TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログ

愛知県の観光名所[竹島]の俊成苑に構える手織り工房
[竹島クラフトセンター]の主人が送る大きなひとりごと。

第10回・蒲郡市手織り教室初級者10回コース、     TCC・竹島クラフトセンター

2012年02月25日 | TCC手織り教室・作品
蒲郡市が主催する 蒲郡市手織り教室初級者10回コースが
生命の海科学館のサテライトルームで開かれていました。



今日は蒲郡市特産のみかん染めの糸を使って三河木綿の
マフラーの制作を見てきました。

これは蒲郡市手織り教室の課題作品です。



生徒自身が制作したデザインを元に整経をおわり
筬通しと経通しをする人や経通しをする人もいました。



そして92歳のお婆ちゃんも頑張ってみかん染めマフラーに
挑戦していました。



それぞれのみなさんが自分のデザインでみかん染め
三河縞を織っています。





生命の海科学館を訪れた御夫婦も三河木綿のコースター作りに
参加しておられました。




大宇宙から奇跡的に水の惑星地球が生まれ、

そして奇跡の生命が誕生して哺乳類が現れ

やがて人間の誕生となり私達となった。

原始の人間は生命を守るために織物を発見した。
それは生活と文化を作り、産業を作った。

そして今、私達の精神を癒す織物となった。

それは原始の時代から私達人間の血の中に流れる

織物を織るいう行為が人間の基本的精神に
何かを働きかけているのは確かである。
















コメント

生命の海科学館・92歳のお婆ちゃん手織りに挑戦!   TCC・竹島クラフトセンター

2012年02月21日 | TCC手織り教室・作品
生命の海科学館でおこなわれている蒲郡市手教室に
お元気なお婆ちゃんが挑戦しています。

蒲郡市では毎年、市主催で手織り教室を開いています。
10回目の記念すべき今回は、92歳の女性が応募して来ました。



今井さんは大の手づくり大好きなお婆さんです。
三年前の竹島クラフトセンターのみかん草木染め教室にも
参加して頂きましたが今回は手織りに挑戦です。



今回の手織り教室の課題であるランチョンマット2枚と
1mのテーブルセンターと、みかん草木染めマフラーを
織ります。

TCCのスタッフの杉浦さんの指導を受けて楽しみながら
織っています。



今日からみかん草木染めのマフラーの縞整経に入ります。

蒲郡市、手織り教室・初心者10回コースの作品展が
3月22日から市役所ロビーで開かれます。

その前に命の海科学館でも展示されますから
みなさん今井お婆さんの作品を見に来て下さいね。










コメント

[蒲郡市手織り教室初級者10回コース]生命の海科学館で開催中!

2012年02月19日 | TCC手織り教室・作品
蒲郡市主催の手織り教室の初級者10回コースがただ今
蒲郡市[命の海科学館]において開催中です。



応募していただいた市民5人が、ランチョンマット2枚と
テーブルセンター1枚と、蒲郡の特産品みかんを草木染めにした
糸を使って綿マフラーを制作中です。





生命の海科学館で行われる手織りだけに、原始の時代から
人類が織り続けて来た糸と織物を科学する意味を込めての
授業になります。






参加者は若い市民から92歳のお婆ちゃんまでの5人です。

これからは作品の内容を載せていきたいと思いますから
お楽しみにして下さい。













コメント

TCC・竹島クラフトセンター、可児市からご家族で手織り体験

2012年02月13日 | 三河木綿の手織り体験
今年の寒さはいつまで続くやら、

竹島海岸も連日の寒風吹き続く中ですが
沢山の観光客が竹島橋を渡って行きます。





そんな竹島海岸の竹島クラフトセンターを覗いて見ると、
ご一家の手織り体験の最中でした。

「手織りは楽しいですか?」


「楽しいでーす」

「どちらからお出でですか」

と聞くと、

「岐阜県可児市からです」

「あれ!先日も可児市から来ていただきましたよ
 カニでいっぱいの可児市だと言っていましたよ」

と爆笑のうちに手織りが進みます。





「ここが上手く出来ないわ」

とお母さま

「あまり上手に織っては、買ってきたのと間違えられてしまうから
 下手に織る努力をしましょう」



などとジョークも飛び出して楽しい手織り体験でした。


コメント

TCC・竹島クラフトセンター、清洲からホテル竹島へお泊まりで三河木綿の手織り体験

2012年02月13日 | 三河木綿の手織り体験
蒲郡市観光協会のホームページを見て手織体験のお客様です。
昨日夕方竹島クラフトセンターを確かめて

「明日は手織り体験に来ようね」

と話し合っていたところ、

「泊まるホテルがお隣だったのよ」

と隣接した[ホテル竹島]へお泊まりの話しで
雰囲気が和み楽しい手織り体験がスタートしました。




色糸も決まり、コースターが織り進みます。

お家は清洲城から少し離れた所だと話していただきました。

お嬢さんは小学校6年生で4月から中学生で
学校が遠くなると言っていました。




最初は慎重になってコースターのサイズが大きくなってしまいましたが、
2枚目に挑戦して、緯糸をしっかり打ち込み織り上げていました。

手仕事が大好きなお嬢さんは最後の房作りも上手に完成しました。

コメント