八木小児科医院・富山市:麻疹・風疹予防接種は1歳で!障害児医療に力を入れてます

受付時間診療時間終了10分前です。予防接種優先時間帯は午後2~3時です。富大医学部臨床教授・実習協力機関。

※ 第一報 インフルエンザ予防接種予約については、ワクチン確保予定人数次第で、一度終了予定です。

2020年10月20日 | Weblog

事前予約された方から 10月5日よりインフルエンザ予防接種開始しました。

土曜日の午後のインフルエンザ予防接種のみの専用時間帯は大変込み合いますので、

平日の接種時間内で可能な方はこの時間帯にも来院してください。

ご予約された中学生以外の小児の方においては今月中に第1回目、4週間前後で第2回目接種

をお願いします。 11月は第2回目の方と、中学生などのお子さん成人などの方々が

重なりますので土曜日は大変混雑します。平日の時間内接種可能な方はお願いします。

接種希望者のピーク時は施設内が混雑しますので、マスク、手指消毒、必要以上に声を出さないなど、

よろしくお願いします。

予約については、ワクチン確保予定人数次第で、終了することをご了承ください。!!!  今月予定分の予約に

ついては数日以内に一度締めきる可能性があります。

この場合、11月に入りましたらお知らせします。

なお、中学生のお子さんの11月からの予約分については、一定数確保予定してます。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。

インフルエンザの流行について:

①昨シーズンは1月以後、新型コロナウイルスが出現し、インフルエンザ感染が激減しました。

②南半球では今年の7月まで(オーストラリアでの冬)インフルエンザの流行はほとんど見られず、

③日本でも昨シーズンは8月~9月以後徐々にインフルエンザが出はじめ10月11月には流行開始とましたが、

 現在、昨シーズンの1000分の1の発生状況です。

④予約については事前に整えておいていただき、接種時期についてはそれほどあわてなくても

よいかと思いますが、11月12月に集中する可能性がありますので、10月の接種開始時期から徐々に

開始します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

※インフルエンザの予防接種予約受付中です。予約時間は平日午前11時まで、

平日(木曜日、土曜日除く)午後は5時までです。 

※予約は予定人数に達した場合終了します。

※富山市では生後6カ月から小学生は2回数接種分の料金のうち6000円までが補助です。

したがって接種料金のうち補助を除いた自己負担分のみ必要となります。

これについては院内に掲示します。 お電話のお問いあわせはご遠慮くださいませ。

中学生も富山市では補助が予定されております、中学生の場合、それぞれの学校から

保護者へ接種について説明および接種書類は配布されまるので、これを利用して

接種してください。富山市の中学生接種開始は11月㏠からとなり補助1回接種です。

接種開始時期 および接種時間帯については、予約時に確認してください。

1)インフルエンザ予防接種については、今シーズン、富山市では中学3年生までと65歳以上は補助がでます。

 したがって、小児科での対象のお子さんの多くは自己負担がわずかで接種可能となりますが。

2)今シーズンは接種希望者が増加する可能性がありますが、クリニックへ配給されるワクチンについては限度がありますので予約期間中に予約を行ってください。

3)接種希望者にまんべんなく接種するためには、接種時間帯は大変混雑しますので、各自、感染対策を行っていただき、

  ある程度の密集のなかでの接種もやむを得ない環境となりますが、接触、換気、しゃべらないなど。手洗いなど徹底しお願いします。

 

コメント

熱中症!! に 注意です: お盆あけ 夏やすみあけも熱中症に注意してください。

2020年08月24日 | Weblog

1)今月ちゅうは熱中症に注意です。 周囲に密集していなければ、マスクははずしてください。一定の

距離を保って活動でき、換気が十分であればマスクの必要はありません。ただし、外す場合はきちんと収納できる

ものをお持ちください。マスクしたまま生活すると水分摂取が減りますので注意ください!。

  1行為、1手洗いは励行してください。!!。

 

2) 全国的に新型コロナウイスはまだ高どまり傾向です。

  ただし、無症状の方も多く、実際の発症者についてみますと東京都内ではピークをむかえつつあるようです。

   ☆☆無症状の接触者の検査を行うかぎりは一定の陽性者数は増加してきますが、クラスターが減ってこれば

     今回の発生パターンも減少に転じてくるかと思います。

 

 

コメント

今年のなつかぜは?あまり流行の気配ありませんが、新型コロナウイルス全国では感染拡大注意!

2020年08月04日 | Weblog

①今年のなつかぜは、7月現在全国的に流行の兆しはまだありません。

②春以後、幼稚園、学校など数か月休校、休園にしていたおかげで、普通かぜ症候群も

 少ないようです。春さきの咳、はなかぜは6月頃から増え始めましたが、集団での衛生管理の

 効果もあるのか、例年ほどの学校内流行もありません。

③一部、胃腸炎、扁桃炎、咳のかぜが小規模での流行はあります。

④ 一般的に、夏は多くのかぜ症候群がいったん減りますが、新型コロナウイルス感染は全国的に

  まだ、ピークは過ぎていない状況です。 今回の特徴は前回検出されていなかったような、

  軽症から無症状の方が多く報告されていることです。

  ⇒ これに伴い重症例が増加してきますと、第2波の到来とも言えます。

国内の新型コロナウイルス感染症:

前回の流行時よりも数倍の検査数ですが、検査とともに陽性率も増加している傾向にあるので、

市中感染が都市部では蔓延してきていると想定れれます。

 1) 中心となる感染対策のPOINT: ウイルスを含む飛沫が、目、鼻、口の粘膜に付着するのを防ぐ! 

                   ウイルスが付着した手で目、鼻、口の粘膜との接触を防ぐ!

 これがまもって、さらに換気や密室、密集に注意です。

2) 富山県内にも全国的な新型コロナウイルス感染流行の影響で発生数が7月以後20例以上となってきております。

  今後、濃厚接触者感染や孤発例(経路不明ふくめ)が増加してくる可能性が高いです。

  しかし、家族単位での行動や、行動範囲が限られており感染対策が遵守してされている環境内での行動については、さほど心配はないと思います。

 

 

 

コメント

WHOによる 新型コロナウイルス感染の【空気感染】のコメントについて

2020年07月21日 | Weblog

1)WHOが新型コロナウイルス感染の【空気感染】についてのコメント掲載しました。

  ある環境下では空気感染もありえるので注意とのこと。

2) これまでの感染症で空気感染確認されているのは、①はしか ②結核  ③みずぼうそうなどです

  空気感染とは、同じ空間に感染者が存在した場合、距離など(飛沫の距離)に関係なく

  免疫のないかたの多くが感染してしまう状況です。

3)新型コロナウイルス感染の感染クラスター対策として、 3つの密:密接 密室 密集を提言したのは

 日本の専門家メンバーです。これがいかに重要かということを改めて世界がみとめ、世界では3つのCと

 呼ぶことを提唱してます。

4)そこで、あらためて 密室や換気のない部屋では、飛沫の距離や密接にあるなしに

 関わらす、空気感染が示唆されるような感染事例があることから、空気感染の注意喚起も

 必要と判断していると推測されます。

5)日本のクラスター対策は世界に誇れるものなのです。なので、現時点であえて空気感染という

  言葉だけに注目するのではなく、これまで通り、人との距離とマスクの関係、換気の必要な場所の認識、密集の場面を回避(マスクの正しい着用、換気している、大声で話さない、接触しない、、などまもれば仮に密になっていても

15分以内など短時間であれば感染のリスクは少ないわけです。) しかし!!、手指消毒と手洗い、マスクの正しい着用がなければ逆に3つ密のうち一つでも密であれば、感染リスクはあるということになります。

 

コメント

富山市での新規感染者は50日以上ぶりに 新規感染確認

2020年07月19日 | Weblog

※都市部から拡大傾向にある、現在の新型コロナウイルス感染症は若い世代から40代~60代

 へ感染が増えていく傾向にあります。

 地方では、富山市では、はなみず、かるい咳、一部高熱を伴うかぜ症候群が園児で

 流行の兆しがありますが、経過からは普通かぜの経過です。いちぶ、扁桃炎(溶連菌など)が

 あります。 富山市内においては、園児小児での流行しているかぜは、一般の普通感冒の経過ですので、

 心配ないと思います。  鼻水⇒数日以内に発熱⇒たん 咳⇒どろっとした鼻になり軽快、

             発熱⇒ その後咳、鼻 ⇒咳こみ、声枯れなど伴うことあり⇒軽快

             急な高熱⇒のどの痛み⇒ 溶連菌の経過

             発熱が数日持続、⇒ 軟便 や下痢、⇒なつかぜ症候群 

  こんな感じのお子さんがふえてくるかと思います。!!

①7月18日 富山市内で 新規感染確認されました。 この先様々な場面で

3つの密を回避した行動をお願いします。

 

しかし、国内いたるところに潜在的に感染の起点があります。

②引き続き、感染対策については継続し、日常生活の工夫をしてください。

③医療機関では、なるべく混雑を避けるため当面、電話診察など併用していきたいと思いますが、

必要な受診患者さんは控えることなくご連絡ください。

④予防接種については、スケジュール通りお願いします。

⑤学校再開、幼稚園保育園の通常登校にともない、普通のかぜ症候群もでてきますが、発熱など続く

場合は受診ください。

      ⇒ 要注意☆☆ 都市部の一部の地域では、2か月の間クラスターへ持続してます。

        現状では特的可能な地域でのクラスターが中心ですが、近隣から全国への拡散に注意です!!

        通常追跡可能な集団感染については対策可能なので、全国へ波及する可能性はあまり

        ないかと思いますますが、感染経路不明の割合が50%超えてくると、全国への

        波及も懸念されます。⇒ 基本的に、距離を保てない場合のマスク、日常的手洗い、口指共有動作の

        注意、不用意に不特定多数とは接触しないなど最低限守っていただければ、感染する危険性は

        へります。 3月の下旬のレベルに近い状態が懸念されます。

        

        

 

コメント