心穏やか委員会

笑い飛ばせば気分は上々。

人生はままならない

2015年02月27日 | 日記
辛い…辛すぎる…。

息子の大学受験。
只今、0勝5敗…。浪人濃厚…。

娘は公立駄目らしい…。
私立はお金に羽が生える…。

でも、良く頑張ったよ。

二人の心中を思うと、胸が張り裂けそうです。

負け惜しみじゃないけど、言わせてください。
息子は国立大学、娘は横浜のトップ高を受験したのです。
本人がやりたいと言ったのだから、悔いはなかろう。

おやじもこれから更に頑張るよ。

しかし、人生はままならないものですね。


前向きに頑張るためにも
今朝もいつも通りに走ってきました。


コメント (2)

お父さんは許しませんよ。

2015年02月25日 | 日記
先日、娘の最後の授業参観で小学校に行ってきました。

三兄妹でト-タル12年。今年で最後。
「ここに来るのも最後か」感慨深いものがありました。

見学したのは体育。バスケです。

「ん~うちの娘はやっぱりかわいいな」
いつも、授業参観は親ばか5車線一方通行です。

「ははははは!」大人みたいに口元に手をやり、楽しそうにする姿に成長を感じ
「俺、泣いちゃおうかな」年とともに涙腺の弱くなった僕から、奥さんは遠ざかります。

すると
「お-い! ○○!(娘の名前) ボ-ルボ-ル!」

「なぬっ!!」
僕ですら、○○ちゃんと、ちゃん付けで読んでいるのに!
(末っ子なので)
呼び捨てとは何事だ!


先生が居なかったら、便所に呼び出してシメるか
又は、下駄箱にミミズを一杯詰め込んでやるところです。

ふん!油断も隙もあったもんじゃない!ホントにもう!

後で聞けば、仲の良い友達同士は、男女関係なく下の名前で呼び合うのが普通だそうです。

ん~でも、お父さんは許しませんよっ!

コメント

フィジカル グラフィティ

2015年02月25日 | 大好きな音楽
ゼップのリマスターシリーズ。
いよいよ後半戦に差し掛かる「フィジカル グラフィティ」です。


給料日前日のCD三枚組!3564円!んっ高い!

しかしロックおやじは、我慢出来ずに横浜タワ-レコ-ドに立ち寄るのでした。
昨夜も、もう9時過ぎだというのに、幾人かの紳士が食い入るようにZEPコ-ナ-眺めておられましたね。

フィジカルグラフィティというと、昔はモコモコした音というイメ-ジでしたが、
今は随分とスッキリ、パンチがあります。いや~いいですなぁ~。

これまた沢山売れるんでしょう。
ジミ-ペイジなんて、毎年ヒットアルバム出しているよう印税入るのに・・・
稼ぎまくり。

そうだ!
僕も会長作詞作曲「心穏やか音頭」をババ-ンとヒットチャ-トに送り込み
印税がっぽがっぽ貰って、毎日タクシ-で会社に行くってのはどうだ?!

ん~小さいな・・・・・。
コメント

まん丸顔な長女

2015年02月23日 | 日記
受験の終わった長女。
気が付けば「トド」みたくなってました。

去年の夏まで部活でスリムだった彼女は、
一心不乱に勉強に落ち込み、お菓子とご飯が唯一の楽しみという生活を続けた結果、
あれよあれよという間に、横に育っていきました。

おやつの握り飯を頬張りながら
「私、受験終わったら、めちゃダイエットするの」などと・・・・
捕らぬ狸の皮算用的な発言で「ん~」と家族を唸らせていたのです。

でも、いざ終わってみれば、直ぐに切り替えるのは難しいし、
今はゆっくりして欲しい。

ゴロゴロゴロゴロ・・・・。ゴロゴロゴロゴロ・・・・。

スマホと身体が一体化し、お友達とLINEをしているのか
「むふふふふふ・・・・。ひゃひゃひゃひゃ・・・・。」
不気味な笑い。


家族としても気を遣って「トド」とは言えず、
「アシカみたいだね」なんてパンチのない表現に留まっているところです。

まあ~、健康ならいいっか。

ちなみに、彼女は幼稚園から皆勤賞を続けておりまして
「私、病気する気がしないの。」
まん丸なお顔で言っております。素晴らしい。
コメント

野毛探検

2015年02月21日 | お酒大好き
昨夜は、会社の若い人と野毛探検してきました。

昔に比べ、活気があり「ヨシャ!飲んだるど!」
と顔に描いたサラリーマンやOLで一杯。
(昔、近くに会社があって行ったけど、おやじの飲み屋街でした。)

人気があると思われる店は満杯。
徘徊してましたら、一件ちょっと洒落た感じの所が空いてるって。

でも、席を用意する間に
「あ、これマズイっすよ。全員カップルっすよ。」
「しぇー」
言われて見渡せば、もう直ぐにでもおっぱじまりそうなカップルだけ。

僕らは
若いお兄さんの好きなおじさんと
おじさんの好きな若いお兄さんになるのだけは、
我慢できないので、ふたりでエビのようにスッと退散。

適当な所に逃げ込みました。


まあ、結論から言いますと
街全体の雰囲気は、賑やかでいいけど
出てくるものは、別にふつう。
僕は静かに飲む方が、性に合ってるのかも。

コメント

ちびり坂

2015年02月19日 | ご幼少のみぎり
毎日毎日、寒いですね。
会社の僕の机は窓側なので、一日缶詰だと結構寒いんです。

お腹が若干ぴ-ぴ-気味。
この周りの状況に敏感に反応してしまうのは、ご幼少の頃からの課題です。

そう、あれは「神童」といわれた幼稚園児の頃。

「寒いからももひき履きなさい」おばあちゃんの的確な忠告を無視し
案の定、程なく砂場でお腹が「きゅるるる」

「至急!基地に帰還されたし!時間が無い急げ!」
お腹の司令塔より指示が下り、小走りで家に帰ったのです。

皆さんも一度や二度は、朝の出勤途中で緊急事態に陥った事がございましょう。
あれです。

「うううううぅぅぅ~」二度ばかりの波を乗り越え、最後の直線にさしかかった時
「ぷぷぷぷ、ぷっぷっぷっ・・・」ラストサイン。(我慢の限界)

僕の実家は坂の上にありまして、手前で力んじゃったんですね。

「もはやこれまで」
全ての力を抜き、自然のなすがまま、神の思し召し通りにしました。

あの新聞紙を広げた上に立たされた屈辱は、今でも忘れません。

それから実家の坂は、友達の間で「ちびり坂」、家は「ちびり城」と命名され
高校時代までバカにされました。


年とともに、下方面は緩くなりがちです。
「ちびりマンション」「株式会社ちびり」って呼ばれないように気をつけなければ。
コメント

大人の時間

2015年02月18日 | お酒大好き
今日も残業。ちと酔いたい気分だったので、いつものわだつみでひとり飲み。
ホントは色々開拓したいなとは思い、横浜飲み歩きのブログなんか見たりして、研究するのですが、やっぱりここは落ち着きます。

もう、お店の女の子がニコニコしながら、ビールですよねって出してくれます。

今日は、ウマズラのお刺身。
肝を刺身で巻いてます。まじうまい。

これは日本酒ですねと頼みまして、おまかせで
ワカメとタコの酢味噌あえ

さっぱり美味しい。
大人じゃぁん。

ご主人と適度にお話してのゆったりした時間。
ご馳走さまでした。


コメント

ご相席お願いします。

2015年02月18日 | 日記
もう一丁、吉田飯店ネタ。

「ご相席お願いします!」
「いや、嫌です基本的に。」
僕は子どもの頃から相席は苦手です。

でも、忙しいランチ時にそんな贅沢は言えません。多少の狭さは僕だって我慢します。
大人ですから。

でもでも!吉田飯店のご相席は半端じゃないの!
全く容赦無し、問答無用の詰め込みようです。

この前見た明らかに気の弱そうなお二人。
その吉田飯店名物「拷問的相席」を受け入れ、はたから見たらすげえ仲良し。恥ずかしそう。

おいおい、奥さんとだって、そんなに至近距離で向かい合ったら気持ち悪いぞ。
それに、間違えて相手のおかず食べちゃいそうじゃん!

あれじゃ、食った気しねぇだろうな~。

僕は僕が座った事により、余りにも圧迫感がありそうな時は「ん、また来るわ」諦めます。
反対もそうですよ普通。

でも、やっぱり吉田飯店の安さと味に吸い寄せられ入店。
「頼む~。視覚と味覚が別物の人。僕の目の前に来ませんようにっ!」
念じながら、出来上がりをびくびく待つ僕なのでした。
コメント

吉田飯店

2015年02月17日 | 日記
お昼のコンビニ弁当に飽きた時、よく行く中華のお店があります。

「吉田飯店」

店員さん全員中国人。声がでかくてうるさいけど
「吉田飯店」

「ご飯少なめにしてください」何度言っても通じず大盛り出てくるけど
「吉田飯店」

「いらしゃいましぇ!どんっ!」って乱暴にうつわ置くけど
「吉田飯店」

んもう、どこが吉田さんなの?中国感バリバリじゃん?って思うけど
定食650円は魅力だし、味もなかなか良いんですねこれが。


そもそも、この辺の人は子どもの頃から中華街があって、この中華スタイルに慣れてます。
(そう言えば、ラ-メンの事は「支那そば」って言いました。)

幾らでもぶっきらぼうにするがよい!
ぜ~んぜん平気だもんね。
コメント (2)

何とかなるさ。

2015年02月17日 | 日記
今朝は、出社前に長女を試験会場まで送りました。

あと少しだ!頑張って!
もう、結果はどうでもいいよ。
もし私立になっても、父ちゃん稼ぐから心配すんな。

疲れが溜まった顔の長男長女を見ると、そんな気分になります。

そうそう
僕の人生は今まで、周りの心配をよそに
「ふんっ、何とかなるよ。元気なら。」
で、何とかなってきたので、あれこれ考えても身体に悪いし、気楽にいきましょう。

奥さん曰く
「あなたのそののんきさ。羨ましいわぁ」
半分バカにした言い方されますが、
「最近はポジティブっていう、差し障りの無い言い方あるのね
。そこんとこ重要なのね。」

とにかく、春が待ち遠しい今日この頃なのです。


コメント