みそ汁はたまご入り

群馬の山奥・通称ムーミン谷に住んでいる プライベーターラリーストのライブログ

秘宝!!ラリーアートアンチラグスイッチ付きECU解析完了!!!!!!

2011-06-06 09:51:10 | MOTEC・LINK・GEMS・ECU

ラリーアートが解体直前に発売したアンチラグスイッチ式ECUキット

ラリーアートアンチラグ付きECU

32ΦFIAガス専用のみだったので、暫くすれば国内ハイオク用も

設定されるかななんて思っていたらラリーアートが解体してしまいました

2614

各方面探しまくってようやく手に入れました

アンチラグスイッチ式ECUキットの新品です

このままではFIAガスしか使用出来ませんので

ひたすら解析しましたよ

で、ようやく解析が終了致しました

国内ハイオク用で33Φ用に合わせられます

2609

スイッチON・OFFでアンチラグを切り替えできるので

SS走行時のみアンチラグを作動させられる画期的システムです。

他にも、通常走行時はリエゾン用のmapに出来るので

燃費重視のセッティングに変更出来ます

30288

アンチラグをON/OFFする原理は非常に単純です。

1箇所配線加工するだけなのですが、正直子供だましの

ような原理です 

2617

しかし、取説を読むと、ラリーアートが本気だったのが

良く判ります

2623

スイッチ付きとはいえスイッチは同包せず、自分で用意

して下さい!

エンジンチェックが付きますが気にしないで下さい!など

今までの優等生なパーツしかリリースしていなかった

ラリーアートとは思えない割り切りぶりです

データもFIAガス専用とはいえかなり過激なデータが入っています

これは速いと思いますよ

但し、安全マージンもほとんど有りませんが

今までのラリーアートの優等生データとは

比べものにならない攻めっぷりですね

で、当然思うわけです

純正ECUでも同じ事出来ないの

「たまごにシッポは付くのか」ということですね

たぶん・・・出来ると思います

ECUのMAP的には特別な事は何もされていません。

アンチラグの作動も、たまご入りで採用しているのと

同じシステムです。

違うのはスイッチで切り替えるシステムだけです

はっきり言ってこれはラリーアートのそのままパクリに

なるので、本来ならやってはならない事だと思います

でもラリーアートが無くなってしまった今

この素晴らしいシステムをこのまま葬ってしまうのは

もっとやってはならない事だと思います

ラリーアートの原理を使って国内ハイオク用

32Φ、33Φ ダートラ改造車用など各種設定出来ると

思います

当然FIAガス以外の海外のラリーにも対応出来ますね

既にアジアからの問い合わせも来ています

これからの「たまごにシッポ付き」開発日記をお楽しみに

この記事についてブログを書く
« 試着 | トップ | エボ7用GrN32Φたまご入... »
最近の画像もっと見る

MOTEC・LINK・GEMS・ECU」カテゴリの最新記事