ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

映画「タイタンの戦い」3D字幕版@TOHOシネマズ錦糸町

2010-04-29 02:31:12 | 映画感想
2010/4/24 TOHOシネマズ錦糸町。
3D字幕版。
TOHOシネマズの3DはXpanD。
例の赤いメガネで返却するやつ。
重い、暗い、メガネ使用者には使いづらいなどの不評があるが、
2時間程度の映画ならさほど苦にならない。

**

サム・ワーシントン、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズ、ピート・ポスルスウェイト。

**

漁師のスピロス(ピート・ポスルスウェイト)は海で棺を拾い、中にいた赤ん坊を助ける。
ちなみに一緒にいた母親と思われる美女はすでに死亡。
やがて、赤ん坊はペルセウスと名付けられ、スピロスの子として育てられる。

20年後、人々の信仰心は薄れ、不作は続きスピロスでさえ、
このままではいつかだれかが立ち上がるだろうという時代。

ある日海岸近くを行くスピロスの船から、崖の上のゼウス像が倒されるのが見える。
信仰心を失い、奢ったアルゴスの兵士が像を壊したのだ。

途端に海中から冥界の神ハデス(レイフ・ファインズ)の部下の怪鳥が現れ、
あっという間に兵士全員を殺害する。
続いて現れたハデスはスピロスの船も破壊、海中に没したスピロスは
ペルセウスの救助空しく海中に没してしまう。

ペルセウスはアルゴス兵に助けられてアルゴスへ行く。

アルゴスではケフェウス国王とカシオペア王妃主催の酒宴の最中だった。

奢り高ぶり、神への蔑みの言葉を吐くカシオペアの前にハデスが現れ、
カシオペアの若さを吸い取り、王女アンドロメダ(アレクサ・ダヴァロス)を
生贄にしなければ、クラーケンによってアルゴスを滅ぼすと言い残して去る。

アルゴス兵のリーダー、ドラコ(マッツ・ミケルセン)は、
クラーケンを倒すため隊を編成し、ペルセウスも入れる。

この時点でペルセウスはすでにデミゴット(半神半人)であることがわかっている。
一方、オリンポスでは、ゼウス(リーアム・ニーソン)の12神会議が行われていた。
そこへハデスが現れ、人々の信仰を取り戻すのは慈愛ではなく畏怖だとして、
人々に恐怖を与える許可を取り付ける。

ペルセウスの一行は、クラーケンの弱点を探るため、3人の魔女の住む地獄山に向かうが、
ハデスの手下のカリボス(ジェイソン・フレミング)に襲われる。

果たして一行はクラーケンの弱点を知り、それを倒すことができるだろうか。

***

この映画のタイトルでゼウスらの父、クロノスの一族である巨神「タイタン」は出てこない。
時系列的には、ゼウスがタイタンを滅ぼして神々の王に君臨してから後のことになる。

本作では、ペルセウスをゼウスとアクリシオスの妻との間にできた子としているが、
神話では、ペルセウスの母はアクリシオスの娘ダナエであり、
アクリシオスは妻の不倫を怒ったわけではなく、ペルセウスが自分を殺すと予言されたため、
ダナエを隠していたが、ゼウスに忍び込まれた。
アクリシオスは自分を殺すとされたペルセウスを殺そうとしたができず、
ダナエとともに流し、セリポス島のディクチュスに救われたとされている。

*追記*
「アクリシオスの妻」とはどこで見たかはっきりしないが、確かにそう出ていた。
しかし、最近見た「特典映像」では、アクリシオスがダナエとその子を棺桶に入れて
流すシーンがあるのだが、字幕には「娘ダナエ」とはっきり出ていた。
赤ん坊は(自分の)「孫」とも出ていたように思う。
**

映画では、メデューサの姿を映す盾をサソリの殻で作っているが、
神話ではアテナにもらった盾になっている。

また、神話ではペルセウスの妻はアルゴスの王女アンドロメダ。
映画で妻になるイオは、神話ではゼウスの妻のヘーラーに使える女官だったが、
ゼウスの浮気相手となってヘーラーに追われ、のちに許されてエジプト王の妻となる。



ペルセウスは、Perseusとつづり、英語ではパーシアスと発音する。
そう、パーシーが耳に残り、そこここで「パーシー・ジャクソン」が頭をよぎった。

3Dは迫力があるがもともと3Dとして撮影していないため、
一部に不自然に見える部分があったり、せっかくの3Dが生きてこないシーンもあった。

とはいえ、大作の3D化はもはや戻れない「流れ」であろう。
「3Dであることの是非」を議論することはある意味無駄かもしれない。



イオのジェマ・アータートンを「007慰めの報酬」のボンドガールと書いている記事がある。
「慰めの報酬」のボンドガールって、オルガ・キュリレンコじゃん、
007に出たら誰でもボンド・ガールでもあるまいと思ったのは私だけではないだろう。
(Wikiには、ジェマ・アータートンの名前も載っている)
映画を見てもさっぱりで、誰だっけ?状態。
調べたら、あのオイルまみれで死ぬ役のフィールズだった。

ついでに「007」つながりでいえば、マッツ・ミケルソンは
「007/カジノ・ロワイヤル」のル・シッフルです。
あの映画でもなかなか名演技でしたが、今回も光ってました。

コメント (10)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
« セントラル・リーグ、4/28の結果 | トップ | 今朝の東京スカイツリー、201... »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうかもしれないです (KLY)
2010-04-29 02:51:00
経済的に言っても3Dという大義名分で実質値上げ出来る訳ですから。3Dしか上映しないものも増えてきて、そうなると否応ナシに客単価は上がるわけで。3Dだったら観にいかないって人は少数派でしょうしね。これも世の流れなのかも。

実質値上げ (KGR)
2010-04-29 09:16:58
同感です。

昨年の平均単価は1217円ですから、+300円は劇場にとっても大きいでしょう。

全米でも年間興行収入が過去最高だったり、3Dの経済効果は大きいようです。

XpanDよりRealDが増えてほしい。
ペガサスに直しときました (ひらりん)
2010-05-04 03:58:02
いつも、大事なご指摘ありがとうございます。
この作品は3Dで観たんですが、どうも違和感がありました。
メガネをはずして観たほうが、よっぽどすっきり観れるのでは・・・と、
クラーケンあたりで気がつきました。
ひらりんさんへ (KGR)
2010-05-04 09:31:37
演出が3D向きではなかったのではないでしょうか。
特にアクションシーン。
横への移動が多く、縦方向の奥行きの見せ方が薄かった気がします。
それはともかく3D化はもう戻れない流れでしょう。
こんばんは。 (かのん)
2010-05-04 23:05:55
TB、コメントありがとうございました。
伝えられてる神話と比較されてるレビューをほとんど見かけないのでKGRさんの記事を楽しく読ませて頂きました。

そういえば神話ではゼウスは黄金の雨に身を変えてダナエに会いに行ったと思うんですけど、その部分も過激な話になっていて子供向けと思われる吹替版ではどう訳してるのか気になったんですよね(笑)。
かのんさんへ (KGR)
2010-05-04 23:21:43
こちらこそコメントありがとうございます。

神話をよく御存じのかのんさんに比べて、俄か勉強でお恥ずかしいですが、元々はどうだったのか気になったもので。

「違い」を記述してはいますが、実のところ、映画は映画、神話は神話(あるいは原作は原作)別物で構わないと思ってます。
こんばんは! (アイマック)
2010-05-05 22:33:24
神話と映画ではかなりちがっているのですね。勉強になりました。
3Dは主流になってくるのかなあ。
そういや007つながりが二人いましたねー。
アイマックさんへ (KGR)
2010-05-05 22:59:14
映画は映画、神話は神話ですから、違っていても構わないと思ってます。

マッツ・ミケルソンは見違えました。
おじゃまします (ピロEK)
2010-10-09 03:48:56
おじゃまします。

この映画、映画館で上映中には(3D上映で)観に行こうと思っていたのですが、時間の都合がつかず断念。
ただ、KGRさんの記事やコメントも含め、後で情報を得る限りわざわざ観に行くほどでもなかったのかな…と結果オーライな感じですかね。

原点の神話とは細かな部分が違うストーリーでしたが、細かすぎてどうでもいいじゃん…とか思ったりもして。

では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。
神話との違い (KGR)
2010-10-09 10:01:37
>どうでもいいじゃん…とか思ったりもして
いや、その通りですね。

巷では原作とどう違うとかこう違うとかが盛んに言われますが、とか言ってる私も神話とどう違うとか書いてますけど、原作は原作、映画は映画ですから。

ただ、後付け3D化は失敗の部類に入るでしょう。
ダメになったとは思いませんが、金掛けたほどの効果はなかったです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画感想」カテゴリの最新記事

16 トラックバック

タイタンの戦い (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『神も、魔物も、 そして運命さえも打ち負かせ。』  コチラの「タイタンの戦い」は、特撮映画の父と呼ばれるレイ・ハリーハウゼンによるスペクタクル映画の原点と言われる81年の「タイタンの戦い」を、最新の3Dテクノロジーを駆使し、リメイクした4/23公開のアクショ...
タイタンの戦い(2D) (LOVE Cinemas 調布)
1981年の同名作品をリメイク。SFX技術の進歩はより豪快な迫力ある映像を生み出している。主演は『アバター』のサム・ワーシントン。ギリシア神話の英雄ペルセウスが数々の怪物たちと闘い人類を救うアクションスペクタクルムービーだ。共演にはリーアム・ニーソン、...
タイタンの戦い (Akira's VOICE)
アクションと興奮が足りない。
★「タイタンの戦い」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みの2本目。 「ターミネーター4」「アバター」と、立て続けにヒット作に抜擢された、 サム・ワーシントンの最新作。
タイタンの戦い (★YUKAの気ままな有閑日記★)
もうすぐGWですね~毎日忙しないですアワアワ・・・【story】神々の王ゼウス(リーアム・ニーソン)の息子として生まれたが、人間として育てられたペルセウス(サム・ワーシントン)がいた。彼は世界を滅亡の危機から救うため、冥界の王ハデス(レイフ・ファインズ)を倒...
タイタンの戦い(2D) (C'est joli~ここちいい毎日を~)
タイタンの戦い’10:米◆原題:CLASH OF THE TITANS◆監督:ルイ・レテリエ「トランスポーター1、2」「ダニー・ザ・ドッグ」 ◆出演:サム・ワーシントン、ジェマ・アータートン、マッツ・ミケルセン、アレクサ・ダヴァロス、ジェイソン・フレミング、レイフ・ファ...
タイタンの戦い (2010) 3D字幕版/サム・ワーシントン (カノンな日々)
子供の頃に観たオリジナル版は今でも私にとっては宝物のように大好きな映画です。買ってもらった映画パンフも今でも大切に持ってますし、その後も何度か繰り返し観ていますけど全然飽きることがありません。ギリシャ神話好きとしてはたまらない珠玉の名作。その作品が最新...
タイタンの戦い 3D(字幕版) (小部屋日記)
Clash of the Titans(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:ルイ・レテリエ 出演:サム・ワーシントン/ジェマ・アータートン/マッツ・ミケルセン/アレクサ・ダヴァロス/ジェイソン・フレミング/レイフ・ファインズ/リーアム・ニーソン 神も、魔物も、 そして運命...
タイタンの戦い (だらだら無気力ブログ)
ギリシャ神話をベースに、神と人間のあいの子であるペルセウスが人類の ために奮闘する様を描いたファンタジーアクションアドベンチャー映画。 主演のペルセウスを『アバター』のサム・ワーシントンで、共演には『96 時間』のリーアム・ニーソン、『誰がため』のマッ...
タイタンの戦い 子ども達のギリシャ神話入門に持ってこい (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=22 -8-】 メーデー集会のお後にTOHOシネマズなんばにて鑑賞したけどファーストディ映画の日だしゴールデンウィークだしでたいへんな人出だった。 日本中が毎日こんなだったら景気よくなっていいんだろうなあ。  古代ギリシャ世代、アルゴス国では、人間た...
[映画『タイタンの戦い(2D版)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆予告編映像が豪快で、粗さが感じられなかったので楽しみにしていた作品だ。  面白かった。  展開は、見る人が見れば、ありきたりに感じるのだろうが、私には新鮮だった。  冒頭の、神々に敵対意識を持った都市の王が、岬に立つゼウス像を...
タイタンの戦い 3D 日本語吹き替え (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>神々が世に君臨していたある時代。神々の王ゼウス(リーアム・ニーソン)の息子として生まれたが、人間として育てられた...
「タイタンの戦い」 ラスボスはクラーケン (ノルウェー暮らし・イン・London)
これって、ゲーム? 捕らえられた姫を助ける為に、勇者が立ち上がり、幾多の敵を倒したり、味方につけたり、魔法の剣をGETして、いざラスボスとの戦いが・・・・・ これから3Dゲームの時代がやってくる。 さぞ、3Dでゲームしたら迫力だろうな~と思わせる、まるで...
タイタンの戦い (Clash of the Titans) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ルイ・ルテリエ 主演 サム・ワーシントン 2010年 アメリカ映画 106分 ファンタジー 採点★★★★ テレビなんかで、「友達みたいに仲良いんですー」なんて親子を見る事がありますが、あれってどうなんだろ?「“友達みたい”って思ってんのは子供の方だけなん...
【映画】タイタンの戦い…嫌いじゃないけど他人にオススメするほどでは無し (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
先日の金曜日(2010年10月1日)は健康診断…今回バリウム(胃透視)はパス。 昨日の土曜日(2010年10月2日)はお仕事…{/face_gaan/}{/down/}最近は2週間おきに休日出勤です{/down/} で、本日{/kaeru_rain/}2010年10月3日(日曜日)の予定は公園の草刈りだったけど、雨に...
タイタンの戦い (いやいやえん)
マッツ祭りにより画像追加。 なんだか凄くツッコミどころが多い作品でしたが、エンタメ作品なので、十分良く出来ていたし面白かったです。主演ペルセウス役にサム・ワーシントンさん。大神ゼウスにリーアム・ニーソンさん、冥界の王ハデスにレイフ・ファインズさん。 ...