あなたも社楽人!

社楽の会の運営者によるブログです。社会科に関する情報などを発信します。

授業で役立つ指導の技術-50-

2017-12-24 04:22:26 | 授業で役立つ技術と考え方
《 通る声で、メリハリをつけて 》 

教師の声は、出来ることなら小さめがよい
その方が子どもがよく聴くようになる。

逆に、教師の大きすぎる声は子どもの集中力をなくす。
時と場合によって、メリハリをつけたい。

よく通る声は、声量が小さくても聞きやすい。
正しい口の形、呼吸法がポイント。
正しい発声は教師の基礎・基本である。
NHKのアナウンサーから技を盗もう。

間の取り方も重要。
間の取り方で子どもの集中力を高めることができる。

「え=」「まぁ」「あの」などの無駄な言葉は極力なくそう。


話は違うが、教室のテレビやCDの音が大きすぎて他の迷惑になるなっている場合が多い。

それに気付かない教師がさびしい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日からアンサンブルコンテ... | トップ | 日本ではダンプカーやミキサ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

授業で役立つ技術と考え方」カテゴリの最新記事