バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

スマホ詰めパラ ブックマークその17

2015-04-25 20:00:48 | 将棋

明日は、アマ竜王戦和歌山予選の日である。

ところが残念なことに参加できなくなった。 娘婿のベラルーシ共和国の母親が来週急に手術をするということになり 教会にいってお祈りをしたいと言い出したので、ロシア正教の近くの教会を探すと大阪吹田が一番近い。 というわけで明日は、娘夫婦をそこに連れていくことにした。詳しいことはわからないながら心配です。一人息子を遠い日本に渡らせて人一倍心配しているであろうし。

アマ竜王戦に参加して 優勝候補の一角でも倒せればいいかと思っていましたが、アマ名人戦までお預けです(本当は予選通過が精いっぱいかもしれません 笑)。 だれが優勝するんだろうな。本命 坂本君、対抗 白井君 大穴が楠本君としておこう。(本当は、ベテラン勢に頑張ってほしいところなんですが 構井さん、中野さん、新田さん、古久保君、伊達さん、真田さん,武居さん、林さん等)その他に若手の山本尚くんと那須君をあげてあけばほぼ間違いないところなんだが、、これ以外の人が優勝するとこれはまたひとつの話題。

 

スマホ詰めパラも24作を掲載していただいたが 24作目は、ちょっと手直しを考えていたところに急に掲載されたので 他の作品にしてもらった方が良かったなあとちょっと思ってます。(笑)

 

ブックマークにいれた作品を3つほどご紹介

まずは、初手一発の作品

No.5555のこの作品

初手に鬼手。実戦では、なかなか生じない。(まあ局面の12銀が実戦ではありえないし) 

初手がよく成立しているものだと感心。 みなさんわかりましたか? (ヒント 竜が動きます)

 

次は、No.5540のこの作品

the 手筋!という作品。 22銀から始まり最後までゆるみのない手順。 11手詰み

22銀、同馬。44銀、同金、53飛成、34王 あとはお考えくださいあと5手です。

こういう作品を創りたいと思う次第。

 

最後は、芸術的なもランさんのこの作品 

No.5521 銀の時代から桂の時代へ

これ 23銀打、31王、32銀成、同王、43銀打、21王、22銀、同王、23銀成、11王、22成銀、同王 (途中図)

うん? 銀3枚も捨てて34の銀を43に移動しただけ。ここから桂馬の時代が始まります。

34桂、11王、23桂、21王、31桂成、同王、42銀成、21王、11王、23桂。。。まで23手詰

見事!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 塚田賞受賞作品集 短編 | トップ | 詰棋通信No.100より  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL