おすそわけの素

どうでもいいんだけど他の人にも話したくなるような
ちょこっとした話。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本年もありがとうございました!

2006年12月27日 | Weblog
happy bagの発送もほぼ済みひと段落です。
お陰様で本当にすぐに完売してしまい
ゲットできなかった方もいらっしゃるかと思います。
すみません!

喜んでいただけるかとあれこれ組み合わせを
考えながらセットしました。
到着のメールを頂き一安心したところです。

ところが、ひとつ大失敗してしまいました。
N-50 pagodaというネックレスが入っている方に
お知らせ!&お詫びです。
今回のセットのためにレシピを作り直したのですが
その際、テグスのラインを入れるのを忘れてしまったのです。
昨日、気づいてびっくり、ありえないですよね!
交差してまっすぐに進む簡単なレシピなのできっと、きっと
解るかと思います。
お揃いのリングが、入っている方はそれを参考に
していただけると助かります。
ほんと、すみません

今年は、ホームページをリニューアルしたり
作品展を開いたりと充実した一年となりました。
来年は、じっくりと行きたいと思います。

そして「おすそわけの素」にお付き合いいただき
どうもありがとうございました。
(なんて、まだ年内書いてしまうかもしれませんが...一応締めます。)

どうぞ良いお年をお迎えください。

コメント (6)

happy bag☆

2006年12月22日 | Weblog
先日の日記に「手相」と書いておきながら
手相についてふれるのを忘れてしまいました。
何を書こうと思っていたかというと
最近気づいたのですが、生命線が、伸びた!んです。
前からあった線ではありますが、ぐっと濃くなったというか...。
しっかりしちゃってて。
台湾で手相と診てもらった時も、「大往生だね。」と言われましたが
なんだか、嬉しいようなそれはそれで不安なような...。
ちょっと複雑な昨今でございます。

Happy bagは、とうとう今日発売です。
楽しみにお待ちいただいているようでなんだか緊張してしまいます。
ページをアップするのにかかる時間が、15秒位だったり30秒以上
かかったりとそのときによって違うので(いずれにしても微妙な差ですが)
「22時頃」と書きましたが、限りなく22時を目指してはおります。
PCでの常識だとは思いますが、
22時前から「happy bag」のページを開いてお待ちいただいて
いる場合も、22時になったあたりから「更新ボタン」を押して
発売後のページが出るようにしてくださいね。
そのまま待っていてもページは、変わらず知らぬ間に
発売スタートしてしまったなんて事になってしまわないとも
限りません。(自分が、やりそうなことなので
こんな事言うまでもないのでしょうけれど、私と同じような
人がいないとも限らないので余計な心配ですが、一応...。




コメント (4)

人相&手相

2006年12月19日 | Weblog
野球のことは、詳しくない人でも松坂選手の
レッドソックスへの移籍話のあれこれを
一度は、話題にしたことがあるはずですよね。
もちろん移籍金や契約金の話を中心に...

人相や手相は、変わると言いますが
松坂選手は、プロになったらあっという間に
大人っぽくなるのかな?と思っていたのですが
高校生の時からの童顔は変わらないですね。
でも、記者会見などで見るあのふっくらと物が
載りそうなくらい上を向いている「耳たぶ」は
高校生の時と比べたら変わっているかもしれません。
(アイススケートの浅田真央ちゃんの耳たぶもスゴイですよ。)
「耳たぶが、厚い人はお金持ちになる。」
昔から言われている事って真実なことが多いですよね。
それにしても松坂選手、小学校のときに「100億円プレーヤーになる」と
言っていたことを思い出したなんて会見で言っていましたが
ある意味、自分に関しての預言者なんだな~と関心してしまいました。
(予言とも言えますが、実は努力して叶えているんですよね。)
とにかく、怪我などに気をつけて自分が、満足できる
活躍ができるといいですね。



今年もHAPPY BAG(福袋)を発売いたします。
販売開始は、12・22の夜10:00頃から。
今年は、スケートの荒川さんが金メダルを獲ったときの衣装といい
先日の安藤選手が、優勝した時も確か水色と青の衣装。
それにあやかって?ではないですが、チャームドレスキットで
販売しているhappy roseのバラが、ブルーになったアレンジ
バージョンが、どの「HAPPYBAG」にも、もれなく入っています。
いつもtutuをご愛顧くださっているみなさまへの感謝を込めて
その他アクセサリーのキットも満載のお得なセットです。
30個限定ですので当日は、どうぞお早めに
コメント (2)

魅力的なんです

2006年12月11日 | Weblog
ホームページの管理ソフトをレンタルしている会社では
サポートセンターがあり困ったことがあった時や
解らない事がある時は、電話をすると教えてくれます。

サポートセンターは、すべて女性のようで
声だけのお付き合いですが、何度か電話していると
声だけで、前回も出てくれた人だなと解るようになります。
というか、一人だけはすぐにわかるんです。

その女性は、声がとってもいいんです。
ルパン三世の不二子ちゃ~んのようにちょっと
溜めたような色っぽいしゃべり方なのです。
女の私でさえその女性が、出てくれた時は嬉しくなって
電話を切ったあとも満足~っと思ってしまうのです。
しかも、他の誰よりも私のヘタな説明を理解してくれて、
的確な指示をしてくれます。
同じ画面を見ているのかどうか解りませんが、
よほどの知識がないとそうスラスラと
答えられるわけは無いと思うのです。

ちなみに昨日の私の質問は、フリーズしてしまった
パソコンを再起動させる...でした。
(ウィンドウズにまだ慣れていないもので)
教えてもらった通りに何度かやってみたのですが
再起動した時点でもマウスの矢印が、ちっとも動かないのです。
結局、ワイヤレスのマウスの電池切れだった
というお粗末な結果に恥ずかしい思いをしたのでした。

そういえば、昨日美容室へ行く前に時間があったので
入った洋服屋さんでふむふむと見ていると
試着室のカーテンから首を出したお客さんが
「すみませ~ん!」と店員さんを呼んでいるのです。
これは、ほっておかなくてはと無視して見ていたのですが
さらに声を強めて「すみません~~~ん!」と言い
つい振り向いた私の目を見るのです。
もう、自然に「ちょっと待っててくださいね。」と言い残し
お店の方を見つけて「呼んでます。」と言ったのは
言うまでも無いことでした。
コメント

またもやおせっかい

2006年12月10日 | Weblog
自分でもカフェをやってみたい!と思ったこともあり
飲食店に入ってもついついお店の店員さんの
動き、店内が清潔かどうかとか、結構細かいことが
気になってしまったりします。

気に入ってわりと出かけることの多いお店で
経費削減なのかいつも店員さんの数が、圧倒的に少なくい
お店があります。
せめてあと、ひとりいてもいいんじゃないか...と。
(多すぎるくらいのお店だったら4~5人いそうな広さなのですが
いつも2人しかいないのです。)

先日、そのお店に行ったときは、まだ時間帯も早く
空いていたので、いつも通り店員さんが2人しか
いなかったのですが、なんの問題もないようでした。
初めて見る可愛らしい女性の店員さんは、とても
感じが良くてきぱきと働いています。

しばらくして入ってきたご夫婦は、注文が
決まったようで、「すみません~」と店員さんを
呼んでいます。
すぐ、横の壁を背にきちんと店内を見渡すように
立っているその店員さんには、聞こえなかったらしく
動こうとしません。
私が、見ると目が合ったので、ついついいつもの
悪い癖が出て、呼んでいるご夫婦の席を小さく
丸めた人差し指で軽くちょんちょんと指差し呼んで
いることを知らせました。
彼女が、ご夫婦の席をちらっと見た時には、
ふたりは、再びメニューに目をやってしまっているので
彼女は、「何だろう?」という感じで小首をかしげながら
また、もとの位置に戻り私を見ます。
私は、乗りかかった船なのでついつい声を出さずに
「呼んでる」と口を動かしてしまい
お店の人でもないのに、何をやっているんだろう
と自分のおせっかいにまったく~と恥ずかしくなりました。
弁解させてもらうと呼んでるのにすぐに行かないで
悪く思われては可愛そうという親心?からなんです。

余計な事はしないよう今度から見ないフリしなくっちゃ
コメント (2)

時代は変わっている

2006年12月08日 | Weblog
最近ファースドフード店でもシニアアルバイトを
雇用しているところもあって、70代の女性が
若者の動きに劣る事なくテキパキとイキイキと
働いているそうです。

人生60年と言われていたのは、はるか昔の話。
それでなくても日本は、長寿の国なのです。

日本人は、よその国の人よりも年齢を気にします。
雑誌の中刷り広告にも何故かカッコして年齢が出ていたりします。
街行く人にインタビューするような番組でも年齢を訊ねては
まだ60代くらいの方にも『お元気ですね~!』と決まり文句。
いつも失礼だな~そんなに年寄りじゃないわい、
と他人事なのに文句を言ってしまったりします。

今の時代、80才を過ぎておじいちゃん、おばあちゃんと
呼ばれるならまだしも、それ以前ならそう容易く
『おじいちゃん』『おばあちゃん』を受け入れてはいけません。
受け入れたら、その気になったら段々そんな感じになってしまうのです。
そんなような服装をしてそんなふうなしゃべり方をして。
自分を演出するのは、他でもない自分なのですから
演出次第では、いくらでもいつまででも素敵で
いられるはず。


と、このリキセツは、自分に向かって言っておりますです。

コメント   トラックバック (1)

実物を見て

2006年12月06日 | Weblog
海外のスターが、来日するときに成田空港で
ファンの人達が何千人も出迎えているという映像を
よく見かけます。
みんないったいどうやってその情報を得ているのかしら?と
不思議に思いつつ携帯電話を片手に写真を撮り興奮している
様子に「ふ~ん。」などと見ていましたが、最近実物を
目の当たりにしてなんだかわくわくして思わず携帯を
取り出してしまったものがあります。

テレビの画面で見たことのある方もたくさんいらっしゃる
金色の「あれ」です。
私もテレビでしま見たことがなかったのですが
ビーズ教室のみなさんとのちょっと早い忘年会を
するために訪れた浅草は吾妻橋のほとりに建つ
アサヒビールのビル(?)の上にどーんと乗っかった
金色の雲のような形のオブジェです。
なんとも言えない丸みとご利益のありそうな金色。
角を曲がりあれが見えた時には、胸トキメイテしまいました。

気づけば新大久保ビーズ教室のみなさんとのお付き合いも
5年以上になります。
21階の「アラスカでのおいしい料理と良い眺めにあっという間に
時間は過ぎ楽しいひとときを過ごすことができました。

終わったばかりなのですが、次回はどこにしようか~と
すぐにそんな事ばかり考えてしまいます。
コメント (2)

ピンクの掃除機

2006年12月03日 | Weblog
日曜日は、掃除機が壊れてしまったという母に
付き合って電気屋さんに掃除機を買いに行きました。

何事も機能よりもついつい見かけで選んでしまいがちなのですが
最近の見かけの傾向は、どうも色はブラックメインで赤や青
などのはっきりした色が、組み合わされているようで
ちょっとハードチック。

母が使っていた掃除機は、かなり昔のタイプで
掃除機本体の下にケースがドッキング
していてその中にホースを収納できるものでした。
これ結構便利だと思うのですが、同じような
ものは、まったく見かけませんでした。

サイクロン式とか排気みたいなの(なんて言うんでしたっけ?)
が、あまり出ないものなどいろいろあるのでしょうが
そんなのない時代に生きてきた母ですから、埃が吸えればいい
という感じなので軽くて人気という小ぶりで蓋の部分が
メタリックピンクの可愛らしい掃除機に決めました。
(母曰く、年とってるからせめて明るいピンクがいい)

掃除機が、新しいだけで明日からの掃除もきっと
楽しい気分でできるでしょうね

横浜のジョイナスという地下街に「クィーンズ伊勢丹」という
スーパーと専門店の入ったフードスペースがオープンしていました。
見かけたことのないマフィン屋さんなどがあり、ちょっと
楽しみが増えました。
コメント (2)