香港徒然草

働く元駐妻の香港雑記。うまいもの、ホテル・観光情報を中心にマカオ・南部中国・アジアの情報もお届けします。

香港徒然草217:香港の鉄道事情UPDATE

2009年11月14日 15時40分01秒 | 【香港】なんでも
さて、今回の香港滞在で何が一番驚いたっていえば、KCRが尖東駅からさらに先の方へつながっていたこと。

いつもどおりKCR(すでにこの言い方自体がなくなりつつある)に乗って、沙田方面から尖東方面に行こうとしたところ、何故か電車は「ホンハム」で終点。

あれ??尖東行きじゃないのに乗っちゃった?
と焦って車内表示を見るものの、車内の駅名表示自体に尖東の名もない。。。
「???」が飛び交ううちに電車はホンハムに到着、皆さんゾロゾロと降りると、向かい側のホームで何やら電車を待っている様子。

ボケーっと電車を待つうちに向かい側の電車がやってきて、車内の駅名表示を見るとそこには何と!!

尖東以降の駅名が表示されているじゃないですか!


BPインターナショナルのちょっと先に新駅の「柯士甸(オースティン)」ができて、そこを経由するとMTR西鉄線南昌駅へとつながり、屯門や元朗など新界北西へのアクセスがぐーんと楽になるわけです。
どうりで屯門や元朗など新界北西方面のマンションの値段があがっているはずだ。

この間香港に来た時にはまだ、西鉄と東鉄はつながっていなかったので、いつつながったのかと思いきや、何と8月16日には開通していたんですね。
MTRの公式リリース


まあ、この新駅の柯士甸駅や、九龍駅周辺は今後「西九龍文化区」として開発されていく予定ですので、それに向け着々と準備が進められているということなんでしょう。「西九龍文化区」についての詳しい情報はこちらから
西九龍文化区開発プロジェクト(WKCD)のサイト(英語)

ただ、今までは尖東駅まではKCR(=現在の東鉄)で一本で乗換なしで行けたわけですよ。だから便利だったのに、ホンハムで乗換なくちゃいけないし、しかもホンハムでの乗換がめちゃくちゃ非効率で、逆に不便になりました(泣)

そもそも尖東駅で東鉄と西鉄が乗り入れる予定だったらしいのですが、尖東駅にはホームが2つしかないため、双方向からの乗り入れができず、しかたなくホームが沢山あるホンハムを終着駅として戻したとか。。。
最初から尖東駅にホームを4つ作っておけば良かったのでは?と思わなくはないのですが。。。そのあたりがまあ香港らしいというか、何というか。。。

さらに不思議なのはホンハムから乗る場合、たとえば沙田方面に向かう電車を乗ろうとすると普通は同じホームで向かい側のどちらかが先に出発するといった場合が多いのですが、何故か1番ホームと3番ホームといった離れたホームから出発するようになっているのです。
よーく表示をみないでホームに行くと、先に出る電車はあっちのホームから出発だったりして、しかもその間隔が3分おきだったりするので、下手するとあっちのホームに行ったら乗れなかった。。。というはめになることも。
ホンハムから羅湖方面に向かって乗られる方はご注意くださいませ。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 香港徒然草216:香港のハロウ... | トップ | 香港徒然草218:どうやって市... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
香港やねぇ (poohmama)
2009-11-24 00:31:47
さすが日々変わっていく香港ですね。
香港に行く事があるなら
じゃばーんとらべるびゅーろー
の3泊4日の添乗員付きでないと
行けない・・・
きっと迷子になってしまう

コメントを投稿

【香港】なんでも」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事