香港徒然草

働く元駐妻の香港雑記。うまいもの、ホテル・観光情報を中心にマカオ・南部中国・アジアの情報もお届けします。

香港徒然草210:香港で買う東京ガイドブック

2008年11月02日 14時55分03秒 | 【香港】買う
さて、昨日の11月1日。
あのルイヴィトンから「シティガイド2009」の東京版が出版されました!
いろいろな方面で取り上げられているのでご存知の方も多いのではないでしょうか?

こうした海外のメディアが作っている東京ガイドブックでは、老舗どころは、バックパッカーご用達の「ロンリープラネットシリーズ」がありますね。「地●の歩き方(地●の迷い方ともいう)」の日本版といった位置づけでしょうか?
そして最も盛り上がったのは、昨年ミシュランによって発表された東京ガイドですね。
賛否両論はありますが、東京が世界に名だたる都市として認知されているという事の裏付けともいえる画期的なものでした。
ミシュランブームをうけてか、あの高級ブランドのルイヴィトンがとうとう東京ガイドブックを出したわけですね。
ミシュランとは別の「ルイヴィトン基準」でいろいろなスポットが選ばれているようです。
※こちらは日本語と英語版があり、ルイヴィトンの店舗または紀伊国屋書店(日本語版のみ)で購入できるそうです。

さて、香港徒然草としては、そうした老舗ブランドが出すガイドブックよりも、香港にまつわるものをご紹介したいと思います。それが、こちら!

「東京 食玩買 終極天書」



香港人による香港人の為の東京ガイドブックなんですが、これ、東京在住の私が読んでも面白い!!
東京在住者でも知らないような場所を紹介していたり、かなりマニアックな場所や食べ物が網羅されています。

どうりで吉祥寺の有名な松阪牛のメンチコロッケ屋に香港人が行列しているか分かりました。。。。

単純にガイドブックとして読んでも面白いのですが、何といっても面白いのが紹介の仕方。

新宿のバッティングセンターについては「日本人のストレス解消方法を学ぶ」だし。
都庁の展望台については、香港人が大好きな「無料(=免費)展望台」として紹介されてるし。
原宿のラフォーレはsammi(サミー)が2003年に映画撮影の為に日本に来た時にショッピングをしまくった所として紹介されてるし、レストラン関係については「芸能人の●●や▲▲が訪れる場所」という紹介の仕方。。。





それをみて、ほおー木村拓哉がここに来るのねえ、といった違う楽しみ方があります(爆)



築地の某有名玉子焼き屋さんでは、テリー伊藤はなぜか有名な美食家として紹介されて??いるけれど、良く読めば読むほど面白い、東京ガイドです。

香港では大手の本屋「商務印書店」や「大衆書店」などで購入できると思います。

「08ー09 東京 食玩買 終極天書」 長空出版 HK$88 
コメント (1)