☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

セブン

2016年12月17日 | ★★★★

【SEVEN/SE7EN】 1996/01/27公開 アメリカ 126分
監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン、グウィネス・パルトロー、ジョン・C・マッギンレー、リチャード・ラウンドトゥリー、R・リー・アーメイ、マーク・ブーン・Jr、ダニエル・ザカパ、エミリー・ワグナー、ケヴィン・スペイシー

STORY:定年退職間近の刑事サマセットと新人のミルズは、ある殺人現場に向かう。そこには肥満の大男の凄惨な死体があった。またほどなくして、今度はビジネスマンの死体が発見される。サマセットはそれぞれの現場に残されていた文字から、犯人がキリスト教における七つの大罪(傲慢・嫉妬・憤怒・怠惰・強欲・暴食・色欲)に因んだ殺人に及んでいると分析、残るは5件となった...(allcinemaより)


先日観た『ミュージアム』が『セブン』に似てる...というのを目にしたので、そーいえば久しぶりに観てみるかーとお試し中のU-NEXTで観ました。もう20年前の作品なんですね....ブラピもみんな若い。

初見はDVDでまだグロいのが苦手の頃だったので、最初の肥満の大男の死体とか気持ち悪い~とか思ってて、わりとグロい作品のイメージがありました。改めて観るとそれほどでもない? 今の作品はモロにグログロな死体がバーンと出てきますから、慣れてしまいました、、、

物語はキリスト教の“七つの大罪”になぞらえた奇怪な連続殺人事件。その事件にベテラン刑事と新米刑事が事件を追うというもの。サイコ系の作品は好みなので、今観ても面白いです。内容はいい感じに忘れてたけど、ラストは記憶に残ってたほどインパクトがありますよね。あの時のブラピの葛藤する演技が良いです。

この作品から似たようなサイコ系の作品が多くなったような気がしますけれども。なので必ずこの作品と比較されがち。この手の犯人は早く自分を探してほしいんだなーと。しびれを切らして自分から出てきてしまうという....。

あの箱の中身.....
観た人それぞれが、箱の中身を想像できるところもいいです。

オープニングクレジットやエンドロールが逆に流れてくのも好み。
今ではよくありがちになりましたね...
改めて観てみるとこの作品に影響されてるのがよくわかります。

★★★★.3
鑑賞日:2016/11/22



セブン [DVD]
ブラッド・ピット,モーガン・フリーマン,グウィネス・パルトロー,ケビン・スペイシー
ワーナー・ホーム・ビデオ

 

セブン(初回限定生産) [Blu-ray]
ハワード・ショア,アーノルド・コペルソン,フィリス・カーライル,アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

コメント   この記事についてブログを書く
« シークレット・オブ・モンスター | トップ | ローグ・ワン/スター・ウォ... »

コメントを投稿

★★★★」カテゴリの最新記事