TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログ

愛知県の観光名所[竹島]の俊成苑に構える手織り工房
[竹島クラフトセンター]の主人が送る大きなひとりごと。

山野を歩けばそこに春

2019年01月31日 | 浜松市天竜区と壬生織木綿

昨日は暖かさに誘われて野山を歩いた

水仙は太陽の陽を受けて気持ち良さそう

陽を受けて透ける紅梅

池の陽だまりにおしどり夫婦

雑木林に夕日が沈む

明日は冷たい春の日になるとか

 

コメント

春を探しに歩くと梅一輪

2019年01月31日 | 浜松市天竜区と壬生織木綿

風もなく暖かい一日を運動のために山野を歩く

ひだまりに咲き出した蕾に春を見る

暖かさに誘われて

梅の花一輪に明日を読む

 

磐田市三家にて撮影

 

コメント

矢作南小学校の手織り体験遠足でした

2019年01月28日 | 三河木綿の手織り体験

今日は岡崎市立矢作南小学校4年生68人のみなさんが

春から育てた棉から糸を紡いだ糸を持って

蒲郡の竹島まで遠足を兼ねた手織り体験来ました。

 

竹島クラフトセンターでは一週間前から糸と織機の準備をして

教室には前夜から17台の織機が並んで生徒さんを待っています

今日は竹島クラフトセンターの7人の先生方が

生徒さんの到着を待っていました。

豊川市から 曽田先生

西尾市から 信田先生

西尾市から 青山先生

刈谷市から 鈴木ひろみ先生

蒲郡市から 大須賀先生

竹島クラフトセンター 鈴木先生 

朝から講師の先生方が織機の準備と点検に大わらわでしたが

蒲郡駅から徒歩で竹島に来た子供たちの声が楽しそう

「わー、織機が並んでるよ」

「あれを使って織るんだ」

今日は17台の織機を4交代で使ってそれそれオリジナルの

コースターを織る授業です。

全員自分でスピンドルを使って紡いだ糸を織り込み

世界で一つの作品を織り上げています

水族館見学と手織り体験がセットなので

お昼は芝生でお弁当を広げて楽しそう

「お弁当美味しいかい」

カメラに向かって手を振ってくれました

それぞれが好きな色糸を選んで全員が見事に織り上げました。

おめでとうございます。

今年はパープル系のカラーを選ぶ子ども達が多いのです。

何が原因があるのだろうか

 

来週も岡崎矢作南小の68人が

竹島へ手織り体験遠足にやって来るので

機材の準備と講師の先生方に協力をお願いして

子ども達を待っています。

 

”来週も天気になーれ!”

 

 

 

 

 

コメント (2)

手織り体験はできますか

2019年01月28日 | 三河木綿の手織り体験

風が強くて竹島橋の欄干が鳴く

芝生を歩くのが艱難な風の中を

カップルが手織り体験の申し込みです。

「手織り体験は出来ますか」

早速お気に入りの色糸を選んでから

お二人揃って織機に向かいます

寒風が吹く外とは対称にクラフトセンターの中は

冬の陽だまりで眩しい日が差す中で手織り体験が進みます

「織っていると楽しいです」

「ハマってしまいそうですね」

と、嬉しいコメントをいただきました。

やがて緯糸も紺色に変わり房を作るとコースターの完成です。

「出来たー!」

「出来て嬉しいです」

お二人で共通の作業と共通の時間を過ごし

完成の喜びを共有するご夫婦の様子は

微笑ましくもあり羨ましいお二人でした。

おめでとうございます

 

人間は縄文時代から物を作り続けて来た

人間は道具を使う動物であり

その道具の中で織機は作る機械から

生産をする道具の原点であるのです。

 

 

 

コメント

新年も織物大好き人間に囲まれたスタートは幸せです

2019年01月27日 | 教育 織物 体験教室
 
紋紙が掛かる部屋でファッションを織る     竹島クラフトセンター
今日の竹島は相変わらず気温は低く風も強く寒波はまだ居座ったままだ。寒い竣成苑から教室内に入ると暖房の効いた部屋で手織りメンバーが機織りの準備作業の真っただ中で緊張した雰囲......
 
一年前のブログを見て、今年も変わらない新年でした。
糸と糸を操り新しい組織を組み立てて新しい作品に挑む人達の集団の中で私も日々刺激的な毎日を過ごしています。
 
 
コメント

昨年の竹島は今年よりも寒かったんだ

2019年01月25日 | 教育 織物 体験教室
 
今日の昼の竹島は寒かった      竹島クラフトセンター        
昨日は浜松市のヤマタケの蔵での織物教室だったが雪雲の動きが不穏な感じでこれはヤバイと感じて夕方、雪雲の動きを観察しながら蒲郡へと帰った。南国竹島は雪は積もらない、と思いき......
 

 

コメント

わたし、ミンサーを織ってみたいです

2019年01月25日 | TCC手織り教室・作品

昨年暮れから準備が始まっていた

生徒のHiromiさんの作品がこれです

本番にかかる前に試作のつもりで

小作品の製作に入りました。

以前に三河木綿の鰹縞を織ったHiromiさんは

鰹縞をベースにミンサー織りの柄を織り込んでいます。

沖縄大好きなHiromiさん憧れのミンサーに

近ずいて興奮の毎日です。

二重ビームを使って自ら組織も組み立てて

意匠図を描き上げて本格的な織物に挑んでいます

次は本番の製作に意欲満々のHiromiさんです。

 

 

コメント

手織って楽しいですね

2019年01月25日 | TCC手織り教室・作品

”手織りをやってみたいです”

生徒のHiromiさんの紹介で手織り体験で

ご来店の女性です。

今日は最初の日なのでコースターを織ってみて

手織りが楽しくやって行けそうなら次の

初級10回コースに入塾することにして

コースターの手織りを始めていました。

そして出来上がった処女作がこれです

「楽しかったです」

すごく丁寧で綺麗なコースターが2枚完成しました。

「初級10回コースに入りたいです」

と、嬉しい決断をしていただきました。

これからの作品も紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

コメント

織物始めの正月

2019年01月25日 | 浜松市天竜区と壬生織木綿

浜松市天竜区にあるヤマタケの蔵の

壬生織り手織り教室のスタートです

 

 

由緒ある蔵群の中にあるワークショップで

今日はオールメンバーで正月織り始めの日

それぞれ自分の作品に挑んでいます

この写真はソーメンではありません

昨年から畑で栽培した和綿を手紡ぎをした糸を

双糸に撚糸して今日はめでたく整経です。

こちらは新人の生徒さん

マイ織機のリジェット機にウールを整経をしています

真っ黒の経糸を織機にセットし終わって

来週からいよいよ織り始めです。

こちらは羊毛を織り上げて今は手縫いで

洋服を作っています。

旦那さんのベストを作っています。

 

それぞれ、自分の技量にあった授業で

発想も自由に織物を織る教室の正月でした。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

今日は可愛いお客様で心和む

2019年01月24日 | TCC手織り教室・作品

今日は可愛いお客様のスナップです

久しぶりだが勝手知ったる教室を探検だ

あれ!、これは面白そう

触りたいなー

怒られるかなー

やっぱり触りたい

僕も遊びたいよー

だけどヒゲジイが怖そう

わたしヒゲジイのアンドロイドを触っちゃった

うふふ、このおじいさん優しそう

そうだよ ジイジは優しいんだよ

本当に優しいにかなー?

”そんなに見つめられると弱いよ”

やっぱりお母さんの方がいいな

そしておじいさんは捨てられたのであります

また遊びに来てねー

 

 

コメント

今日はお母さんと手織り体験です

2019年01月21日 | 三河木綿の手織り体験

今日は朝一番でお母さんと一緒に手織り体験のお客様です

「手織り体験をしたいんですが」

「はーい、準備が終るまで待ってね」

開店の準備が終わると手織り体験が始まります

”もう待てないよ”

やる気満々の坊やは早速織機に座ると

スタッフから織物が出来る原理と織機の操作を

教わりながら手織り体験がスタートしました。

スタッフからの指示に従い織機を動かしています

「君は何年生ですか」

と 聞くと

「1年生です」

おー、一年生にしては上手ですよ」

蒲郡市の小学校手織り教室ではテーブルルームという

織機を使いますが、今日はリジェット織機なので

筬と綜絖の操作が難しい織機を少年は的確に操り織っています。

「君は上手ですよ」

「ありがとうございます」

「上か下か解らなくなってしまったよ」

「間違えたらどうなってしまうか?間違えてみましょう」

「だって…」

「失敗は成功の本と言いますよ、恐れることはない

 失敗をしてみよう」

などなど、楽しい問答を交わすうちにコースターが

出来上がりました。

お母さんも同時にゴールインです

二人並んで記念撮影です

おめでとうございます

 

 

コメント

三河木綿を織る

2019年01月20日 | TCC手織り教室・作品

昨年から織り続けている三河縞

竹島クラフトセンターの入り口に設置されている

高機織機の縞木綿を今年も織り続けている

手が動き足が動く

糸が踊り

色が遊ぶ

やめたいけど止められない

こんな不思議が手織りにある

あと一本だけ

もう少しだけ

集中と解放

無我夢中の時間がやめられない

織物に射す夕日の中で

今日も糸を結ぶ女性の心が眩しい

 

コメント

鳶舞う季節に入る

2019年01月20日 | 竹島観光と写真散歩

青い空も高く春の日も直近になり

トンビの幼鳥も大きくなり親鳥とも

見分けもつかない程に成長し数も2倍になりました。

そこで困るのが鳶による幼児の被害なのです

鳶に餌やりをやめてと呼び掛けも効果なく

餌を与える人は絶えません。

 鳥が嫌う塗料をプリントしたシートも試験したが

面積が広過ぎて効果が認められず

 

餌を喰い争う興奮が凶暴に変わると手に負えないので

餌やり禁止を訴えることになります。

「怖いよー」

逃げ惑うお子様の姿を見て 見ぬふりもできないので

 ”スピーカーを使って天敵の鷹の声を流したら”

とアイデアをいただいて鷹の声を流したが

餌を欲しがる甘え声のタカの声ではトンビが興味を示す程度で

今のところ効果がない、

トンビを追い払うよりも餌を与える人に止めてもらう事が

効果があるのでこれからも続けていきたい。

”猫を追うより皿を引け”

 

 

 

コメント

基礎から織物を学習するんだ

2019年01月20日 | TCC手織り教室・作品

2日前にマフラーを仕上げたYuithi君

初級コースを終えて今回から基礎コースに入りました。

今日からは整経の基礎から学ぶことになり

真剣な授業を受けていました。

整経と筬通しを終えて今日の授業を終わりました。

竹島クラフトセンターの教室を卒業しても創作活動を

続けて行けるよう基礎から学ぶ授業に入りました。

将来は手織りを教える技能を学ぶYuithi君です。

 

コメント

昨年の今日はカモメだったが今年はトンビだ

2019年01月19日 | 竹島観光と写真散歩
 
竹島のカモメも春気分だった       竹島クラフトセンター
竹島の海は今日も光に満ち溢れて春の1日であった。「竹島って暖かいんだね」そうなんだ、島全体がキノクニスゲ・タブノキなど多種類の暖地性植物の自生地で植生は国の天然記......
 

 

コメント