*ハンドメイドでリラックス*

ハンドメイドは生活の癒し♪
自営業夫をサポートしながら、ゆったりのんびり、チクチク編み編み。
時々ボヤキも…

捨てられない教科書

2019年10月14日 | 購読本などなど

台風一過の昨日、天気は晴れたけど台風通過後の爪痕が各地で酷い…

こちら方面も、凄い風がマンションを押しているかのように感じ、雨量も凄い!と感じたのは30分間程でした。
その後、夜明けまで防災エリアメールが何度鳴ったでしょう。
翌朝の寝不足感、半端なかったです。
Twitterを見ると、荒川は川原のグランドが水没し、実家前の川は氾濫寸前だったと分かりました。

昨日の朝は電車も動いておらず、ノルディックは中止に。
再びこもって洗濯&掃除に勤しみました。

そして今日も天候不順…
引き続き片付けのチャンス!
と、自分に言い聞かせ、本当に少しずつですが本の断捨離。

一旦フリマアプリに出してみて、数ヶ月様子を見、反応なければ本当に処分。というペースです。

でも、やっぱり処分出来ないものもあります。
特に古いものは…

凄く古い本でもごくたまに売れたりするのですが、これは捨てたくない

昭和63年出版です。

これ、リハビリの為にパッチワークを始めた母にプレゼントした本です。
製図の仕方。縫い方。縫い代の倒し方。
繋げ方…
作品完成までのあれこれが、写真入りで紹介されています。

しかし、パッチワークは適当に布を接ぎ合わせる物と思っていた母。
この本を活用した形跡はありませんでした。
洋裁学校に入り、服を手作りしていた人なのに…
何でも面倒くさがるようになっていました。
ワタシ達が子供の時は作ってくれていたのに、孫の服は一枚も作ることはなかったです。


その後、この本はずっとワタシの手元に。
でも、ムスコが生まれても活用することもなく、ようやく活用したのはムスメが生まれ、パッチワークに目覚めた友人にキルトフェスティバルに誘われてから。

以後、パッチワークしようかなと思えばこの本を開く。という場面が増えました。
昭和のデザインで生地も昭和ぽい😅
でも、パターンは伝統的なものばかり。

ハワイアンキルトほどのめり込むことはないかも知れないけれど、生地の使いきりを目指してる以上、せいぜい活用しなくちゃね!
と思うこの頃です。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 防災ポリパン!? | トップ | 新旧交代は続く… »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この本、知ってます。 (asahi)
2019-10-14 17:24:20
 お久しぶりです。
台風が去っても被害が多すぎて、気が晴れませんね。昨日空き家になってる実家を見に行ってきましたが、冠水した道路があり遠回りしなければならなかったり、田んぼが水があふれ沼のようになっているのがかなりの広範囲で見られたりしました。稲刈りが済んでいてよかったなと思いました。(まだのところもすこしありましたけど・・・)テレビの報道にならないような被害はもっともっとあるんですね。sweetpotetoさんのご実家も危うく難を逃れて良かったです。
  
 このパッチワークの本、知ってます。持ってはいませんが、町の小さな図書館にあり、何度か借りました。子供が小さかった主婦のころですね。同じころパッチワークに惹かれてたんですね。私も伝統的なパターンのキルトが好きです。図書館でまたかりてみようかな^^
Unknown (sweetpotato66)
2019-10-15 01:08:45
asahiさん、ご存じでしたのね!
この本を見ながらパフのやり方を覚え、自転車の座布団を作りました。製図の方法も勉強になりました。
色々買っては見たけれど、この本が一番分かりやすかった気がします。
asahiさんは、何か作られましたか?

asahiさんの地域も大変そうですね!
北関東から東北方面の被害を報道で見ると、心が痛みます。
日常に戻るのは時間がかかりそうですね…

コメントを投稿