心穏やか委員会

笑い飛ばせば気分は上々。

〆切ラッシュで

2016年11月29日 | 日記

忙しくなってしもーた。
コメント

雪をナメてはいけない

2016年11月24日 | 日記
昨日から、降るぞ降るぞとメディアを賑わせている関東の「雪」

横浜市でも屈指の標高を誇るわが家周辺住民には、一大事であります。

案の定、朝6時半ぐらいから降りだし、小一時間で積もり始めました。

「うっわ~、マジか。」
毎度の事なれど、びっくりです。


「やい!待てよ」

「いつも、下界(会社の近くの関内ね)に降りると、
雪なんかちらちら程度で、あれっ?って事になるじゃないか!」

完全装備で浮きまくるんです。

なので、今回は賭に出て、革靴にス-ツの通常装備。
徐行走行で会社に来ました。

ほらね。
ぜ~んぜん雪な~し。

でも、このように毎回うまくいくとは限りません。
雪を甘く見た為に、帰りが悲惨な結果になり
自宅周辺で過去に2回ほど遭難しそうになりました。
コメント (2)

祝日もおやじランチ

2016年11月23日 | おやじシェフ
祝日もランチ作ります。
休みはいつもって事ですね。

しかし……
蕎麦、ラーメン、うどん、チャーハン。
マンネリ化で、最近気合いが入りませんでした。

そんな中、今朝は長女から
「てぃえるてぃサンド食べたい!」

それもしかして、BLTサンド?

「ヨッシャ任せなさい!」
何が食べたいと言って貰えるのは、
主婦冥利に尽きる訳で、嬉しいものだわ。


久しぶりに作ったぜ!男のBLTサンド。

トマトもレタスも、
八百屋の親父の胸ぐら掴みたくなるほど、
高いけど、長女が
「わぁ美味しい!」
言ってくれたから、許してやろう。

部活から帰ってくる次女のために、
たまごサンドとジャガイモの素揚げも追加しました。





コメント

リュックを下ろせ

2016年11月22日 | 日記
それがし。

本日は、多くを語るつもりは無きに候

「でぃやぁ-----っ!!」

混んでる電車は、リュックを下ろせ!

以上!
コメント

あ~気持ち悪い

2016年11月21日 | 日記
月曜の朝は、気持ち良くスタ-トしたいものです。

今朝、家を出ましたら、いつもより一本速いバスがこちらに走ってきているのを発見!

「ロックオンじゃ!のおおおおぉぉぉぉぉ-っ!!」
日頃のジョギングの成果をお披露目する時です。

また、これで乗れた時の満足感たるや、
コンビニのレジで細かいお金がピッタリ出せた時に匹敵します。(何のこっちゃ)

しかし・・・・・走りながら嫌な予感が脳裏によぎっていました。

そう・・・・

「あっ!スマホ忘れた!」
朝、急いでいるとよくやります。


その次のバスは、いつもより大分遅れてきました。

あ~気持ち悪い。
コメント

本日のランチ

2016年11月19日 | おやじシェフ
おやじランチ。

毎週末、営業しております。

今日は何しようかなと、スーパーに行きましたら、
レンコンさんとサツマイモさんと目が合いました。
(たまには綺麗なご婦人と目が合ってみたいものです。)

お惣菜を四人分買うのは、もったいない。

貰い物の美味しいお蕎麦があるので、
箸休めの天ぷら作りました。


今日は皆、バラバラに帰ってきたから、
三回用意しました。これ一人前ね。

あぁ
こんな事やってるうちに、僕の休日は終わります。




コメント

つるぴかはげ丸くん

2016年11月18日 | 日記
つるぴかはげ丸君は、電車でキャラがかぶる事を恐れるものです。

二つならまだしも、三つきれいに並んだ時には、
面白過ぎて、耐え難いものがあります。

でも、その逆パタ-ンというのもあるんですね。

今朝は、これでもかと頭が爆発しているお兄さんと、
電車で横並びになりました。
「フタ有り」「フタ無し」って感じ。


もう、僕に対する嫌がらせかってぐらいボ-ボ-で、
ファンキ-なお兄さんは、しきりにヘア-スタイルを気にしています。

「羨ましいな。かっこいいな。」

でも皆さん。
僕は20代までボ-ボ-でした。

これを読んだ、まだその心配のない殿方。
その日は突然やってくる事があります。
しっかり、ケア-した方がいいですよ。
コメント

すいません。今日はちょっと自慢。だって嬉しいんだもん。

2016年11月16日 | 日記
「地獄の火曜日」

横浜スタジアムに程近い、築90年の建物。
耐震改修工事の定例会議がある日を、僕はそう呼んでいました。

文化財指定という事もあり、当たり前が通用しない。
苦難の連続でした。
こんなに長く頭を痛めた現場は、20うん年の設計人生で初めてです。

僕の担当は構造といって、骨組みの補強。

何せ、昭和3年の建物ですから、
蓋を開けてみたら、「何じゃこれは??」と言うことが日常で、
「では、○○さん。来週の定例までに補強方法考えて来てください。」
言われるわけです。


90年前の設計者がどう考えて、このような納まりにしたのか・・・・。
「バァ-ロ-!そんなの知るかつ-のっ!」
と心の中で叫びながら、毎回なんとか打開策を昂じてきた訳です。(涙)
(実際一度だけ、市の職員にてめぇふざけんなって怒っちゃったけど)

と、長くなりましたが、工事も来年1月まで。
本日は、1年半ぶりに足場が取れ、姿を現しました。

ちなみに隣の煉瓦建物の構造担当も僕です。



やっぱり横浜にレンガの建物は映えますね。

ライトアップの試験もしていました。



この立派なお姿を見ただけで、苦労も忘れられます。
コメント (2)

ここで一句

2016年11月15日 | 日記
昨夜の帰りたくない病は重症でありまして、
帰ったのは、日付が変わってから。

「健全な精神は、健康な体から」ということで

いじけた心をリセットすべく、朝のジョギングに行って来ました。

自宅から走って5分ほどの所にある公園。
昔は火薬工場で、今でもトンネル跡などが残っています。


今日は、少し写真など撮ってみました。


この公園に来ると四季が感じられます。
お題は四季。

昔、「奥様とずっと仲良くできますか?」の問いかけに
「コケがむすまで」なって言ったっけ。


やはり秋は紅葉ですなぁ。



ここで一句
「秋冬は 妻の冷たさ 更に染み入る」

あ-!いかんかいん!全然健全な精神じゃな-い!
コメント

まさかの月曜日

2016年11月14日 | 果てしなき戦い
月曜の朝。

誰もが心穏やかに滑り出したい、そう思うのが人情である。

しかし!今朝はそうは問屋が卸さなかった。

それは、一の姫が遅刻しそうになり、駅まで送り届けた後の事。
「姫が無事と知れば、奥方も安堵することであろう」
当然、喝采とともに帰還と思っていたのだが・・・・・。

敷居を跨いだ瞬間
「あの~、また玄関の電気付けっ放しだったんですけど」

「しゃきん・・・・・・」

「よせ-っ!やめろ-っ!殿中でござる-っ!」
長年鍛え上げられた、拙者の中の「仏の旦那」が叫んだのは聞こえなかった。

一刀両断にすべく、斬りかかるそれがし。
それを軽々と切り返し、心の臓めがけて剣を振る奥方。

あっという間に形勢逆転である。

この時点で、我に返り、折れればよかった・・・・。

「しゃきん!しゃきん!しゃきん!」

事もあろうに、出勤という波にさらわれるまで、壮絶な斬り合いをしてしまい候。

ああ・・・。
今宵また病が拙者を襲う・・・・・・。


またもや「帰りたくない病」を発症する拙者であった。
コメント