おすそわけの素

どうでもいいんだけど他の人にも話したくなるような
ちょこっとした話。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヒルズ探訪

2006年02月28日 | Weblog
1週間前にも表参道へ行きましたが
ヒルズは、素通りでした。

今日は、やはりレッスン帰りに通るので
ちょっと途中下車してヒルズ探訪してきました。

安藤忠雄氏の設計ということですが
建物の中は、地下3階~地上3階が、螺旋上の
ゆるいスロープで、ぐるぐる回るような
創りになっています。
誰しも、高いほうから低いほうへと
自然に歩いてしまうので、上手い具合に
人の流れが、出来ていて混雑している
割に歩きやすい印象がありました。

と、いいましてもなんだかわさわさしていて
結局、ぐる~っと一周して滞在時間約10分で
出て来てしまいました。

また、どこかに新名所が出来る頃には
空いているでしょうから、そのころ
また訪れるとしましょうか。
コメント

クリスタル.ケイ

2006年02月27日 | Weblog
今、PCでビーズアクセサリーのレシピ
を作りながらクリスタル.ケイの
『Call me Miss...』を聞いています。

韓国人の母とアメリカ人の父の間に
生まれた若干20才のキュートな女性シンガーです。
CMソングでもお馴染みかもしれません。

先日、ある30代の男性タレントの方が
女子高生と仕事が、一緒になりこんな
会話が交わされたそうです。

『今、音楽とかどんなのが、流行ってるの?』

『クリスタル.ケイとかかな。』

『へぇ~、透明感がある感じの曲が、流行ってるんだ。』

『違うよ!クリスタル系じゃないよ。
         クリスタル.ケイっていうアーティストがいるの!』

段々、追いつけない事が、増える今日この頃
クリスタル.ケイは、かろうじて知っていました。

でも、初回DVD付きなんて書いてあったので、
『これ、普通のCD聞く物で、聞けますよね?』
なんて、質問をして
『大丈夫です、CDとDVDは、別なものですから』
と、きっぱり言われてしましました。
           
コメント

子供心

2006年02月26日 | Weblog
今日の日曜美術館で、ダリをクローズアップ
していました。
ダリが、生まれる10ヶ月程前にまだ小さかった
お兄さんが亡くなってしまったそうで
その思いを忘れられない父親は、ダリに
亡くなった兄の名前を付けたそうです。

ダリは、亡くなった兄の写真を見る度
名前を呼ばれる度に、自分の存在に
行き場のなさを感じ、学校へもあまり行かず
ヒステリーで入院したりの幼少時代を送ったそうです。

父親は、亡くなった兄の名前を付けられた
ダリの気持ちを考えた事が、ないのかと
腹立たしい気持ちになってしまいました。

ちょっと話しそれますが、昨日の夕方、電車でのこと。
両親とお兄ちゃん妹の4人家族が、
何処かへ出かけた帰りなのか
少し疲れた様子で座席に並んで座っていました。
なにげなく見ると小学校3年生くらいのお兄ちゃん
が、今にも泣きそうな顔になってきたので
どうしたのか?と思っていると
涙が、一筋頬をつたって落ちてきました。

ほんのその一瞬だけで、その後は、何事も
なかったようにしていましたが、
もしかしたら、ちょっと悲しい場面のある
映画でも見て来て思い出していたのかもしれませんね。






コメント

イナバウワー

2006年02月25日 | Weblog
女子フィギュアスケートでの荒川静香さんの
金メダル、盛り上がりましたね!

取れた後から言うのもなんですが、競技が
始まる前から、なんだか採れそうなオーラというか
運命が、取れる方向に向かっている感じがしました。

LIVEでは、観る事が出来ませんでしたが
その分、安心して観る事が出来ました。
つい美しさに見とれてしまいますが、
4分あまりの演技は、私達の想像以上に
ハードだと思います。
その中で、荒川さんの演技には、透明感があり
成熟した美しさが、際立っていましたね。

それにしても、あの身体をぐっと反らせる
『イナバウワー』という技。
ちょっと、まねしてみたら、足が釣りました...トホホ。
コメント

一万円入りますの謎

2006年02月22日 | Weblog
どうでもいいような事なのですが、
ファーストフードなどで注文をして
5.000円札や10.000円札を出した時に
レジの人が、『10.000円入りま~す。』
と言います。

私は、ずっと営業終了後の精算時に
間違いがあった時などに、発見しやすい
ように10.000円札や5.000円札の
出入りをチェックしているのかと
漠然と思っていました。
それにしても、『10.000円入りま~す。』と
言われた方は、見もしないで『は~い』と
返事をしていたりで、あまり重要なチェックに
なっていないとも思っていました。

でも、解ったのです。
きっと、間違いないはずです。
それは、「5.000円札を出した」「いや10.000円札だった」
というお客様とのトラブルを防ぐ為に、第三者に
知らせているのですよね...きっと。

接客業をしている方には、常識で今さら
そんな事気付いたの~という話しかも
しれませんが...
ところで、あっているのでしょうか?
コメント

原宿餃子樓

2006年02月21日 | Weblog
今日は、新大久保のビーズ教室でした。

帰りに原宿のビーズショップへ立ち寄ったのですが
明治通りの交差点へと進むと、なんだかすごい
人通りなので、どうしたのかしら?と思ったら
表参道ヒルズでした♪

とりあえず、朝食しか食べていないので、4時過ぎには
空腹状態なので、表参道ヒルズには目もくれず
キディランドの並びにあるpeltier(ペルティエ)という
チョコレート屋さんの脇を入ったところにある
原宿餃子樓へまっしぐらです。
(以前にもご紹介したかもしれませんが)

頼むのは、キャベツ.もやし.キュウリ.
焼き餃子(にんにくなし)ごはん(スープ付き)です。

キャベツは、酢付け(180円)
もやしは、お味噌味の牛ひき肉そぼろのせ(180円)
キュウリは、マヨネーズベースのなんだか美味しい
ドレッシングのせ(180円)
餃子も290円と、とってもリーズナブル!
いろいろ食べられていつも大満足なのです。

表参道ヒルズへ、お出かけの際はぜひお立ち寄りください。



コメント

ひさしぶりの

2006年02月20日 | Weblog
今日までに終わらせなければいけない仕事が
済んだので、ちょっと息抜きで久しぶりの
友達と会い横浜スカイビル29階の
中華料理を食べて帰ってきました。
あいにくの雨でしたが、夜景がきれいでした。

友達の会社勤めの大変なあれこれ話しを
聞き、一盛り上がりしてきました。
個人で仕事をしていると、仕事とプライベートの
境が、付け辛くて...などと思ったりしてしまいますが
会社でがんばっている人に比べたら...ネ。

さて、今週もがんばりましょう





コメント

記憶の中だけで

2006年02月19日 | Weblog
最近は、葬儀の時に棺に入った故人を携帯の
カメラで撮影する人がいるそうです。
多分、これはほんのひとにぎりの極、極
稀な人の事だとは思いますが、思いもかけない
事に、それを聞いた時は、驚いてしまいました。

祖母が、遊びに来る時は、私の好物の
天津甘栗をいつも買ってきてくれたな、とか。

遊びに行った時には、祖父と商店街近くの
神社へ行って鳩に餌をあげたな、とか。

お膳の上に胡麻塩の入った小さな器があり
その塩と黒胡麻が、分かれているのが気になって
(塩の粒子が細かいので胡麻より下にたまってしまう
事を子供なので知らなかったもので...)
どうにか、混ざった状態にしておけないものかと
しきりにスプーンで混ぜていたら、
『自分が、食べないものを触るんじゃ無い!』と
怒られたな、とか。

そんなことを、今でも時々思い出します。
写真に撮らなくても、そんな思い出を
大事にして行けばよいような気がします。
コメント (2)

真剣勝負

2006年02月17日 | Weblog
紅茶をいれるときには、お湯の温度が、
とても大切です。

紅茶の葉の種類などには、そんなにこだわりは
ありませんが、お湯に温度には真剣です。
ポットに紅茶の葉を入れそこに沸騰した
お湯をそそいで入れる、それだけなのですが
『ためしてガッテン』によると沸騰直前の
95度が、良いそうです。
お湯を湧かす時に使っているのが、『野田琺瑯』
コ-ヒ-用ポットの小さいサイズのものなので
沸騰するとお湯が、すぐに吹きこぼれてしまいます。

だから、沸騰してしまうと紅茶にも悪いし
お湯も吹きこぼれてしまうので、ガス台の
前に立ってお湯が、湧くのを待っています。
この時が、自分でも一番真剣なのでは
ないのかと思ってしまいます。

温度が、ピッタリうまくいくと
ガラスポットの中でお湯の対流によって
紅茶の葉が、上がったり下がったりします。
このボンディングを眺めていると
とっても幸せな気分になれます。





コメント

オリンピックあれこれ

2006年02月16日 | Weblog
たまたま夜遅くまで仕事をしなければいけない
時期と重なっているので、なんとなく
オリンピックを見ています。

開催前の盛り上げている時期のほうが、長くて
競技が、始まるとあっという間です。
4年間がんばって来ても、練習でうまく
いっても、本番の一回ですべてが
決ってしまうのも可哀想に思って
しまいますが、それが勝負なのでしょう。

それにしても、リュージュは、どうしても
成りゆきにまかせているように
しか見えないのはわたしだけ...。


コメント