☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

「白い巨塔(2019)」 ドラマ

2019年05月30日 | ドラマ
2019/05/22~2019/05/26放送 テレヒ朝日
監督:鶴橋康夫、常廣丈太
出演:岡田准一、松山ケンイチ、沢尻エリカ、夏帆、満島真之介、飯豊まりえ、八嶋智人、斎藤工、山崎育三郎、市毛良枝、柳葉敏郎、岸本加世子、岸部一徳、松重豊、小林薫、寺尾聰


テレビ朝日 開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子『白い巨塔』をやっと見終わりました。

山崎豊子原作の同名小説をドラマ化した作品。1966年から何度もドラマ化されていますが今回で6度目。私は2003年の唐沢版を見ましたがとても見応えあるドラマでした。岡田版はどうしても比較されがちだけど気になるので見ましたが、やはり唐沢版は越えられませんね。でも、岡田くんの演技は素晴らしく後半での病気に苦しむ姿は壮絶でしたね。視聴率も思ったよりも良かったようですね。私のように気になるから見たとい人も多かったのかな。

原作が1960年代の設定であるから、唐沢版も当時の医学水準になっているわけで今回も現代の医学に変更されてるのは仕方がないですね。今の時代、教授選を題材にというのは古い感じもしなくもないですが、、、。今回の財前は「腹腔鏡のスペシャリスト」 という設定。

財前の病気も治療困難なものに変更されていて、今回は膵臓癌に変更されてますね。自分だったら手術して取り除く自信があるのに自分をオペできない悔しさは絶望感しかないですよね、、、。最期まで友人として寄り添う里見先生のやさしさに泣けました。最後に屋上に来るのが里見先生だったのは良かったです。

個人的には、半年の放送でも夢中で観てたことを思うと唐沢版が好きですが、岡田版はインパクトは弱いけれどまずまずの出来だったんじゃないかなと思います。「白い巨塔」というより「岡田主演の医療ドラマ」な感じではありますが💦 医療技術も日々変わってきてるし、昔は治らなかった病気も現代では治ってたりと医療ドラマは常に最先端を求めらるから製作側も大変ですよね。

テレ朝だからなのか、この病院のロビーや手術室等「ドクターX」と同じ病院に感じたのですが...。どこからか大門未知子がさっそうと現れて“切らせてー”てきそうだと思ってしまいました 笑。財前のすい臓も大門なら任せられるのにーと思ってしまいましたわ💧

ま、それぞれ古くは田宮版から、唐沢版、そして岡田版とひとそれぞれの好みがあるということで。でもやはり原作がしっかりしているからこその面白さですね。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« アベンジャーズ/エンドゲー... | トップ | 「ゴジラ キング・オブ・モ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おお!ドラマ感想!! (kira)
2019-06-13 20:26:44
私は今回、ケンイチくんが里見役だったので見続けました👌

やっぱり唐沢版のインパクトが印象に残っていて
いろんな変更にもかかわらず、唐沢財前がどうしても過ぎりましたが、
仰るように岡田君の医療ドラマ感はありましたね。

私も大門未知子が出てきそうな気がしたシーン、ありましたね(笑)
kiraさんへ (yukarin)
2019-06-21 11:21:54
やはり唐沢財前が良すぎたので...
でも岡田くんも頑張ってましたよね。
松山ケンイチくんの里見役もハマり役だったと思います。

普通に医療ドラマとしては面白く観られました。
大門未知子....出てきちゃだめですがどこかで期待するところも 笑

コメントを投稿

ドラマ」カテゴリの最新記事