スコとyuwataの部屋

スコティッシュフォールドのスコとyuwataのブログです。

ROOM

2018年04月30日 18時06分05秒 | 映画

実話を元にした酷い内容の事件の映画だが、久しぶりにいい映画を観た気がする。

ジャックを完璧に演じたジェイコブ・トレンブレイ君の演技には素直に感動させられた。

こういう、変に飾らない映画が好きだ。

子供の目線のカメラワークも好印象である。

やはり、子は母親が必要だし、母親を助けてくれるのは子供である。

 

こんな世界は元から知らない方がいいのかもしれない。

コメント

キャバクラ嬢

2018年04月30日 16時14分26秒 | 面白ネタ

がミスって渡して来た名刺の裏に、

よく分かる暗号が書かれていたが、そのまま持って帰った。(* ̄□ ̄*;

 

コメント

最後のジェダイ

2018年04月30日 08時14分48秒 | 映画

アマゾン¥400になったので観てみた。

評判通り、あんまり面白くないね。

なんだろう?

脚本が悪い?

監督が悪い?

映像は好きなんだけれどね。

 

コメント

4月30日の朝食

2018年04月30日 07時50分56秒 | 低残渣食

● トマトのパスタ

● コーンスープ

● ミルミルS

 

 

これは・・・・・レストランの味になってしまった。

 

● スパゲティーは柔らかめに茹でる

● 鍋かフライパンに野菜ジュースを入れる

● 中火で煮る

● にんにく少々

● トマトとたまねぎを入れる

● トマトケチャップ少々

● コンソメ1つ

● スパゲティーを入れる

● 炒めるというか煮る

● 皿に盛り付ける

● バジリコをふりかける

 

出来上がり。

コメント

知らなかった。

2018年04月29日 11時20分12秒 | 潰瘍性大腸炎

僕は難病、特定疾患の受給者証を持っているから、docomoのサービスが受けられる。

 

Xiサービス(総合プラン(タイプXiにねんを除く)、データ通信プラン)を対象に、

・月々の基本使用料の60%割引
・付加機能使用料の60%割引
・契約事務手数料等の一部が無料
・定額契約型料金プラン・割引サービスの解約金が免除


早く知ってればよかった。

早速行ってくる。

くるみさん、お願いします。

コメント

「難病と闘って」

2018年04月29日 07時50分17秒 | 潰瘍性大腸炎

クローン病

潰瘍性大腸炎と同じような病気である。

僕の潰瘍性大腸炎は肛門から20センチの範囲で病巣があるが、

クローン病は小腸、大腸全体にその炎症が広がる病気である。

したがって、その苦しみは想像を絶する。

社会の理解が必要だが、まだ浸透していないのが実状だ。

 

コメント

4月29日の朝食

2018年04月29日 07時28分31秒 | 低残渣食

● 大豆ハンバーグ(目玉付き)

● 味噌汁

● ミルミルS

 

大豆ハンバーグはやはり醤油をかけて、ご飯の方が合うね。

コメント

まだやっている。

2018年04月28日 17時34分43秒 | OctaneRender

結局、こういう構図になった。

 

 

 

コメント

The Wall

2018年04月28日 17時19分26秒 | 映画

イラク最恐の狙撃者ジューバに狙われた主人公が、極限の頭脳戦に挑む様を描く作品。

謎多きジューバの狂気と緊迫感溢れる展開で目が離せないサバイバル・スリラー。

最後に何も残らない内容と言えばそうだが、狙撃されるのは嫌である。

 

コメント

Get Out

2018年04月28日 08時06分30秒 | 映画

ホラー映画であった。

特に最後がグロい。

でも、おばけ物ではない。

もっとブラックジョーク風味のものと思っていたが、

結構ストレートであった。

ほんとに「Get Out」である。

 

コメント

4月28日の朝食

2018年04月28日 07時50分10秒 | 低残渣食

● 塩パンの大豆ハンバーガー

● コーヒー

● ミルミルS

 

体重は、最近は同じである。

僕はこのくらいで一定しているのが良い。

決して、ファットバーガーは食べちゃダメですぞ!

コメント

恋は人を幸せに、豊かにしてくれると思うよ。

2018年04月27日 18時07分22秒 | 音楽映像

コメント

これは一番あかんやつ。

2018年04月27日 15時34分02秒 | 商品

ファットバーガー日本上陸!!

 

コメント

アルコール依存症者の今後

2018年04月27日 13時00分58秒 | アルコール依存症

某有名なタレントが高校生の女性に飲酒させ、問題を起こした。

女子高生に飲酒させるのは遺憾だと思う。

自分の娘にそんなことをされたら、激おこプンプン丸である。

・・・・熟女にしなさい。

 

 

彼も僕と同じアルコール依存症だと言う。

彼の会見は聞いていないが、ツイッターのニュースなどを観ると、

アルコール依存症者としては、まだ大分甘い会見だと思う。

酒の為なら簡単に嘘を付いてしまうのも、この病気の症例の一つである。

肝臓を休ませる為の入院」と言っている。

肝臓を治療するのはいいが、もとの心、精神を治療しなければ、

この病気は寛解することが出来ないだろう?

 

彼は46歳と知り、「ああ~、僕とおんなじだね」と思った。

僕も45歳近辺でアルコール依存症を発症した。

末期の頃は、サントリーの『』を7-11で買って、1日1本飲んでいた。

7-11は儲かっただろう?

僕は最終的に「もう駄目だ」と思い(自分の意思ではもうコントロール出来ない)、

断酒会に相談し、自分からアルコール専門病院にかけこんだ。

(自分が自覚していないので、家族が病院に連れ込むケースが圧倒的に多い!)

酒を止めないと、本当に死んでしまう」と思った。

僕も1回スリップ(最飲酒)をした。∑(_□_;)ii サカサガビーン!

僕が入院していた病院は、2回の入院はいいが、3回目は無い。

 

酒のある一定の量を毎日、15年から20年飲んでいると、アルコール依存症は発症する。

ただののんべいではない。

自己管理が甘いと言われればそれまでだが、れっきとした病気なのだ。

その事を、本人も家族も周りの人もなかなか理解できないのが現状である。

 

僕は、ほんとは酒に弱い体質なのに、30歳を超えてから本格的に毎日一定量の飲酒を始め、(飲み会などでは無理に)

数々の飲み会などでは、ちょっと問題も起こしてきた。

家族が「この人、ちょっとまずい酒の飲み方をしているなぁ?」と思った時点で、

アルコール依存症の道は始まっている。

この段階をプレアルコホリズムと言う。

その段階で問題飲酒に気付き、断酒していれば違った人生を送っていたであろう。

今となってはもう遅い。

時間は戻らない・・・・・。

 

 

酒の機会が多い人には断酒は辛いはず 。

僕みたいに酒を飲まないと、会話できない人にはなおさらそうだ。

最終的に友達も無くす。

しかし、そうせねば彼の未来は無い。

遅くない、まだ半分の人生はある。

今は専門の治療に専念し、ARPで学び、きっちり断酒してから今後の生活を考えればいいと思う。

 

 

考えてみると、を飲んで得をしたことは無い。

僕はいまさらではあるが、断酒して本当に良かったと思っている。

僕は自助グループ(断酒会、AAなど)も必要なかったが、変わりにからだをささげ(障害者)、断酒できた。

社会から一定量断絶した結果だと思う。

生きているのが先決である。

しかし、長年連れ添った妻、子供を家庭から失ってしまった。

非常に多くのものも失った。

後悔ばかりが残るが、そのお陰で今は人間として自立、成長できたとも思っている。

 

この病気にも完治は無いのである。

なぁなぁ」も無い。

1年後でも10年後でも一滴を飲めば、元に戻ってしまう怖い病気なのだ。

その代わりに断酒できれば(寛解)、その後の人生は普通に出来る。

人を普通に愛すことも出来るのだ・・・・・。

そして何よりも、健康に勝るものは無い。

 

アルコール問題の基本は早期の治療である。

困っている人がいたら、個人を「だらしない」「意志が弱い」と責めることをせず、

まずは医療機関相談窓口につないでほしい。

 

コメント

4月27日の昼食

2018年04月27日 12時24分05秒 | 低残渣食

● 煮菜まんま

● カブの漬物

● トマト

 

コメント