逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

ヒロシマで核分裂したウランは800グラム

2018年11月13日 | 疑似科学・ニセ疑似科学批判
『キクマコ博士の異常な愛情/または私は如何にして心配するのを止めて放射能を愛するようになったか』

kikumaco(10/29ベアーズ)‏ @kikumaco · 11月10日

東電原発事故で放出された放射性セシウムの総量が重量でいえばほんの数キログラムに過ぎないことは知っておくといいと思います。たったそれだけであれほどの大被害を出すほど、放射能は影響が大きいということです

kikumaco(10/29ベアーズ)‏ @kikumaco 11月10日

セシウム137は1グラム当たり3テラベクレル(3兆ベクレル)の放射能を持ちます。食品の基準である100ベクレルと比べてみてください

kikumaco(10/29ベアーズ)‏ @kikumaco · 11月11日

繰り返しですが、 #おしどりマコ擁立問題 は単に放射能デマの問題ではなく、放射能デマを振りまいて人々の不安を煽るような人物を野党第一党が公認候補にしようとしているという事態に危機感を抱いて、異議を唱えているのです。立憲民主党は本当にこれでいいと考えるのか

『40年間も極悪原子力ムラと戦った小出裕章に対して「風評被害を助長する」「科学を知らない」と噛みついた菊池誠のお粗末な科学知識』

国立大阪大学物理学教授の看板で多くの善良な日本の市民をネット世界で騙していた御用学者筆頭の菊池誠ですが、今回のツイッターは桁数を間違えているのですから呆れるやら驚くやら。物理学の基礎の基礎、イロハも知らないのですから阿呆臭すぎて批判する言葉も無い有様。もしも菊池誠が言うように、未曾有のレベル7の福島第一原発事故で放出された放射性セシウムの総量が、重量で数キログラムにも達していたならほぼ即死する。今頃は福島県民全員に猛烈な放射能で大被害が出て阿鼻叫喚の地獄絵になっている。
(★注、他の有毒物質とは大きく性質が違っていて、『放射能』には色も臭いも無いので人体では全く感知することは不可能なのですが、その原因の一つがあまりにも微量すぎるので分からないのである。これだけ大騒ぎになった福島第一原発事故で外部環境に放出された放射性セシウムの総量ですが、重量では百数十グラム程度しかなかった)



『9・11事件のアメリカ政府の公式報告書を全面擁護したのは、日本国では奥菜秀次と菊池誠のたった2人だけ』

『お前たちは間違っている』(今までが間違っていた)とのオルタナティブな護憲左翼ブログの『逝きし世の面影』を開設したのは10年前なのですが、エアー御用学者筆頭の菊池誠の全盛期で八面六臂の大活躍、見え見えの悪質極まるこの詐欺師(菊池誠)が主催するキクログのコメント欄には、数百ものコメント付く有様。(コメントの大多数は菊池誠の心酔者によるヨイショだが、一部に反対意見が出ると菊池誠御大が直々に罵倒するというので大評判になっていた)
10年前になぜ、菊池誠がネット世界で大評判になったかというと、『9・11事件のアメリカ政府の公式報告書を全面擁護したのは、日本国では奥菜秀次と菊池誠のたった2人だけ』だったのである。当時のマスコミや有識者は、(多分、今と同じように)薄々「何かが可笑しい」とは感じていても叩かれたくないので積極的には自分から何も主張しない。
その唯一の例外が奥菜秀次と菊池誠の2人だったのである。
日本中でたった2名、しかも、奥菜秀次の方は実名も年齢も経歴も現住所など一切が不明。写真一枚存在しない架空(匿名)の存在だが、もう一方の菊池誠は実名だった。
しかも大阪大学物理学教授で書き込みフリーのコメント欄があるキクログを主催していたのですから、科学的な説明を求めて、賛成派反対派の両方が大喜び。双方のコメント投稿が殺到していたのである。
菊池誠は自分のブログの数百ものコメントに返事するだけではなくて、賛成派のブログにも参戦して応援コメントするので菊池信者は大喜び。それだけでは飽き足らす、なんと、反対(懐疑)派ブログにまで登場して真っ向から『9・11公式報告書は正しい』と論争を挑むのですから驚いた。
菊池誠の主張(コメント)とは、相手が何を言っても(科学的な当然の質問には一切答えず)『アメリカ政府の9・11公式報告書は正しい』の一本槍、同じ『お題目』を繰り返すだけなのですから、科学の世界では基本的に無茶苦茶なのです。有名国立大学の物理学教授というよりも頭が空っぽで目が節穴のネットウヨと五十歩百歩の知的水準だったのである。

『サイバーメディアセンター教授としてネットで何かの邪まな実験を行っていた菊池誠』

私も他所のブログのコメント欄で、菊池誠がからんできたので『偽科学と、間違った科学の違いとは何か?』との(科学者なら一番難しい?)質問をしたのですが、・・・もちろん菊池誠は答えられず一目散に逃げ出した。(★注、当時の菊池誠はネットやマスコミなどで『偽科学は悪だ』とのニセ学批判で大活躍していたが、科学にとって間違いはつきものであり『間違った科学』を頭から否定する『絶対に正しい科学』とは科学ではなくて宗教になる)
義務教育の中学生程度の科学知識しかない菊池誠には驚いたが、少し考えたら国立大学教授が余程暇でも矢張り物理的に無理なのです。菊池誠は(何人もの自分のクローンを使って)サイバーメディアセンター教授としてネットで何かの邪まな実験を(誰にも分からないように)密かに行っていたのである。(明らかに偽科学批判の方は『客寄せ』で、本職の方は9・11懐疑派叩きや原発懐疑派叩きだったらしい)
一時は『原発安全神話』(日本の原発は安全安心。何の心配もない)で大繁盛していた菊池誠ですが、運悪く2011年3月11日のフクシマの核事故の発生で信用失墜してキクログの閉鎖に追い込まれた。
ところが、あれから時間が経ったので(世間が悪事を忘れたと思ったのか)少しも懲りずに今度は『放射能は安全安心。何の心配もない』と言い出したのですから無茶苦茶である。これでは子供でも騙されない。


(「おしどりマコ」の悪質ストーカーと化して)立憲民主党が参議院に公認した「おしどりマコ」への罵詈雑言に埋めつくされた菊池誠のツイッターのごく一部

菅野完事務所‏ @officeSugano ·

うあああぁぁキモ。 キクマコって、変態なんだな

原発を放射能に入れ替えただけの手抜きの安全神話、『お粗末すぎる菊池誠ら御用学者の主張』

来年の参議院選挙で立憲民主党が公認した「おしどりマコ」への罵詈雑言に埋めつくされた菊池誠のツイッターには驚くばかり。(★注、医学部に入学したのにお笑い芸人に転身した経歴がある「おしどりマコ」は、福島第一原発事故後の小児甲状腺がんの検討委発表に必ず出席して、議事録を文字起こししてインターネットに公開していた)
菊池誠の全盛時代の福島第一原発事故以前でも『原発は安全・安心。何の心配もない』は胡散臭く思われていた。
ところが、それ以上にフクシマの『放射能は安全安心。何の心配もない』,『風評被害だ』と繰り返せば繰り返すほど、余計に御用学者の信用力が低下していた。
7年半前のフクシマ以前なら『原発は安全・安心。何お心配もない』には騙された人が出ても、幾ら繰り返し宣伝しても『放射能安全神話』はプロパガンダとして無理筋だと何故理解出来ないのだろうか。実に不思議な現象だ。(★注、放射能は生命の設計図であるDNAを傷付けるので『体に悪い』程度は中学生以上なら誰でも知っている)



菊池誠ら御用学者の『鼻血は風評被害』を真っ向から木端微塵に論破。フクシマの放射能被害で『人も犬も鼻血、声が出ない』

2014年に唐突に起きた、漫画『美味しんぼ』で描かれていた鼻血の場面を『風評被害を助長する』と政府やマスコミが二人三脚でバッシングするという馬鹿馬鹿しい大騒動が起きていた時に、NHKクローズアップ現代(キャスター国谷裕子)が漫画『美味しんぼ』側で密かに参戦していた。
NHKに飛び火していた政府主導の無茶苦茶な『風評被害』バッシングですが、2014年6月2日(月)19:30放送『いま福島を描くこと ~漫画家たちの模索~』で、埼玉県から福島第一原発から70キロ離れた福島県天栄村移住していた山本おさむの福島第一原発事故を受け自主避難した体験を描いたエッセイ漫画『今日もいい天気』パートⅡ(第42回 (2013年度)日本漫画家協会賞特別賞を受賞)では、迫力ある当事者(被災民)の体験は凄まじい。
福島第一原発事故後の『今日もいい天気』パートⅡでは、マスコミで大問題になった漫画『美味しんぼ』のありふれた鼻血の描写どころか、普通なら滅多に見られない山本おさむの愛犬コタが鼻血を出すシーンが描かれている。

(この作品は、驚くことに赤旗日曜版に掲載されていた)
『今日もいい天気』ハート2では、人間どころかイヌが鼻字を流し鳴声が出なくなる様子や伴侶が酷い口内炎で喋れなくなるなど、放射能被曝の不安により自主避難せざるを得ない状況が描かれているのである。(但し、マスコミは赤旗を含め誰も問題としなかった)
この作品は、NHKが指摘しているように『安全安心。心配ない』(放射能の風評被害である)を信じたい気持ちと、その逆の『目の前の惨状』(やっぱり放射能は怖い)との間で、大きく揺れ動く被災者の心情が正直に表現されている。
山本おさむは『福島県が危ない』と自分が逃げているのに、『そばもん』(ビッグコミック)では、逆に福島産農産物の安全性について『風評被害である』(福島県は安全安心。心配ない)と描いて誤魔化している。まさに今の日本共産党(志位和夫)そのものである。(赤旗では無責任にも悪質な御用学者の菊池誠を知識人あつかいして読者を間違いの迷宮に誘い込んでいた)

『非常事態宣言下の日本』

そもそも日本が法治国家なら年間被曝量が1ミリシーベルトを超える放射線管理区域に居住するなどは問題外であり、農産物に限らず放射線管理区域外への勝手な持ち出し自体が厳禁なのである。
(現在の福島県を含む東日本では、日本政府による日本国の既存の法令が完全に無視されているのですから、今の日本国では事実上の戒厳令が敷かれていると解釈するべきなのである)

福島第一原発事故から7年半、『あの孫崎 享‏が「放射能安全神話」退治に満を持して、とうとう参戦する』

 孫崎 享‏ @magosaki_ukeru · 11月12日

【ニコ生(2018/11/13 20:00開始)】「原発事故でするどく追及してきた『おしどりマコ・ケン』さんの出演

 孫崎 享‏ @magosaki_ukeru · 11月12日

おしどりは、日本の夫婦漫才、マコはツッコミ、M-1グランプリ2003では準決勝進出。福島第一原子力発電所事故以降、政府や東京電力の「直ちに影響はありません」説明に違和感、東京電力への取材活動をスタート。当初め東京電力の会見内容を書き起こし、その後会見に出席し、500回にわたりメディアに発表

 孫崎 享‏ @magosaki_ukeru · 21時間前

今晩のおしどりマコのニコ生登場②、②疑問。共産党が野党で一番、と公言しながら、立憲から立候補予定、なぜ?という問のツイートがありました。本来は芸能人と政治、原発特に東電関連を聞く予定でしたが、①、②についても質問します。

 孫崎 享‏ @magosaki_ukeru · 21時間前

今晩のおしどりマコのニコ生登場①おしどりマコは参議院議員通常選挙に立憲民主党より比例区公認と発表。今日ニコ生に出る旨述べたら、①「直ちに影響はありません」の言葉を発したのは今の立憲民主党枝野代表、何で彼等が立憲民主党から立つのか違和感あります。

 孫崎 享‏ @magosaki_ukeru · 10時間前

おしどりマコ・ケンさんのニコ生終わった。マコさんは少なくとも参議院議員選挙日までは吉本から外れた。ケンさんも併せて辞められたという。ケンさんには針金細工の似顔絵を戴いた。上手でびっくりした。笑いには人を貶めての笑いもある。ケンさんの作品にはそういう要素はない。有り難く頂戴した。









コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« トランプ vs リベラルメディ... | トップ | 日本政府 vs 日本銀行(統計... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
広島以上の核実験だったフクシマ (ローレライ)
2018-11-14 06:13:50
広島以上の核実験だったフクシマだった訳で死の灰はフクシマやチェルノプイリの方が出ている。
放射性物質の量をベクレルでなく質量kgで考える (kokikokiya)
2018-11-14 10:16:38
放射性物質の量をベクレルでなく質量kgで考える
http://oceangreen.jp/kaisetsu-shuu/Beqrel-to-Kg.html

Cs137の生成
https://www.jrias.or.jp/books/pdf/201205_HOUSYASEN_RIJYUKU_KAWADA.pdf

改めて勉強になった

コメントを投稿

疑似科学・ニセ疑似科学批判」カテゴリの最新記事