるレベルとこちらの考えるレベルはいつも違う(笑))
私の場合は、こちらのつけたタイトルはほとんど却下され管理人さんのつけたタイトルになります。
今回 たまたま2つが同時にそれもタイトルもこちらがつけたのがそのまま採用されました。レアケースです。

ですからタイトルに関しては、全く 才能はないです(笑)
みつかづさんの 女王の香水とか宝石箱を荒らす獣達とか才能ありすぎです。

三輪さん作と同時になる場合が多いのですが、異次元です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL